FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ブルーレイ 仮面ライダーTHE FIRST&NEXT

bdthenext01.jpg
仮面ライダーTHE FIRST&NEXTのBDを購入。
映像特典で新規座談会(1時間)が追加され1万3千円。
ちょっと高く感じるから1万円くらいに抑えて欲しかった。










bdthenext02.jpg
bdthenext03.jpg
1号のマスクがFIRST・NEXTで分かれているオシャレ仕様。
パッケージや映像特典、ブックレットなどを見てもTHE NEXTのブルーレイとしての色合いが強い。










bdthenext04.jpg
「知らなかったぜ・・・俺ってマジでいい奴だったんだな」
「そうだよ。だから言っただろ、そうだって」

久しぶりに見返すとデザインもアクションも何もかもがカッコよすぎ。ショッカー戦闘員ですらカッコいいし。
いかにもワイヤーって動きなのに何度も繰り返し見てしまう。
このポーズで立体化されたアルソリは今でも宝物。










bdthenext05.jpg
「咲いたんだ・・・一輪だけ・・・」

2人ともショッカーの被害者で切ない。
初見では正体がウエンツと分からなかったし驚いたなぁ。
これの公開直後にWATが売れ始めるしちょっと遅かったから出演出来なかったかもしれない。
いつかのバラエティで「やっと仮面ライダーに出演したのに死にかけの怪人でした」は笑ったw










bdthenext06.jpg
続いてNEXT。
当時から散々言われているホラー要素よりも暗所でのアクションが多くてせっかくのスーツが分かりづらい方が気になった。
元々暗い色合いに暗所撮影と相性最悪だし。
それだけにレストランに向かう前のトラック戦闘は昼間だから分かりやすい。











bdthenext07.jpg
映画館で見て好きになりDVDでは何度も繰り返し見たこのシーンもまたブルーレイで何度も見返す。
惜しくは3人同時にポーズ取ったシーンがないことくらい。










bdthenext08.jpg
bdthenext09.jpg
涙を仮面で隠したり爆風に靡くマフラーもお気に入り。
作品は大好きなんだけど台無しのラストシーンだけは好きになれない。
当時は誰?と思ったけど6年後にライダー出演とはね・・・

メイキングでのマーク武蔵は久しぶりに見た。また日本に帰ってきて欲しい。
黄川田さんの生ライダーキックは迫力ある。
この頃は演技良かったのにエックス出演時はやけに棒に見えた。

映像特典の新規座談会は1時間もあり見応えがある。
最新作のアマゾンズの話題まで出てくるし。
1号~アマゾンまでリメイクされたけどエックス・ストロンガーらも見たいしNEXTの続きやって欲しいな。
監督らはこの10年でここまでアメコミ映画がヒットするとは思っていなかったらしいけど、自分は電王の映画が何度も続いて年に3回もライダー映画やってる近年の方がビックリ。
THEシリーズが不評というよりも電王がヒットしすぎた気がする。


  1. 2016/08/12(金) 15:08:18|
  2. その他仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

アメトーーク! 仮面ライダー芸人

ありそうでなかった仮面ライダー芸人がついに実現。
いつものスタジオにライダーフィギュア・玩具が広がっている光景が不思議だ。

昭和→平成1期→平成2期(と怪人パネル)の順で紹介。
全国放送で「平成ライダー 第1期」って言われるのも不思議な感覚だ。
平成1期、2期なんて言葉は元々ファンから生まれた言葉だけど、フォーゼ・ウィザードあたりからスタッフ(公式)も使うようになってきたしいつの間にやら根付いている。
逆に「涙ライン」ってファンのこじつけレベルだったはずだけど、いつの間にか公式側も昔からの事実みたく語っているような気がする。

最初の変身シーンで旧1号の映像流れたけどやけに綺麗だったからBDソースかな。
V3映画(爆薬凄い)も綺麗だったしクウガから本気出しすぎ。これをもっと前に出来ていれば・・・
デストロンの住所ネタのようなお約束からオーメダル生産数が5円玉越えたとかザンキさんの尻やシフト制など一般の人は知らないようなネタも入ってきている。
オダジョーの「へん~しん」なんて最新ネタまであるし。
フィリップ(菅田くん)あたりから芸人サイドも反応するようになってきたし今の若い子の浸透率が伺える。
福士くんはすっかり遠い人になってしまった・・・
最新作のゴースト・アマゾンズの本編映像まで使っていて驚いた。
特にグレイトフルの一斉召還なんていうつい最近の話も放送しているし。

芸人はガチオタ多かった。
棚橋のようにガッチリした人がDX(CSM?)ベルト付けると小さく見える。
クウガ逃したのを知恵袋で知ったのが面白い。そんな棚橋も今では黄金騎士。
土田のファイズギアがコンセレで驚いた。もたつくところがディケイド登場の剣崎を思い出すw
ファイナル弁当の滑り具合が痛々しい・・・

最後はゴーストと西銘くんが登場。
1年後には西銘くんも売れっ子になっていてこういう番組にも出演出来なくなりそう。
ゴーストはお祭り映画未参加だから1号・V3と並んでいる光景が新鮮だ。
予告映像流れたけど3人同時変身シーンがカッコいい。

エグゼイド・レベル1のスーツも
糞ダサいと思っていたレベル1が思ったよりも可愛い。
ますます本編が楽しみ。


  1. 2016/08/05(金) 00:25:38|
  2. その他仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

仮面ライダー剣 BD-BOX1 感想

blade21.jpg
放送から10年の時を経てブレイドのブルーレイボックスが発売!
超英雄際で発表された時は半年も待つのかと思ったけれどあっという間。




blade22.jpg
初回限定ボックスの表はブレイド&ギャレンで裏がカリス&レンゲル。
ブレイドはカリスが2号ライダーでギャレンが3号ライダーのようだけど、自分にとってはブレイドが1号でギャレンが2号、カリスが3号かな。
主役が1号として後は登場順でカウントしてるから。




blade24.jpg
ディスクは3枚組みで各5~6話収録。
1話6GでDVDでは1話1Gちょっとだったことを考えると6倍に。
レーベル印刷はブレイド・ギャレン・カリスで現在どのカードを所持しているのかが一目瞭然。
全部で9枚になるとして残るはレンゲル・ブレイドJ・ギャレンJ・キング・ワイルドカリスは確定だろうからラスト1枚はどうなるんだろ。





blade23.jpg
スペーサー(ボックスを埋める箱)にはキングフォームと裏面にワイルドカリスがいてカッコいい。



続きを読む


  1. 2015/07/18(土) 21:31:30|
  2. その他仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

今日のお買物

150318-1.jpg
○仮面ライダーぴあ VOL2
オーズ(レッツゴーライダー)の時に発売されたぴあのライダー写真集が4年後のGP3号に合わせて第2弾が登場。
この分厚さとカラーページの多さで千円は安いし頑張ってる。
玩具はどんどん値上げしてるなか、本(紙某体)はあまり値上げしないから助かる。

3号だけでなく4号の写真まで収録は驚き。
シフトスピードのアップ写真やフォーミュラの美麗写真など特写写真集のような一面もあり満足度高い。
特典のポストカードは第1弾の加工写真に加えてフォーゼ~ドライブが新たに追加。
基本的に各ライダー1写真なので、フォーゼ~ドライブは得した気分。


150318-2.jpg
背景加工が似合っているのもあれば違和感感じるのもある点は前回と同じ。
その中でもカッコいいと思った写真を何枚か。
1号&サイクロンは安定のカッコ良さ。
どの雑誌でもライダーの写真は真正面か横から乗せるのが多い中、ぴあの写真は後姿も乗っていてカッコ良い。
昭和ライダー、というか1号には哀愁が似合うのでこの写真は最高にカッコいい。

雨の中のブレイドはミッシングエースを思わせるカット。
前回は微妙だったカブトとオーズも今回はカッコいい。
オーズの背景加工は炎でタジャドルならまだしもタトバとは合わなかったから。




150318-3.jpg
各ライダーの写真にはレンジャーズストライクを思わせるポエムテキストも。
どれも凝っているけどやっぱり鎧武のこれはお気に入り。

今月末に鎧武の特写写真集が発売されるなか、思わぬタイミングで出て来て楽しめた。
戦隊もゴーカイジャーの時に出しているし40周年の来年にもう1度出してくれないかな。
特写といえば戦隊も出して欲しい。スーツに武器・ロボと綺麗な写真のアップで見たいし。


  1. 2015/03/18(水) 23:56:18|
  2. その他仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バトライドウォーⅡ PV第3弾


バトライドウォーⅡのPV第3弾が公開。
上様操作キャラとか頭おかしいわwww
冒頭が「原作 石ノ森章太郎」で仮面ライダーモチーフのダブルが「風だ・・・風都の風が!」ってのはいいねぇ。
映画ではフィリップと一緒に行っていた台詞だけど翔太郎一人と言うことは菅田くんはライブラリ出演すらない?

改変されたフィルムということで映画のストーリーが改変され鎧武VSエターナルというあり得ない戦いも。
「ありがとうシネマ。でも、もういいんだ」って台詞の老人?は前回のPVで「ヒーローが負けて終りなんかつまらないよ」と言っていた少年が成長した?
ゲーム世界のライダー映画は負けて終りだったからフィルムを改変して勝たせる組み合わせにしていると?にしてはエターナルと鎧武じゃ差が凄いけどw

バーニングフォームもシャイニングカリバー・シングルモードでの攻撃が追加。
龍騎サバイブは待望のドラゴンファイヤーストームが。
キングフォームは映画14に放った空中RSFに響鬼は上様の使い回し?で馬に乗ったりアームドセイバーから炎出たり。
エンペラーフォームで劇中では出てこなかったバッシャーフィーバーが登場!
ねつ造技かよw思いきや1の時点でコンプリのアルティメット召喚があった。
インフィニティーは単独キャラではなくフレイムスタイルからのパワーアップになった模様。
ディケイドがアギトのFARを使っていたけどあれは直前に映った激情態だろうか?

巨大な敵も多数出てくるけど、アークのような中途半端に大きい相手の方が面白そうw
究極&最強フォームが敵となるシーンではみんな正常時のまま黒いオーラを纏っていて残念。
ここでこそアルティメット黒目や悪のバーニングアギト・リュウガサバイブ・ダークカブトハイパーフォーム・ダークディケイド激情体のような遊び心が見たかったw
敵と言えば本当に映画で特別出演した俳優陣が声を当てていて嬉しい。

「ウラギリモノノアカイチとクツジョクノナミダヲ」

oh・・・
俳優・声優じゃなく格闘家だから仕方ないとはいえ、もっとこう・・・
その後出て来た武人鎧武の「天下は私ものだ!!」の安定感が素晴らしいw

「パートナーライダーシステムで仲間と共闘!」ってミッチじゃ信じられんわwww
戦極大合戦の性格を基準としてそうだから大丈夫だろうけど。
サブライダーはこれで戦えるようになるかな。少なくとも前作で出たガタックやダークキバあたりは。
超クライマックスで空飛んでたから空中戦もよくなっている?
ガッカリの代名詞であったタジャドルで空中戦はやりたいね。前作空飛べるといっても一瞬で全然空中戦じゃなかったから。
空飛べるライダーはキングダークやガラといった巨大な敵にこそ役立てそう。


  1. 2014/05/16(金) 20:53:30|
  2. その他仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バトライドウォーⅡ新PV公開!



バトライドウォーⅡの新PVが公開。
最初の特報時点で十分燃えたけど今回はさらに凄い。
オールライダー系で見慣れたはずの全平成主役ライダーが一度に並ぶのも壮観。
15ライダーが横一列で歩いてくる構図は映像・ゲーム通して初めてじゃないかな。
レッツゴーライダーから横一列ではなくなって陣形っぽくなってるし。
ガンバライドの全ライダーキックだと横一列らしいけど。

Ⅱから巨大バトル導入と言うごとでガラ怪物態も登場。
ブラカワニで突っ込むシーンがカッコいい。
劇中ムービー?でキングダークが出た時はさらに岩石首領が出てくるんじゃないかと期待したけど残念ながら。
映画で巨大な敵というとパラダイスロストのデカい奴や14、オロチ・アークなどが。
明らかに巨大なやつはともかくアークのように中途半端にデカい敵との戦いも楽しみw

驚くべきは敵キャラにかつての芸能人らが再び声をあてること。
エターナル役の松岡さんはツイッターでの意味深発言や元々仮面ライダーエターナルと言う役に思い入れがあるのは分かっていたからその内出演してくださるだろうとは思っていたけど
コーカサスやガオウ・ソーサラーあたりは完全に予想外w
特に情報初出の時は絶対コラだと思っていた松平健がガチ参戦www

それに伴ってかオーズのムービーは気合入っている。
ブラカワニメダルを渡されるシーンや一緒に戦う時、オールコンボへの変身にボンディングエイトクラッシュからの4連続ライダーキックなど。
オーズ意外にもムービーは気合入ってるね。龍騎VSリュウガのライダーキックや全員まとめてクライマックスだぜ!CJGX登場シーン(フィリップは声無し?)、フュージョンドリルキックにインフィニティードラゴンVSソーサラーとか。
比較的最新映画に入る部類の戦極大合戦からも最後のライダーキックを収録するとは思わなかった。

カチドキは絶対間に合わないと思っていただけに意外。
前作でオールドラゴンやインフィニティーを見るに(当たり前だけど)再現度は低く間に合っただけで感謝レベルだろうけど。
全最強&究極フォームが並んでの「ここからはみんなのステージだ!!」は良いね。
究極フォーム紹介シーンでソードフォームが超クライマックスになったのを見るに超クラも究極フォーム扱い?
最強コンプリートフォームはどうなんだろ。
にしてもダブルから究極フォームに変わるシーンではなぜオーズ(超タトバ)は飛ばされたんだw

まだ発売まで日があるしさらなる新情報が来そうな予感。
前作は消化率が凄かったと聞くし相当売れたんだろうか。
それこそ今回のようにかつての俳優呼べるくらいに。水嶋ヒロはまた人気上がる前に呼んで置いた方が良いと思うけどw
代役の方も去年亡くなられてしまったしね。


  1. 2014/04/03(木) 20:19:02|
  2. その他仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説仮面ライダー龍騎感想

延期しまくりクウガみたいに未定になる作品もあるなか、無事に12作品が小説に。
最後は龍騎。平成最初のクウガか10周年のディケイドで締めて欲しかったけどライダーバトルの基礎を築いた龍騎と言うのも悪くない。
感想は続きからどうぞ

続きを読む


  1. 2013/11/01(金) 20:17:43|
  2. その他仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

仮面ライダーブラック・RX感想

見続けていた最後の昭和ライダーブラックとRXの感想を。
今なお高い人気を誇るだけあって面白かったけど、メインストーリーは盛り上がり通常回が消化試合感溢れるのは平成2期と似ているなぁとw
感想は続きからどうぞ。

続きを読む


  1. 2013/10/22(火) 21:07:45|
  2. その他仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

小説仮面ライダー響鬼&電王感想

小説版仮面ライダー響鬼と電王の感想を。


響鬼
本編を再構成や後日談・間のストーリーなどあった小説版仮面ライダーだけどガチパラレル・第0話的ポディションなのが今回。
これまでの平成ライダー小説としては文章能力は間違いなくトップクラスだと思うし台本(脚本)を呼んでいる感じもしなかったけれど元々響鬼そのものと時代劇に興味ないのが相まってカブトを除けば一番つまらんかった。
響鬼が扱ってきたテーマの一つに師弟関係があるけど小説版は殆どなし。
ここで最初のディスクアニマル(アカネタカ)って事は小説→映画→本編の流れ?

戦闘シーン、というか文章が細かくて状況が良く伝わってきた。
当時の幕府や状況を上手く絡めつつ響鬼や変身忍者と言う人外の存在を扱っている。
清書係だった当時のうっぷんを晴らすような出来である。
太鼓をドコドコとか書くのはアレだったけど・・・

本編では頼れる大人として描かれた響鬼も迷いのある若者に。
「鬼の道は迷いながら進むものじゃない」と言っていた本編とは違い迷いまくりである。
半分魔化魍とは言え歌舞鬼相手に戦った劇場版響鬼は凄かったんだな。(あの時点で決意固めてたけど)
トドロキやザンキのリストラは予想通りだけど明日夢までリストラとは。
迷うポディションは明日夢で今回は響鬼だから出番取られた感じ。

響鬼と変身忍者嵐の同時変身とかは凄くカッコよかった。
これで装甲響鬼は無理としても紅くらいは。
予算度外視で出来るはずの小説版なのに例によってそういう盛り上がりはなく。女の鬼(サキ)とかは珍しかったけど。
巨大アカネタカがピンチに駆けつけて火球吐いて援護攻撃とかは凄い良かった。

蝕鬼の捨て台詞で「俺の意志を継ぐ者が~」みたいな事言ってたけど映画でもテレビでもそんな奴いなくね?洋館の男女がそれ?と思ったらまさかの本郷猛&ショッカー。
ここで本郷猛&ショッカー出すのは違う気がした。
独立した世界観で10年間やってきた平成ライダーで初代に繋げられても。
現代ではストレートに今の響鬼や明日夢が出てくると思ったから拍子抜けした。
人によっては初代きたあああああ!と盛り上がるかもしれないけど俺としては冷めたというか。

自分の好みに合わなかっただけで作品としての出来は良いと思う。
時代劇や当時の幕府とか好きな人は好きになれそうな気がする。
個人的には最後に出て来た男女にさらに迫るような話が見たかった。
少なくとも見たい・読みたい内容では無かった。


電王
執筆は白倉Pと言う事もあり発売前から不安が。
不安と言うか内容がどうより文章書けるの?っていう。
蓋開けてみたら序章が気になったくらいで普通に読めて登場人物の性格・言動に違和感なく脳内再生も楽々と言うレベルの高さ。
なんだかんだで東大卒の出世コースまっしぐらの人は違った。

「超てんこ盛り」と言う言葉が出て来ているから鬼が島以降かと思いきやイマジンらがデンライナー内ですら実体化しないだと本編とは違う要素もあり。
限りなく本編に近いルートを歩んだ別世界といったところだろうか。
タイムパラドックス関係についてはよく理解できないところがあったけど。
良太郎はエイトライナー・東京ワールドタワーを忘れたけど特異点も忘れるんだっけ?
度かなさる映画と役者変更、それに伴う設定で完全に頭がこんがらがっているw
小林さんが書いたものも見てみたかった。
小説版でもカイとかについて触れるようなものはなかったし。

発売前は「映像化不能」的な事を聞いたことあるけど、内容・描写より役者的な問題?
もうイマジン・ナオミ・オーナーくらいしか揃わないかも。
内容的には建設物とかがキツそう。CG使えばいける?未成年飲酒はどうやっても無理だけど。

ストーリー的にはイマジン2体や犬が契約者など変わったところがあれど基本的にはTVシリーズのまま。
終盤のヒスイの良い犬っぷりにはウルッときたけど。
クウガに続き時事ネタも。

「朝に不思議な怪物とあって未来の予言を聞いたんだ。リーマンショック・ブラジルレアル急騰・超円高・欧州債務危機・アベノミクス

何故かアベノミクスで爆笑しそうになったw時事ネタとしてはかなり新しいせいだろうかw

作中では良太郎の「このままでいいんだろうか」といった台詞があるけど、それは何度も続いている電王映画に対して?
クライマックス刑事までは電王ファンも喜んでいた気がするけどさら電から先は「またかよ!」の繰り返し。
トリロジー3部作はそれのピークだったような気もする。
少なくとも東映はヒーロー大戦Zで電王人気に頼る事は辞めている。
最後の登場シーンでちょっといいポディションにソードフォームが立っていたくらいでこれまでの春映画のようにストーリーに密接に関わるようなことはしていないし。
ラストで良太郎が言っているように当たり前の場所(ミルクディッパー)で当たり前に過ごすのが大事。
春映画にも出演しなくなり放送から5年経ち電王の展開は一段落したけれど、ファンがその当たり前(電王)を望めばまたやるかもしれないと?
だからこそ「いつか未来で」をラストページに持ってきたのかなと。

後は発売したばかりの龍騎で全部読み終わる。ここまで長かった。


  1. 2013/09/03(火) 22:25:06|
  2. その他仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

小説版仮面ライダークウガ感想

6か月近くかかってようやく発売の小説版クウガ。
響鬼と一緒に買ってきたけどあっちはまだ半分くらいしか読んでない。
クウガは自分が初めて見た仮面ライダーでもあり一番好きな仮面ライダーという事もあって期待と不安が半分ずつ。
結果的には面白くはあったけど納得できないところもあれば○○して欲しかったって言う願望もあったり。
以下続きから。

続きを読む


  1. 2013/07/16(火) 22:56:23|
  2. その他仮面ライダー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

ワンダヴィジョン 2020年末配信開始
魔進戦隊キラメイジャー 第24話「バンドしちゃうぞ!」 感想
仮面ライダーセイバー 第3話「父であり、剣士。」 感想
ウルトラマンZ(ゼット)第13話「メダルいただきます!」 感想
雑記

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する