FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想を載せていくページです。

牙狼〈GARO〉神ノ牙 KAMINOKIBA 感想

公開から一ヶ月経って地方でも上映開始。
ようやく見れたので感想を。
一応ネタバレ注意で続きから。


続きを読む


  1. 2018/02/15(木) 22:03:10|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

牙狼 DIVINE FLAME ブルーレイ

161208-1.jpg
今年の5月に公開された牙狼DIVINE FLAMEの初回版ブルーレイを購入。
右が初回版パッケージで左がケース。
ブルーレイに使われるクリアブルーのケースではなくDVDタイプだしどことなく安っぽい。










161208-2.jpg
変わりに本編は超クオリティ。
鎧召還と共に紋章が現れる演出が実写と同じで凄いしOPもカッコいい。










161208-4.jpg
この流れるような鎧召還からの魔導馬戦が好き。こればかりは画像ではなく映像じゃないと迫力が伝わらない。
ブックレットで魔導馬たちの名前も判明。

ガロ:ゴウテン(轟天)
ゾロ:ゲツエイ(月影?)
ガイア:テンジン(天神?天陣?)
ゼム:ライメイ(雷鳴?)

轟天ですら感じではなくカタカナ表記なのは中世という時代を考慮してかな。
未だゼクスの魔導馬は判明しておらずもう一生分からないかも。










161208-3.jpg
かつては鋼牙の元に英霊達が駆けつけたように、先の時代ではレオンの下へも集まっていた。
今1期最終回の英霊シーンを見ると全くの別物に感じる。
当時は「この中に大河や鋼牙の祖父がいるのかも」だったのが今では「この中にレオンや雷吼、その子供たちがいるのかも」って言う目線で見れるから。

そして現れる天剣煌身ガロがカッコよすぎる。
鷹麟ガロを始めてみた時以上に神々しい。
背中の剣は使うたびに減っているし使い切ったら終りなのか自動補充されるのか気になる。
決め技に使った剣は幅は牙狼斬馬剣で長さは大牙狼斬馬剣くらいありそう。

特典映像は舞台挨拶等収録。
監督たちに直接質問できるって最高やんけ。
女性ファンが質問したヘルマンの輪っかなんか全然気付かなかった。
絵コンテ見れたりアルフォンソがガイアの鎧解除したのはロベルトの身体を思ってなど細かい解説も。
絵コンテは映像じゃなくて紙媒体として付けて欲しかった。
BD付属のブックレットにはロベルトが攫われた理由は書いてないし公開時のパンフレットと合わせてようやく資料として完成でもあるし。

初回版には劇中音楽を収録したCDが付属。
映画館で天剣煌身ガロが出てきた時の音楽は「レオン牙狼召還」だと思ったけど実際は映画用にアレンジされた「陰我を断ち斬る天の剣-天剣煌身ガロ召還」に変わってる。
どちらも迫力あるしテレビシリーズを見ていると印象深いBGMだからここ一番で使ってくれたのは嬉しかった。
強敵相手にレオン初の単独撃破でもあるから。

アニメ3弾も決まったし一安心。
実写版では魔戒列伝で歴代キャラ総登場したように、アニメ組も主役3人が集まって戦う姿を見てみたい。


  1. 2016/12/09(金) 00:18:22|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

劇場版 牙狼 DIVINE FLAME 感想

160610-1.jpg
公開開始から2週間経ってようやく見に行けた。
上映回数もすっかり減って夜の上映だったから終った頃は終電ギリギリ。
2週間経ったせいか人は少なったけど男よりも女性客の方が多くて意外。

続きを読む


  1. 2016/06/10(金) 19:13:02|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

劇場版牙狼 GOLD STORM- 翔 感想

150402-1.jpg
闇を照らす者から1年半が経ち新作「GOLD STORM- 翔」が公開。
4月からの新作ドラマ版と同じタイトルなのは、同じ作品と世界観であることを強調するためとか。
土日に見に行けず平日のレイトショーで見に行ったけど、平日とは言え公開初週で自分入れて4人しかいなかった。


続きを読む


  1. 2015/04/02(木) 22:27:20|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

劇場版牙狼~蒼哭ノ魔竜~ 感想

130223-4.jpg
深夜特撮ヒーロー物としては異例の2度目の映画である牙狼~蒼哭ノ魔竜~の感想を。
平成ライダーでさえ単独で2度公開したのは電王だけだね。
公開している映画館の数も少ないしやってても午後からスタートと困ったものだ。
いざ映画館に行ってみると妙に学生が多い。チケット売り場で「とある魔術の禁書目録お願いします」でようやく今日公開と思い出す。
1期は全部見たけど2期は途中で見るの辞めちゃったんだよね。
客層は普通のヒーロー物と勘違いしたのか小さな子供やパチンコ層なのかおっさんやお爺さんとにかく幅広い。
女性一人で見に来ていた人も以外と多かった。小西さんファンかな?


○ストーリー
今回は冴島鋼牙最後の戦いという事で前編に渡って鋼牙が活躍。
代りに牙狼の出番は少ない。監督も鋼牙(小西さん)はいっぱい出てるけど牙狼の出番は少ないと言っていたから予想はしてたけど少ない。
もっと早く魔界剣と白コートを取り戻していれば途中で鎧召喚出来たんだけど。
前情報は余り仕入れないでいったから戦うのはジュダム・魔竜・ガジャリの3回かと思ってたけど実際はちょこっとジュダムと戦って魔竜INジュダムが殆どだし。

予告の時点でアバターかよ!ってくらいファンタジーやメルヘンチックな感じだけど牙狼という作品の芯はブレなかった感じ。
一言で言ってしまえば「物は大切にしましょう」なんだけどそれが映像で凄い伝わってくる。特にラストで次々と人界に戻るシーンでは。

レッドレイクエイムやMAKAISENKIでも思ったのは「鋼牙が全快の状態で戦えない」ってこと。
鋼牙が強すぎるためのパワーダウン手段とはいえ見ている方としては歯がゆい。
MAKAISENKIでは呪いが解けて3人で鎧&魔導馬召喚と言う最高に燃えるシーンでカタルシスがあったけど本作はどうかと言うと微妙ではある。
魔界剣を取り戻して機械の兵を倒すところはようやく力を取り戻した感じがしたけど魔竜戦では押されっぱなしだし。
最後のパワーアップした轟天?はびっくりしたけど。なんか翼人っぽい翼が折りたたんだ状態であった気がする。
まだ正式な名前は出てないかな?今回は映画のビジュアルブックとか出ないっぽいからパチンコ化した時にパチンコ雑誌に名前書かれるまでは不明かも。

牙狼のストーリーは大した事ない話が多いけど今回は伏線の入れ方が凄い。
最後にみんなの正体が判明するシーンは何一つ分からなかったし、そもそも鋼牙の関係のある物とは思わなかったから。
カカシが練習用のカカシとはね。
冒頭でもレオが「上に言われたから修理した」って言ってるけどレオのような職人がいなければ直すことなく新しいのが作られて廃棄処分だろうから約束の地に落ちたわけだろうし。
キリヤは帽子が万年筆になってるなんて最後でアップになるまで気付かなかった。作家か誰かがインクを入れ直して使えるようにしたって事かな。
一番驚いたのがメル。まさか人魚の方のカオルとはね。
白いコートと魔界剣を取り戻した時に「やっぱり鋼牙はこうでなくちゃね」って言ってたからおかしいとは思ったんだ、黒い服の状態しか見た事無かったのに。
そこで鋼牙も勘付いて最後に人界に戻った感じかな。
金魚のカオルはMAKAISENKIでシグマに握りつぶされて出番終了だったから映画で思わぬフォローがあって良かった。

最後はガジャリも自分の本体として取り込む事はなく普通に人界に帰してくれたっぽい?
意外と良い奴だった。
ガジャリと契約したから300年間は人間側に味方してくれているらしいけど、鋼の咆哮とかに乗っていた小説と微妙に設定違う気がする。
あれ読んでると人類は自力でホラーと戦いザルバのような魔導具を仲間にして戦ってきた感じに見えたけど。
そこらへんは2期や映画やるためのものと割切るしかないかな。バラゴ関連も随分変わっているし。

○キャラ
・鋼牙
世界観がメルヘンっぽくなってもただ一人変わらないから物凄い安心感が。
第1期で成長しきって白夜以降は諭す側だから俺TUEEEEEを楽しめる。(ただしボスは除く)
キリヤやラウド、「モノ」たちがいるドームにいって「歌って」「踊って」って言われた時は本当にやるんじゃないかとヒヤヒヤしたw
実際に子供自体の鋼牙?が踊る映像が流れた時はポカーンだったけどw
キリヤとラウドの別れシーンでもお前の事は覚えている!って言ったのはカッコよかった。

魔界剣を掴んでから大河がいる空間に飛んだけど白コートの鳥が自分から鋼牙のところにくるのが良かったなあ。
コートや魔界剣も鋼牙の守りし者なんだなーとしみじ。
精神世界?で本物の大河とご対面。
白夜で魔戒樹が作り出した時やラストに母と一緒に幻っぽいのはあったけど本物はこれで初めてだし成長した鋼牙と話すのもこれが初めて。
大河もマント付牙狼だから最高にカッコよかった。1期9話の牙狼も大河じゃね?と考えると面白い。
このシーンが良かったから最後に大河が出てきたのが蛇足に感じた。
零が会おうとしたのは静香でも導師でもなく三神官(ガルム)かと思ったよ。


・ザルバ
時間差が生じて知恵の番人になったおかげで約束の地のガイド役に。
あの姿が魔界に置いてあるらしいザルバの本体だったりするのかな?

「これが魔竜?素手で倒せそうだぜ」

は吹き出しそうになったw

・カカシ
最初はバスコっぽいやつだなーとw
泉に紅茶の水を取りに来た時鋼牙に剣を向けるけど命の恩人になんてことをw
そんなんでも最後のシーンは感動。助けてくれた理由も判明したし。

・メル
彼女のせいでアバターっぽさが加速したw
あの世界観にあっているキャラでカオル的な立ち位置だったかも。
思えば映画2作目だけどどっちも鋼牙のすぐ近くに新女性キャラがくるのねw

・キリヤ
EDのクレジット見るまでゴンザの人が声とは思わなかった。
最初は怪しい動きをしていると思ったけど普通に良い人。上でも書いたけどラウドとの別れのシーンは良かった。
小西さんたちスタッフもそこはジーンと来たみたいだし。最初に敵と思ってすまんかったw
乗り物を提供したりメルを助けたりと何気に今作では縁の下の力持ち。
映画限定のゲストキャラとしては十分な存在感と役割を持った良キャラかと。

鋼牙「カカシは?」
キリヤ「カカシはまた負け戦じゃ」


ここは完全に吹いたw


・零、翼、レオ
カカシやメル・キリヤ以下の出番で残念。
元々戦闘シーンが少な目と分かってはいたけど鋼牙とワタルも含めた5人の魔界騎士一斉鎧召喚とかを夢見てただけに。
レギュラーキャラで画面上にいる魔界騎士は3人以上いた試しがないんだよね。
23話は3人同時鎧召喚だしその前はゼロ・ロード・バロンだけで鋼牙は閉じ込められ翼は駆けつける前だったし。
何にせよ戦闘&鎧召喚シーンがなくて残念。せっかく出演してくれたのにこれじゃあもったいない。

○映像&戦闘シーン(VFX)
とにかく約束の地の映像が凄い。海外のファンタジー映画と見間違えるレベルでオムニバスジャパン凄すぎる。
最近のヒーロー物はライダー・戦隊ばかりでしょぼいCGばっか見てるから良い映像が見れた。
牙狼1期からもう7年くらい経つけど未だにライダー・戦隊のCGは劇場版でも牙狼やリュウケンドー(06年)にすら及んでないわ。

映像は凄かったけど鋼牙が最初に約束の地に来たとは妙に浮いてる感じがした。
背景は凄いけど鋼牙(小西さん)がそこに溶け込んでないというか。
まぁアクションしたり旅を進める内に馴染んできてはいたんだけど。
パンフレットの小西さんインタビューでも撮影は殆どグリーンスクリーンだから演技に苦労したって言ってたし。

戦闘シーンだと松坂慶子が動いてて驚いた。
CGの力もあったけど意外とご本人が挑戦していてワイヤーなんかもやったようだし。
牙狼(鎧)の戦闘シーンが少ない代わりに生身アクションは凄かったね。
小西さんは相変わらずのキレ。小西さんの努力もあり、7年間という時間が経っても鋼牙たちはあの世界で生きていて成長し続けているんだと実感できる。
カカシ役の久保田悠来さんも良く動いてた。てかこの人MAKAISENKI9話に出てたホラーに憑依された役者じゃないかwww
ウィキ見たら仮面ライダーTHE NEXTラストのパチンコに飲み込まれる客もこの人っぽいし意外なところで特撮に接点がw

待望の牙狼戦闘シーンは基本押されっぱなし。
鎧召喚シーンは凄く綺麗なんだけどね。
1期の頃にあったクイッと首を引くのが好きだからそれもあったら文句なしだったけどw
轟天召喚シーンは雨宮監督独特の文字で
    轟
    天
で召喚。MAKAISENKIのはなんか背景とマッチしていない感じがしたけど今回は違和感無かった。
やっぱMAKAISENKIはパチンコに流用するために容量軽めにしたかな。
最後の轟天テンコ盛りはいったいなんなんだw
牙狼のパワーアップ(正確には轟天っぽけど)があって一安心。
MAKAISENKIはみんなで戦ったから牙狼一人をパワーアップはさせなかったけど俺は最終決戦でパワーアップして欲しいし。
分かってはいたけど今回も翼人は出ず。カオルがいないと慣れないと分かってはいるんだけど小西さん最後の牙狼だし出てほしかった・・・
初パワーアップ&フィギュア化に恵まれているから勘違いしちゃってるのかもしれいないけど、結局翼人も数あるパワーアップ形態の内の1つって事かな。


以上、劇場版牙狼~蒼哭ノ魔竜~の感想でした。
とりあえずレッドレクイエムよりは面白かったかな。映画館で見る価値はあった。
本編以外の映像化だと白夜・キバOVA・RR・蒼哭ノ魔竜と4本あるけど一番映画として成り立ちそうなのは白夜の魔獣かな。

予告の時点別世界過ぎて不安だったけど本編を見ればいつもの鋼牙がいて面白かった。
けれどこれが冴島鋼牙最後の活躍と言われると納得はできない。
テレビシリーズや白夜・RRで最強クラスのホラーは倒し切ってるから新しい強敵を出しづらいのは分かるんだけど。
やるなら今回みたく別世界での戦いをやらないといけないし。それを続けると守りし者として人間との距離が遠くなるなーと思うところはある。

パチンコマネー様々で2期どころか2回の映画まで作られ果てには第3期も。
特撮ヒーロー物を深夜にやるだけでも異例なのに3期までやるのは異例中の異例。
鋼牙がいない世界観の牙狼がどうなるか分からないけどファンとしては続く限り見続けたい。
後は魔戒可動のようなフィギュア関係が展開してくれれば文句なしなんだけど。
映画や3期やるってのに最近はプレバンですら商品来ないし参った。


130223-2.jpg
パンフレットは700円で様々な劇中カットや小西さんインタビューと松坂慶子&雨宮監督対談が乗ってたりと同じ値段のRRよりは良くなっている。
今考えるとRRは散々だったような気がするw
中身も結構面白くて画像じゃ分かりづらいけど普通のページの上にクリアを下地に印刷されたページもあって飛び出す絵本的な感じ。


130223-3.jpg
特典はヴァンガードで使えるらしい牙狼のカードとシール。
年齢層的にシールはおかしいだろww
カードは本当にヴァンガードで出す気なのかこれだけの一発コラボ企画なのか。
出るならブシロードTCG情報局で取り上げられる日も近いなw


  1. 2013/02/24(日) 01:25:37|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する