FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ファルコン&ウィンターソルジャー 最終回(第6話)「世界はひとつ、人はひとつ」 感想

210423-101.jpg
ファルコン&ウィンターソルジャーが最終回が配信。
ワンダヴィジョンが全9回(8週)だったことを考えればあっという間。

キャラクターの掘り下げ・ドラマは第5話で大方描いたので最終回はいきなりドンパチ。
サムが新スーツに身を包み盾を投げつけて突っ込んでくるシーンがカッコいい。
この時点でキャプテン・アメリカを名乗っているしサムは覚悟決めてる。
盾を構えてジェットバックで突っ込むのはスティーブには出来ないアクションで差別化されてる。
レッドウイングも万能だけどこのスーツは誰が作ったの?

バッキーも負けてはおらずバイク事突っ込むのは迫力ある。
一番印象的だったのがトラックから人々を助けるシーン。

「ありがとう!助けてくれて」
「・・・とんでもない」

ちょっと戸惑うバッキーが好き。
これまでヒーローとして敵と戦うことはあれど、直接人を助けるシーンは無かったんだよね。
ウィンターソルジャー時代から人の命を奪い続けてきた左手で人々を救うのが素晴らしい。
敵と戦うだけではなく救ってこそヒーロー。もうバッキーも立派なヒーロー(アベンジャーズ)だね。

さらに成長を見せるのがジョン・ウォーカー。
お手製の盾を蹴り飛ばされた時は笑っちゃったけど持ち前のガッツで粘る。
結果的にバッキーが助けた車両を一度は見捨てて逃げるカーリーを追ったけど最後の最後で助ける。
カーリーか車両(人々)か、分かりやすいくらい選択を迫られたシーン。
盾を捨てることで自分のエゴや拘りを捨てることが出来た。
人は間違えてもやり直せる、というメッセージだろうか。
サム・バッキー・ジョンが3人並んだシーンがカッコ良すぎて刺さる。

カーリーに止めを刺したのはシャロン。汚れ役を任された感が。
カメラ越しのサムの言葉が胸に響く。
政治家の言うことが最もではあるけど「困難を共有できた」は印象的な台詞だね。
全人類が一緒に悩むことが出来る課題が出来たというのは黒人故に困難を背負い続けてきたサムだからこそ。
スティーブもスピーチ上手かったし人前での話術はキャプテン・アメリカに欠かせない。
サムの言うように第2・第3のカーリーが出てくるし「敵が出てきたので倒しました」では根本の解決にはならない。
今作で描かれた以外でも空白の5年間で生じた問題は山ほどあるだろうし、カーリーの思想に賛成する人は多いだろうから。

ジモは幽閉されたまま。
フラグ・スマッシャーズの4人もいなくなったし、目的達成したかも。
超人血清蹴り潰した段階でジモとしては殆どやりきっただろうし、残りの人生幽閉でも後悔無さそう。
ジモダンスがミーム化したし人気次第では再登場がありえるかもしれない。

ジョンは生き残ってUSエージェントの称号を得る。
原作アメコミでもある称号みたいだね。
「USエージェント ザ・ファースト・アドベンチャー」でもあったのかも。
喜んでいるけど、その凄さがイマイチ分からない。
あの女は敵と思ったらスカウトマン?
清く正しいとは言い難いグレーなジョンをスカウトするあたり、ダークアベンジャーズ結成を企ててそう。

パワーブローカーはシャロンだった。
指バッチンで捻くれちゃっただけで、値はペギー同様正義感溢れる人物と考えていたのでショック。
ローディが1話にしか出なかったのが残念。
落下するトラックを支えるのはアイアン・パトリオットでも良かったんじゃないかな。
スティーブの生死についても触れられぬまま。あえてボカしてる?











210423-102.jpg
210423-105.jpg
結局バッキーのライフルはなんだったんだろう?劇中でもナイフしか使ってないし。
アーツのサムは雰囲気あるけど、バッキーは似ているような似ていないような絶妙な顔。
とりあえずジョン・ウォーカーは予約した。

怪しい動きもあったけどみんなのパーティーシーンは明るくて好き。
まるで役者陣のオフショットやメイキングのような団欒とした雰囲気。
ドクターストレンジ2に繋がると言われているワンダヴィジョンや既にシーズン2が決まったらしい?ロキとは違って今後の動きが読めないファルコン&ウィンターソルジャー。
また活躍する2人が見たくてたまらない。
6話しかないからあっという間で、ワンダヴィジョン同様「約5時間の映画」というくらいのクオリティ。










210423-106.jpg
続いては6月のロキ。
2020年のMCUが0作だったことを考えれば2ヶ月後に新作あるだけでも嬉しいけど、
毎週配信に慣れてしまうと物足りなさを感じる贅沢な体質になるw
ディズニープラス的には5月4日にバッドバッチ(スターウォーズ)。
ヒーロー作品としては5月下にジャスティス・リーグ スナイダーカットがあるね。









  1. 2021/04/24(土) 00:57:16|
  2. ファルコン&ウィンター・ソルジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ファルコン&ウィンターソルジャー 第5話「真実」 感想

210416-1.jpg
暴走するジョン・ウォーカーへの説得から。
盾返してほしかったのも本音だろうけど救いたかったのも本音じゃないかな。
超人同士のバトルはバッキーに引けを取らないほど。
むしろ普通の人間がサムだけで飛べるからなんとかなっているけど、それでも翼をもがれてしまう。
結局ジョンは除名処分。
本人は納得いっていないけど悪人とはいえ人を殺してるのに牢屋に入るわけではないから

ドンパチアクションは序盤だけで後は各キャラクターの掘り下げ。
ラスト1話は派手にドンパチしますよ、ってことかな。
ジモはドーラミラージュに連行されワカンダへ。もう2度とバッキーを洗脳することはないかも。
金田一の少年の高遠みたいに普通の刑務所だと何度も脱走されそうだし、確実に閉じ込めておくなら海の中が一番かな。

キャッチボールならぬ、キャッチ盾のサムとバッキーの会話が良い。
ジモやジョンの件もあって2人だけでじっくり会話する機会が無かったからやっと胸の内を話せたね。
盾を譲った時はキャップもバッキーも黒人であることをそこまで考えていなかった。
バッキーも罪滅ぼしをしているつもりが自分のためだった、とサムから鋭い指摘受けてるね。
ガッツリ握手するシーンがエンドゲームのトニーとキャップを思い出す。
あのシーンで2人が和解したように、この2人もまた心から分かりあえたね。
照れ隠しでただの2人に落ち着くのがまた良いw

そこからサムの猛特訓!
キャップの盾アクションは当たり前のように見ていたけど全力で投げて高速で戻ってくる盾を素手で受けとめるって度胸と技術が試されるよね。
バウンド距離もだんだん近くなってきてモノにしているのが流石。
実は超人血清打つ前のジョンもそれなりに盾を使いこなしていたので、彼なりに努力をしていたんだと分かる特訓シーンでもある。
ジョンとサムならジョンの方が身体能力は高いだろうし、ジョンはジョンなりにキャプテン・アメリカになろうと頑張っていたわけだから。

カーリーも動き出し「みんなで戦う」と。
AOUなどでキャップが使っていた言葉なので意識してるのかも。
最初のアベンジャーズの舞台となったニューヨークで決戦というのも感慨深い。

サムが明けたケースの中は新しいスーツとヴィブラニウム製の翼?
ジョンも自ら盾を作りキャプテン・アメリカになろうとしている。
ドラマパートとしては今週が最終回と言えなくもないし次回はアクションてんこ盛りになりそう。
ジョンの結末とシャロンの動向、ヴァルという女性が何者が明かされるくらいかな。
1話・2話のアクションシーンがドラマを超え映画クオリティだったので最終回も期待。
1話に出てきたローディも再登場して欲しいな。







  1. 2021/04/17(土) 01:05:14|
  2. ファルコン&ウィンター・ソルジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ファルコン&ウィンターソルジャー 第4話「世界注視の中で」 感想

210410-1.jpg
ジモダンスがネタになり、配信も後半戦に突入。
バッキーはワカンダへの恩を忘れているわけではなく、治療シーンも描かれている。
ドーラミラージュの女性陣しか出演しなかったけど、実際にはシュリが献身的に面倒見ていたはず。台詞だけは出てきたし。
ワカンダ側としても先代ブラックパンサー=ティ・チャカを失った経緯があるし野放しは許さない。

そんな中、バトルが勃発してドーラミラージュ強い。
ジョン・ウォーカーも現場たたき上げで強いけど、ドーラミラージュは幼少の頃から訓練受けているだろうしさらに強い。
腕と盾の隙間に槍投げるのは凄すぎ。
同じ人間同士でも差があって流石にショックのジョン・ウォーカー。
バッキーのアームをあっさり外してしまうのはワカンダ制なのもあるし、バッキーと言う人物を知り尽くしているからだろうか。

特筆すべきは最後のバトルシーン。
ナイフを手にしたバッキーがクルクル回すのがウインダーソルジャーを彷彿させてカッコいい!
サムも相手が超人兵士とはいえ、銃やレッドウイングを出すとすぐに勝ってしまい勝負にならないからか生身アクションを展開。
背中のジェットバックから炎を噴出するなんて初めて見た。

そして問題のジョン・ウォーカー。
これ明らかに超人血清打ってるよね。窓破って着地とか常人ではないアクションやっているし。
盾を使っての殴打シーンはドン引き。
かつてCWでキャップがアイアンマンにやったことと同じだけど意味が違う。
いよいよホームランダーっぽくなってきた。ザ・ボーイズなら殴打シーンも隠さず映している。

「超人血清は人の本質が出る」はまさにその通り。
超人血清を打つ前からヒーローだったスティーブ・ロジャースだからキャプテン・アメリカになった。
この作品に出てくる超人兵士は見た目が醜くなっていないレッド・スカル。つまり大して変わらない。
そんなスティーブを選んだアースキン博士は人を見る目がある。

ジョンとしても今の境遇に焦ってそう。
もしもキャプテン・アメリカではないヒーローだったらこうはならなかったかも。
街の女性からサインを求められるシーンがあったように、街の人々からキャプテン・アメリカとして称えられてプレッシャーあることに変わりはないから。







  1. 2021/04/10(土) 00:26:11|
  2. ファルコン&ウィンター・ソルジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ファルコン&ウィンターソルジャー 第3話「パワー・ブローカー」 感想

210403-1.jpeg
シビル・ウォーに登場した頭脳派ヴィラン「バロン・ジモ」が再登場。
ある意味サノスを超える最凶ヴィランで人間ヴィランとしては過去最悪かも。
刑務所脱出撃も見事なまでの頭脳派プレイで見ていて清々しい。

バロン・ジモが貴族で意外だった。
てっきり祖国と家族を失った恐ろしく頭の良い一般人とばかり。
サム・バッキーのコンビ作だけど今回はバロン・ジモ、シャロンも入れた4人チームに。
バッキーとバロン・ジモは因縁あるけどサムとはそうでもないし、深く描かれるのは初めてだね。
橋の上を歩くサムの服装がティ・チャラっぽい。

シャロンもシビル・ウォーぶりに出演。
バッキーすら恩赦あったのに未だ国賊扱い。
身体を張った生身アクションも披露。
そこらの男よりは強いけどナターシャには劣るちょうどいい強さ。

超人血清の謎が解けかけたところで射殺されて以外。
例のマスクはここで装着だった。
超人血清完成のところで指パッチンで消滅。
今後のMCU映画のラスボスヴィランも指パッチンで消滅していたキャラがいるかもしれない。

車は4人乗りだからシャロンも乗るのかと思ったら別行動。
何かの組織に属している?
ワカンダよりドーラ・ミラージュの追跡も。一瞬オコエかと。
ワカンダ側からすればティ・チャカを暗殺した黒幕だから放っておくわけにはいかないよね。
バロン・ジモを利用しようとした際、サムが乗り気で無かったような表情なのはワカンダに恩があるからかな。

サム・バッキーの友情、盾を引き継ぐかどうかの作品だと思っていたらどんどん事情が大きくなってきた。
残り3話だけどMCUなら上手く纏めきれるはず。







  1. 2021/04/04(日) 09:46:55|
  2. ファルコン&ウィンター・ソルジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ファルコン&ウィンターソルジャー 第2話「星条旗を背負う者」 感想

210326-2.jpeg
キャプテン・アメリカの正体はUSエージェント、ジョン・ウォーカー。
スーツはコスプレではないけど本物にも見えない絶妙なデザインで綺麗なホームランダーというか。
ちなみに中の人はGotG2エゴの息子とか。声も鈴木達央でカッコよく意外にMCU初参戦。

最初から苦悩するシーンを見せられたし意外と好きになった。
人々の前に立ってアピールするシーンはFAのキャップと同じ。
その一方で無自覚な上からな雰囲気もあったりとキャップとは別。
ジョンはジョンで苦労してきたんだろうけど、優秀な成績を上げてきて常に強かったジョン。
超人血清を打つ前で弱さも知っているキャップだからスタートラインが違うのよね。
自分にもある弱さを知れば本当のヒーロー。


一般市民たちは既に受け入れているね。
アメリカは英雄を求める国ではあるけど、キャプテン・アメリカの称号さえあればそれでいいのか。
敵もまた複雑で指パッチン中の世界の方が良かったと。
エンドゲームでは描かれなかった5年の空白がスパイダーマンFFH・ワンダヴィジョン以上に深く踏み込んだ内容になってる。
自ら犠牲になって仲間を逃がしたりと敵の覚悟もまた本物。
ドラマシリーズでガチ一般人が敵になるのは始めてで映画だとスパイダーマンFFHのミステリオ以来。本来守るべき市民が敵になってる。

サムも黒人差別を受けつつ、アベンジャーズと知られた瞬間顔パスだったりと複雑なところ。
身分証明も黒人のサムにしか求めてないし。
自分は日本人だからしっくりこないけど警官の「ゴーグルしていたから気づきませんでした!」は屈辱的な発言じゃないかな。
ブラックパンサー同様に外国人の受けが良さそう。

トラックの上での戦闘シーンは完全に映画!
第1話の空中戦といい、アクションシーンが少ない代わりにいざ始まると映画同等の迫力を家で味わえるから凄い。
現代に生きる超人兵士はバッキーしかいないのかと思ったら敵も超人兵士。そりゃ強いわけだ。
途中から駆けつけるUSエージェントとホスキンズがカッコよくて頼もしい!
盾は本物を使っているのか強いけど、肉体はめちゃくちゃ強い一般人の域を出ず超人兵士には敵わず。それでもよく戦ったと思うけど。
銃を使ったシーンはEP3のオビ=ワンVSグリーヴァス戦を思い出す。

バッキーのセラピーが法律で決まっているとは。
ソコヴィア協定の中で操られたヒーローはセラピー受けること~みたいな記述でもあるのかな。
次回はついにバロン・ジモ登場!シビル・ウォーの時系列から7・8年経っていてまだ監獄の中。
シャロンが国賊呼ばわり。最近御無沙汰で映像で見なくなったから久しぶりに描かれる姿が楽しみ。







  1. 2021/03/27(土) 01:35:09|
  2. ファルコン&ウィンター・ソルジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ファルコン&ウィンターソルジャー第1話「新たなる世界秩序」 感想

210319-11.jpg
ワンダヴィジョン最終回から2週間。
早くもMCUドラマ新作の「ファルコン&ウィンターソルジャー」が配信開始。
本来であればこちらが最初に配信されるはずだったので約半年遅れてしまった。



続きを読む


  1. 2021/03/20(土) 00:55:46|
  2. ファルコン&ウィンター・ソルジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

仮面ライダーリバイス 第3話「人質トラブル、どうする兄弟!?」 感想
機界戦隊ゼンカイジャー 第28話「週刊少年マンガワルド大図解!」  感想
ザ・ハイスクール ヒーローズ 最終回(第8話) 感想
ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第9話「あの日の翼」 感想
ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する