fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

仮面ライダーギーツ 第21話「乖離Ⅴ:ゲイザーの鉄槌!」 感想

220722-5.jpg
今度の人質は冴の家族。
先週、今週と急に家族が狙われる話になった。
鬼気迫る表情の冴に押されてゾンビバックルを返す景和は先週無理矢理奪ったままの自覚があったみたい。

ロポVSバッファはかつて自分が使っていたゾンビとの粋な対決。
今週も妨害している道長だけど、正直行動理由が良く分からない。
てっきりジャマト側の謎に迫るようなポジションかと思ったらそうではないみたい。
生前の「全てのライダーを倒す!」に忠実ではあるし、戒斗(バロン)のように強敵にやられても立ち上がり続ける不屈の男として描いているのかも?
おじいちゃんに優しくしたり、なんだかんだで面倒見が良かった頃の面影はもうないなと。

ギーツが久しぶりにマグナムブーストなのはアーツ発売も関係しているかも?
久々にバイクに乗ってロポと一緒に駆け抜けるのがカッコいい。
前回ゲームの時もロックハート城の狭い部屋の中で使ってくれたし、1ゲームに1回は登場してる。
またロポが大型バックルは1ゲームで1個しかないところをフィーバー使ってブーストになるのが上手い。
2人同時に下半身がブーストになった時はギーツ映っていなかったし順番に撮影したかな。
クラウチングスタートのポーズはアスリートらしさが出ているし、上半身、下半身でスーツ製作されているのでギーツと同時使用出来るしおもちゃ、スーツ都合が噛み合った上手な販促。

ヴィジョンドライバーを使ったニラムが仮面ライダーゲイザーに変身。
上品で優雅な変身ポーズで白いグレアといったところ。
変身後にハンカチ使うライダーなんて初めて見た。
タッチ1回でグレア、2回でゲイザーという使い分けやここでプレバン3次受注と上手なタイミング。
新ライダーだけあってバッファ1人くらいなら余裕。
待望の?ゾンビジャマトフォームも出てきたけど、足回りの蔦が残っているくらいで上半身程の変化がないから普通のゾンビフォームと違いが分かり辛い。

冴は普通に良い人だった。
大智(ナッジスパロウ)が退場した時は「クイズは解けても人間関係は読めない」みたいな事書いちゃったけど自分も読めていなかったというブーメラン喰らってしまった。
祢音がデザスターではデザ神を決意。
後ろから爆弾投げ込んだシーンはちょっと罪悪感を感じているようにも見えたし、冴が退場して誰も見ていないところで泣いていたから辛かったのは本当のはず。
それでデザ神を決意って事は彼女の中で踏ん切りが付いたのだろうか。
と言っても英寿と景和視点だと爆弾を投げ込まれた時にいなかった祢音が怪しい、となるはずなのでそこをどう交わすかが最終戦の鍵。
景和を騙して英寿の自作自演で爆発させた、とかに持っていければなんとかなりそう。


次回はまた新ライダー。
新しいグレアとグレアの頭部っぽいパンクジャックの新ライダー。
またグレア出てくるという事は最初から1つの型から1体ずつスーツ製作していたのかも。
じゃないといかにリデコとはいえ、こんな短期間でグレア・ゲイザーに改造するのは時間もお金もかかって効率悪いだろうし。

ナッジスパロウも暗躍開始?
超英雄祭出演なのに途中退場はおかしいと思ったから納得。
超英雄祭、自分は有料配信で応援してるので参加される方は楽しんできてください。
去年は参加したけど流石に連休でもない平日は厳しいです、はい。





  1. 2023/02/05(日) 23:39:47|
  2. 仮面ライダーギーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第47話「ドンノーかいぎ」 感想

220306-1.jpg
総集編に見せかけて普通に本編。
ソノイの挨拶を受けて拍手から始まる会議が良い。
マスターの「俺は只者ではない」の返しは笑ったw
公式HP見ると一応回答は用意してあるみたい?
みんな色々なものを頼んでいるけど全部出てくる

ずっと下を向いているのが怖いつよし。
つよしのこれまでの言動は問題ばかりだったけど、急に奥さんが獣人と分かって錯乱するのも無理はない。
自分は今のつよしを責める気にはなれないかな。
嘘を付けないタロウがここにきて証拠になるのが辛いし残酷な設定。

「僕は獣人と結婚したっていうのか!?」
で笑うのは酷いとすら思ったくらい。
ジロウは欠席だしみんな色々なものを失ってる。

ソノシ・ソノゴは仕事じゃないと一緒にいたくないw
「返事が遅い」は「判断が遅い」みたいに聞こえた。
呼ばれる時は最初から5人でようやく普通の戦隊感。
タロウが吸収されるけど、最近のタロウはよく別の場所へ飛ばされている印象。

そして今回でキラメイジャーまでのヒトツキ全登場。
記念戦隊や映画だからといって特別扱いされるヒトツキは殆どいなかった。
スーツ改造駆使して割と淡々と消化していったけどそれでも全部出したのは凄い。
遺すは1話以前で倒した疑惑のある機界鬼と自分たち自身である暴太郎鬼を残すのみ。







  1. 2023/02/05(日) 23:38:33|
  2. ドンブラザーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ 第2話「ビギニング・オブ・ギンガ〜星の降る町〜」 感想

221223-1.jpg

第2話は無印ギンガ第1話を放送。
昭和どころかティガやダイナらも同一世界でスパークドールズに変えられているから今に続くニュージェネと比較してもかなり特殊な世界観。
この一夏の冒険らしさは凄く好き。防衛隊になると良くも悪くも作品のカラーやエピソードが似通っちゃうから。
10年経ってもギンガやルギエルの謎が明かされないとは思わなかったし、シリーズ終了するんじゃないかと思われたウルトラマンが今では大人気シリーズとして復活したから何があるか分からない。
ホツマに選ばれし者の印が浮かんだ謎も明かされぬまま。
多分ギンガは代々続いてきて、未来のギンガは礼堂家の子孫とかそんなオチなんだろうけど。

無印ギンガといえば避けて通れないのが低予算のクオリティ。
けど今の目で見るとイメージほど酷くはないし、低予算なりに頑張っているのは伝わってくる。
10年前の時点ですでにハイビジョンに以降しているから画質としては古さを感じさせない。
(TVシリーズとしてはメビウスから7年ぶりなので、シリーズ初のハイビジョン放送だったりもする)

美鈴、健太、千草、ホツマ、校長先生と懐かしの面々。
美鈴、千草は芸能界引退したしホツマはお亡くなりになり、再登場が難しい人もちほら。
最期の新規カットでヒカルがみんなの事を思いだしているのが嬉しかった。
ギンガSの時点で少ししか登場しなかったし、最近のヒカルは宇宙をかけた戦いばかりで無印ギンガ時代の面影は少なくなっちゃったから。
「未知の世界を見たい!」どころか宇宙を超えて戦ってる
現代では6兄弟の末っ子というより指導者としての一面が強くなっているタロウも1話から出てる。
自分は石丸ボイスに聞きなれたからギャラファイからの変更はちょっと寂しい。

一発目が完全新規の怪獣じゃないのが当時の懐事情が伺える。
これを乗り切ったからこそデマーガやマガバッサーに繋がったとも言えるけど。
当時の平成2期ライダー(ドーパントやゾディアーツ)のように人間が敵になる展開。
今でこそ完全に怪獣が敵に切り替わったけど、復活作だからこその試行錯誤が垣間見える。
7年の間にテレビ制作のノウハウは衰えただろうし、バンダイとの本格連携もあって大変そう。
何でも当時はテレビSPのつもりが1クール作品に変わったとか色々事情があったみたいだし。

この頃からギンガは強くてギンガサンダーボルトはかっこいい。
ギンガストリウム出てきたのも新番組の販促都合の面が強く、ギンガ自体は今でも強いウルトラマンのままだしね。
ニュージェネ基本形態の中でも上位の強さだろうし。

ギンガを振り返る時は殆どがギンガSばかりでよくて最終回のギンガVSルギエルが流れる程度。
無印ギンガはノータッチだったから久しぶりに触れてくれて嬉しかった。
それにクロニクル系で第1話をほぼノーカット放送ってかなり久しぶりな気がする。





  1. 2023/02/04(土) 14:59:43|
  2. ニュージェネレーション スターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルーク・ケイジ シーズン2 感想

230203-2.jpg
自慢のボディを使ったアクションも健在。
筋肉質な見た目に防御力で普通の相手なら敵無し。
とはいえ歯を食いしばって銃に耐えるシーンばかりが続いた印象なのでもう少し変化が欲しかった。

敵はブッシュマスター。
薬のおかげで超人になるのでちょっとキャップやバッキーぽいなと思ったり。
自身と似たような能力を持っているのがフェーズ1の頃のMCUを彷彿させる。

シーズン1に続き黒人差別にも触れられていて9話「黒人ってだけで否定される!」は顕著。
10話でダニーが駆けつけるのが熱い。
別作品のキャラが顔見せ程度に登場するのがフェーズ1・2頃のMCUっぽいね。

全編通してマライアとシェイズの恋愛話の方が印象に残ったかも。
ルーク・ケイジとしてはこれがファイナルシーズンだけど、ハーレムのトップに君臨。
今後の問題は山済みな気もするけど一応は綺麗に纏まったかな・・・?





  1. 2023/02/03(金) 23:53:29|
  2. ディフェンダーズ サーガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バッド・バッチ シーズン2 第6話「部族」 感想

230202-1.jpg
サブタイトルが部族でスターウォーズっぽい雰囲気。
自分は忘れていたけどクローンウォーズに出演したグンジーが登場。
そういえばこんなキャラもいたような。
バッド・バッチ作中でライトセイバーを見れる機会は貴重。
疑われているけどオーダー66の後だからやむなし。

グンジーは過去の記憶無かったのね。
ハンターの「ジェダイでも子どもだ。仲間が必要だ」が優しい。
森での戦闘シーンはEP6エンドアの戦いを見ているようで懐かしい。

次週はマンダロリアンS3配信に気を使ってか2話同時配信。
今回で本筋に戻った感はあるし2話同時って事は前後編だったり大事な話になるかも。





  1. 2023/02/03(金) 01:36:39|
  2. バッド・バッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

仮面ライダーギーツ 第21話「乖離Ⅴ:ゲイザーの鉄槌!」 感想
暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第47話「ドンノーかいぎ」 感想
ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ 第2話「ビギニング・オブ・ギンガ〜星の降る町〜」 感想
ルーク・ケイジ シーズン2 感想
バッド・バッチ シーズン2 第6話「部族」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する