FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

魔進戦隊キラメイジャー 第13話「地底大戦争」 感想

宝路は地球人だった。異世界の人間が養子なのが凄いね。てっきりハーフか何かかと。
マブシーナのようにクリスタリア人としての顔はなさそう。
オラディン王地球に来てたのか。
「初めまして」はなぜか笑いそうになる。

いつも昭和デザインの邪面師ばかり見ていたから今週のように植物だけというのが新鮮ね。
「小夜、君が欲しくて」「はぁ?」がマジトーンw
人間の姿に戻ったかと思えば飛ぶときは変身していて細かい。

充瑠が礼儀正しくて「生意気なこと言ってすみませんでした」は立派。
宝路が良い奴(嘘つき)であることを見抜いているし流石レッド。

ガルザとは面識あるから叔父呼び。
実は敵と血縁関係ってのが好き。
「宝路、ヨドンヘイムはいいぞ」ってガルパンはいいぞみたいなノリで言われてもw
当時のガルザは人間から養子をとってきて何を思ったのだろう。

博多南と兄弟なのが驚いた。
前半で養子と明かすの速すぎない?と思ったら予想しない隠し玉が。
先週ラスト、博多南が無言で動き出したのは(納期間に合わないから急ごう)くらいの感覚だったのかw










200706-1.jpg
機関車仮面な邪面師も登場で瀬奈が活躍しそう。
これは野球仮面のリメイクもきそうだw






  1. 2020/07/07(火) 22:09:21|
  2. キラメイジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮面ライダーゼロワン 第37話「ソレはダレにも止められない」 感想

200705-21.jpg
アークゼロのメタルクラスタのバリアを貫く攻撃が強い。
カットインもバグが起こったような演出なのが似合ってる。
勝手にショットライザー動かしたりと圧倒的強さ。
寸前のところでイズを守る迅がいいやつ。
唯阿が語り掛けるシーンは小さな女の子が人形に話しているようだ。

ZAIAスペックの宣伝を兼ねた天津垓の作戦についに副社長も反旗を翻す。
「我々の手で天津社長を引きずり下ろす!」とカッコいい。
流石に一般人に手を出すと分かって我慢の限界が来たみたいだね。
名前覚えられていない山下専務かわいそうw
或人に良い事言ったりと令ジェネぶりに良い人ぶりが垣間見える。
アンジャ渡部があんなことがあったしイメージ払拭のためにカッコいい見せ場を作ってあげた感もある。










200705-22.jpg
仮面ライダー亡はサプライズ登場。
ジャパニーズウルフで絶滅したニホンオオカミがモチーフ。「滅亡」迅雷に相応しいモチーフ。
アイテムとはいえニチアサヒーローで「ジャパン」が付くのは久しぶり。
元々アサルトウルフだったわけだしウルフ繋がり。
仮面ライダーストアオープン記念のスカウティングパンダなのかと焦った
アークはベルトとプログライズキーを自動生成するからもう無茶苦茶。
天津垓の服が破れて下着だけになるのは笑えないギャグシーン。
プレバンで売りたいのが目に見えるしギャグも滑ってる・・・











200705-23.jpg
200705-24.jpg
滅亡迅雷ネットの4人が揃っての変身。
仮に迅がアークに乗っ取られていなかったとしても一人だけザイアスラッシュライザーだからフォースライザーの4人にはならないんだね。
フライングファルコンを入れた4人は映画やVシネ・ファイナルステージのどれかで拾いそうなネタ。











200705-25.jpg
流石のサウザーも1対3は厳しいと思ったところでジャパニーズウルフのデータを吸収して反撃。
ラーニング学習のない亡と雷はアークゼロ・滅・バーニングファルコンに比べて劣るね。
ここにきて全くインフレに置いていかれていないから強い。
流石にアークゼロには適わないけど十分な活躍だった。










200705-26.jpg
メタルクラスタとアークゼロのファンネル対決好き。
以前足場を作りながらバーニングファルコンと戦った時も感じたけどアニメ的演出がこんなにもカッコいい。
恐怖を克服した或人だけどまだアークゼロには勝てない。
触れることすらせず一方的に必殺技使えるのが強みで現状のフォームではどうしようもないね。
迅が抵抗したから見逃してくれた?

天津垓は飛電追放。
経費での外食、セクハラとかもあったけど天津垓を悪く描くのにあたっては不必要な項目というか。
もっとビジネス上不正を働いたとかの項目の方がそれらしい。パワハラとか密売とかもあったからそれだけで十分じゃないかな。
心当たりがある、で或人映ったし今更新キャラ出てくるとも思えないからそのまま或人が社長に返り咲くと。
流石に小さな会社が大企業に勝てるわけないし、大企業(ZAIA)には大企業(飛電インテリジェンス)じゃないと。










200705-27.jpg
そして天津垓が味方へ。
単なる利害の一致か心からの和解なのか分からないけど、ヒューマギアに敵対してるし前者かな。
ヒューマギアが不要と言っているだけでAIのようなシステム自体は必要と考えているしね。
機械やシステムそのものが嫌いならZAIAスペックすら作るはずがないから。
もっともそんなのは理由付けであって今さら垓が仲間になっても・・・と思うところはあるけれど。
人気になれなかったネタキャラって悲惨だね。
何よりもメタルクラスタとサウザーの2人が揃ってもアークゼロに勝てる気が全くしない。






  1. 2020/07/05(日) 22:59:19|
  2. 仮面ライダーゼロワン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

TAMASHII Features 2020 新商品

200705-2.jpg
TAMASHII Features 2020の新商品も大方出揃う。
VR会場の技術は凄いけど見辛い・・・

迅バーニングファルコンは参考出展ではなく発売決定だった。
1型は参考出展どまりだけどそのうち出そう。
イズは配信動画見るとサンプルページよりも可愛くなっている気がする。
以外にも最新作のゼロワンからはこれだけでメタルクラスタもランペイジバルカンも出なかった。










200705-3.jpg
シャウタも決定。値段的にタコ脚も付きそう。
サゴーゾも実質内定だろうけどこんなに飛ばされるとは思わなかった。










200705-1.jpg
クローズビルドも決定!
ビルドライダーの中では一番好きな見た目だから商品化は嬉しい。
ラビットドラゴンは既に発売している最強フォームのジーニアスが一番遅いとは思わなかった。
夏映画の究極フォーム出るのはタイプスペシャルぶり。
やっぱり最強・究極フォームの発売決定は心躍るね。
武田さんと水上さんの「やっとか!もっと早くても良かった」は的確な突っ込みw









200705-6.jpg
さらにはジオウオーマフォームまで!
平成主役ライダー最後の姿。
頭部のライドウォッチは塗装されているっぽくて安心した。ここで手を抜いたら全てが台無しになる。
にしてもグランドジオウ飛ばされたのが意外。
キングフォームの実績もあるからジーニアスの全身フルボトルやハイパームテキの髪に比べれば量産化は楽に見えたから。











200705-5.jpg
200705-4.jpg
200705-7.jpg
そして参考出品の方々。
クローズエボルもダークキバも去年から参考出展のままで何も変わらないのは不満だった。
クローズビルドとクローズエボル参考出展と発売決定逆でしょ。
武田さんゲストに呼んだんだからダークキバは商品化決定すればいいのに。

配信ではプライムローグ決定の新情報!
これは嬉しかった。
ハイパーバトルDVDの限定フォームは商品化のハードルがかなり高いし装動やコンバージで立体化はあれどアーツは一度としてなくて諦めていたから本当に嬉しい。
多分名目はVシネ グリス登場ライダーとかになりそうだけどこれでファイナルステージを再現できるよ。仮面ライダーローグも買っておいて良かった。










200705-8.jpg
MCUからはI AM IRON MANのマーク85!
トニーの顔はドヤ顔みたいにするんじゃなくてもっと食いしばったような決死の表情にしてほしかった。
ナノ・ガントレットだけではなくカル・オブシディアン相手に発射したブラスターも付属。
クローブラスター ナノ・ウェポンが正式名称みたいで初めて知った。










200705-11.jpg
ジオラマまで付属するのが嬉しいね。MCUで専用魂ステージはまだしもジオラマは初めてかも。










200705-9.jpg
アイアンマンマーク7が劇中に近づけたカラーで実質再販。
前回のを買った身としては不満だ。このポーズの写真は凄くカッコいいけどこんな短期間で実質再販しなくとも。
今ではインフィニティ・ウォー、エンドゲームの方がヒットしているけど最初のアベンジャーズも世界的大ヒットなんだから
メインアーマーだったマーク7は限定じゃんくて一般発売でいつでも買えるようにすればいいのに。











200705-10.jpg
さらにはワンダまでエンドゲーム名義で再販。
実質再販スピードはドクターストレンジやスターロードよりも早いかも。
赤い目はエンドゲームで披露とはいえインフィニティ・ウォー版の時点で付けてほしかった・・・
顔はエリザベス・オルセンに近付いているけど胸はそのままだね。
エンドゲーム名義のフィギュアーツは思考停止で買うつもりだったけどこれは悩むわ。












200705-14.jpg
ソーも《FINAL BATTLE》EDITIONで発売。変わったのは電撃エフェクトだけ?
劇中同様、流血頭部やボディもボロボロにしてほしかった。
クリヘム好きだけどデブソーに魅力は感じないしこれはスルーかな・・・











200705-13.jpg
ドクター・ストレンジはバトルオンタイタン名義で再販。これはスターロードもくるわ。
マントが布製になり剣まで付いてる。
あくまでインフィニティ・ウォー名義だからエンドゲーム名義でアガモットの眼無し、トニーに見せた人差し指の手首付けて出してきそう。










200705-12.jpg
待ちに待ったサノスもついに発売!
ナノ・ガントレットがアイアンスパイダー付属のハルクに比べて小さい気がするけどちゃんとボロボロになっているのが嬉しい。
デュアルブレードも劇中再現の新規造形になり前垂れも治ってるね。
しかも土管?も付くかも。1万数千円しそうだけど決定版サノスだろうし買わない手はない。

MCUは嬉しい新作がある反面、スパンの短すぎる実質再販があったりと嬉しさ半分・不満半分。
同じリデコならエンドゲームのロケットや既に参考出展されているティーングルートとか欲しかった。
ワンダとソーはいくらなんでも早すぎる。

配信ではニック・フューリーとガモーラ発売決定の嬉しい発表。
ニック・フューリーは既に参考出展されていたとはいえガモーラは展示すらなかったからびっくり。









200705-15.jpg
スター・ウォーズからはトルーパーだけでグリーヴァス将軍やランドは来なかった。
このトルーパーもマンダロリアン名義だし、やっぱりサーガ9作からマンダロリアンに移行した感はあるね。
アソーカーがシーズン2に出てくるみたいだしマンダロリアン名義で出してくれるかも?


過去にはイベントやって後から発売するつもりでも「参考出展」のプレートばかりだったのに今回は近日受注や〇月〇日開始とかなり具体的になってる。
ファンとしてはちゃんと決まってくれている方が嬉しいので今の手法を続けてほしいな。
すぐに受注始まった商品もあるし今回のイベントは大満足だ。







  1. 2020/07/05(日) 22:00:41|
  2. その他玩具・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンZ(ゼット)第3話「生中継! 怪獣輸送大作戦」 感想

200704-1.jpg
冒頭の怪獣はギガス。初代ぶりの復活だから新規造形だろうに冒頭数分で済ませるのが潔い。
50年ぶりの復活でもウルトラマンとの戦いは実現せず。次のチャンスは50年後?
セブンガーのようなサポートロボや防衛隊はほぼ怪獣を倒せない印象があるだけに冒頭処理とはいえちゃんと倒してるシーンあるのが嬉しいね。
「お前たちは何かを壊さないと怪獣を倒せんのか!」
とせっかく怪獣倒しているのに可哀想。
視聴者目線だと命かけて怪獣と戦っているのに酷いと思っちゃうけど
日常的に怪獣が出てくる世界では怪獣倒すのは当たり前でいかに被害出さず処理するかが重視されるのかも。

登場怪獣はゴモラ。
ちょっと前の味方路線が懐かしいもので今作もまた敵怪獣として描かれる。
花粉症でなければ眠ったまま終われたから気の毒。
目覚めるシーンの音がウルトラQで大興奮ですよ。










200704-2.jpg
今更だけどセブンガーは普段動くときはケーブル繋がれていて
戦闘時はバッテリーに切り替えて戦うんだね。
歌舞伎な動きだったり意外と受けが良かった。










200704-3.jpg
アルファエッジの光線ぬんちゃく好き。
ゼットのジェスチャーが面白くてルーブのコント感ある。
ベータスマッシュは完全にレッドマン。
初代マンとエース、タロウでこのデザインにはならないだろw カーンもうまいw

「マン兄さん!」はちょっと笑った
TDGの3人はなんて説明するんだろ。
「別の宇宙で戦っている兄さんたちだ!」みたいなこと言うのかな。


ゴモラは超振動波はもうデフォになってる。
第1話もだけどゼットは接近戦で押されているけど光線技で急に反撃・逆転している印象。
飛び去るときゼットは描かないで去っていく。

ゴモラがかなり強くてアルファエッジがそこまでのパワーファイターには見えなかったけど「ウルトラマンですらあんなに苦戦した」って台詞のためだったんだね。
販促番組の都合で防衛隊がメイン怪獣を倒すことは難しく子供からすると「ウルトラマンがいればいいじゃん」と思われる。
それをウルトラマンの新形態でも苦戦したことで防衛隊を下げない手法が凄い。
アルファエッジが弱く見られかねないから諸刃の剣なのによく実行出来たね。。
「ウルトラマン以上のロボットを開発することも可能なんじゃないですか?」はセブンガーに対して理解を示してくれた良い台詞だけど危険だ。
F計画がちらついていけない。


ボイスドラマではまさかのグレンファイヤー出演。
M78星雲ではウルティメイトフォースゼロってどういう見方をされているんだろう。
ゼットの反応見るにあんまり存在感ない?







  1. 2020/07/05(日) 19:49:12|
  2. ウルトラマンZ(ゼット)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TAMASHII Features 2020 前夜祭

200703-1.jpg
TAMASHII Features 2020前夜祭で続々新作登場。
イズは昨日の夜から発表されて似てるような似てないような・・・
顔はイズとしての鶴島ちゃんよりも素の鶴島ちゃんに似ているかも。
リアルフィギュアなので顔に注目しがちだけど衣装やネイル再現度は高いかも。
届いた際にさらに改善されることを願いたいけど先日のアンクはかなりのやらかし案件だったようだしあんまり期待できないかも・・・
最近はMCUやSWもほぼサンプル通りだから劇的な改善は見られなくなってきたし。










200703-2.jpg
アタッシュケース付くのが嬉しくて社長と秘書っぽいシーンも再現できる。
こういうシーン見てるとなんだかんだで欲しくなってくる。










200703-3.jpg
電ホビなど大手サイトの速報では1型の発表も。
ゼロゼロワン来たからもしかしたらと思ったけど本当にリリース。
実は金欠で予約したゼロゼロワンをキャンセルしちゃったけどどっちも欲しくなってきた。










200703-4.jpg
迅バーニングファルコンも登場。
本体の美しさよりも翼の小ささの方が気になったり・・・
迅のテレビ本編パワーアップはこれで最後だろうから購入案件。

他のライダーアーツはダークキバや真骨彫オーズコンボが2度目の展示でほぼ確定かな。
何よりもクローズビルドが嬉しすぎる!とはいえジーニアスから出しては欲しいけど。
日曜日は武田さんと水上さんくるからダークキバとイクサの解説ありそうだけど、プライムローグも期待したい。
シークレットのところはクローズエボルとジオウオーマフォーム?
ビルド系本当に売れてるんだね。ブラッドも是非。










200703-6.jpg
MCUでは「私はアイアンマンだ」のマーク85が発売。
今度は胸部パーツにもダメージ表現あって嬉しいけど顔が《FINAL BATTLE》EDITIONに流血表現だけなのが不満。
もっと顔を作りこんでほしい。

サノスらしきアーツも展示されていて予定調和とはいえついに《FINAL BATTLE》EDITIONで出るのかと思うと感無量。
デュアルブレードを劇中使用にしてボロボロになったナノ・ガントレットは是非欲しい。
他にはソーもあるとか? 流石にソーのFB版はいいかな・・・
さらなる新作は明日に期待。










200703-8.jpg
THN限定でライジングアークルも発売。
CSMで充分かなと思いつつ10万超えているだけあって流石のクオリティ。
いかにクウガ好きでも流石に15万は厳しい。手取りがほぼ飛びそう。










200703-7.jpg
〇大怪獣シリーズ ULTRA NEW GENERATION ウルトラマンギンガ
大怪獣シリーズがついにニュージェネに突入。
余計な分割線ないからカッコいいなあ。
未だにファイブキング買わなかったことを後悔しているくらい高クオリティでカッコいい。
ゼロ→TDGときたしそろそろオーブオリジンを・・・










200703-9.jpg
最後はインペリアルドラモンのフィギュア。
ファイターモードを見慣れているからドラゴンモードを見ると迫力ありすぎ。
お腹の部分見ると意外と装甲少なくてエクスブイモンっぽさを感じるね。







  1. 2020/07/03(金) 22:39:28|
  2. その他玩具・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

魔進戦隊キラメイジャー 第13話「地底大戦争」 感想
仮面ライダーゼロワン 第37話「ソレはダレにも止められない」 感想
TAMASHII Features 2020 新商品
ウルトラマンZ(ゼット)第3話「生中継! 怪獣輸送大作戦」 感想
TAMASHII Features 2020 前夜祭

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する