FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想を載せていくページです。

牙狼<GARO> 闇を照らす者 最終回(第25話)「道 Beginning」 感想

最終回後の特別編はブライ法師の話。
これ本編中のどこかにねじ込んでも良い気がする。
そう言えば壮大に突っ込んだ割にはあの呆気ない最後で本当に死んじゃったのね。
新発見は牙狼の鎧が黒くなったっぽい過去。
強い敵を倒すくらいの輝きって事は鋼牙なのか息子の雷牙なのか。鋼牙牙狼の5・6年くらいの間でボス級の強敵連戦が続いていたし。




  1. 2013/09/26(木) 21:09:59|
  2. 闇を照らす者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牙狼<GARO> 闇を照らす者 第24話「照 Future」 感想


本筋としては最終回。
最終回としては消化不良なところが多く不満。全員黄金化ってリュウケンドーかよと突っ込んだ。
「牙狼の称号」が一人だけで黄金騎士自体は何人かいるみたいだから設定としてはありかもしれないけど。
全員黄金化より金・赤・青の輝きがよりました状態で見たかったというか。
ゼドムも人間体?のままで鎧召喚なりホラーの姿も見せて欲しかったけどあのままやられるとは。
全員で鎧召喚してキューブ攻撃を掻い潜ってゼドムホラー態と戦うのを期待していたけれど。
MAKAISENKIで轟天を召喚したような札があったけど最後まで轟天の出番はなく。

金城滔星も酷い最後だった。小物臭いやつだから真のラスボスになるみたいな事になっても微妙だけどさすがに酷過ぎ。
リアンに止め刺されるのもありかもしれないけど、黄金騎士として流牙に斬って欲しかった。
流牙が滔星を切る事で本当の意味で「VOLCITY編完」というか。
VOLCITYで戦っている期間はリアンの方が長いけど闇を照らすものは流牙の物語だし。
哀空吏・猛竜もそれほどスポット当たっている訳ではないのでOVAなりで補完を期待。

アクションは凄かったかもしれないけど鎧(CG)バトルが少なすぎて不満。
牙狼の魅力は役者のアクションもあるけどスーツとCGを使った鎧アクションだと思っている身としては乗り切れない作品だった。
アクション自体は凄いと思うけど1期2期と違って何がどう凄い?どこが違った?と言われると言葉に詰まるし。
明確に過去作と差別化出来ていたのは哀空吏の弓矢だけ。猛竜の青龍刀も普通の剣との違いは大して無かったかと。

CGが少ないから終始予算不足と感じるような出来。
予算を蒼哭ノ魔竜・桃源の笛に持っていかれたか元々少ないかは分からないけど。
CGを長時間使ったバトルはどれも好きで2話・9話・18話なんかはお気に入り。23話のオリジナル牙狼スーツで歩いてくるシーンなんかも良かった。

流牙たちの物語がどれくらい続くかは分からないけど轟天とかはやって欲しいかも。
結局未来なのか過去なのかよく分からない時間軸。
流牙→大牙、リアン→りん(鋼牙母)と予想した事もあったけど違ったかな。
VOLCITYが蒼哭ノ魔竜に出て来た地図とあまりにも似すぎているのは単なる偶然かスタッフのお遊びか。
結局過去作と繋がりがあるのはザルバだけど殆ど喋らず終りだし。最後に鋼牙か大牙が一言言うようなサプライズ欲しかった。

そんな中ゼロのスピンオフが全6話で決定。
1クールが良かったけど闇を照らすもので拍子抜けした状態で前作キャラの新作が出て来てくれるのは嬉しい。
やはろ牙狼は雨宮監督じゃなきゃ務まらない。
ゴウライガンがあるから2014年かな。何気にあと2年で牙狼10年目という事実。
東映一強の時代に深夜枠+パチンコマネーとはいえライダーでも戦隊でもウルトラマンでもない、「牙狼」と言う新ジャンルを作り上げたのは凄いね。

ゼロ外伝で魔戒可動でギンガを出すラストチャンスのはず!ここで出なかったらもう一生出ないだろう。
ハヤテは無理っぽいからギンガだけは・・・ギンガだけは出して欲しい・・・!
その前に参考出展で終っているガイが先なんだけどね。


  1. 2013/09/14(土) 21:14:55|
  2. 闇を照らす者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

牙狼<GARO> 闇を照らす者 第23話「輝 Gold」 感想


尊士への決め技はいきなりの鎧召喚で唖然wせめてお互い変身した状態で決着つけてくれw
一瞬とは言え尊士相手に烈火炎装披露は良かった。これで長時間戦って欲しかったけど、取得しているのに使いもせず負けた9話に比べればマシか。

黄金の輝きを取り戻して本来の牙狼が戻ってきた感動は半年間見て来たからこそ。
MAKAISENKIはCGが多く蒼哭ノ魔竜はフルCGと鋼牙の牙狼でさえスーツを拝むことが出来なかったから久々に見れて嬉しい。
牙狼のCG大好きだけどやっぱこういうシーンは実際のスーツに限る。
スーツとCGの使い分けが魅力的だった1期とは違い2期の終盤からはほぼフルCGで生(スーツ)の重みを感じ取ることが出来なかったし。
今回の歩いてくる時の音は凄く良かった。まさにあの牙狼が帰ってくる感じ。

ゼドムが鎧の力を見せてやるとか行った時はまさか鎧召喚か!?と期待したらそんなことはなくw
予告の3騎士はみんな輝いて見えるw
ガロおおおおおおおおお!は1期24話予告のオマージュだろうか。

魔戒可動流牙牙狼・翔はやつは金色の光を纏った一瞬のやつ?
けどお腹のバックルは正しいやつになっている黄金を取り戻した状態のに見える。
流牙牙狼の鎧形状のまま黄金を取り戻した姿と考えた方が良いのかな。
元スーツを再現したのが煌人で魔戒可動(E&P)自体はアレンジ入ってるシリーズだし。
そういや付属するマントはいつ劇中で登場するんだろ。
予告が1期オマージュなら最後の敵(ゼドム)を倒すのもオマージュでキバを倒したのがマント牙狼のように流牙牙狼もマント付で?


  1. 2013/09/08(日) 02:24:19|
  2. 闇を照らす者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

牙狼<GARO> 闇を照らす者 第22話「礼 Master」 感想


リベラはAパートであっさりやられて処理される。
以前は流牙一人でも勝てたので3人いれば圧勝。
3人同時の鎧召喚をしたけど9話(VS尊士)のような特殊アングルじゃない普通の同時召喚が見れた感じだ。

猛竜がソウルメタルの腕を使ったりリベラが潜伏場所見つけりと「さっさとやれよw」って展開が目に付いた。
以前ボロ負けした時とは比べものにならない程の逆転劇でまともに戦える敵は尊士一人と言う状況。
滔星のヘタレっぷりが気持ちいいなw
倒すなら魔界騎士ではなくなった尊士かゼドムかな。一人向かったブライ法師(と編集長)はどうなる。

次回でついに牙狼が黄金を取り戻す。黒くなった理由は継承者不在?と分かったけど形状まで違うのは何でだろ。
尊士とはゼドム倒した後のエクストラバトルみたいな扱いになると思ったけど次回でやられそう。




  1. 2013/08/31(土) 21:05:35|
  2. 闇を照らす者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牙狼<GARO> 闇を照らす者 第21話「義 Justice」 感想


エンホウを倒したところまで。
いつもは邪魔としか感じなかったSG1が輝いていた。
生き様は良かったしプラントに長時間耐えるあたりメンタル強い人なんだろうけど、それだと魔界騎士の尊士は弱いの?となってしまい微妙。
冒頭で「魔導ホラーにされた人たちはみな被害者だった」と言っている割にはリベラを容赦なく悪者扱いしている流れも疑問に思ったし。
対リベラ戦で短いながらも猛竜と哀空吏が鎧召喚したのは良かった。最初の1クールは2人とも短い時間の鎧召喚すら殆ど無かったし。





  1. 2013/08/30(金) 21:04:46|
  2. 闇を照らす者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する