FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

仮面ライダーゲンムズ ザ・プレジデンツ 前編 感想

210413-11.jpg
エイプリルフール企画と思われたゲンムVSサウザーが実現。
一応ネタバレありで続きからどうぞ。




続きを読む


  1. 2021/04/14(水) 00:31:16|
  2. 仮面ライダーエグゼイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

機界戦隊ゼンカイジャー 第6話「不快不可解ゴミあつかい!」 感想

210412-6.jpg
お掃除回。
元掃除係だけあってブルーンが軽快だけどアクターさん大変そう。
マジーヌは片付けられない系女子だったか。
一昔前ならマジーヌが掃除得意で男キャラが散らかってそうだけど、時代の変化と共にそういうのもなく。

敵にまでゴミ世界はいらないと言われる始末。
地球を狙う目的なので征服か破壊かにもよるけど、ゴミまみれの場所は狙う価値ないかも。










210412-7.jpg
ゴミ袋付けたまま名乗るのが丁寧。
粗大ごみとか書いてある3人はともかくマジーヌとブルーンどうするんだと心配したけど杞憂だった。
提供テロップでゴミバスターズと書かれていたように戦隊ギアはゴーバスターズ。
レッドバスターの高速移動、ブルーバスターの力技は描かれたけどイエローバスターのジャンプはなかった。
放送当時も思っていたけどジャンプを特技として見せるのって難しいね。
視覚的に分かりやすい高速移動とパワー系の方が重宝されそう。

次回ロボット大集合にゴレンジャー&ガオレンジャー登場!
多分心を持たないバスコ召喚みたいなものだろうけど、やっとお祭り作品らしくなってきた!
「お前、赤じゃないのか!?」が響いた後の再会だから反応は気になる。
ムービーレンジャーではガオーンもガオレッドと出会っているわけだし。






  1. 2021/04/13(火) 23:58:45|
  2. ゼンカイジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮面ライダーセイバー 第30話「絆、切り裂かれても。」 感想

210412-4.jpg
倫太郎が戻ってきて仲直り。
こういうのは強敵を倒し終わったラスト数分でやるものだと思っていたからOP前に始まって以外。
そのためかOP流れ始まる時間もいつもよりちょっと遅かったね。
これでノーザンベースのみんなが元に戻った!と喜んでいたら蓮が離脱していたことを本気で忘れていた。
デザ散歩の魔の手にかかるのか、剣士として振舞い続けるのか。

芽依がメギド化。CV朴?美さんで喋る喋る。
特撮にはリュウソウジャーに続いての出演かな。
ヒロインが怪人になるのは危機ではあるけど、既に人間とメギドは分離出来るしそこまででもないかな~と構えていたら人質付き。

ファンタスティックライオンに敗れたズオスがキングライオン大戦記に勝っているのが不思議でならない。
一応強敵と戦うたびに強くなる~的なことは言っていたけれど。
信じていたSOLが敵だったり芽依がメギドになったり心理的負担がかかっていたのもあるけど、また師匠の件で挑発されて激高したりと
ファンタスティックライオン取得時のエピソードをまた繰り返している印象。
厳密には違うところもあるけどほぼ焼き直しのようなエピソードに感じた。
倫太郎が身体張って時間稼ぎするシーンではセイバーまだ地面にぶっ倒れたままなのか、とか
エレメンタルドラゴンの自動回避機能は働かないのかとか突っ込みどころ満載だった。










210412-5.jpg
次でズオス退場かな?
ダブルライダーキックはカッコいいけどキングライオン大戦記と同格であるドラゴニックナイトとやって欲しかった。
ブレイズ最強形態は出てこないけど、このタイミングでパワーアップせずいつパワーアップする。
デュランダルとの再戦時に取ってあるとしたらまた倫太郎を巡って一悶着ありそう。
ユーリでもよく分からないデュランダルの能力は瞬間移動じゃなくて時間操作っぽいし既にラスボスクラスの強敵だからピッタリかも。






  1. 2021/04/13(火) 23:57:43|
  2. 仮面ライダーセイバー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ウルトラマン クロニクルZ ヒーローズオデッセイ 第14話「超時空の大決戦・中編」 感想

210412-1.jpg
我夢によるガリバー旅行記の説明。
当時としては後年のマルチバースなんて1mmも想定していなかったんだろうけど、
実際にマルチバース展開している今の視点で見るとこの頃からそういう概念はあったんだなと考えさせられる。
パミューダもそうよね。

キングオブモンスを創り出す小学生の発想力と技術力は凄い。
最強怪獣なんて安易なネーミングも小学生なら許せる。
一度現実世界?ガイア世界?に戻るけど、コマンダーらと大真面目で記憶がない~なんて会話をするのがシュール。










210412-2.jpg
210412-3.jpg
変身後はキングオブモンスの前に直接登場。
怪獣視点だと変身バンクなんてあるはずがないから光の柱が出てきたと思ったらいきなり目の前にウルトラマンがいる状態かも。
具体的にどことは即答出来ないけど、ちょいちょいカットされてるね。
そうじゃないと中編とはいえウルトラマンが登場しないエピソードになっちゃうし。
次回でティガ・ガイアが駆けつける。
提供のクレジットの「君のテレビに3大ウルトラマンが出現する!」が良いね。







  1. 2021/04/13(火) 23:56:32|
  2. ヒーローズオデッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファルコン&ウィンターソルジャー 第4話「世界注視の中で」 感想

210410-1.jpg
ジモダンスがネタになり、配信も後半戦に突入。
バッキーはワカンダへの恩を忘れているわけではなく、治療シーンも描かれている。
ドーラミラージュの女性陣しか出演しなかったけど、実際にはシュリが献身的に面倒見ていたはず。台詞だけは出てきたし。
ワカンダ側としても先代ブラックパンサー=ティ・チャカを失った経緯があるし野放しは許さない。

そんな中、バトルが勃発してドーラミラージュ強い。
ジョン・ウォーカーも現場たたき上げで強いけど、ドーラミラージュは幼少の頃から訓練受けているだろうしさらに強い。
腕と盾の隙間に槍投げるのは凄すぎ。
同じ人間同士でも差があって流石にショックのジョン・ウォーカー。
バッキーのアームをあっさり外してしまうのはワカンダ制なのもあるし、バッキーと言う人物を知り尽くしているからだろうか。

特筆すべきは最後のバトルシーン。
ナイフを手にしたバッキーがクルクル回すのがウインダーソルジャーを彷彿させてカッコいい!
サムも相手が超人兵士とはいえ、銃やレッドウイングを出すとすぐに勝ってしまい勝負にならないからか生身アクションを展開。
背中のジェットバックから炎を噴出するなんて初めて見た。

そして問題のジョン・ウォーカー。
これ明らかに超人血清打ってるよね。窓破って着地とか常人ではないアクションやっているし。
盾を使っての殴打シーンはドン引き。
かつてCWでキャップがアイアンマンにやったことと同じだけど意味が違う。
いよいよホームランダーっぽくなってきた。ザ・ボーイズなら殴打シーンも隠さず映している。

「超人血清は人の本質が出る」はまさにその通り。
超人血清を打つ前からヒーローだったスティーブ・ロジャースだからキャプテン・アメリカになった。
この作品に出てくる超人兵士は見た目が醜くなっていないレッド・スカル。つまり大して変わらない。
そんなスティーブを選んだアースキン博士は人を見る目がある。

ジョンとしても今の境遇に焦ってそう。
もしもキャプテン・アメリカではないヒーローだったらこうはならなかったかも。
街の女性からサインを求められるシーンがあったように、街の人々からキャプテン・アメリカとして称えられてプレッシャーあることに変わりはないから。







  1. 2021/04/10(土) 00:26:11|
  2. ファルコン&ウィンター・ソルジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

仮面ライダーゲンムズ ザ・プレジデンツ 前編 感想
機界戦隊ゼンカイジャー 第6話「不快不可解ゴミあつかい!」 感想
仮面ライダーセイバー 第30話「絆、切り裂かれても。」 感想
ウルトラマン クロニクルZ ヒーローズオデッセイ 第14話「超時空の大決戦・中編」 感想
ファルコン&ウィンターソルジャー 第4話「世界注視の中で」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する