FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

シン・ウルトラマン ムービーモンスターシリーズ発売決定!

210131-1.jpg
シン・ウルトラマンの特報が公開されフィギュア情報も解禁。
映画に合わせて発売ではなくもう2月に出てしまうことに驚き。
まずはウルトラアクションフィギュアからシン・ウルトラマン。
あの細長いシン・ウルトラマンをこのシリーズで発売すると違和感が凄い。
なんて言えばいいんだろう。なんとも言えない雰囲気です、はい。
光線ポーズ取っているから劇中でもスペシウム光線使ってくれるのかポージングに困った担当者が取り合えず撮影したのか。










210131-2.jpg
ムービーモンスターシリーズでもシン・ウルトラマン。
見事なまでに直立不動。スタチュー通りといえばスタチュー通り。
分割線入っているから動きはするんだろうけど飾る分には直立不動のままかな。

ウルトラソフビシリーズではなくムービーモンスターシリーズで出すことで、シン・ゴジラやキングオブモンスターズ(モンスターバース)のように子供向けじゃなくて大人向けですよとアピールしている。










210131-4.jpg
210131-3.jpg
ネロンガとガボラも発売。
初見は使徒と見間違えるほどだったけど改めて公式アナウンスでネロンガとガボラと確定したね。

子供向けではないムービーモンスター枠であっても造形や配色、尖ったティディールなどどれも劇中CGには及んでいない。
記事にして紹介しておいてなんだけど自分は買わないかな。
多分公開後に重塗装版やモンスターアーツとして映像準拠版が発売しそうだから。
シン・ゴジラなんて数えきれないほどのカラバリソフビがあるしね。







  1. 2021/01/31(日) 16:19:08|
  2. その他ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シン・ウルトラマン 特報公開!


2021年夏に公開予定のシン・ウルトラマンの特報映像がついに公開!
ツブコンでビジュアル発表されて以来、コロナも相まって全く続報ないから気になっていたところで来てくれた。
本来ならエヴァ公開に合わせて発表するつもりだったんだろうね。

スーツを着た大人たち、顔のドアップ、次々変わるカットと完全にシン・ゴジラの雰囲気。あれから5年経ったのかと思うと早い。
科特隊はバッジを使うことで表現。
流石にあのオレンジの隊員服使う訳にはいかないし正解かと。
ストレイジのようなヒーローヒーローしていない地味な隊員服という手もあるけど、それよりはシン・ゴジラのように普通のビジネススーツの方が有事に対抗している感は出てる。

科特隊や大人たちが割とリアリティありそうな反面、ウルトラマンは普通のヒーローっぽい見た目でベーターカプセルのような変身アイテムまである。
質感がイマイチな気がしてこれならULTRAMAN(ネクスト)やN/A路線の方が良かったかも・・・?
思ったよりヒーロー作品の雰囲気出ていたから八つ裂き光輪やスペシウム光線は期待できるかも。

ネロンガとガボラもCGがちょっとアレだけど使徒っぽい。ソフビネタバレにあった怪獣A・Bはこの2体かな。
バルタン・ゼットンのような有名どころは多い中、あえてネロンガとガボラというマイナーどころをチョイスしたのはチャレンジ精神にあふれている。
よくいえば余計な先入観やウルトラマンというイメージが一般浸透していない怪獣でもあるし一般受けを狙ったのかも。
そのうちウルトラアーツ・モンスターアーツでも発表されそうだし楽しみ。

上映までまだ半年で発表されていない隠し玉もあるだろうし楽しみ。
ポスターの台詞的にゾフィー・ゼットンはありえそうだし群衆モブで黒部さんや平野宏周くんがいるかも。
ラストシーンは凍結から目覚めたシン・ゴジラを迎え撃つところで終わったり新作ウルトラマンに繋がる終わり方かも、と今のうちに妄想垂れ流しておく。







  1. 2021/01/29(金) 20:05:09|
  2. その他ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ULTRAMAN(アニメ版) 感想

100509-10.jpg
ネットフリックスで独占配信され地上波進出も果たしたULTRAMANの感想。
GWを利用して一気見。
漫画第1巻だけ読んだことあってその時は肌に合わず続かなかったけどアニメは面白かった。



続きを読む


  1. 2020/05/09(土) 18:26:33|
  2. その他ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ザ☆ウルトラマン 感想

theultaraman200509-1.jpg
youtubeで配信されたザ☆ウルトラマンが終わったので感想を。
週1話だから1年かかって長かった・・・


続きを読む


  1. 2020/05/09(土) 02:00:28|
  2. その他ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TSUBURAYA CONVENTION(円谷コンベンション)新作情報

○シン・ウルトラマン
製作中のシン・ウルトラマンのビジュアルが発表。
エヴァ並の細さだったりカラータイマーが無かったりと従来のデザインとは違う点があるものの、一目でウルトラマンと分かるデザイン。
場所的に始まりの怪獣であるベムラーも出そうとかなんとか。
ネクスト版ULTRAMAN・漫画版ULTRAMANのようにS.I.Cや機械っぽい感じにしてくると思ったから意外。
それかULTRAMAN_n/aのようにヌルヌル動きそうな見た目とか。
シン・ゴジラのときだって生々しいデザインで従来とは違ったデザインで攻めてきたから。
敵と戦うのに自分のピンチ状態を教えるカラータイマーがあるのもおかしな話だから削っても良いとは思うけど。
と言うか円谷プロと成田家和解してたのか・・・

○アニメ版ULTRAMAN
ネットフリックス限定配信だったULTRAMANの2期が決定。
しかも1期の方はテレビ放送が決定。
仮面ライダーアマゾンズも最初はアマプラ限定だったところにテレビ放送開始だったからいよいよ地上波デビューしてないのはORIGIN SAGAだけに・・・
自分はネットフリックスは加入しているけどULTRAMANは未視聴だからこれを機に見てみようかな。
デザインカッコ良いと思って漫画見て1巻目で挫折したけどアニメなら見やすいかもしれない。

○SSSS.DYNAZENON
グリッドマン新作はダイナゼノン。
アニメ版の続きではなく新世紀中学生がメイン?の完全新作。
アカネや六花が続投するか分からないけどキャラ人気高いし出てきそう。
驚くべきはユニバース化して展開すること。
最近のウルトラマンはアメコミに習ってマルチバースを取り入れているとはいえついにユニバースにまで踏み込んだ。
MCU、DCEUと世界の大作映画がやっていることをグリッドマンで取り入れて展開する日が来るとは。
実際アニメ1期は実写版デザイン出したりと特撮版ファンも満足の大団円で続編展開難しそうだから思い切ってユニバース化したのは正解じゃないかな。

結城友奈は勇者であるもだけど続編を想定していなかったアニメがヒットすると実際に続き作るまでこれだけ時間かかるんだね。
もう1度スタッフ集めて放送枠も買ったりしてやること多そうだし。
特にグリッドマン(特撮系)のようなフィギュア展開ある作品はバンダイとも連携して工場ライン稼働抑えてと他のアニメ以上にやること多そうだし。


○劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス
最後はタイガ 劇場版のニュース。
例年なら夏ごろには製作発表されているのに今年はされないからツブコンで発表?と予想したら案の定。
予想出来たのは発表時期だけで内容はニュージェネレーションが本人で全員出場という全く予想できなかった。
ニュージェネレーションヒーローズで全員集合やっているからタイガではやらないものとばかり。
ヒロユキ/タイガを含めたニュージェネレーション8人が揃うシーンは変な声出しちゃったよ。それぐらい興奮した。
劇場版オーブでは叶わなかった新世代集結がついに実現。
タイタス・フーマも一緒に実体化しているシーンがあったからギンガらと並んで10人揃い踏みをやって欲しい。
今のところ劇場タイプの発表は無いけど出てこないはずがないし、今度はギンガビクトリーも入れた全員集合を見てみたいな。

敵は闇堕ちしたタロウ。
メインビジュアルのトライブレードを中心に2人が移っているのがアメコミ映画っぽい。
どうやらトレギアも生き残っているようだしタロウとの詳しい過去が明かされてトレギアと完全決着?
噂では来年7月のテレビシリーズを最後にウルトラマンは一旦お休みになるようだしトレギアを他の作品を渡り歩くようなことはしないと思う。

今は消されたけどウルトラマンパワードも出るとか?
佐藤健出演、ゼロワンビジュアル先行公開と企業サイトがネタバレも珍しくなくなって来たし本当にパワードはありえそう。
公開は3月6日金曜日。ライダーは金曜公開やめて土曜日に戻したけどウルトラマンは金曜公開を貫くのね。
ネタバレ見たくない派にとっては辛いところ。


円谷関連のイベントでこんなに発表できる事あるのが凄いね。
真っ暗な会場で新情報が発表される度に歓声が挙がる。サンディエゴコミコンのような状況が日本の、しかも円谷関連だけのイベントで起っている事実が凄いよ。
あんまりこういうこと書くのもあれだけど、この企画力と実行力に関しては東映越えてるなと。
マーベルコラボやギャラファイの吹替え対応配信、アメリカ裁判で勝ってディズニージャパン出身の社長の手腕も相まって日本だけでなく世界を相手にしている。
東映はライダーのアメリカ進出がとっくにこけて頼みのパワーレンジャーも権利関係がややこしくなってきて国内市場でしか安定してないからチャンス。(東映もアジアで安定していると言えばしているけど)
ツブコンを見た東映の偉い人の反応が気になる、白倉Pとか。



  1. 2019/12/15(日) 21:20:31|
  2. その他ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメトーーク! ウルトラマン芸人

仮面ライダー・スーパー戦隊に続いてウルトラマンもアメトーク進出。
テレビ朝日系列では難しいと思われていただけに実現したのは驚き。
これで日本の3大ヒーローは全て取り上げられたことに。


出演者は司会の宮迫さんにつるのさんとベリアルとダイナといった戦った事のある組み合わせw
ウルトラマン本人なのに芸人サイドの雛壇にいても違和感ないから凄いw
リーフラッシャーや台本はじめ、本当の撮影に使ったお宝画像も出てきて豪華。
博多大吉さんに出口博之さんのウルトラマン・ザ・プライムの組み合わせ思わぬところで再会。
博多さんはプライム配信では見知らぬ平成ウルトラマンばかりかウルトラ愛を発揮しきれないところがあったけど、今回は60点のファッション公開でマニアぶりが伝わってくる。
他の芸人トークも面白くて1つの話を引っ張りすぎずポンポン進んでいくから飽きないね。
中でもせっかくスタンプラリー制覇したのにカミさん星人に捨てられた話は面白かったw

紹介はウルトラQではなくウルトラマンからスタート。
最初のウルトラマン見るとヒーローと言うより本当に宇宙人みたい。
「申し訳ないことをした、ハヤタ隊員」が似てるw
トークでも触れられていたように50年前のデザインでも古臭く感じないね。
今昭和ライダーを見ると厳しいものがあるけど昭和ウルトラマンはニュージェネレーションズと並んでも馴染んでいるから。

セブンのアイスラッガーで切断面見せていたけど今でも放送出来るのね。
メトロン星人回の夕日は今の目で見ても綺麗だし最後のナレーションは本当に好き。
「我々、人類は今、宇宙人に狙われる程お互いを信頼してはいませんから。」
からの「これがセブンですよ」とオチも完璧w

エースはファミリー劇場のHDリマスター見ていて変身シーンは確かに危なっかしいなーと思ったら取り上げられてるww
カラータイマー取られるシーンは始めて見たけど本当にしぼむとは。
この放送でウルトラの父の名前がケンである事を知った視聴者は多そう。
母がマリーとも分かったし初代ウルトラマンの名前が判明する日はくるんだろうか。

「ジープで追い回します!」
「逃げるなー!」

昭和ライダーの特訓もだけど体育会系すぎるwww
朝になっても特訓やってます!で会場から笑いが起こっているけど、最近の作品でも戦っているうちに昼から夜になったりしているから笑えない。

80からティガまで冬の時代であることにも触れられていた。
そして平成ウルトラマン。
ティガの映像はあっても長野くんは無し。
リュウさんのバカヤロー!があって一安心w
終盤でバレるのが通例となっているのがウルトラシリーズだけどメビウスは中盤でバレるし歴代ウルトラマン登場といった客演要素も相まってバラエティ受けはかなり良さそう。

エックスにジードとニュージェネレーションはパネルで終ると思ったからガッツリ映像流れたのが意外。
オーブクロニクルが現行扱いとはいえ実質の現行はジードだろうし他局(テレ東)で放送権とか高そうなのに。
何よりもエックスの防衛チーム密着24時のような力の入ったギャグ回、本気の遊びのような話まで取り上げるのが凄い。
1分しないで終ったとはいえ一般視聴者完全置いてけぼりでカメラワークどうこうって話まで始めて良い意味でとんでもないなと。
今となっては大我としての認識が強い松本くんが見れるのが不思議。
せっかくエックスが取り上げられたのに田口監督録画忘れてるw

そして待望のベリアルトークw
「目つき悪いでしょ?」「悪いことしたのこいつだけですからね」で宮迫さんドアップwwww
そんなウルトラ銀河伝説も約10年前だからあっという間だ。
お子さんがりくって名前なのは始めて知った。
リクの方も花のち晴れでC5のNO2みたいなポジションになってるし順調に売れ始めてる。

最後はイフが最強の怪獣であることに触れつつ第2回目へ持ち越し?
現行ウルトラマンとは違う放送局だから制限ばかりで昭和トークばかりになるんじゃないかと不安だったけど平成ウルトラマンの話題も多くて大満足。
まさかエックスであそこまで取り上げられるとは思わなかった。
それにバルタン星人戦での分身や2度目のメトロン星人といったようにマックスに触れる機会が多かったなと。
癖の強いネクサスに記念作のメビウスに挟まれてるから特撮オタク視点だとつるのさんブレイク前のダイナのように今一つパッとしない面もあったからこういった場で盛り上がるのは意外。

本当に第2回があるならニュージェネレーションに触れる時間を多くしてほしいな。
「土屋太鳳がヒロイン!?」
「ウルトラマンや怪獣が人形に!?」
「右手が怪獣に変わる!?」
「ウルトラマンに怪獣の武装!?」
「カードやカプセルでウルトラマン同士が合体!?」
と言ったようにバラエティ受けは近年の作品の方が多そうだから。
それに日本の3大ヒーローを取り上げて一応はノルマ達成というかやりきった感もあるし元祖アベンジャーズなんて話も出てきたからそろそろMCU(アメコミ)・牙狼・ゴジラ芸人なんかをやってほしい。
特にMCUはアベンジャーズやっているしゴジラもアニメ版やったり来年はアメリカで新作とやれるタイミングはいくらでもあるし。
流石にライダーは3回もやってくれて十分満足したからそれよりは戦隊・ウルトラの2回目や他の特撮・SF作品で見てみたいな。



  1. 2018/05/24(木) 00:57:58|
  2. その他ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラQ 感想

平成ウルトラマンTVシリーズは全部見ているけど昭和は初めて。
Qを見るかマンを見るか迷ったけどこれが原点ということでウルトラQから。

当時としては最先端のカメラを導入していたらしく画質こそ白黒だけどジャギーや粗もなく綺麗。
wiki見たら高級カメラを円谷英二が独断で購入ってまずいだろww
DVD7巻には当時のフィルムを放送当時のクオリティに近づけるための製作映像が。
これ見てると苦労が伝わってくるし良く再現したなと思う。
フィルムをそのまんまとリマスター版の比較があったけど差は一目瞭然だし。
ちょっと前にカラー版が発売されたみたいだけどそれも見てみたい。

当初はヒーロー(ウルトラマン)が出ないのにどうやって怪獣を倒すの?と疑問があったけど実際に見始めると怪獣の撃退法に関心するばかり。
人間側も奮闘して倒す事もあれば大自然や太陽に任せる事もあったり。
海岸に追い詰められる→地震発生→怪獣海へ落下、はご都合主義すぎると思ったけどw
なかでも関心したのは3話のナメゴンを「無限にある海水がこのドラマを締めくくってくれるに違いない」で終らせたり11話で無敵のバルンガを太陽に向かわせたり。
バルンガの凄まじさはダイナのバキューモンやマックスのイフを彷彿させた。
おそるべきは「明日の朝、晴れていたらまず空を見上げてください。そこに輝いているのは、太陽ではなく、バルンガなのかもしれません。」と太陽でも処理できるか分からないということ。
結果的にその後のエピソードが続くから処理できたんだろうけど3話・11話共に自然や宇宙の摂理に任せた終わり方で好き。

全体的に暗めのエピソードが多いQ。これは白黒効果も多いかな。
後半になっていくとさらに加速していって21話と最終回の28話は好き。
21話の

「あの人も

あの人も

あの人も~~



貴方の隣の方、その人も宇宙人かもしれませんよ?

怖すぎだろww
ウルトラQとウルトラマンは同じ世界観ではないらしいけれどウルトラマン以降はずっと宇宙人が地球に出現することになる。
隣の方が宇宙人=当たり前のように怪獣がいる、と考えればウルトラマン時代には毎週のように怪獣が出てくる事を示唆する台詞だとするとなかなか面白い。
もしくはルパーツ星人の方が侵略者だったのかもしれない、と。

最終回の「あけてくれ!」は当時は放送されず再放送でようやく日の目を見たとか。
ウルトラファンの間では有名らしいけど初めて知った。
あれほど列車から脱出したがっていた男が現実世界ではボロクソ言われ「連れてってくれー!」と懇願するラストは悲壮感溢れる。
これを最終回に持ってくるスタッフのセンスが凄い。もっとも製作順では10話が最後だったみたいだけど。
ドラマや怪獣が濃すぎるのか、登場人物たちはイマイチ存在感出せず空気っぽかったような気も。
万城目たちは最初の1話の時点で目立っていなかったし。白黒だから役者の区別がつき辛かったのもあるかもしれない。

ヒーロー物ばかり見てるから斬新かつ新鮮に映るけど当時の子供たちからしたら爽快感やカタルシスにかけるんじゃないだろうか。
前に放送されたジェネレーション天国だとライダー・ウルトラ以前からヒーロー物はあったようだし、それを見ていた子供たちからも珍しい!と支持もあったのかな。
ヒーロー物でなくSFとして作られているからか「50年前の作品でこんなに凄いのか!」とただただ驚かされてばかり。
昭和ライダーとウルトラが比較された時、ウルトラの方がストーリーは面白いと聞いていたけどその通りだった。
初代ライダーを見た時はストーリーがワンパターンでアクションも凄いと思えずダレたけど(話数の多さもあるけど)、ウルトラQは最後まで楽しめた。
いや本当、50年前にこのストーリーやオチを作っているのは驚異的だわ。
次は初代ウルトラマン見るけど毎回面白い話であって欲しいな。


  1. 2014/01/28(火) 20:40:32|
  2. その他ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ウルトラマンサーガ感想

公開当時は就活真っ最中だったのとAKBという事でどうも見る気が起きなかったけど
内容は評判良かったしダイナの活躍を見たかったので今になってレンタル。
感想は続きから

続きを読む


  1. 2013/03/29(金) 15:59:27|
  2. その他ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 感想

オーズ最終回で更新した最高アクセス記録がさらに更新されとる。
左上のカウンターにカーソル当てればカウント数が出てくるんだけど1005て・・・
今までどんなに多くても600とかが最高だからびっくりだよ。
二重アクセスは防止してあるからフォーゼの記事だけで1000人以上見てるのかと思うと逆に怖くなってくるw
一時期フォーゼ 1話でぐぐるとこのブログが公式サイト押しのけて一番上に来たりしてたし。
今はもう下がったけど他にもモモタロスやオーズ最終回とか仮面ライダーアクセルでも一番上に来てたしどういう基準で上に来るのかよく分からんなぁ。


てわけでやっと見れた銀河帝国の感想を少しだけ。
ストーリーは1人また1人と仲間を集めていってRPG的な感じ。
いきなり新ヒーローが3人も増えるからどうなるかと思ったけど限られた時間で存在感抜群だから凄い。
ここらへんは声優補正もあるかもしれん。最初はガンダム00でも見てるのかと・・・

光の国が襲撃されているのを見て「またかよ!w」と突っ込みたくなる。
セブンが助けに来たところの
「ゼロ!」
「親父!?」
はカッコよかった。前々から思ってたけど宮野君の発音って独特だね。
しかしいつの間にやらゼロに似たダークロプスなんて出てきたのやら。
OVAで先に出てたっぽいけど。

前情報で散々知っていたとはいえノアが出てきたのは嬉しかった。
ネクサスが一番好きな特撮物だし。
ネクサス知らない人でも「こっちの宇宙にある凄いウルトラマン」くらいは分かるだろうし時間も時間だからあんなものでいいかな。
Nプロジェクトさえこけなければ・・・

ゼロを最初に送り出したときに光を貰ったことを除けば最後までM78星雲側から援護が来なかったのはいいね。
あくまでゼロと彼が自分で見つけた仲間たちで戦うというのが良かった。
変身する度に光の国でも1つずつ光が消えていったけど最後の変身に使ったら「我々の光をもう1度ゼロに」的な感じで助けが来ると思っていたから。


最後はエメラナの家族らも消えてなくて何より。ミラーナイトのおかげだったか。
ゼロも一緒に戦った4人と防衛チーム組むみたいだし人気次第ではスピンオフなりOVA作れそうだね。
ウルティメイトゼロの4人はM78星雲世界で戦うのか今回の別世界の宇宙で戦うのかは分からないけど。
どっちに行ってもゼロだけか残りの3人かは太陽光線の関係で不利になりそうだけど。

「俺達は、ウルティメイトフォース・ゼロだ!」

俺がガンダムだ!にしか聞こえない・・・
EDは00年代初期のようだ。鈴木亜美のDelightfulに似てる。


ゼロはあの性格が改善されたようで何より。
普通に元気なウルトラマンくらいにはなった。それでも浮いてるけどw
けどあの喧嘩早いグレンファイヤーより先にまず話し合いだったり以外に落ち着いたとこもある。

グレンファイヤーは普通にいい奴だったね。
こういう緊迫感のある戦いの中でちょっとくらい軽口叩けるやつは頼もしい。
ピコンピコンピコン
「あっ・・・」
「おい大丈夫かお前?ぴこぴこいってんぞ?」
これは面白かったw
視聴者はすぐに危ない、時間切れが・・・ってなるけど全く見たことない外宇宙の人たちからすれば何か鳴ってるくらいの印象だし。
それでも心配する辺り危険信号か何かかのイメージはあったんだろうけど。

ミラーナイトも礼儀正しいタイプで普通に好感持てる。
中の人的にはネガタロスやトップゲイラー。
若本さんの怪人とミラーナイトが戦ったときに一面鏡張りにしたけどあれで倒すとは。
最初鏡展開した時は千本桜景厳かと。これで声優が置鮎さんだったらそのまんまだけどw

ジャンボットはロボット変形とは思わなかった。
てっきり中にデータとして入っていて戦うときはエメラル鉱石の力で実体化と考えてたから。
まぁそれやったら本当にティエリアになっちゃうけど。
しかしロボットか。うーん・・・

あの子供は見ていて終始イライラ。
子供向け番組なんだから子供出るのは当たり前だけど、平成は子役レギュラーあまりいないだけあって好きになれないな。
大人でさえこれが初ドラマ作品って人が多くて演技がヘタな人もいるのにに子供に出られちゃ余計鬱陶しい。子供自体は頑張ってたんだけどね。
基本的に大人だけで回して欲しいな。



CGはさすがといったところ。
牙狼を作っているオムニバスジャパンといい国内の特撮技術としてはかなり上の方かと。
実写版宇宙戦艦ヤマトなんかもCG凄かったけどさすがにあっちはスポンサーも金も人数も違うだろうし一概には比べられない。
みんなから光を貰ったゼロが宇宙を越えるシーンは凄く綺麗。
ただCGの弱点である「重量感のなさ」はなかなか改善出来てないっぽい。
逃げるダークロプスにゼロが胸から光線を出すシーンで地面が重さで割れたけど安っぽいし軽い感じ。

戦闘シーンは180度自由自在に回れる宇宙空間だけあってなかなか良かった。
前作では人間が出てこなかったからスケール間が掴めなくなりウルトラマンでも等身大の人間のようにしか見えなかったから
冒頭で人間や飛行機を出してウルトラマンや敵ロボットのサイズ比を出していたのはいい。
やっぱりウルトラマンは「巨人」なわけだしね。でかく見えてなんぼ。
ただ最近はライダー・戦隊と等身大ヒーローのが人気だし巨人じゃなくて等身大として見てもらおうとした面もあったのかな。


ベリアル戦は色々残念。マントを羽織ったベリアルがカッコよかったけどあっさり脱いで前回と同じ戦いだし。
グレンファイヤーの技で戦ったのはおお!と思ったけど。光線同士の対決でゼロがあっさり押し負けたのが以外。
期待していたアークベリアル戦はいまいち。
グレンファイヤーやジャンボットがただ正面から突っ込んで吹っ飛ばされてゼロが必殺技撃って終り。
ミラーナイトの鏡錯乱は上手いと思ったけど。
劇場版ウルトラマンの敵は巨大怪獣が多くて今回もそれだったけれど以前までのウルトラマンにあった高速戦闘がなくなってる。
ザ・ワン・Uキラーザウルス(ネオ)・ギガキマイラとCGレベルが各段に上がったネクサスの映画辺りからは空中を自由自在に回りながら戦う戦闘が多くて
今回もそれを期待してたんだけどそういうのは見れなかった。
超巨大な敵に対してみんなでぐるぐる回りながら光線撃ちまくるのが好きだっただけに残念。
そういった点ではUキラーザウルスネオ戦は凄い好き。

最後の決め技はジェネッスブルーのオマージュだろうか。
ノアの鎧っぽいしライトニングノア的な光線が見たかった。
ジェネッスブルーもだけど弓だとどうもしっくりこない。


銀河伝説・帝国をここ数ヶ月でやっと見れたわけだけどなんか無難な面白さというか。
ゼロ出したりウルティメイトフォースゼロだったり新しいことにチャレンジはしているけどそこまで面白いわけでは。正直レンタルで十分。
過去のウルトラマン映画のインパクトが強すぎて期待していた程じゃなかったかな。
銀河帝国と一緒にULTRAMANも借りてきたけど、何回も見ているはずのそっちの方がまだまだ楽しめたし。
銀河伝説の時も書いたけど新宿都庁旋回シーンが凄すぎる。このシーンは今でも余裕で通用するよ。
当時レンタルで出て借りた時に何十回も見直したシーンなのにまだ感動できるってことはそれほど凄いシーンだと思うし。
CGの使い方も今みたいなフルCGじゃなくて実写+CGが好きなのもでかいけど。


今回の映画は興行収入は振るわなかったみたいね。
ゼロ自体ぽっと出のウルトラマンなのに、そのぽっと出のウルトラマンにさらにぽっと出の仲間じゃきついか。
まずは新作TVシリーズやらないときついかもね。子供は毎週やってる番組の方が喜ぶし。
列伝も1クールに1回でいいから新規撮影の話があればいいと思うんだけど。

80→ティガの間は15年くらいあったみたいだし今は充電期間だと思えば。列伝や映画やってるだけマシだし。
今でこそヒットしている平成ライダーだってRX→クウガの間は11年も空けてたんだしその内復活するさ。
仮面ライダー氷河期と言われていた裏側でティガ・ダイナ・ガイアが大ヒットして、今平成ライダーが人気の時にウルトラマンが停滞ムードとまぁ時代かな。
TVもなかなか新作やらないけどまだ5年程度。上でも書いた15年のまだ3分の1だし。
特撮物なんて一生の趣味なんだから次の新作シリーズまで気長に待つさ。



  1. 2011/09/06(火) 17:42:23|
  2. その他ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説THE MOVIE 感想

1年半遅れたけどようやくレンタル借りて見たので。
みんな見ているだろうからレッツゴーライダーのようにシーンごと感想を。


昭和ウルトラマンは見てないので分からないけど、光の国を見たのは初めて。神秘的で綺麗なところだね。
ベリアルが復活してからすぐに光の国に攻めてきたからテンポ良く感じた。
結構知ってるウルトラマンいたけどマックスが速攻でやられとるww

メビウスだけじゃなくてヒカリやゼノンもいるのね。
結構光線撃ってるけど、この光線はベリアルに弾かれたことを抜きにしても威力ないように見える。
相手を倒す必殺光線、というより様子見・牽制用の光線といった感じ。
マン・セブン・ゾフィーが倒されてからのジャック・エース・80もそこで待ってるより早く出て来いよとw
ここでも光線よく撃ってるけどこれまでのウルトラマンとは違いベリアルが信じられないほど交しまくっている。
ULTRAMNなんかだと空中戦でお互いにエルボーカッター・青い炎の打ち合いがあったけどあれは弱い光線だからね。
この映画だとポーズ組んで撃ってる光線なのにああも交わすとは。

その後出てくるウルトラの父強すぎるww
意外に母も動けたことにびっくり。何で母の声ああなの・・・
結果的にみんな凍ってしまうけどゾフィーだけギャグみたいな演出だなw


タイトルに大怪獣バトル、がついているのでそっちの面々も登場。
大怪獣~は全く興味なかったから見てなくて話分からん。
てか何で溝呂木がいるんだよwwwww
生き残ったミライと一緒に光の国へ。
回想でウルトラマンキング出てくるけど何で死んだような声出してるのw小泉元総理しっかりw
ここで初めてウルトラの父が「ケン」って名前だと知ったぜ。
果たして初代ウルトラマンに名前が付く日はあるのだろうか。


氷付けになる瞬間マンとセブンだけ抵抗していたのが気になったけど生き残っていたのか。
大怪獣バトルの防衛チームのところにアスカが来た瞬間めっちゃテンション上がった!
あの光の演出はただのウルトラマンが助けに来たわけじゃなくて光をエネルギーとするダイナだからこそか!
そういえばつるのが出演してるのすっかり忘れてたww
今ではお笑いで活躍してるけど「ダイナアアアアアアア!」を聞くとヒーローだなーって思うよ。
発音そのものは超8兄弟の時の方が好きだったけど。


怪獣墓場ではウルトラマンがバルタン星人やゼットン、セブンがエレキングやメトロンと戦っているのが良い。
一緒にいたレイがサイズは小さいけど急にウルトラマンに変わったのはワロタw最初から変身しとけやww
名前はレイモンってやつだっけ。この青いやつと赤と黒っぽいやつだけは見たことがある。
と思ったら急に赤黒のやつに変わった。偽者とかじゃなくて同一人物だったか。

「いい加減に・・・目を覚ますんDA-!」

隊長気合入りまくってるw
全員のピンチでゼロ登場。声はガンダム00の刹那やデスノートのライトで有名な宮野君。
確かに強いけど初代らがかませになっている感が凄い。
100体合体のベリュドラも凄いけど、超8兄弟といい最近の合体怪獣は印象薄いな。
メビウスも最後くらいバーニングブレイブに成らんかい!と応援してたらちゃんと変わったので安心。
一瞬バーニングを飛び越えてインフィニティになったのかと思ったw
これでヒカリがいればフェニックスブレイブになれたんだけどね。



というわけで銀河伝説でした。
最初からキング出ろよ!ってのは突っ込んじゃダメなんだろうなw
ベリアルも強かったけどウルトラマン側もいまいち本気を出せてないようにも見えた。
最初の戦いは光の国が舞台だったから住んでいるウルトラマンたちも全力で戦うわけにはいかなかったかもしれないけど
本気で勝ちに行けばメビウスインフィニティやウルトラマンキング・最大威力のM87光線・ギャラクシーマックスなど手はあるしね。


主役でもあるゼロはちょっとなぁ・・・
ゼロ無双を抑える+性格がもう少しマシならね。
言葉が荒いのはともかく保管されてるエネルギーコアを盗ろうとするのは・・・
辺境の星で特訓してたのも追放じゃなくて将来有望だから特別特訓、とかでいいのに。
最も性格については銀河帝国で改善されているらしいけど。

ミライ役の五十嵐君は今回も出てくれたのね。
それほど売れているわけではないけどちょくちょくテレビに出てるしメビウスにも出てくれる今の状況が特オタ的にはベストかも。
水嶋ヒロ・佐藤健君のようにあそこまで売れるともう呼べないしね。(今の水嶋ヒロは呼べそうな気もしないでもないが)
出てくれるのはありがたいけどさらなる新戦士・ゼロのおかげで新人ポディションであったメビウスの立場が危ういぜ。


面白かったし決してつまらないわけじゃなかったけど同じ映画でもULTRAMANやメビウス7兄弟ほどの感動はなかったかな。
元々ハードな作風が好きだからULTRAMANが好きなのはあるけど、
それ以上にネクストがザ・ワンの光線を新宿都庁を旋回しながら避けて空に舞い上がるシーンは当時度肝を抜かれたよ。
CGとかも違和感なくて「なんじゃこりゃあああああ!」って叫んじゃうところだった。DVDで何十回も見直したシーンだし。
DVDでこれなんだから映画館の大画面で見たらどうなっていたことやら。
その後の高度3万5千フィートでの光線の打ち合いもすげえカッコよかった。
昭和ファンの感想で「回りに超高層ビル群があって感慨深い」って言う感想にも納得したものだ。
昔と違って今はウルトラマン(約50M)よりも高い建物がいくらでもある時代なんだよね。
ティガ~コスモスは普通のミニチュアで大きな建物はあまり出てこなかったけどULTRAMANは新宿が舞台ということで普通に出てきている。
おかげで防衛チームや自衛隊でもない普通の人々がウルトラマンよりも高い目線で怪獣との戦いを見るのが当たり前になったわけだ。
そこらへんはネクストとザ・ワンが新宿で取っ組み合いしているシーンなんかを見ると周りの建物が高いから良く分かる。

メビウス7兄弟は戦闘シーンが凄かった。
もちろん同じCGでも今の方がレベルは高いけど当時はこんなに凄いのかとびっくりしたものだ。
特にUキラーザウルスとの最後の戦いなんてやばい。
ウルトラマンたちが360度自由に動き回って迫り来る触手を斬る!その隙にタロウが滑り込みで「ストリューム!光線!!」はしびれた。
メビウスインフィニティも凄い早くてかっこいい。
当時のスタッフインタビューか何かで「子どもの目線から見て物凄く早く見えるよう作ってあります」みたいなのを見たけど大人から見てもめちゃくちゃ早いわww
当時高校1年でお金ないからカブトがメビウスか選択迫られてカブトを取ったけど、メビウスも見に行けば良かったと後悔したものだ。


とまぁ上2つのようなインパクトなかったかなと。
ウルトラマンの映画は毎度何かしら「これだ!」とか「すっげええええ!」というシーンがあるけど今回はなし。
ちょい微妙だった超8兄弟でもティガ・ダイナ・ガイア復活とかいいシーンはあったんだけどね。
CGは各段に進化したしダイナも出てくれたけど「無難に進化している」というか・・・
銀河帝国には大好きなノアも出てくるようだしレンタル空いたら借りてこよう。
レンタル始まったばかりだから何時見ても箱が空だ。


  1. 2011/05/13(金) 17:21:38|
  2. その他ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

S.H.フィギュアーツ ウルトラマンゼット ガンマフューチャー レビュー
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンゼット オリジナル レビュー
ホワット・イフ...?(What If...?) 第7話「もしも…ソーがひとりっ子だったら?」 感想
仮面ライダーリバイス 第3話「人質トラブル、どうする兄弟!?」 感想
機界戦隊ゼンカイジャー 第28話「週刊少年マンガワルド大図解!」  感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する