fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

仮面ライダーガッチャード 第31話「暗闇のふたり、互いを信じて。」 感想

240408-1.jpg
アトロポスの精神攻撃がグイグイくる。
脈を確かめるミナト先生が頼もしい。
覚醒するBパートの展開をアバンで見ているようだ。実際そのまま倒しちゃうしね。
攻略にザ・サンを使うのが上手い

クラーケンマルガムは戦隊のような幻を使ってくる
アポロトスですら厳格見せられちゃうし。
これが厄介で偽物と分かっていても攻撃できない。
スパナは結果的に怪人の能力を教える事すらなく退場。
でも「私を攻撃して!」で必殺技使う宝太郎よりは情に訴えかけられて留まるスパナの方が人間味あるかも。

自分から仮死状態になるライダーヒロインは初めて見たかも。
流れ的にマジェードパワーアップでもおかしくはないけど、エクスガッチャリバーを交互に使うシーンは良い。
時期的に去年のナーゴ&キューンが近いかな。
女性ライダーだからパワーアップがなく、今ある最善戦力で戦ってるから。

宝太郎とりんねは友達以上恋人未満になるのか恋人になるのかが見物。
静奈は身を引き応援する立場?
転校するわけでもなく在校するわけだし準レギュラーになって再登場してほしいな。
幼馴染特性持ちで同じ学校だから登場しない方が不自然。加治木すら出番短いから難しそうだけど。

ラケシスに量産型ヴァルバラッシャーが与えられて無印ヴァルバラド復活の予感。
同じ釜の飯を食うじゃないけど、1人食事をとらないラケシスが怪しい。
食事をとらない=気を許していない、仲間の輪に入っていない示唆だったりして。

次回で仮面ライダーレジェンドが登場しそうな雰囲気。
またクロトーとの共闘が見物。
三式は負担があるから二式になる引き算の美学。

りんね&アポロトス
スパナ&ラケシス
なので消去法でクロトーが選ばれたみたいだけど、宝太郎と対になるのはグリオンな気もしなくはない。




  1. 2024/04/15(月) 01:12:46|
  2. 仮面ライダーガッチャード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

爆上戦隊ブンブンジャー 第7話「調達屋のブレーキ」 感想

bunbunjer.jpg
6人目であるブンオレンジ加入のお話し。
てっきり1話以前から変身できるものだと思っていたけど実際は今週が初変身。
玄蕃=現場で工事現場にいるおじさんを彷彿させる名前だから玄蕃みたいな若者にネーミングするのはギャップがある。

ブロックベイグルマーのブロック攻撃が地味に強力。
未来と錠が苦戦→大也と射士郎が助けに→それでも変身解除
なので敵怪人の強さが際立っている。
また変身解除はしたけど機転の利く大也が有能すぎて玄蕃の入り込む隙が無かった。
縁の下の力が持ちも苦労していることが分かるシーン。

そして待ってましたの5人変身と名乗り。
音声起動時は錠だけ、構える時は玄蕃だけ別ポーズになってるね。
変身アイテムが2人だけ違うからポージングで差別化してきている。
「ブーンORANGE」がカッコよく、名乗りを見ると(あ、今「戦隊」を見てる・・・!)って気持ちが強いw

ちゃんとロボ戦もあって3体合体だけどコックピットは5人なのがいいね。
3体合体だとどうしても余ったメンバーの疎外感が出ちゃうから。
ラストシーンまですっかり忘れてたけど推し(べろーら)の話だった

次回は大也メイン。
ブンブンジャーに対する思いが聞けるかも。





  1. 2024/04/15(月) 01:11:38|
  2. 爆上戦隊ブンブンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(2024年) 第12話 「諦めない心 絆 -Unite-」 感想

240127-1.jpg
新撮パート。
ゼット世界でセレブロの危機はひとまず去ったけどヤプールの危機は残ってる。
そもそもゼットテレビシリーズはセレブロとの戦いを描いただけであり、怪獣は登場している世界。
終わりのない戦いがあるかも?と考えるだけで気が重そう。

今週はエックスのネクサス共演エピソードを放送。
先週のあらすじまで入れてくるなんてクロニクル枠では珍しい。というか初めて見たかも。
自分のネクサスへの熱い思いは「当時の感想」で思い残すことなく書いたのでこちらを参照。
当時書いた以外に気になったところだと

エックス「恐怖を餌にするスペースビーストの話は聞いたことがある」
どこで?
放送から10年近く経ち、ゼロやゼットのようにペラペラ喋るエックスだけど出身地とかは全くの謎。
近年は海外展開を意識してか中村ボイスは減りエックスの人格も無くなりさらに語られる機会が無くなる。

また副隊長が「人間がウルトラマンに変身する」事実をヒカルやショウという前例があったから気づくのが好き。
と言うのも「客演を正史として扱う」のが当時の自分としては画期的でした。
エックスが放送されていた2015年時点の平成ヒーローで世界観を共通としたり、先輩・後輩の関係性が続くのはメビウスのような極一部の作品のみ。
ディケイドはリ・イマジだし、ゴーカイジャーもゴーカイ視点からすると正史だけど各作品からするとゴーカイジャーはノーカウント。(〇〇thアニバーサリーが分かりやすい)
ライダー冬映画や戦隊VSなど映画でのみ世界観は繋がるくらいでテレビシリーズではまずない。
そのため「客演=お祭り」であり本編には反映させないパラレルに近い出来事と捉えていたので、「人間がウルトラマンに変身する」という作品の根幹に取り入れてきた驚いた。
ウルトラマンは元々世界観共通で昭和世代のファンからすれば当たり前だけど、自分が育ったティガ以降は独立した世界だったから新鮮。
MCUやDC、スターウォーズのように繋がっているのも好きだし改めて世界観共通のシリーズが好きなんだと再認識。

そして最後に出てきたネクサスのサイバーカードは当時発売された絵柄とは別バージョン。
ポージングが違ったので先日発売されたサイバーカードセットで10年越しに劇中版が手に入ることに。

次回はなんとダークネスヒールズ特集!
イベントやグッズ展開ではお馴染みの名称だけど映像作品としては初。これは楽しみ。





  1. 2024/04/14(日) 01:04:53|
  2. ニュージェネレーション スターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バッド・バッチ シーズン3 第12話「ジャガーノート」 感想

240410-1.jpg
サブタイトルのジャガーノートはマーベルキャラかと。
ランパート元中将が再登場。
初期に出ていたキャラがファイナルシーズン終盤に登場は熱い。
「タンティスの座標は誰も知り得ない。そう設計されている」
はやけに心強い台詞。流石は元中将。

脱出時のドンパチは迫力あり。
ミサイル発射シーンは男の子がすきなやつ。
まるで映画やゲームのムービーを見ているようだ。
今回はエンディング覗くと20分で2話配信の後も相まって短く感じるけど映像的には満足度高い。

ラストシーンでオメガが連れてこられたのは以前も映った子供だけがいる研究所。
ここでM値が高いクローンを産みだしてパルパティーン復活(EP7~9)に繋げる終わり方になりそう。
既にレイ主役の映画が発表されているし、いつまでも続3部作を腫れもの扱いできないはずなので。





  1. 2024/04/11(木) 00:54:07|
  2. バッド・バッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギーツエクストラ 仮面ライダーゲイザー 感想

240408-2.jpg
Vシネ バッファとも関わりのあるニラム=仮面ライダーゲイザーのスピンオフがTTFC独占配信。
ネタバレありなので続きからどうぞ。

続きを読む


  1. 2024/04/08(月) 00:39:52|
  2. 仮面ライダーギーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

仮面ライダーガッチャード 第31話「暗闇のふたり、互いを信じて。」 感想
爆上戦隊ブンブンジャー 第7話「調達屋のブレーキ」 感想
ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(2024年) 第12話 「諦めない心 絆 -Unite-」 感想
バッド・バッチ シーズン3 第12話「ジャガーノート」 感想
ギーツエクストラ 仮面ライダーゲイザー 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する