FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

鎧武第46話「運命の勝者」

s-gaimu46-1.jpg
街に残った人外ばかりでのラストバトル。
初戦は極と良い勝負していたのに今回はデュムシュが使っていたような移動攻撃も使用し強くなっている。
極になる時のアームズ召喚に引けを取らず攻撃を続け、大橙丸&バナスピアー、ブドウ龍砲&メロンディフェンダー、ゲートオブバビロンを物ともせず押し返す姿はまさにラスボス。
特にこれまで鉄壁の防御力を誇ったメロンディフェンダーが敗れるシーンは衝撃。



gaimu46-2.jpg
ロードバロンの剣を叩き折り、その剣で反撃し勝利。
別世界の映像と交互に移していたけど、どの世界でも最後の勝者は紘汰ということだろうか。
先週でめちゃくちゃ盛り上げただけにあっさりなトドメ。
ここで極のライダーキックを使わずいつ使う。


gaimu46-4.jpg
戻ってきた舞と再会し知恵の実を手に取り「始まりの男へ」。
あまりのダサさに何も言えない…。素直に極のマスクオフで良いじゃない。



gaimu46-3.jpg
巨大なクラックを出現させヘルヘイムの植物・インベスを全てどこかの惑星に。
そこは光も届かないような世界。

「この輝きに満ちた青い星を、命溢れる楽園をみすみす捨てていくつもりなのか?」
「いつだって未来は闇の中だ。だからこそ光を灯しにいく価値はある。」

旅立つ紘汰と舞。蛇のせいで楽園を出ていくのはまさに神話そのもの。
戒斗の理想(弱者の為の世界)は正しいが道筋を間違えたと紘汰。
新たな世界で新しいルールと理を構築するはず。
戒斗が今の世界(地球)で未来を目指し紘汰は別の惑星で臨んだ未来を目指す。
見方によっては戒斗は今のシステムに立ち向かい紘汰は逃げたようにもとれる。

しかしインベスばかりの世界で弱者のための世界とは・・・
「産めよ増やせ」ということで紘汰と舞から生まれる子供たちは普通の子供なのか特別な力を持っているのか。
ムービー大戦で子供抱えて登場するかもしれん。


gaimu46-5.jpg
サガラは新たな世界で創造と破壊を進める種族を見つける。
サガラに関してはこれで出番終りかな。
あまりに高位の存在すぎて倒す倒さないの話ではないと思う。
人類の進化を急速に促したのは余計なお世話としか言いようがないけど、生物である以上「進化」は必要だからサガラが悪とも言い切れないし。


復興が進む沢芽市。ユグドラシルは解体へ。
城ノ内は未だに初瀬の死を知らなかったか。察した感じもするけど。
この張り紙が3年半前を思い出す・・・

残ったミッチのやるせなさ。
完全に行き場所を無くし金だけは残って生活は出来そうだけど。
凰蓮のように「オーバーロードに騙された子供」と庇う事ができる一方、自ら道を外してしまったこともまた事実。
この世界で生き続ける事が最大の罰というか。
それこそ「まどか」のように世界改変して記憶も変えてくれた方がまだ救われるけど、それがないということは一生罪を背負って生きることになるし。
ザックはあの性格上優しく接してくれたけど、他のビートライダースからは犯罪者を見る目を受けるだろうし。
予告を見るに贖罪のために戦うことも出来るしミッチに残された罪の償い方はそれくらいしかなさそう。

貴虎は海を彷徨っていたところを救出されたらしい。
世界中インベス騒ぎで大変だったろうによく助けられたものだ。
陸はやばいと判断し海に逃げたら貴虎が漂流していた?



gaimu46-6.jpg
始まりの男になった紘汰はオルタ舞のように精神世界に干渉可能に。
最後にまともに会話したのは斬月VS斬月・真の時だから10話(2か月半)ぶり。

「諦めないでほしいんだ。人は変われることができる。俺みたいなやつでさえ違った自分になれたんだ。変身だよ!貴虎」

1話で使われた「変身」をこう持ってくるのかと。
「大人と子供」「君はこの力、どう使う?」「変身したいんだ」は初期から提示されていたテーマでもあって
「大人と子供」に関しては途中から蔑ろにされた感もあるけど残り2つに関してはちゃんとやったなと
何も知らない紘汰は周りの言葉に翻弄されて自分がない状態だったのが中盤まで続いた。
それが少しずつ成長し自分で考え答えを出し、実行するところまで。
先週2人の対決で「変身」と言わなかったのは身体は既にオーバーロードに「変身」していて言う必要が無かったのと同時に、違った自分に変身出来ていたからかな。


と言う訳で鎧武46話でした。
バトルの盛り上がりは先週がピークだろうと予想はしていたけど、こうもあっさりとは。
決着付くまでは武器召喚のオンパーレドでなかなかだったけど折れた剣で止めではなくライダーキックにして欲しかった。

浸食された世界、黄金の果実を手に入れた後の展開は「え?」なところはあるけど大体予想の範囲内。
紘汰がヘルヘイムの森に残って戦い続けるか全てを消し去るかのどちらだと思っていたし。
オタク目線だから「また『まどか』か」「引出少ねーな」って突っ込みが出るけど子供たちからすれば斬新な終わり方かも。
そもそも「まどか」のヒットで呼ばれたんだから似たようなものを作るだろうとは思っていたし。


gaimu46-7.jpg
gaimu46-8.jpg
カムロを改造したような新ライダー・邪武も登場。
別世界の紘汰やら佐野くんの双子の弟が演じるやらなんとか。
特撮での双子出演はゲキレンのレツが最後?
城ノ内もマツボックリで変身?龍玄と極が一緒に戦うカットもカッコいい。

今週が実質の最終回で次週が特別編と思いきや地続きで繋がっている模様。
紘汰がいなくなった後の晶(姉)の反応などが気になる。
予告に戒斗映ってたけど過去回想なのかちゃんと生きていたのか。
脚本家変わるとはいえ繋がっているらしいのでいつもの総括は来週に。


  1. 2014/09/21(日) 14:44:23|
  2. 仮面ライダー鎧武
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<トッキュウジャー第第29話「対向車との合流点」 | ホーム | 雑記>>

コメント

折った剣でとどめを刺すのは個人的にはそんなに悪くなかったです
あれはあれでかっこいいものがあったので
まあ「必殺技使ってくれよ・・・」は思いましたが
サガラに関しては「放置で良いの?」と思いました
確かに生物に「進化」は必要ですが進化する前に滅亡する世界があってもおかしくないでしょうし(というか何処の世界でもベルトが作れる訳じゃないでしょうし)

>見方によっては戒斗は今のシステムに立ち向かい紘汰は逃げたようにもとれる。
個人的には紘汰は「この世界はもう大丈夫だ」と思って旅立ったように見えました
前回言ったように「強くて優しい人」は大勢いますし

エピローグはかなり良かったです
城乃内は初瀬の死を最後まで知りませんでしたがこれはこれで良かったのかも
「初瀬を殺した奴を許さない」で憎しみが生まれそうですし
ザック、凰連さんは良い人すぎますね
ザックの「紘汰や舞、戒斗のように話が出来る相手はそれだけで貴重」は三人ともいなくなったからこそ響く言葉ですね
凰連の意見は軍人というか大人そのものでしたね
以前も書きましたがミッチに関しては「悪役らしく死んでくれ」と思ってましたが紘汰も舞もいない今は死ぬより辛い状況なんですよね
以前紘汰が「これから先どれだけ長く歩くか・・」の台詞の通りミッチにはやり直せる時間が充分あるんですよね
貴虎の看病、街のための戦いで頑張って生きてほしいですね

貴虎とのシーンでの「変身」の使い方は良かったですね
この変身は途中まで「子供から大人へ変身」って意味合いかと思ってたんですがひょっとして「人間から怪物へ」って意味も含まれてる?
貴虎に関しては紘汰が言ってたように「唯一ミッチを導ける人物」なんですよね
前述した人たちがもういないから
しかし次回は貴虎戦うのかな?
え?戦極もゲネシスも壊れた?湊さんが使ったチューニングゲネシス使えば良いし・・・

次回は次回でいろいろ楽しめそう
  1. URL |
  2. 2014/09/21(日) 16:33:07 |
  3. キングフォームRSF #-
  4. [ 編集 ]

バロンはライダーキックで倒すのに相応しい相手ではありますが、それは結局かなり優勢な状態で勝利してるともとれる(相手との必殺技の打ち合いに勝利する。もしくはキックを発動・当てるだけの隙を与えてる。)のでギリギリの状態で倒すというのなら今回の方がよかったですね。
まぁ、見てる時は折った剣ををあんな風に持ったって力はいらないし、あれで致命傷になる位刺さるってどうよ?って思ってましたが。


サガラの進化の促しはよくわからないんですよね。結局どんな世界にするにしろヘルヘイムは浸食する訳だし。
いくらオーヴァーロードがヘルヘイムを操れるとは言え、完全に0にできるならフェムシンム達もやってるだろうし、そうじゃなくて適応する存在になる道を選んだという事はやっぱり0にはできないんじゃないかと。
そもそも、ヘルヘイムが存在してる場所からクラックを通して種を飛ばしてるんだから、ヘルヘイムノ森の完全撤去なんてさせないだろうし。
そうなると、どんなに一か所にまとめようとも、動物が果実を食べてインベス化→インベスが人間を襲って種を植え付ける→ヘルヘイムが広がるって構造になって世界はヘルヘイムに包まれてしまいますからね。

紘汰の姿はダサいけど、あれで極のマスクオフならそれはそれで手抜き・なんで不完全な力の姿と一緒なの?と言われてしまうから仕方ないかなと思ってます。
ただ、上記の通りヘルヘイムを新たな星に持ち込んでしまう以上、どんなに頑張ったってヘルヘイムの森に浸食されるので、無謀にしか感じなかったですね。そもそもインベスがいる時点で、まともな人間は育ちませんし。

ザックは本当に主人公してて見てて笑いましたw
そして凰蓮の大人としての対応も極初登場回のような大人としての意見が見れて良かった。(これで途中までの暴走が無ければ……)

変身はもとは東映が作った造語だからこその深い意味につながるような気がしました。
ただ、変身は急に変わるというイメージなので「子供→大人」まで成長じゃなくて変身なのかーとも思ってしまいましたがw


さて、最終回はW方式ですが、正直期待してません。
極や鎧武が登場してる時点であまりいい予感がしないので。
敵もたぶんエナジードーパント並みに弱そうな気しかしません。
  1. URL |
  2. 2014/09/21(日) 17:15:05 |
  3. おりん #-
  4. [ 編集 ]

>キングフォームRSFさん
剣の件はいいところどりで、折れた剣で反撃してライダーキックが決め技とかでも良かったかもしれません。
まさか最後の最後までキック使わないとは思わなかったので。
サガラに関しては放置というか紘汰たちではどうしようもないのが正直なところかと。
いかに始まりの男になっても知恵の実自体ヘルヘイムの一部なので一杯食わせるのも難しそうですし。

>エピローグ
城ノ内には初瀬の死を知って欲しいと思いましたが復讐に走ってしまう可能性もありますね。
知らないからこそ凰蓮と一緒に新装開店したお店で平和をかみしめるシーンが生まれたともとれますし。
凰蓮は一時期持て余しているような感じを受けましたがなんだかんだで良いポジションに落ち着いたなと。
ミッチに関しては死んだ方が被害に合った劇中人物や視聴者はスカッとするかもしれませんが長い目でみるとインベスの残党対峙させた方が良さそうです。
ミッチが生きていることが貴虎の救済にもなるわけですし。

>貴虎とのシーンでの「変身」の使い方は良かったですね
ここで使うとは思わずびっくりしましたよ。
変身の意味は大人になること・ライダー(怪人)になること・違う自分へ変わることなど色々な意味があるでしょうね。
紘汰は1話の頃から比べると3つ全てを満たしていて貴虎は新しい道を探し進むことが出来る、それをミッチに教えるために変身すると。
次回で斬月・真として戦って欲しいところです。耀子のゲネシスドライバー使えば戦えるはずなので。
案外自宅に呼びのゲネシスドライバーがあるかもしれません。プロジェクトリーダーなので予備があっても不思議はありませんし。
  1. URL |
  2. 2014/09/22(月) 21:45:34 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集 ]

>おりんさん
緊迫感や接戦を煽るためならキック無しの方が良かったと判断されたのでしょうか。
途中まで武器二刀流や連続発射などが良かったので最後の最後で残念だったというのが正直な気持ちです。

>サガラの進化の促しはよくわからないんですよね
自分としては生物である以上進化は必要と考えていますが、人間やその他の動物の行きつく先がインベスただ一択という不思議な進化なんですよね。
急激な気候変動や太陽の陽が当たるかどうか(紫外線)の有無ではなく、ただヘルヘイム植物の環境下に適応できるかどうかの1点だけですから。
仰るようにオーバーロード化してヘルヘイム植物を撤退させられるならロシュオたちもやっているはずですし、出来ない所を見るといかにオーバーロード化や黄金の果実を手にしても無理なんでしょうし。
出来たら紘汰も他の惑星に移動ではなく、直接植物を無くそうとしているはずですから。

>そもそも、ヘルヘイムが存在してる場所からクラックを通して種を飛ばしてるんだから、ヘルヘイムノ森の完全撤去なんてさせないだろうし。
こちらに関しては完全に自分の推測ですが、おそらく紘汰たちの世界はもう浸食されないと考えています。
ヘルヘイムが一つの世界を覆いつくしたら次の世界に行き黄金の果実を生むらしいので、
紘汰たちの地球はサガラによって浸食が終った扱いにされて、ロシュオたちのいたヘルヘイムの次の行き先はサガラが新たなに見つけた世界なのかなあと。
次の浸食場所を決めるのはサガラでしょうし紘汰たちの地球にクラックを空け続けるとはちょっと考えづらいので。
とはいえ次週の邪武とイナゴの怪人がどのように出てくるかでこの考えも変わってしまいそうですが。


>ザックは本当に主人公してて見てて笑いましたw
最初から考えると信じられない程の大出世ですよね。
インベスゲームでペコと一緒にパチンコの反則勝ち狙っていた時期がウソのようです。
凰蓮もクラックの存在に気付いた以降からは急激にまともになった気がします。
さすがに子供の遊びを超えた出来事が起こっていると理解して大人としての一面が出て来たのでしょう。

>ただ、変身は急に変わるというイメージなので「子供→大人」まで成長じゃなくて変身なのかーとも思ってしまいましたがw
本来は長い時間をかけて子供から大人に成長するのが紘汰の場合、ここ1年で一気に成長したので「変身」なのかもしれません。


>さて、最終回はW方式ですが、正直期待してません。
>極や鎧武が登場してる時点であまりいい予感がしないので。
あの極が別の惑星に行った紘汰なのか違う時間軸の紘汰なのかで自分の印象は変わってきそうです。
邪武はグリドンや龍玄を圧倒した後に極にボロクソにやられる展開でしょうし。
ドライブが出たら去年のアマダムのように極&ドライブにやられそうです。
  1. URL |
  2. 2014/09/22(月) 21:47:15 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2014/09/23(火) 14:24:13 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

先週の段階で45話がピークだろうなとは思ってましたが、予想よりかなり斜め下な結末だったというのが正直な感想です。
危惧していた通りまどか+ヴェドゴニアな終わり方で映像的にも話的にも盛り上がりがない上に既視感が強かったです。
ヴェドゴニアの方を噛み砕いて述べますと「森の王に選ばれた巫女が世界を変えうる力を得て、それを認めた一人の男だけに託す」というオルタ舞そのもののキャラがいて、
主人公はそれを引き受け永遠の時を2人で共に歩み続けていくという本当にそのままの終わり方で何とも言えない気持ちに。
個人的には今までの話を流用しようと別に構いませんが、やはり+αな何かは最低限ほしかったです。 正直1クールモノのまどかより爽快感がなかったです。
まあこれは映像的な魅力を作り出せなかった監督の方にも責任はありますが。 年配の監督ほどスカッシュ・オーレ・スパーキングを使いたがらないのがなんとも。
折れた剣を使うのは熱くていいですがそれが致命打となると、今までの活躍も含めてロードバロンがあまり強く見えなかったのがどうも残念です。
戒斗が息を引き取るシーンもただ普通に撮っているだけで、湊以上に死に際があっさりすぎてそこはもうちょっと頑張て演出しろよと。

>オタク目線だから「また『まどか』か」「引出少ねーな」って突っ込みが出るけど子供たちからすれば斬新な終わり方かも。
個人的には逆に「まどか」を見ていた人ならばある程度納得でき、知らない人ほど「どういうことだ?」となる終わり方な気がします。
神話のアダムとイブになぞらえた結末だとは思いますが、4クールやってきた作品でこういう神話引用エンドはどうも好きになれません。
戒斗の求めた世界と紘汰の作る世界が噛み合っているようにも思えませんし、今まで果実を手に入れた人間はこれ以下の結末しか生めなかったのかなとも。
あとこれは脚本のせいではありませんが変な格好した3人組が淡々と世界がどうだのしゃべってるだけで退屈通り越してシュールでした。
アニメなら枚数を使ったり極端なパースで迫力をつけたり会話だけでも画面は成り立ちますが、実写だと本当にただ会話してるだけで酷い絵面だなと。
オルタ舞は慣れましたが紘汰のあの恰好はダサいどころの話じゃあ…。 普通に民族衣装みたいなのでよかったのにマツボックリ流用で陳腐さがさらに増して…。
逆にサガラの扱いはわりといい感じだったなと。 紘汰の色々あった上での「世話になったな」というセリフは独特の絆が感じれて渋い魅力がありました。

色々批判ばかり述べましたが生き残ったキャラ達の会話は全体的によかったと思います。
特に紘汰と貴虎の会話は今までやってきたことが無駄ではなかったと互いに認識し合えるいいシーンだったと思います。
戒斗はライバルであって裏の主人公は貴虎だったと自分は思っているので、仲良くなっては切り離されてばかりだった今までとは違い最後まで語り合えてよかったです。
ミッチの末路もこんな感じで良かったと思います。 自分が彼を死ぬべきと思っていたのはタブーの「肉親殺し」をしていたからであって今回それは回避できたので。
そこで彼にザックが向けた言葉も非常によかったです。 個人的にこの作品で紘汰と並ぶほど成長したのはザックだとすら思えます。
変身後いきなりいい奴になったと揶揄されたりする彼ですが、「力を手に入れたらどうする?」というテーマのこの作品ではその極端な変化がむしろ良かったとも思えます。
力を手にした瞬間おぼれるのではなく人のために戦う方向へ迷わず最後まで走りきったその姿は一番ヒーローらしかったですし。
この作品で好きなツートップの貴虎・ザックに救済があったのはとても嬉しかったですね。

次回は番外編ではなく後日譚的な内容であるらしいので最終的な作品の判断は来週待ちですね。
ただ本筋の決着自体は今週でついたので自分の中では「面白かったけど最後は残念だった作品」という評価は動かないかなと思います。
ナックル初変身~オーバーロード根絶までは文句なしに今までの特撮で一番楽しんでいましたがキョウリュウ同様最後でつまずいた感があります。
個人的に全てが終わった後でもビートライダーズは戦い続けるというエピローグは好きなので素直に来週は楽しみです。
今までを踏まえて「ヒーローにならなきゃ」というセリフを言ったミッチとマツボックリを使う城之内の活躍に期待したいですね。 ドングリ素体で変身してほしいですが
いつもならMOVIE大戦でやりそうな話をサブのライダー達に焦点を絞って描くというのも面白い試みだと思いますし。
ただここまで来てメインライターが監修付きとはいえ他の人に仕事を投げるというのはどうなんだろうなとは思いますが。
まあ本人的にはここで話を終わらせたかったのを、いつものように武部Pが明るく終わらせてくれと提案した末の折衷案なのかもしれませんが。
何にせよここまで楽しませていただいたので最後まで見守らせていただきたいと思います。
  1. URL |
  2. 2014/09/23(火) 18:47:04 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集 ]

>名無しさん
すみません、3年半前というのは震災のことです。
当時あんな感じの張り紙があったので。
  1. URL |
  2. 2014/09/24(水) 21:54:48 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集 ]

>鯖缶さん
自分も先週がピークだろうとは思っていましたし、大体こんな感じのオチになるだろうとは予想してましたが斜め下な結末でした。
ヴェドゴニアは見たことありませんが見る感じ今回と同じような終わり方なんですね。
これは「引出少ない」って言われても仕方ないですわww
とは言えヴェドゴニアを知らない自分にとってはそれが初めてなわけですが、それでもズッコケるような結末ではあります。

>まあこれは映像的な魅力を作り出せなかった監督の方にも責任はありますが。 年配の監督ほどスカッシュ・オーレ・スパーキングを使いたがらないのがなんとも。
確かに年配の監督ほどスカッシュ・オーレ・スパーキング使ってない気がします。
というか極アームズになると最後の締めが火縄大橙DJ銃だけというのがガレオンバスターを思い出してしまいまして。
今週の巨匠は折れた剣で止め以外を除けば結構良かったと思うんですよ。(剣は脚本に書いてありそうですし)
CMにあった大橙丸&バナスピアーの組み合わせをようやくやってくれましたし、
最後に貴虎が目を覚ましてミッチとまた暮らし始めるんだろうという事を考慮すれば、ラストの展開をくみ取ったようなブドウ龍砲&メロンディフェンダーの組み合わせが見れました。
ただ戒斗の最後はちょっと撮ってるだけというかあまり悲しみが伝わってこなかったというか。
いえそれだけならまだしも、始まりの男になった紘汰の格好があまりにも・・・

>戒斗の求めた世界と紘汰の作る世界が噛み合っているようにも思えませんし、今まで果実を手に入れた人間はこれ以下の結末しか生めなかったのかなとも。
間違いなく、これ以下の結末しかなかったでしょうね。
まともそうに見えるロシュオですら自らの過ちを認めレデュエから「枯れている」と言われる始末ですし。
(これまでの描写はおいといて)戒斗が弱者のための世界を目指すってのは分かりますが、だからといって紘汰が別の惑星に行くのはどうなんだと。
光りも射さないような惑星にインベスと移住して「光を灯す価値がある」とか言われても「えー?」ですよ。
サガラとの別れは良かったですね。「世話になったな」も仰るように独特の絆が見られました。

>色々批判ばかり述べましたが生き残ったキャラ達の会話は全体的によかったと思います。
>特に紘汰と貴虎の会話は今までやってきたことが無駄ではなかったと互いに認識し合えるいいシーンだったと思います。
海辺での会話は久々のまともな貴虎と「変身だよ」の台詞も相まって良いシーンです。
ミッチを死なせなかったのは凰蓮のいうように被害者でもある、に加えて貴虎の生きる目標としての役割もありそうですね。
ザックの急成長ぶりは凄まじいものでした。強い力を手に入れても迷うことなく街を守るために使っているので大したものですよ。
それこそ平成1期なら力に溺れた展開を1ヶ月くらいやりそうですしw

>ナックル初変身~オーバーロード根絶までは文句なしに今までの特撮で一番楽しんでいましたがキョウリュウ同様最後でつまずいた感があります。
全くもって同じ感想ですね。
オーバーロード全滅の41話までの盛り上がりは半端なかったです。
毎週毎週心から楽しめる作品にまた出会えるとは・・・!と本当に嬉しかったですよ。
ラスト1ヶ月の紘汰VS戒斗は鎧武の中で一番燃える戦いでしたが逆に言えばそこだけというか。
戒斗の「弱者の為」に気付けなかったことと何とも言えない格好になった紘汰などが要因でしょうか。

ラスト1話はコウガネ(姿は別)などが出てくるらしいので一応期待はしてます、一応。
ストーリーよりもミッチの「ヒーローにならなきゃいけないんだ!」やマツボックリアームズ、貴虎の立ち回りなど登場人物を楽しみにしています。
虚淵が今週で最後なのを見るに、虚淵の描いてきた構想(ロードマップ)はストーリーは実質今週で終りでしょうし。
  1. URL |
  2. 2014/09/24(水) 21:56:00 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集 ]

僕はクウガと同じ敵であれ命を奪わなければいけない宿命を背負ってしまった人たちの物語を久しぶりに観れてよかったです。

仮面ライダー4号でショッカーの一員として再登場したライダーたちの退場回を観ましたですが、全部同じ監督が演出していることに気づきました(しんみり)

先ほど46話を視聴してまた泣いちゃった僕はやっぱり紘汰と戒斗が大好きなんだなと思いました(てへぺろ)
  1. URL |
  2. 2015/08/14(金) 00:49:06 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集 ]

>FOREVER HEROSさん
>仮面ライダー4号でショッカーの一員として再登場したライダーたちの退場回を観ましたですが、全部同じ監督が演出していることに気づきました(しんみり)
監督は全部同じだったんですか。そこは気付かなかったです。
バロンやサソードのように珍しい枠がいるなくらいにしか思わなかったので。
  1. URL |
  2. 2015/08/14(金) 21:23:41 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集 ]

明日は戒斗の命日ですね。

>仮面ライダー4号でショッカーの一員として再登場したライダーたちの退場回を観ましたですが、全部同じ監督が演出していることに気づきました(しんみり)  


サソードだけ長石監督でした(汗汗汗) 



この間久しぶりに「46話」を観ました。何度も観ているのに戒斗が目を閉じる場面はいつも涙が出ます。紘汰が始まりの男になる場面を初めて観た時は(もう人間としての紘汰は観れないんだな。)と悲しくなったので(その姿ダサいよ。)という気持ちにはなれませんでした。



(脱三条陸。)を目指したという「エグゼイド」を観て(ようやく脱鎧武が出来たかな。)と思っていましたが「平成ジェネレーションズ」や「ゴライダー」を視聴して(鎧武が大好きという気持ちは何年経っても変わらないんだな。)と思うようになりました(しんみり)

  1. URL |
  2. 2017/09/20(水) 22:16:29 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集 ]

>FOREVER HEROSさん
>明日は戒斗の命日ですね。
もう3年も前になるんですね。あっという間です。
人間としての紘汰がいなくなるシーンは姿はダサいと感じてしまいましたが当時に悲しさもありましたね。
その前に舞と戒斗も入れて人間として過ごした最後の3人のシーンや、同じく人間としては最後の映画となるサッカーもありましたし。

>(脱三条陸。)を目指したという「エグゼイド」を観て(ようやく脱鎧武が出来たかな。)と思っていましたが「平成ジェネレーションズ」や「ゴライダー」を視聴して(鎧武が大好きという気持ちは何年経っても変わらないんだな。)と思うようになりました(しんみり)
鎧武以降の平成2期ライダーが好みですが、その中でも鎧武は群を抜いて好きですね。
仰るように大好きな気持ちは何年経っても変わりません。
無理と分かりながらも鎧武外伝3弾を待ち続けているので。
  1. URL |
  2. 2017/09/21(木) 23:33:49 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

こんばんは。ご存知かもしれませんが明日は戒斗の4周忌になります・・・早起きして生で視聴し、戒斗と紘汰の選んだ結末に泣きそうになったあの頃が懐かしいです・・・・・・


「鎧武」の放送から5周年を迎える来月に歴代ライダーが復活する「ジオウ」を観る事になろうとは思ってもいませんでした。でも紘汰たちのありえたかもしれない物語がどう描かれるのか少し楽しみです。
  1. URL |
  2. 2018/09/20(木) 23:14:24 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集 ]

>FOREVER HEROSさん
もう4年も経つんですね。
放送開始からは5年経つのであっという間ですよ。
佐野くんがジオウに出演しそうな雰囲気ですし今後の続報に期待です。
  1. URL |
  2. 2018/09/21(金) 21:07:00 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/2781-095cedc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

雑記
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンジード ウルティメイトファイナル  レビュー
TTFCにて完全新作 鎧武外伝製作決定!
雑記
魔進戦隊キラメイジャー 第23話「マブシーナの母」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する