fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第12話「つきはウソつき」 感想

220306-1.jpg
界人が変身したことに触れたけどあっさり流される。
バイト2人雇える余裕がこの店にあったのか。
ドンブラのバイトだからといって必ずしも歴代オニシスターってわけではないみたい。
胸の件はコンプラ的に大丈夫なのかと不安になる。
放送開始から1クール、まだ炎上していないのが不思議でならない。

ちなみにきららは本当にプロの声優さんらしい。
どこかで見た事あると思ったら2代目アキバブルーの制服。
アキバレンジャー10周年だし思わぬところで登場した。

戦隊あるあるの上京エピソードは職場仲間。
メロンセンベイは初めて聞いた。
元はと言えばセンベイ取った同僚が悪いわけで「普通仲間は庇うだろ!」って弁当のおかず取り続けた奴が言う言葉とは思えない。
これくらい図々しい神経じゃないとタロウとは一緒にいることができないのかもしれない。

獣人がドンブラ(基地内)まで侵入してきたともいえるけど、特に問題もなく。
元バイト先にやってくるはるかメンタル強いw

見所は嘘を付けないタロウとソノイの会話。
本当のことを喋れるのが仲間(戦隊)内ではなく敵ってのが良いね。
アギトやファイズあたりでありそうな雰囲気やシーンだけど、それを戦隊でやるのが凄い。

太陽は眩しすぎて見つめられない。
でも月は見つめられるから信用できる
ちょっと古臭い台詞だけど今の若いイケメン俳優が口にするだけでそれっぽくなるし井上節効いてる。
片や月を見つめないきらら。対照的な演出で脚本もカメラワークも力入ってて素晴らしい。

きららの嘘の後とはいえ悲鳴を聞いても飛び出さないタロウ以外のメンバー。 
戦隊にあるまじき行動も一般人の集まりであるドンブラザーズだからこそ許される。
待望のドンオニタイジンが初登場。仲間に「オニ」シスターがいるのに鬼退治?
戦隊版クライマックスフォームともいえるごちゃごちゃ具合w
DXロボだと大きい事を強調していたから最初は等身大で驚いた。
丸いバトルフィールドから飛び出して戦うのはルールに捕らわない規格外なロボであることを表現してそう。

井上脚本らしからぬ救いがある終わり方。
正直きららよりもコーラ持ってるアイドルが印象深かったw

タロウとソノイの距離感が詰まってきたところで対決。
ここでお互いに正体を知ってしまうのかまだ引っ張るのか。
この2人の関係が好きだから決着は付けて欲しくないし、やるにしても中盤以降にしてほしいな。






  1. 2022/05/23(月) 00:49:28|
  2. ドンブラザーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第11話「イヌのかくらん」 感想

220306-1.jpg
翼のデートシーンから描かれるけどクレジット36回払いwwww
獣人にされた刑事が走ってバイクを追いかけるのが狂気。
CG合成のチープさがさらに怖さを加速させている。
アバター世界にまで来たのは怖すぎる

看病シーンのギャグが吹っ切れていてタロウに言われて続々集結は草。
「違う、お前じゃない!」で蹴っ飛ばすのが酷いw
アバター世界で戦う特性を生かして、変身しては戻るの繰り返しが出来るのもドンブラならでは。
井上ワープに設定上の理由を持たせているね。

またはるかがキジブラザーの正体を知らない件。
「1話で見たのに?」というネタをちゃんと拾ってくれた。
視聴者視点だと一度でもすれ違えば知っている事と見なしちゃうけど当人からすれば一瞬で顔までは分からないよね。
日常生活でもちょっと話した人の顔を全員把握しているかというとそうではないし。

変身していても長時間戦っているタロウ強い。
はるかの「ぐええ!」は笑うw
ギャグ回に見せてからのみほのホラー演出怖すぎる。
BGMまで消えるからさに怖い。
折り紙追っているし獣人なのか、アバターなのか、1回クリアした元ドンブラザーズなのか謎は深まるばかり。

次回でついにドンオニタイジン出陣!
「というおはなし」をみんなで言うのが熱い。
先週に続いて今週も面白かったし次回も気になる。
ここ数週間で一気に面白くなってきたね。






  1. 2022/05/16(月) 00:53:18|
  2. ドンブラザーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第10話「オニがみたにじ」 感想

220306-1.jpg
はるかによる先週の振り返りは「マスターは戦士にチェンジしたのだった」。
ゼンカイジャーの概念がないから戦士。
一応1話でタロウがゼンカイザーにチェンジしたのは見ているけどもう忘れたかも。
けれど「戦隊内恋愛」という言葉が出てきたように戦隊の概念はあるのね。

ポイントを使ったはるかが再び成功を手にする。
「迷いはなかった」というように以前のつよしのようにヒーローではなく一般人である事が強調された台詞。
盗作問題が無くなった世界で世間の出来事も変化。この世界自体がアバター疑惑がますます深まった。
いよいよガンツっぽいけど違うとすれば新装備を貰えたり離脱後も記憶がある事かな。

2代目オニシスターが出てきたけど、彼女は世間的にもはるかと同じ立場。
(ちなみに中の人はオーディション最終選考まで残っていたとか)
「良かろう、供するがよい」でタロウ達からも好感触

この記憶がある事がネックではるかの迷いが生じる。
戦いの最中に成功したらどうなるの?インペラーでもやった事だけど、それを戦隊ヒロインのはるかでやったのが画期的かと。
「目の前で自分と同じ境遇の人を見て今の幸せを捨てられるか?」はエンペラーではやらなかったことだし、20年経ってさらに踏み込んだ話を作ってきた。

はるかの前にもオニシスターがいたかもしれないし、盗作呼ばわりされドン底に落とされたはるかを見たかもしれない。
それらを見ても自分の人生を選び、ヒーローである事を捨ててはるかに押し付けた可能性はあるんだよね。
だけどはるかはそれをしなかった。
(私のせい?)(私が決めなきゃ!)と言うこの葛藤がリアル。
そう、決してはるかのせいではないしこのポイント制が原因。
けれどオニシスターに戻る事を選び、盗作呼ばわりされても笑顔。
一般人からヒーローへの入り口に立ったんじゃないかな。


今週は本当に面白かった。
自分の中ではルパパトぶりの当たり戦隊になるかもしれない。
ジオディケで絶望した井上脚本だけど全然枯れてないどころか進化さえしてる。
褒めちぎったけど、いつの間にか5人全員がパワーアップメダル手にしていた唐突感は井上脚本だなとw
1人1人のパワーアップでドラマ作れそうなのに思い切ったね。
案外ポイントを使うことが取得の条件なのかも。
はるかだけがポイントが多かったということは、他の3人は何かに使ったから減ったかもしれないし。






  1. 2022/05/09(月) 01:41:00|
  2. ドンブラザーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暴太郎戦隊ドンブラザーズ第9話@「ぼろたろうとロボタロウ」 感想

220306-1.jpg
つよしが黒いところを見せた衝撃エピソードから1週間。
その続きになっているわけではなくてタロウメインの新エピソード。
脳人相手にも常に優位だったタロウでもパワーダウンする日があって、きびだんご300個必要。
このだんごは響鬼の時に協力して貰ったお店から頂いたみたい。まさに縁ができたな。

子供の姿をした特命鬼のだるまさんが転んだ、がなかなか怖い。
昔からある能力だけど時期的にイカゲームを思いつく。
CG予算の手間があるイヌとキジが真っ先に消されたのは察する。今後も妨害系の敵が出て来た時はこの2人がすぐにやられそう。
ゴーバスターズモチーフだけあって大人と子供、転んだ!で止まる(ウィークポイント)など関連要素多数。
特にドンブラ世界はアバター疑惑があるし同じくアバター要素のあったゴーバスターズとピッタリ。

全部で599個のだんごを食べてるけど普通なら数十個で満腹になりそうw
残り1個を埋めたのが仲間というのが良いね。
単純計算で300人の仲間(お供)が必要・・・?

ついに介人?が黒いゼンカイザーに変身!
低い声で「チェンジ全開」やマント出る時の動作がカッコよすぎ。
音声は全く同じ。メモリアル版に介人?の台詞が入りそう。
設定だけは存在したレーザー剣も出て来たし2年目である事を活かしてる。
戦隊史において前作主人公がテレビシリーズ内で変身という前例が無さそうな出来事だけに見入る。

復活したタロウのドンロボタロウは今回が初。
これまでは1人で脳人相手にも戦えていたから使う必要すら無かったのかな。
今回はパワーダウンして初めてピンチになったから使ったのかも。

戦隊らしからぬ構成のドンブラザーズだけど今週は子供が暴れたりだるまさんが転んだだったりで今週はかなり従来のフォーマットに近い作りだったんじゃないかな。
「だるまさんが転んだ」の力でタロウがパワーダウンするわけでもなければ介人変身・ドンロボタロウの要素が全く絡んでこないから井上脚本って感じはするけど。
バスの事故は現実であったら放送中止だったろうしホラー演出怖い。





  1. 2022/05/02(月) 10:59:54|
  2. ドンブラザーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第8話「ろんげのとりこ」 感想

220306-1.jpg
今週も人間の愛を模索するソノニ。

「言え、愛の言葉を」
「言葉といえば・・・まだ礼を聞いていなかった」

「お兄さんいくらお金持ってるの?」
「今日は代引きの配達が多くてな~53万だ」
この返し方が最高に井上。
ありがとうと返すソノニも偉いw

そういえば太郎とソノイは変身前では会った事なかったね。
変身する時も二手に分かれてるし救出して戻ってきてからは変身解除済み。
それでいてさっきまで一緒にいた2人が終盤は戦っているし、このあたりはアギトの群青劇を思い出して懐かしい。
自分のような平成1期ライダー世代には懐かしい要素かと。
つよしの行動があった分、一般人はちゃんと助けるソノイが善人のように映る。

タロウVSソノイはアバターチェンジ連続。
空を飛ぶジュウオウイーグルに防御に優れたパトレン1号と特色を出しているのが嬉しいところ。
ゼンカイレッドやテン・ゴーカイジャーのようにルパンレッド・パトレン1号は同時使用されるのが殆どなので今回のように単体使用は非常に珍しい。
2人で1作品だからこそスーパー戦隊最強バトルやセンパイジャーのように片方しか出ないのは寂しさもあったり。(出演自体は凄く嬉しい!)

そしてつよしの問題の行動。バンク中も「許せない!」連呼。
ドンモモタロウの必殺技を妨害してソノイに倒させるまさかの展開。
ドロドロした人間の感情が見え隠れして、ドロップしたのがキラメイジャーというのが皮肉効いてる。

「そんな奴はこの世にいちゃいけないんだ」
全く後悔したり葛藤していないのがやばさを加速させてる。
つよしは元からヒーローではなく、一般人。
力を持ってもヒーローに目覚めるわけではなく、一貫して普通のサラリーマンとして描かれてきたのが前振りだったのか。

ヒーローとしては失格な一方で、妻を持つ夫としては気持ちも分かるかな。
つよし視点だと妻を誘拐した犯人としか分からないし、また妻が襲われる不安に一生苛まされるよりここで脳人に…となるのは自然な心境じゃないだろうか。
つよしを一貫して普通のサラリーマンとして描いてきたので「例え悪人でも死なせない!」なんてヒーロー的行動や聖人にはさせない作りになってる。
そこで聖人にさせたらヒーロー作品としてはよくてもキャラ描写が矛盾して破綻してる。
「ヒーロー作品としてどうなの?」という指摘は当てはまるけど「ヒーローとしてどうなの?」は指摘に当たらないんだよね。
だって心がヒーローになっていないから
絵描きが深堀されておらず、ヒトツ鬼に乗っ取られる前から善人である保障はどこにもないのも上手いポイント。
もしかしたらミホを誘拐したように別の女性を誘拐している可能性があってヒトツ鬼になってからもそれを模倣しただけかもしれないし。(悪人なら見殺しにしていいのか、という別の問題はある)
視聴者にも正解が分からず、ただモヤモヤすることしかできないのが最高に井上。

ライダーならともかく戦隊でやるとは思わなかった。
ドンブラザーズ自体、戦隊よりライダーに近い雰囲気だけど本当にこういう展開にしちゃうなんて。
ドンブラザーズの中で一番の常識人に見えて実は・・・だったし完全に井上脚本の術中にはまってた。
ファイズの木場もだけど優しそうに見えて実は、なのが井上脚本の魅力よね。
井上脚本は罪人には厳しい作品なのでつよしの行く末もハッピーエンドではなさそう
救いがあるとすれば、そもそもドンブラ世界がアバターの可能性もあって今回もつよし自信が直接手を下した訳ではないって事かな。

次回、ついに介人?が変身。
ゼンカイジャーの「○○ゼンカーイ!」で忘れがちだけど演じる駒木根くんはイケメンなんだよね。






  1. 2022/04/25(月) 01:44:03|
  2. ドンブラザーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第7話「せんせいのむれ」 感想

220306-1.jpg
はるかの学校でのあだ名が盗作。
この配慮の無さが最高に井上脚本。
外部の人連れてきてお話聞くのは良い機会だね。

真一の空想の力で蕎麦を食べるのは謎の説得力がある。
いっそトッキュウジャーに出演した方が良さそうな。
タロウまでやってきて
「金が無くて困ってる!」
はかつて執筆したオーズ映画と同じ展開になる?と思ったら
「そういうのは困っているとは言わない」
でバッサリだから安心した。

タロウは普段と戦闘時が性格違い過ぎるから二重人格なんじゃないかと思ったけど同一人物らしい
足手まといにならないように鍛えるためとはいえトンデモな豹変ぶり。

地球鬼(ファイブマン)になった校長を前にして
「15年ぶりくらいだ」
がリアルw
自分も社会人になってから何度か学校に行く機会があったけど、大人になっても懐かしさは変わらないし職員室は緊張するw

タロウはソノイにスカウトされたけど断ってる。
本人の性格的に敵側に付くのはなさそうだけど、闇のトッキュウ1号のように闇の力使うのはありえそう。
ちょうどゼンカイザーブラックなんて分かりやすい黒が入った元主役がいるわけだし。

次回で早くも翼の彼女とつよしの奥さんについて触れられる。
公式でも記載あったくらいだし謎の一つ。
アバターなのかゼンカイのように○○トピアの人物なのか。






  1. 2022/04/17(日) 22:27:20|
  2. ドンブラザーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第6話「キジみっかてんか」 感想

220306-1.jpg
ポイントが溜まれば脱出出来る~はガンツっぽい流れ。
今となっては一昔前のガンツだけど井上大先生の中では最新作かもしれない。

脳人組も行動開始。
愛を知らないソノニと笑いを知らないソノザ。
ソノニをナンパしたのは牙狼GSのダイゴだね。久しぶりに見た。
今のところタロウ1人で脳人と渡り合えているけど人間の感情を知った時、パワーアップしそう。

今週は動物鬼(ジュウオウジャー)が登場。
「生きとし生けるもの全て入院しろ!」「私が看病してやるー!!」
と中々ぶっ飛んでる。
ちゃんとジュウオウジャーを皮肉ったような台詞なのもうまい。

つよしはすっかり嫌なやつに。見ているだけでヒヤヒヤした。
今回は唯一歴代戦隊に変わったけど、パトレン3号は負けて終わってしまった。

今週の翼はイヌブラザーでのみ登場。
指名手配犯だから変身前は出し辛いのかな。
ロボ戦もなく5人全員の変身シーンや名乗りがないからアギトやファイズを見ている感覚。
それでいてすれ違いや謎の引っ張りも少ないし、20年前に比べたらかなり見やすくなってると思う。






  1. 2022/04/11(月) 00:30:08|
  2. ドンブラザーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第5話「たてこもったイヌ」 感想

220306-1.jpg
翼が警官に追われるところからスタート。
車のスピード違反は指名手配に比べたらまぁ。
はるかにつよしがやってきてこの入り乱れ感が最高に井上。
犯罪者(誤解)に囲まれるのつよし可哀想w
つよしの奥さんと翼の彼女が似てるというか同じ?

「同情するぜ・・・」
「お互い辛いですね、頑張りましょう」

謎の絆、好き。
腹パン効かないシーン初めて見たかもw
「自分の言葉に酔っているだけだ」は中々効く台詞でタロウの歌声好き。
指名手配犯が歌い出したら怒るのも分かる気がするw

殆どがドラマパートで冒頭は先週の続きで小競り合い。
そのためまともな戦闘シーンは終盤のみ。
なんだかんだ5人揃ったけど元は赤の他人の集まりだしこれくらいバラバラの方がリアルかも。
戦闘がおまけなのに近いのも含めて子供受けするかは分からないけど、従来のフォーマットが駄目だったから崩して模索するしかないよね。

今週はセンタイギアがアバタロウギアに変わるのが描かれる。
ちゃんと検証してないけど、それぞれ法則性あるのかな。
今週は1・2話通り巨大ロボ戦で倒しているのにアバタロウギアに変わっているし。
ロボ戦も何度見ても無言のジュランが怖い。

先週ドロップしたオーレンジャーは使わず。
変身音入ってないし映画やTTFCスピンオフのように販促関係ないところで使いそう。
脳人側も動くようでモナリザやナポレオンといったいった有名壁画がある。
5枚あるしタロウたちドンブラザーズに対応しているのかもしれない。






  1. 2022/04/03(日) 23:50:23|
  2. ドンブラザーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第4話「おにぎりのおに」 感想

220306-1.jpg
井上脚本といえば水落ち、で噴水だけどちゃんと落ちてる。
今週はおにぎり専門店再建のお話でタロウ&つよしがメイン。
80点なのに合格じゃないのが厳しい。
タロウの子どもの頃は今の言葉でいう正義マン。
子供はともかく親まで出ていけコールで団地から人々が消えるのが最高に井上。
公式ページにある

「日本で一番美味しいおにぎり、大先生は食べたことあるんですか?」
と伺ったところ
「バカ。そりゃお前、俺が作ったら日本一だよ」

は流石すぎるw

「あざーっすは日本語じゃない 腹の底から声を出せ。」
に加え大事なのはお客様を想う心と言ってる事はまとも。
井上脚本と食事は切っても切れない縁があり、タロウがおにぎりを握って振舞うシーンは天道を思い出す。
奥さんがサンドイッチ作ってくれたみたいだい、食事シーンは定期的に出てきそう。

翼は無実の罪で追われているみたいで次週のための触りになってる。
「実力を行使する!」は露骨すぎて逆に好きw
大先生がこんな気の利いたファンサービスするはずがないし現場のアドリブかな?
と思ってTTFCコメンタリー聞いたらパトレン1号のスーツアクターでもある警官アドリブだったみたい。

アバターチェンジでルパンレンジャーの2人なのが嬉しい。
しかもスーツアクターも竹内さんと下園さんでご本人。
ルパパトにブラックはいないから再びリュウソウブラックだけど、結果的に銃2・剣2でバランス良いね。

脳人は3人いたけど実際に戦いに来たのは1人だったからまだ良かったかな。
これで3人同時に来られたら5人いても対処しきれず店長やられてそうだから。
先週に続いてロボ戦はなくアルターのみ。
平成2期ライダーで言うあまり売れているようには見えなかったガジェット系のようなものだし、これをメインにして売り上げは大丈夫なのかと不安になる。
下手なライダーよりバイク乗っているようにも見える。

オーレンジャーギア(アバタロウギア)は何故か介人の元へ。
これまではセンタイギアだったのに何故?
玩具的にはゴーカイジャーまでがメインだからそれ以前の戦隊は何か理由があるのか。
いつもは何か口にする介人が無言なのもアバタロウギアだからか、リッキーを思い出したからか。






  1. 2022/03/27(日) 23:05:05|
  2. ドンブラザーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第3話「あかりどろぼう」 感想

220306-1.jpg
5人目となるサルブラザー=真一が加入するお話。
空想の酒がどうこうで独特な人。
詩人で大人しそうな人がまるでゴリラのようなサルブラザーになるからギャップがあるね。

はるかの叔母役はウカワームの人。
姪に「また盗作~?」の台詞センスは井上脚本じゃないと出てこない。
電球付けたり便利屋扱いだけど「俺は人は殴らない」と一貫してる。

今週はトッキュウジャーへのアバターチェンジ。
トッキュウジャーに黒はないからイヌブラザーは未使用。(流石に闇のトッキュウ1号は無理のはず)。
今週はルパンレンジャーギアをゲットして来週使うみたい。
スーツアクターさんも同じだし中身は本物なのが面白い。
来週はオーレンジャーの敵だけど、アバターチェンジしてくれるのか気になる。
一応黒戦士でキングレンジャーはいるけど追加戦士だから6人目の能力にとってありそうだし。

まだ3話なのにロボ戦無いのは驚いた。
一応アバタロウギアアルターとトッキュウジャーアルターは出てきたけれど巨大化しないロボ戦は斬新。
ロボ戦興味ない自分からすれば別にいいけど販促番組として大丈夫なのかな。
トッキュウジャーギアが売れる描写かと言うとそうではないし。
ドラマ的にはロボ戦無しでギアをゲットするのはあまりよくないみたい。
戦闘始まっていていつジュランが必要になってもおかしくないのに喫茶店にいる介人が気になった。
喫茶店の介人とゼンカイザーブラックは別人だったりして。

最期のタロウの逆切れ?
変身前の温厚な性格と変身後のハイテンションが違いすぎるから二重人格か変身によって闘争本能高まってそう。
1人だけ変身前後で同じ名前なのも気になる。
今回で5人揃ったけどただ同じ場所に集まっただけで戦隊(チーム)らしさは感じられない。





  1. 2022/03/20(日) 15:35:07|
  2. ドンブラザーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

オビ=ワン・ケノービ 第1話・第2話 感想
ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突 Episode5 感想
ウルトラマンクロニクルD 第17話「解説! 特空機」 感想
ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突 Episode4 感想
リバイスレガシー 仮面ライダーベイル 最終回(第5話) 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する