fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第24話「闇の支配者」 感想

220115-1.jpg
ついに現れた邪神・メガロゾーア。
邪神に本体の顔付だったり電気系統に影響あったりデモン・ガタノゾーアの特性がある。
触手を全部撃ち落とすアキト凄すぎ。
ここでユナがユザレ同様の自己犠牲を否定させたので最終回はユザレの力に頼ることなく、自力の戦いになりそう。











220115-2.jpg
サークルアームズは通じないバリアも破られると第1形態ではラスボスとして最低限の風格は見せてくれる。
以前もやったグリッタートリガーへのシームレス変身に二刀流がカッコいい。
トリガーダーク乱入も熱く、トリガーが光線でやられてる時に援護光線出すシーン好き。
やっと2人がかりの光線も見せてくれたし大満足。
児童誌だと第1形態にも苦戦みたいなこと書いてあったけど普通に勝ってる。
「トレジャーハントは引き際が肝心」とここでも存在感を発揮するイグニス。

母との会話で出自もやっとわかった。
この頃から自分の子供ではなく、いつか戦うと分かっていたんだね。

残りは最終決戦に向けたドラマパートといったところ。
好例の正体バレもここで。
隊長は察していたんだね。頭下げる隊長はなかなかいないから印象的なシーン。
「イグニス」
「なんだ、トリガー」
初期こそ正体を話しそうになったイグニスだけど、今までずっと黙ってくれていた。
最終回で最初の呼び名であるトリガーに戻すイグニスの配慮が伝わってくる。
戦う理由を同じくこの地球以外から来た会長に聞くのが良い。











220115-3.jpg
メガロゾーア第2形態はガタノゾーア感が増している。
都会を蹂躙するCGも好き。
ダブル変身はEXPOで生で見たけど映像もカッコいいね。
「さあ、決戦だ!」で終わるウルトラマンには珍しいエピソード。

最終回のタイトルは「笑顔を信じるものたちへ PULL THE TRIGGER」とティガリスペクト。
PULL THE TRIGGERを付けるエピソードは最終回よりも9話の方が良かったんじゃないかな。






  1. 2022/01/16(日) 06:16:28|
  2. ウルトラマントリガー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第23話「マイフレンド」 感想

220108-3
EXPOはあったけど久しぶりのトリガー本編。
最初はみんなで記念写真。アキト(科学者枠)が入れて良かった。

「お前にはついていけん!」とカッコいいダーゴンだけどやっぱり強制的に操られちゃったね。
ダーゴンの目に気が付くアキトの観察眼。
マルチタイプが吹っ飛びながらのタイプチェンジがカッコいい。











220108-4
決着戦ではダーゴンの想いを汲んで即グリッタートリガーエタニティ。
最強タイプすらシームレスに変身するのがカッコいいね。
色変えただけの状態になったのは初めてだっけ?
そんなダーゴンの最後の想いすら踏みにじる、まさに外道。
グリッターブレードで防いだと思ったら全然防げてなくて草











220108-5
それでも必死に抗ってユナを守るダーゴンがカッコいい。最後まで武人。
原点のダーラムが口にしたマイフレンドはトリガーではなくアキトに。
同じくユナを思う者同士、通じ合うものがあった。











220108-6
グリッターはカルミラと真正面から1対1で戦って完全敗北。言い訳のしようがなく弱い、弱すぎる…
ヒュドラム吸収してパワーアップしているんだろうけど仮にも最強形態なのに。
今となっては第1話で1対2でも互角以上に戦えていたのが懐かしい。
「無様だね~マナカケンゴ!」がその通り過ぎて何も言えぬ。
炎をバックに吹っ飛ぶニチアサみたいなシーン。











220108-7
ユナ(ユザレ)の力を使いついに邪神登場。
ウルトラマンテレビシリーズのラスボスが女性は非常に珍しい。
流石にガタノゾーアのような巨大スーツやデモンゾーアのようなフルCGは無理だったけどかなり頑張ってる。
既にソフビ情報が公開されているように第2形態もあって過去作はないアプローチ。

残すところあと2話。
トリガーダークとの同時変身が楽しみね。






  1. 2022/01/08(土) 22:22:17|
  2. ウルトラマントリガー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第22話「ラストゲーム」 感想

211225-1.jpg
ヒュドラムが早速の裏切り
ファイナルオデッセイの3巨人にない要素が仲間間のゴダゴダや裏切りだったからテレビシリーズでたっぷり尺があるから実現。
トリガーしか見えていないカルミラ。
ユナ(人間)を意識し始めたダーゴン。
裏切るオーラが凄かったヒュドラム。
と放っておいても空中分解しそうな3人だったからよく終盤まで持ったとは思うけど。
ヒュドラムのいう闇の王が邪神だろうか。

ユナを攫ったイグニスだけど「怖く・・・ないのか?」と口にするシーンも。
目的のためには何でもやりはするけど、葛藤はあるというのがリアルよね。
「人付き合いというのも考えものですねぇ!100年の執念すらも鈍らせてしまう!」
が代弁している。












211225-2.jpg
今回の怪獣はメカムサシン。
元はオーブの紅蓮騎っぽいね。
ネタ枠に見えてグリッタートリガーを追い詰めるほど強い。
ウキヨ防壁も腕きり落とさなかったからナースキャノン防ぎきってそう。
ウルトラマンが日本刀持つのは絵になるね。
イグニス所有みたいだし、トリガーダーク手に入れなくともイグニスと戦えたのでは?











211225-3.jpg
トリガーダークVSヒュドラムは最初こそヒュドラム優先。
以前は怪獣キー2個使った最大の攻撃でもカルミラには勝てなかったし、基本的には闇の巨人>トリガーダーク。
その差を埋めるのはグリッタートリガーエタニティ―キー。
ケンゴが言うように元々は同じトリガーだし、光と闇を抱えて強くなるというニュージェネレーションにもピッタリ。
グリッタートリガーダークエタニティ?が出てきた事だし、グリッタートリガーエタニティもトリガーダークキー使いそうだね。

次回はダーゴン決着戦。
目が赤くなっているから普段のダーゴンに汚れ役はやらせないみたい。
リブットキーもついに使用。
公式ツイッターでは「来週」って書かれてるけど流石に元旦放送はしないはずなので再来週かな。

ウルトラマンDが1月29日から始まるので残り3話。
次週がダーゴン決着戦で残り2話が最終決戦。





  1. 2021/12/25(土) 13:00:57|
  2. ウルトラマントリガー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第21話「悪魔がふたたび」  感想

211220-1.jpg
開幕からトリガー変身でスタート。
何事と思ったらバリガイラーの置き土産。
ユナは謹慎で例え隊員にもそこは厳しく。
「ガッツセレクトの本文を忘れるな!」
と上に立つ者だからこそ言わないといけない台詞も。
この正しさがあるから今度やる劇場版での裏切りは本当じゃないと分かるよね。











211220-2.jpg
怪獣はアボラスとバニラ。
THE昭和怪獣な2体。
まるでオーブ最終回のような変身に必殺技時は股下から移動するカットが良かったけど、そこはトリガーも腕の光線にしてほしかった。
片方光線で片方武器じゃ締まりがない。
2体の処理もどうするのか気になったけど謎光線で処理。
宇宙まで持っていって撃破とか人里離れた場所に運ぶとかではなく拍子抜け。











211220-3.jpg
ケンゴとイグニスタッグバトルという美味しい話のはずが起伏がなく淡々としていた。
とはいえ最後にユナを攫うのはまさかの展開。
基本的に良い人ではあるけど自らの復讐(打倒ヒュドラム)にはかえられない。











211220-4.jpg
ヒュドラムは次週(年内)で退場かな。
ここで生き延びても何もなさそうだし
トリガー本編も既ににティガとの共闘という最大のイベントはやってしまって残りは令和版〇〇ゾーアを残すくらい。
カルミラはダーゴンのまともな説得にも聞く耳なしだし先行き危うい。


いよいよ今週から始まるEXPO始まるね。自分h29日に行く予定。
ギンガからのニュージェネレーションのEXPOでは初めて最終回を終えていない状態での開催。
そのためバトルステージのストーリーも最終回後の後日談ではないのが新鮮。





  1. 2021/12/21(火) 00:16:02|
  2. ウルトラマントリガー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第20話「青いアイツは電撃と共に」  感想

211211-1.jpg
登場怪獣はバリガイラー。
10秒もせず分かるネタキャラ臭。
彗星まんじゅうはちょっと食べてみたい

「お前なんか呼んでないわ」「こいつなんやねん」が好き。
「めっちゃ騙されてんやで」「なんで関西弁なんや?」
宇宙の怪獣にも関西弁の概念があったんやな。











211211-2.jpg
イグニスがまたも助けてくれる。
グエバッサーもトレジャーハンターなら違和感なし。
ガッツファルコンのCGは凄かった。
鼻息で部屋が動いたりと細かな特撮で力入ってる。

トリガーパワータイプVSバリガイラーは相撲で戦う。
終盤になってもパワーキャラが力を発揮してるのが素晴らしい。
特にトリガーではティガ本編のリベンジと言わんばかりにスカイタイプが目立っているから余計にね。











211211-3.jpg
「調子に乗ってはいけません。あなたなどハナからかませ犬ですよ」
酷い(´・ω・`)
必殺光線時の画面分割が美しい。
グリッタートリガーエタニティの光線でも相殺で1人では勝てず。
例によって初登場時が強さのピークで先週は1対3とはいえ袋叩きだし強いとは言えない。












211211-4.jpg
次週はトリガーダークとのタッグ戦。
敵2体はビジュアル的にあまり強そうに見えずグリッタートリガーのままで勝てそう。
こういうのは最強形態が出る前にやった方が盛り上がりそうだけど、トリガーダークも同時期に登場だから仕方ないね。
ここで共闘するということは最終決戦はトリガーだけになるのか、そのまま共闘を続けるのか。

そして月曜日はいよいよツブコン!
シン・ウルトラマン公開日もやっと発表されるんじゃないかな。
ギャラファイ3の新予告とかもあるだろうし楽しみだね。






  1. 2021/12/12(日) 01:39:10|
  2. ウルトラマントリガー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 特別総集編③「咲き乱れる悪の華」 感想

211204-2.jpg
ティガ共演から早くも1週間経って総集編。
もう5回くらい総集編やってる気がする。
それはそれとしてデバン再登場なのは嬉しい。
ティガ再登場しなかった場合、デバンがティガ関連最後の登場になるのかも。

ナレーションによるトリガーダーク関連の解説があったけど全くわからん・・・。
超全集とかで深堀されるかな。
グリッタートリガー初登場時は力使いこなせない割には強かったんだと実感する。
「光であり、人である」って台詞は大好き。
近年のヒーロー作品が顕著だけど「ヒーローである前に1人の人間」が挙げられているし戦うシーンしか無かったら、それはそれはただの人形にしか見えない。

間違いではないけどキリエロイドはユナに挑戦してきたことになってる。
別に手を組んでいるわけでもないのに「ユナを見限ると~」は突っ込みたくなる。
「トリガーと並び立つ日をどれだけ待ち望んでいたことか!めちゃくちゃカッコよかった!そして強かった!!」
とファンの気持ちを代弁するデバン。











211204-1.jpg
イーヴィルティガやカミーラたちも放送。
今のところはトリガーダークがティガダークとイーヴィルティガを担っているようにも見えるけど放送するって事はイーヴィルトリガーに相当する存在をやりそう
デモンゾーア(邪神)に対する前振りもあったし、ラスボスはカルミラで確定かな。











211204-3.jpg
ゼロとベリアルはもう何度目だってくらいの紹介。
ギャラファイ3もあるし仕方ないけど、ティガ&トリガー関連の総集編で取り上げるのは場違い感。ダイナ・ガイアならまだ分かるけど。
デビルスプリンターも取り上げたからトリガーにも出てくる?
ジードで大怪獣バトルから続いたベリアル・ギガバトルナイザーの因縁に一旦の決着が付いたと思ったらまだ厄介毎が残ってる。
ゼロ&ベリアルが人気とはいえ12年前のキャラ要素が現代でも引き継がれてるのは素直に凄い。











211204-4.jpg
次回はゴロサンダーのリペ、バリガイラーが登場。
メツオロチ(マガオロチ)同様に赤から青へリペイント。
ヒュドラム戦もあってパワータイプで戦うのがなんか新鮮。






  1. 2021/12/05(日) 00:02:48|
  2. ウルトラマントリガー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第19話「救世主の資格」  感想

211127-1.jpg
手錠かけられているとはいえ馴染んでいるイグニスに草。
全てはキリエル人の仕業でマルゥルや闇の3巨人といった人外ですら術中に嵌るから恐ろしい。
特にカルミラは(恐らく)邪神になる前の姿でもあるわけだし、ティガ本編のキリエル人も頑張ればガタノゾーアにモルフェウスRが効いたのでは?
最も通用しないと分かっていたからさっさと逃げたのかもしれないけど。












211127-2.jpg
騙された事を自覚しながらもカルミラとヒュドラムのバトル。
この2人に関しては幻があってもなくても、遅かれ早かれこうなってそう。
それがキリエル人のせいでちょっと早まっただけ。
頼りがダーゴンだけどトリガーが登場した時に足蹴にされるのが可哀想だった。











211127-3.jpg
グリッタートリガーになればもう大丈夫だろう、なんて安心したらそのまま打撃喰らってるのは悲しくなる。
初登場時の圧倒的な強さは補正ありだったかも。
登場シーンはファイナルオデッセイっぽくて良かった。
カルミラは1話からマウント取ったような攻撃が多い。
相手よりも優位に立ちたい心の現れだろうか。











211127-4.jpg
キリエロイドが現代に復活。
炎魔戦士のとおり炎と共に登場。
トリガーのカラータイマーが消える直前でくるのがせこい、せこすぎる
今週だけ見れば救世主を見極める・試すポジションに変わったのかと思ったけど、このセコさは変わらない。
キリエロイドが登場した3話と25話は間違いなく名作だし、デザインもタイプチェンジ対応も好きだけどキリエル人自体はかなり小者よね。
自称救世主の割には邪神が来たら負け惜しみ言いながら逃げちゃうし。
これほど変身前後で評価が違う敵もいないかと。











211127-5.jpg
お待ちかねのティガ登場はシズマ会長の中にある光から登場。
初見時は雑に感じてしまったけどダイゴ出演は現実的ではないし、今できる範囲でやるならこの登場が精一杯かな。
劇場版エックスでは子供を通して変身したけど、シズマ会長が変身したらそれはそれで批判や不満は出てくる。
「人は誰でも光になれる」を尊重したと思えばまぁ。











211127-6.jpg
「光の星の戦士たち」を彷彿させる並び。
キリエロイド戦といえば夜の戦いなのでシチュエーションもバッチリ。
爆発の中から出てくるティガパワータイプがグングンカット風。
TDGの頃はタイプチェンジでグングンカットないから新鮮。
タイプチェンジやWデラシウム光流でティガとトリガーの光の演出が見れるね。
思い出補正でティガのようにシンプルで一瞬で変わるタイプチェンジの方が好みだけど、
トリガーは体の金ラインが光っているから夜の中であっても映像映えしてとても綺麗。











211127-7.jpg
「なんだありゃ・・・」
人間視点の超高速戦闘も見れる。
普段のスーツは視聴者にも分かりやすく?あえて遅くしている節もあるけど、CGを使えば超人の戦いが再現できる。
ガンマフューチャーの召喚でもティガスカイタイプは出てこなかったので、劇場版エックス以来5年ぶりかな?
当時の技術では無理だったスカイタイプの高速戦闘が25年経ってテレビで再現されている。
キリエロイドは通常時のままでⅡの翼が出てきている。
25年の中で彼らもパワーアップしているんだろうか。











211127-8.jpg
最後はWゼペリオン光線。これが見たかった!
キリエロイドはこれで爆破して出番終了?
流石にキリエロイドⅡは出てこないだろうし。
「まさかこの地球にも」だからティガ本編と同一の存在かな。
他の生き残りはまだいそう。

かなり期待していたエピソードで楽しめたけど100点満点とはいかず。
中盤までの闇の3巨人のいざこざが長く感じてしまった。
キリエロイドメインにした宗教色が強いエピソードは現代では無理だろうし、尺稼ぎの一面があったのかもしれない。
ティガ登場も様々な事情があるんだろうけど、まぁこうなっちゃうよねと。
そんな中でもバトルシーンは見応え抜群。
当時のBGMはもちろん、トリガーと同時のタイプチェンジ・必殺技はファン泣かせのサービスシーン。

トリガーに期待していたティガとの共闘という最大のビックイベントはこれにて終了。
ここで出るってことは終盤はもう登場しないって事だろうし。
自分たちのラスボスは自分たちで倒す、っていうゼット終盤と同じスタンス。
次週はもう何度目かも分からない総集編。デバン再登場なのが嬉しい。







  1. 2021/11/27(土) 23:11:27|
  2. ウルトラマントリガー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第18話「スマイル作戦第一号」  感想

211121-1.jpg
トリガーダークとカルミラの共闘で巨人目線の戦いいいね。
今のケンゴはトリガーダークとは関係なさそうなのに夢に出てくるから可哀想。

「あれはもう駄目かもしれませんね」
仲間から見ても壊れてるカルミラ
もう駄目かもしれないのはダーゴンも一緒で、もうまともなのがヒュドラムしかいない。

隊長はアジア総司令官に大出世でパーティー開催の流れに。
こういうのに興味無さそうなアキトまで乗り気なのが意外。











211121-2.jpg
ゴルバーがⅡになって再登場。
元になってるゴルザもパワーアップして再登場しているしスーツ再利用できるかつオーマジュにもなる。
ゴルバーⅡの市街地戦は初めてで銀行や銀行や木造アパートちゃぶ台付きが壊されるのは圧巻
「すみません(真顔)」や変身失敗したケンゴを可哀想な目で見るユナがツボ。
バンクまであったから本当に変身するのかと焦ったけど不発。
検索オプションにちゃぶ台なんてあったのかw
誰かが隊長に化けたのかと思ったらそもそも辞令がなかった

ゴルバーⅡ自体はグリッタートリガーで勝利。
ゴルバーがパワーアップしたようにトリガーもまた強くなってる。
これが販促関係ない作品なら「僕も前とは違うんだ!」でマルチタイプのまま勝手そう。











211121-3.jpg
そして次回、キリエロイド登場!
ティガに出てきた怪獣がそのまんま登場だから嬉しい。
しかも宗教的要素の強くなるキリエロイドだからよく出せたなと。
ヒーローズオデッセイの総集編でも出てきて驚いたから。
今年のウルフェスにスーツ新造で出演していたようで勘の良いファンならトリガー本編登場を読めていたのかも。
ヒーロー作品の敵は「世界征服したい!」「人類を滅ぼしたい!」が多いけどキリエロイドは「人々から崇拝されたい」「救世主扱いされたい」という25年経った今見ても全く新しいタイプの敵。

闇の巨人にも幻覚見せられるようで強敵。
「伝説の光」というのが気になるところでついにティガがくる?











211121-11.jpg211121-12.jpg
さらにウルトラギャラクシーファイトにアブソリュートティターンとギナスペクター(怪人態)の出演が決定。
ティターンは雑魚敵に見えて強そうには感じない。
ギナは佃井さん出演は無理だったようだけど、やっと怪人態スーツ出るのは嬉しい。
3体合体したグアスペクターのデザイン変わったりするのかも。




  1. 2021/11/21(日) 23:55:07|
  2. ウルトラマントリガー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第17話「怒る饗宴」  感想

211114-11.jpg
メツオロチは魔王獣ではなく「新宇宙伝説魔獣」名義。
どちらも凄い怪獣ということは伝わってくる。
イグニスの怪獣キーを皮切りにガーゴルゴンキーも活躍したし、最近は怪獣キーも目立ってきて良い傾向。
ガーガルゴンキ―は効いたしメツオロチも完全に化石化したわけではなく格を保っているからちょうどいいバランス。












211114-12.jpg
夕日にたたずむメツオロチが美しい。
ここだけ見ればマガオロチに見える。
機能停止したシン・ゴジラみたい。











211114-13.jpg
一斉射撃のシーンは見所でケンゴが後ろから回りこんで打ち続けるシーンの合成はなかなか。
ついにケンゴが乗り込んだガッツファルコンの有人飛行も実現!
緊張感が全然違うし映像も凄いしいで見応えあるね。
明らかに緊張しているヒマリを励ます展開なのかと思ったら違った。
良い活躍していたのにトリガーダークの膝蹴りは笑う。
イグニスはテン・ゴーカイジャー見た後だと益子田さんにも見えるね。











211114-14.jpg
グリッタートリガー二刀流がカッコいい。
最終回(終盤)まで温存せず即座に披露する潔さ。
ガッツセレクトの頑張りはあったけど結果的に最初からグリッタートリガーになっていれば済んだ話だったのかも?











211114-15.jpg
カルミラの乱入でトリガーダーク最強の一撃でも勝てない。
キー全部使った状態でもダメージは与えられたけどそれが精一杯。
「偽物」と一蹴するあたり、カミーラと違い変身している人間の分別はついているらしい。
ここで人間がウルトラマンを守る構図がいいね。
背中を見せるのもカッコいいしダーゴンも人間側に寄ってきたのが分かる。











211114-20.jpg
ツブコン第2弾も決定。
コロナも一時期に比べれば落ち着いてきたし、いよいよシン・ウルトラマン公開日発表かな。
グリッドマンユニバースやギャラファイ3新予告とかもありそうで楽しみ。
ライダー映画の話題に飲み込まれないように1週早く発表なのが上手い。







  1. 2021/11/16(火) 00:01:05|
  2. ウルトラマントリガー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第16話「嗤う滅亡」 感想

211106-1.jpg
OPにトリガーダーク追加。
イグニスの影はトリガーダークだったんだね。
グリッター→闇の3巨人→トリガーダークのカットインはカッコ良すぎ。

いきなりトリガーVSトリガーダーク。
パワータイプでも力負けしているし強い。
ホロボロスの力でスカイタイプ以上の高速移動でなんか口が凄い事になってる。
ティガダークはトルネード・ブラストと上書きで姿を変えたことはあれど、タイプチェンジはなかったので初。
どちらかというとキリエロイドⅡのようなヒーロー対応形態に見える。
そもそも何で戦っているんだろう? 単なる練習相手?











211106-2.jpg
カルミラは邪神に向けて力を蓄え中かな。
改めてケンゴを敵として認識し直してる。
イグニスは対抗する手段を手に入れたからヒュドラム相手にも超強気。
隠すことなく変身したけど、まだ使いこなせてはいないね。
スカイタイプ相当のホロボロスになれば良い戦いが出来そうだけど、まだ力に振り回されてる。
巨大化した2人が出てきたとき、前に進むヒーローであるケンゴと後ずさりする係員みたいな違いを演出してるのが好き。











211106-3.jpg
メイン怪獣としてはウーラー改造のメツオーガ。
ソフビとか見るとまんまウーラー。
変身直前の食べられそうになるカットが迫力ある。
ザイゴーグキーを使ったトリガーダークにやられ、吹っ飛ばされた先にメツオーガがいたりでトリガーは踏んだり蹴ったり。

ウーラーにはタイガトライストリウムでも正攻法では勝てず、なんでも呑み込んでしまう能力は名前が変わっても健在。
エタニティの攻撃すら食べてしまうけどフィニッシュをナースデッセイ号に譲るのが素晴らしい
ゼペリオン光線のポーズがちょっと下からなのが気になった。












211106-6.jpg
爆発してないから嫌な予感・・・と思ったら中からメツオロチが登場。
ご丁寧にグリッターの変身解除されてるし負けイベント
マルゥルも魔王獣の存在までは知らない?
予告にあった勝利の鍵はガッツファルコン・・・?












211106-5.jpg
マガオロチのデザイン大好きでギャラファイTACに再登場も嬉しかったから本来のカラーはTACで終わりと思うとちょっと残念だね。
完全に改造されたマガタノオロチに比べればまだマシだけど。
アメリカのお菓子みたいな青さだけど、逆に毒々しさが出てるかも。
カッコよさのマガオロチ、不気味さのメツオロチ。







  1. 2021/11/06(土) 22:09:08|
  2. ウルトラマントリガー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

仮面ライダーリバイス 第18話「バディの軌跡、炎と氷の奇跡」 感想
機界戦隊ゼンカイジャー 第43話「風見鶏の頭は風の真向かい!」 感想
ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第24話「闇の支配者」 感想
ボバ・フェット/The Book of Boba Fett 第3話 「モス・エスパの町」 感想
仮面ライダーリバイス 第17話「裏切りの深化、バディの真価」   感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する