FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ギンガS第13話「分裂! UPG」

ギンガSも最終章に入りラスト4話。
平成ウルトラシリーズでラスト4話を最終章に持ってくるのは珍しいかも。
大抵はラスト3話くらいからだと思うし。

ここにきて急に上層部が出てきたけど隊長のキャラすら立ってない状態でこられても・・・
神山長官はフォーゼ映画でグランダインを演じた人だね。
地球は人類の手で~の件は正論すぎてグヌヌですわ。
M78星雲世界だとウルトラマンは味方として映っているけどギンガ世界ではちょっとの期間田舎町で戦ってた謎の巨人くらいな反応だろうし。
洗脳溶けた瞬間に撃っちゃうのは空しい。
敵の敵は味方とうことで妥当チブル星人に限れば共闘出来たかもしれないのになんか後味悪いね。

今回は友也が大活躍。
「開発者を舐めんな、です」
はカッコよすぎる。しかし19歳の少年1人に掌握されるって・・・
基地内攻略の時はガンパットでも取り出すかと思ったらスマホ?
隊長とゴウキの2人が装備を取り戻した時もあんな感じでサポートしたのかな。

友也が前線に出て戦うのは懐かしい光景。
1期では当たり前の姿もSではサポートに回ってるから。
ギンガが登場した時の隊長の表情がS前半戦同様に悟ったような感じなのが良い。

戦闘はAパートのビクトリーと後半のギンガで2回。
シェパードンセイバーは登場せずキングジョーで反撃し撃退。
ギンガの戦いは久しぶりにストリウムに。
最近はビクトリーと一緒に戦ったり敵が複数体出てきているからまともに力発揮できなかったから
久し振りに1対1で戦えてギンガストリウムを「強い」と実感することができた。
歴代技も光線ではなくバリアってのがバリエーション豊かな感じがするし。
コンプリ召喚と違ってストリウムは光線技しか出せないんだからこういうところで違いを見せるのは良いと思う。

次回はハイパーゼットンが登場。
ダークザギの例を見るにサーガ登場時ほどの強さはないだろうけど強敵には違いなさそう。


  1. 2014/12/06(土) 19:44:05|
  2. ウルトラマンギンガS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<牙狼―炎の刻印―第10話「破戒 FALLEN BLOOD」 | ホーム | S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王ウイングフォーム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/2839-bd45934d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

S.H.フィギュアーツ ウルトラマンフーマ レビュー
アクリルロゴディスプレイEX 仮面ライダーフォーゼ レビュー
魔進戦隊キラメイジャー 最終回(第45話)「君たちがいて輝いた」 感想
仮面ライダーセイバー 第24話「父の背中、背負った未来。」 感想
ウルトラマン クロニクルZ ヒーローズオデッセイ 第8話「何を背負い揺れ動く」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する