fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

王様戦隊キングオージャー 最終回(第50話)「俺様たちが世界を支配する」 感想

230904-1.jpg
最終回は全員での「王様戦隊!キングオージャ―!」
出来ればスーツ+素顔をやってほしかったけどそういう流れではなかった。
けれど民を背に名乗り出る王たちがカッコいい。

変身後に突っ込んだ後、国民まで動いたのは焦ったけど流石に最後はスーツ組だけ。
頭脳組の作戦会議中、飴を差し出すメダリアが良いね。
ハーカバーカーの扉が開いたんだから彼女も一時的に復活したのかも。
ラクレス王の秘密を見た人だけが分かる小粋なサプライズ。

カメジムの決着はジェラミー、ラクレス、デズナラクとそれぞれ因縁のある相手で締める見事な構成。
「ボシマールの分!」と言わんばかりのラクレス連続切りからのかつての主君であるデズナラクの容赦ないトドメ!
「お前はまだ早い」も素晴らしい。
ハーカバーカーの扉は完全に閉じたわけではなく少し残っていたのかな。
それかデボニカが少人数だけ送り込めるようにしていたとか。
永遠に殺されるハーカバーカーへ来ちゃったけど一応仲間であるグローディーいるのが救いかも?

等身大での戦いは最後までキングクワガタオージャーにはならず。
代わりにオージャークラウンとの二刀流。
ダグデドが舐めプをやめ、巨大化した瞬間にもう自らの負けを認めたようなもの。
宇宙サイズにまで超巨大化した超絶怒涛究極完全体キングオージャーでのラストバトル。
最終回にロボって久しぶりに見た気がする。
一応この部屋の惑星は実物らしく余波でとんでもない事になりそうだけどそこは画面映え重視と言うことで。
実物スーツはともかく設定上は戦隊ロボ史上最大のはず。

「無理に1つになる必要はない」
と6王国を尊重しつつ、これまでよりは各国間のやり取りが活性化された世界。
最終的に丸く収まるラクレスが美味しすぎw


最終回の感想としては満足です。
「めでたしめでたしを決して諦めない物語を君たちに託す」
ジェラミーから始まったナレーションでジェラミーで締める。
けど最後の「王鎧武装!」はレッドであるギラのみと戦隊である事が分かる。
早大に盛り上げながら静かで綺麗な終わり方。
エンドゲームと違いヒーロー側から死人が出なくて良かった。











240225-1.jpg
(C)2024 東映ビデオ・バンダイ・東映( テレビ朝日・東映AG ・東映

キョウリュウジャーとのVシネはなんと弥生まで駆けつけるオールキャスト!
名乗りシーンでは現役のクワガタオージャーを差し置いてパワーアップしたキョウリュウレッド(ダイゴ)がセンターという美味しすぎるポジション。
VS予告でこんなに先輩たちが目立って現役の色が薄いのは稀。
よく見るとキョウリュウジャーは7人どころか10人でスピリットレンジャーもいる。
シアンはスカートがないから優子ではなくラミレスでこちらも本人?
公開は4月26日。ゴジラ×コングもあるし贅沢なGWの幕開け。


ここからは1年間の総括です。
続きからどうぞ。


続きを読む


  1. 2024/02/25(日) 17:12:30|
  2. キングオージャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

王様戦隊キングオージャー 第49話「王はここにいる」 感想

230904-1.jpg
OPがなくキャストクレジットのみが流れるまるで映画のような始まり方。
先週と全く同じスタートだったのでどちらかだけにした方が良かったかも。
荒廃したシュゴッタムが悲しくも美しくLEDウォールのたまもの

今週はまさにアベンジャーズエンドゲームな流れ。
日本だと漫画本や国語の教科書が良い例だけど、右から左へ進む習慣があり日本のヒーローも例に漏れず。
にもかかわらず左側に配置して「いくぞ、反逆者ども」はキャップの「アッセンブル」を狙ってるよね。
流石に大作映画であるエンドゲームには遠く及ばないものの。これほどのクオリティをテレビシリーズで実現した事に意味がある。


本物のボシマール参戦からの王の双剣揃い踏みは燃えた。
「シュゴットの加護があらんことを!」でラクレスの嬉しそうな表情。戦士たちの士気も上がる盛り上げ方が上手。
消える時、背中越しの別れなのが涙を誘う。

イロキ・カーラスら先代組も復活。
オージャカリバーを手にする時「貰うぞ」ではなく「借りるぞ」なのがカグラギを王と認めている証。
キングオージャ―スーツは胸のプロテクターとスカート有無で性別を感じさせない作りなのでイロキのハチオージャーも違和感なし。
大きく成長した王たちだけどイロキたちに比べればまだまだヒヨッコなバランスが上手。
ネフィラも復活していつもの道化ぶりはどこへやら、子供に戻るジェラミーが可愛い。
この辺りは女性版アッセンブルのオマージュにも見えた。

デボニカ(佐倉綾音)まで登場したのはちょっと泣きそうになったぞ。
設定上はずっと孤児院にいたはずだけど、今回の危機を前にハーカバーカーへ戻っていた?
声優業で多忙なはずなのにずっと前からオファー出して調整してたのかな。
戦隊夏映画の要素はロボの本編登場とかはあるけど、全キャラが本編参戦は初めてかも。
しかも3人とも売れっ子で多忙なのによく実現してくれた。

さらにはライニオールまで!キャプテンマーベルポジションで草w
流石に声だけの出演だったけどちょっと前に父役で出ていたしまた出演してくれたのが嬉しい。
オージャカリバーZEROはハーカバーカーからは持ってこれないのか、ラクレスのを使っているね。
消える直前に投げ戻して即オオクワガタオージャーが使っているから分かりやすい。
それにライニオールが使うのは装飾も違っていて厳密には現代のオージャカリバーと全く同じではないので。

ダグデド「ちゃんと殺しておけばよかったな」
が気になっていてキングオージャー世界だと死者はみんなハーカバーカーへいくと思っていたから完全な死という概念もある?
夏映画の完全版ではハーカバーカーにもダグデドが乗り込んできてライニオールは消されたけど、完全消滅はなく魂とかは残っているんじゃないかな。
ダグデドが幹部を復活させたのはブラックオーダーの再現。
再生怪人で本物よりは弱そうだけど、各個撃破してるオオクワガタオージャー強い。始祖の王冠すら使わず倒してる。


体感10分くらいであっという間に終わった。
これまでのフラストレーションを吹っ飛ばす面白さ。
サプライズに次ぐサプライズ、映画のような映像美。
本編中CM無しなのはクウガ以来24年ぶり。
かなりカットシーンありそうなのでディレクターズカット版に期待。
公式HPの制作秘話見てるとこれほどの映像なのに撮影時間は普段と変わらないというのだから恐ろしい。

かなり面白かったけど突っ込み多いのも事実。
そこらへんの国民でも怪人と互角に戦えちゃってる。
食事シーンも大切と分かってはいるけど緊張感が削がれテンポも悪くなってる。
最後に流れてきてOPを聞いて、1年かけても好きになれなかったと自覚しちゃった。NANOのINFERNOの方が好き。

敵側には巨大戦力多かったのにシュゴッド達来なかったのが残念。
それにダグデドはサノスでいうインフィニティ・ストーン6個揃っていつでも指パッチンが出来る状態。
「ナノ・ガントレット」という双方目指すゴールがなく、絶対的存在であるダグデドが舐めプしてるだけ。
サノスと違い「敵が本気出せばすぐ終わる」と視聴者側に感じさせた時点で興ざめ。
国内最高峰の映像であったと同時にこれがテレビシリーズでやる限界だと知った瞬間。
そもそも「今週は面白かった!」ではなく「エンドゲームが好きだから面白かった」なのかもしれない。





  1. 2024/02/19(月) 04:53:52|
  2. キングオージャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

王様戦隊キングオージャー 第48話「さらば、親愛なる民よ」 感想

230904-1.jpg
冒頭から負けている場面でジェラミーのナレーションもあり詩的なスタート。
予告のエンドゲーム風のところを見ると立ちあがるギラがキャップっぽい。
これで二刀流かまして「アッセンブル」みたいな台詞言えば完全にエンドゲーム。

ゴッドキングオージャーを超えるロボへの言及。
ロボデザインはそのままに全国民の力が加わって宇宙サイズに巨大化しそう。
気になったのがジェラミーの王の証で2つある?
ヤンマが「あの時点での選択としてはベストだった」と勿体ないとか突っ込むことなく賞賛したのが意外だった。

早々にダグデド乱入でやはり強い・・・!
キングクワガタオージャーにならなかったと思ったらそれぞれ王の証を置いてきたのね。
キングクワガタオージャーになったところで勝敗は変わらなかったはずだし切札の凌牙一閃も通用しない。

「いいわけないだろおお!」「王様戦隊は奇跡だ!」
の演技が凄く良いし胸に訴えかけてくるものがある。
ギラたちヒーロー側が敗北を覚悟し自分たちの地球を諦めた辛い選択。
けど宇宙を手玉に取っているダグデドを相手にどこへ逃げても無駄では・・・?
別の星に移り住んだところでダグデドは即やってくるだろうし。
シチュエーションはいいのに代替案(惑星移住)が突っ込みどころなのが本当に勿体ない。
先週に続き2週連続避難なのもうーん・・・

次回はまさにアベンジャーズ エンドゲームな大乱戦。
ここにきてデズナラクは最高に熱いしラクレスVSカメジムとかつての主従対決が燃える。





  1. 2024/02/12(月) 23:41:23|
  2. キングオージャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

王様戦隊キングオージャー 第47話「神を黙らせろ」 感想

230904-1.jpg
神の怒りが発生し虫いっぱいで気持ち悪い。
自分は虫苦手なのであまり好みではない映像。

それに神の怒りへの対策はあったのね。
これまで神の怒りで受けた被害については語られたけど再発動した時の対策については全く触れていなかったから意外。
建物や農作物がやられても良しとするのは同盟結んだが故。
死者0に向け、かつての王・ラクレスが動くのがカッコよすぎる。

ゴッドキングオージャーも久しぶりの登場だけあり圧巻の迫力。
それだけにもう少し活躍シーン見たかった!
ちゃんとグローディーも倒してハーカバーカーへ
キングオVSドンブラにも出てきそうw

良いシーンは良かったけど同じくらい突っ込みあるのは変わらず。
車椅子の女性は唐突なのは否めず。どれほどそれらしい事を言われてもすぐに怒りは消えないでしょ。
死者0は凄いけど大パニックで転んで踏まれて圧死とかありそうなのにそれもなし。
というか避難シーンに時間使いすぎでは?
ゴッドキングオージャーの撮影は大変かもしれないけどそっちに尺使ってほしかった。
もう少し何とかなるでしょと…と毎週のように感じながらあと3話。

戦闘シーン多そうだしなんだかんだで期待しているポイントではある。
凌駕一閃使ってたけどラクレスも使えるのかな。
実はヤンマが調整済みでしたとかはありそう。





  1. 2024/02/05(月) 23:54:33|
  2. キングオージャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

王様戦隊キングオージャー 第46話「命の美しさを知れ」 感想

230904-1.jpg
珍しくジェラミーが最初から怒りを見せる
ヒメノはいきなり変身解除。やっぱり王の証は変身後は無理?

幽閉されているラクレスがイケメン。
せっせと箱を掘るシーンがシュール。
ゲロウジーム久しぶりに見た。

「好きで不死身になったわけじゃない」
「二度と言うな!」
はえええ・・・と辟易する。
「本当にそう思ってる?」とギラが自分の口で切り返すのは良かった。

バグナラクが死に関心が薄いと言っていたり戦隊には珍しく死生観の違いに触れてる。
ヒメノ回りがかなり危ういというか終盤でこんな考え方なのかと焦ったけど「生を全うするために医療がある」は良い落としどころ。
もっともキングオージャーのようなファンタジー世界での医療の在り方やそれに伴う医者としての価値観は現代とは違うはずなので一概には比較できないけれど。

夕日のシーンがラストシーンで先に流していると勘違い。時系列が分かり辛かった。
ラストは神の怒り再来だったので実際はBパートグローディー戦前だったみたい。
ジェラミーが不死身で亡くなったのはちょっと寂しい。
他の5人が亡くなっても語り部として生き続けるビターな終わり方を想像していたので。
なんてことを考えてた中「バーン」は笑っちゃったw

神の怒りが再来し立ち向かうのではなく避難なのが現実的。
一方でロボ戦で立ち向かうヒーロー要素も兼ね揃えていてバランスが良い。
久しぶりのゴッドキングオージャーも出てくるし、番組当初からの謎であった神の怒りの原因であるグローディーとの決着戦。
ラスボスはダグデドではあるけど作品としては1つの区切りになりそう。





  1. 2024/01/28(日) 23:35:41|
  2. キングオージャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

王様戦隊キングオージャー 第45話「王を継ぐ者たち」 感想

230904-1.jpg
ミノンガンの力で身体は大人のままに子供に逆戻り。
ジェラミーも触れていたけどちょっと前にも似たような状況があって同じことの繰り返しに見えちゃった。
でもラクレスとのやり取りは好き。
「お兄ちゃんは大丈夫だから」が良い。争いがなければこんな風になれたのかも。
トンボトンボトンボトンボトンボトンボが癖になる

モルフォーニャとスズメにスポットをあてたお話。
モルフォーニャが罪人の子供とは思わなかった。
明るそうに見えても暗い過去あり。両親を逃がすのは人情話に見えて普通に悪い事では・・・?

子供に戻る話はもっと中盤にやっても良かったと思うけどサブキャラにスポット当てるのは終盤だからこそ。
最もキングオージャーは割と序盤の頃からサブキャラ(側近)たちの話はやっていたけれど。
跡継ぎ候補は一安心?

ダグデドでもミノンガンは何言ってるか分からないw
これでミノンガンは撃破みたい。
王の力で氷漬けにしてカグラギの炎で自分たちは安全になってる。
変身前しか王の証が使えない? 変身後しか使えないであろう凌牙一閃との噛み合わせが悪い。
2つの合わせ技で戦ってほしいけど、それはダグデド戦までとってあるのかな。
不死身を殺す力も共有して凌牙一閃+王の証とここ最近でかなり戦力アップされているし。

ダグデドからしたらミノンガンは貴重な復活源なのに単独で送り出して封印されてと後がない。
それにダグデドは人間をコレクションする方向に舵を切った?
その気になれば何時でも勝てるという自身の表れかな。42話のような不意打ちはもう通じないだろうし。











240121-1.jpg
(C)2024 東映ビデオ・バンダイ・東映( テレビ朝日・東映AG ・東映

さらに特報ではVシネ2作が発表!
VSでは初の二本立てでキョウリュウジャー復活!
以前のコラボ回ではダイゴと空蝉丸不在だったけどオリジナルキャストで登場。
まだ弥生は発表ないけど後日やサプライズかも。

キョウリュウジャーくらい人気高くても10thではなく現役と一緒なのは戦隊不調を少しでも盛り上げたいのかな。
出来れば単独作品でやってほしかった。
20年前のハリケン・アバレン・デカレンが出来てキョウリュウジャーで出来ないはずがないので。
BD情報を見ると2作合わせて55分のようで物足りない。
1時間×2作でガッツリやってほしかった。
戦隊映画で60分超えはまだまだ壁があるみたい。199ヒーローが最初で最後なところを見ると子供たちの集中力が続かないのかな。

同日にはゴジラ・コングの映画もあるしどちらから見るか非常に悩ましい。



  1. 2024/01/21(日) 18:05:47|
  2. キングオージャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

王様戦隊キングオージャー 第44話「王の証!真の六王国同盟」 感想

230904-1.jpg
ラクレスはヤンマの手となり足となり掃除。
流石にこれはヤンマのイジメに見える。
5王国はラクレスに守られていたのでむしろ感謝しなければいけない立場。
そうしないのは理屈ではないから。ヤンマ視点だと散々な目にあってきたし。

新しいリーダーを決めるためのゲーム対決はラクレスはかなりノリがよくなってる。
ヒメノVSカグラギが面白くてセバス可哀想ww
段々とやりすぎレベルになっていると思ったらヒルビルの仕業だった。

洗脳されたヤンマを殴って正気に戻すギラのパンチ。
「殴られた方も痛い」を今の時代に台詞にするのは攻めてるね。
近年だと殴られた方が痛しい、体の痛みより心の痛みの方が深刻。という流れなので。

ヒルビルは自己暗示で巨大化w
久しぶりのロボ戦でちゃんとした合体シークエンス久しぶりに見た
あれだけ苦労したヒルビルをあっさり撃破で拍子抜け。
洗脳ネタもくどくなってきたしこの辺りが引き際だったのかも。
凌駕一閃といい玩具販促全く関係のないところでパワーアップしてる。

今週は関西弁で話すダグデドが面白かったし、牢屋に入ってもスズメと一緒にいるラクレスが割と幸せそうだった。




  1. 2024/01/14(日) 15:14:17|
  2. キングオージャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

王様戦隊キングオージャー 第43話「覇王の大罪」 感想

230904-1.jpg
ダグデドを倒しラクレスの裁判へ。
色々謎が明かされてラクレスの父の代(もしくはさらに前)から計画はあったのね。
中村獅童さんまさかの再出演はビックリ。しかもライニオールとは別役。

ギラが突然寄こされたのではなく妊娠を経て産まれたのが妙にリアル。
スターウォーズのアナキンみたい。
まだ明かされなかったレインボージュルリラにも触れられた。
その場で命名されたのなら以前リタが調べて出てこなかったのも当然。
クワゴンのシュゴッドソウルなのは予想通りだけど、父も葛藤があった。

父コーサスはクワガタオージャーではなくオオクワガタオージャー。
ここが疑問でクワガタオージャーではないんだなんと。
ライニオールがキングクワガタオージャー見て「懐かしい」だから2000年前からクワガタオージャーは存在してる。
オージャカリバーZEROがハスティー家に代々伝わるもので死後の世界にいるライニオールもオージャカリバーZEROを持っている。(装飾の違いはある)
どこかの世代でクワガタオージャーからオオクワガタオージャーに切り替わった?
それにオージャカリバーはヤンマ作で変身機能も付けた設定だけど、2000年前から変身出来ていたのと矛盾するような。

終盤なのに幼児化する普通の戦隊らしいエピソード。
カグラギだけそのまんまw
ヒメノが顕著だけど子供になっても違和感なし。
ボシマールも生前はカッコよかった。

やはりダグデドは倒されておらず復活。
ミノンガンも消滅ではなくピンピンしてる、
残すところ約一ヶ月半だけどまだ幹部は多いしどうなる??





  1. 2024/01/08(月) 01:47:39|
  2. キングオージャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

王様戦隊キングオージャー 第42話「ラクレス王の秘密」 感想

230904-1.jpg
ダグデドとの決着戦。
OPがちょっと本編映像入れたバージョンになっている。

前半はラクレスの独白。
全ては打倒ダグデドとギラを成長させるための作戦。
ラクレス王の秘密で描かれた始祖の王冠ゲットも自身の戦力アップのため
カメジムはダグデドのスパイ。
てっきりバグナラク側の怪人だったのが裏切ってダグデドに付いたと思ったけど最初からダグデド側だったのね。

ラクレスの計画は運要素も強かったけどギラの成長には繋がったし結果オーライ?
全体的に政治面・知略面はともかく肝心の武力面が圧倒的に足りないと感じる。
実際ダグデドにも「棒きれ」と言われちゃうし。
キングオージャーZEROはダグデドの支配を受けない切札と言われるものの、操られなくともダグデドには勝てないんじゃないかな。
不死身を殺す力を得たオージャカリバーZEROだけどやはり1人ではパワー不足。
2人とも最後までキング(オオ)クワガタオージャーにならないのが意外。

不意打ちで流れてくるINFERNOが熱い!
元々夏映画の挿入歌だったけど今ではキングオージャーを代表する曲だね。
全力キングは何言っているか分からず歌詞も聞き取れないのでINFERNOはストレートにカッコいい。

一応ダグデドは倒したけど普通にいきてそう。
でも年内放送分で一時撤退させただけでも爽快感ある。
険しい王の顔から「頑張れよ」が兄の顔で名演技。

年明け放送からはさらに謎が明かされそう。
テレビ本編で中村獅童出てくるのは凄すぎる。
あやねるも出演すれば夏映画のゲスト3人がテレビ出る事になるね。





  1. 2023/12/24(日) 21:43:09|
  2. キングオージャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

王様戦隊キングオージャー 第41話「宇宙を救う時 」 感想

230904-1.jpg
ダグデドを前に全員が揃う熱い展開になるも必殺技が全く通じない。
凌牙一閃は負担が強いしみんなその反動から復帰したばかりだからヒメノが及び腰になるのも分かる。
その凌牙一閃でもダグデドに通じないし不死身を倒す力が足りないというよりは根本的に火力不足。


エクストリームキングオージャー(シュゴットたち)が自動操縦で駆けつけるのが熱い。
いつぶりか思い出せないゴッドキングオージャー。
本当にいつぶりだ・・・? そもそもロボ戦が先週やっと見れたくらいだし

いつかのブーブークッションがトラップ。
ラクレス根に持っていたのかな。
ラッキーパンチで脱出出来たけど切られた赤コードの意味深なアップがあるしまだ何かありそう。

ダグデド「2000年、大抵俺のツボを心得ている」
だから歴代シュゴッタム国王は従い続けていたみたい。
またもや裏切るカグラギにラクレスは「新天地が待っている」
もしダグデドを倒せなかった時の保険として、カグラギとトウフだけは生き延びるようにしたのかも。
そしてカグラギもその保険を受け入れ、ダグデドを倒す事よりも屈する事を選んだ
神を相手に勝つのは不可能と一番現実的な選択。
新天地に行った際、5王国の中で一番生存率高そうなのが農作物のノウハウがあるトウフだし。

キングオオクワガタオージャーは久しぶりの登場。
キングクワガタオージャーと違ってベースになったグレースーツが残っているからメリハリあってカッコいい。
以前は普通のクワガタオージャーに破れてしまったけど今週は圧勝。

分かっていたけどダグデドに反旗を翻した時はカッコよかった!
「立てギラ・・・宇宙を救う時だ!」
「第41話 宇宙を救う時」→予告「ラクレス王の秘密」
は完璧な流れ。ラクレス株一気に上がった。

次で年内最後の放送だしここでダグデド倒せれば最高に熱い。
でも逃げられて終わりそう・・・
不死身を倒せる能力もこの1回限りだろうし、なんとか決着付けてほしい。
ラスボスはブラジラ枠でカメジムと予想。




  1. 2023/12/17(日) 17:19:04|
  2. キングオージャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

バッド・バッチ シーズン3 第4話「それぞれのやり方」 感想
王様戦隊キングオージャー 最終回(第50話)「俺様たちが世界を支配する」 感想
仮面ライダーガッチャード 第24話「急転直下!禁断の鋼鉄ライダー!」 感想
ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(2024年) 第5話 「ジャッジメンター」 感想
ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する