FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ギンガS第5話「仲間と悪魔」

ゴウキが主役のエピソード。
1期から通したエピソードで一番王道で熱い話だったかもしれない。
やられっぱなしの人間(ゴウキ)が怪獣(ヤプール)に一矢報いるというのが良い。

ヒカルはショウの事を話しても良いのにと思った。
本人の許可取らないのは良くないけど、友也は口硬いだろうし何より1期の頃から戦ってきた仲間に隠し事というのはちょっと。
直接言わなくても勘付いてはいるから良いけれど。
友也がヤプールについて知っているのはガンパッドのおかげだね。
初めて劇場スペシャル2を見ていて良かったと思える瞬間だったw

あの妊婦さんは転んだ衝撃でお腹痛めたんじゃなくてそれとは別に陣痛が来た?
ショウが「お腹の大きな女性」と言ったのが凄く気になった。
地底人には妊婦さんいないのかと。素直に妊婦さんでいいじゃんと。

戦闘シーンは別々の場所で1対1で戦っているところに合流する流れ。
ヤプールもバキシムも逃げようとして逃げられないのが凄く面白かったw
特にヤプールが逃げようとした時はしばらく引っ張るものだと思っていたから気持ちいいw

「敵を増やすな!」
「仲間が増えたとは思わないのか?」

のやり取りは気に入っている。
ビクトリーVSバキシムは光線の撃ちあいはあれど銃の打ち合いは珍しい。
ギンガストリウムが呼び出すのはエースで安心した。こういうところは外さないで欲しかったから。

○ゴジラ生誕60年 日本の特撮 驚異の技
前にNHKでもギンガの撮影風景やったけど今回でも。
主にミニチュアをメインに取り扱っていて見応えがあった。
カーテンや照明とか凄く細かいところまでこだわってるね。それを1回で壊すんだからそりゃ採算合わんわ・・・
今でこそ着ぐるみヒーローなんて当たり前だけど当時は物凄い発想と実行力だったのかもしれない。

関心したのがウルトラマンAから導入されたという戦闘機の旋回シーン。
上からワイヤー回転で操作するだけでなくカメラも横にしたりとああなっていたのかと。
光線エフェクトも手書きみたいで手間暇かかって大変だ。その分光線の粒子が綺麗だけど。
ショーの映像流れたけどスーパーグランドキングでかいww


  1. 2014/08/16(土) 16:16:35|
  2. ウルトラマンギンガS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<牙狼<GARO> 魔戒ノ花 第19話「組曲」 感想 | ホーム | 魂EFFECT BURNING FLAME>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/2750-c2ff65bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

ワンダヴィジョン 2020年末配信開始
魔進戦隊キラメイジャー 第24話「バンドしちゃうぞ!」 感想
仮面ライダーセイバー 第3話「父であり、剣士。」 感想
ウルトラマンZ(ゼット)第13話「メダルいただきます!」 感想
雑記

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する