FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

仮面ライダー鎧武公式読本

141224-1.jpg
フルスロットル公開と同時に発売された公式読本。
キョウリュウジャーから発売元で変わったようでフォーゼぶりの発売。

いきなり虚淵&武部P対談。
虚淵「最後まで続投させていただいてありがとうございます!途中でテコ入れや交代があってもおかしくなかった」
って自覚はあったのかww
1話でも担当した回があればその脚本家の分までインタビューあったけど口をそろえて「特撮の現場は早い」って言ってるから大変そう。
エロゲなんかは延期に次ぐ延期は当たり前なイメージあるから。(ニトロプラスが延期しまくってるかは分からないけど)

主役4人や舞は散々インタビュー答えてるけど久保田さん(貴虎)のミッチは後部座席じゃなく後部座席に隠れる予定とかは新たな発見。柴崎監督は斬月担当!なんかも。
後のVFXインタビューでも語られてたけどクリスマスゲームの時までノーマル斬月の変身シーンって無かったんんだね。
モデリングだけ作ってお蔵入りになるところをギリギリで使えたとか。その後一騎打ちでも変身したりとなんか使われたけど出番は少ない。
ミッチの幻影で貴虎が出てきたけど舞との共演シーンはそこが初とかこれまたなるほど、と思うことも。

吉田メタルさん(凰蓮)や浪岡さん(シド)のプライベート(家族トーク)も微笑ましい。
浪岡さんの子供はオーバーロード出て来てから怖がっちゃったみたいだしそうなるよなぁと。
今の子供にグロンギの犯罪を見せてもやっぱり拒否反応は強そうだし。
吉田メタルさんのように家庭持ちだと公表ダメ、と言われても家族にくらい言いたくなっちゃうよねw
初仮面ライダーと言う事で喜んでいる一方、浪岡さんは3回目の変身だったりして変な感じw

監督インタビューだと金田監督が面白い。
小林くん(戒斗)に「泣いてもいいけど涙は流すな」はカッコいい。
ジンバーレモンVSマリカのソニックアロー対決は力入ってると思ったら撮影に丸1日使ったのか。
「紘汰が何のために戦うのか早い段階で見せないとお客さんが逃げちゃうよ?」
あたりは鋭く言ってる。逃げられたのは紘汰が~~ではなくあのダンス編が原因だと思うけどw
極めつけは夏映画での
「日本代表がもうちょっと勝ってくれればなー(笑)」
wwwwwwwww
ファンなら誰もが思うけど監督も同じこと考えてたかwwww


スーツアクターも全員にインタビュー。
誰もが認めるカチドキアームズの重さにカチドキ旗の扱い辛さ。
現場ですらカチドキ旗がすぐに落とされるって突っ込まれてる。
高岩さんが佐野くんの身体能力について「佐藤健や福士蒼汰も凄かったけど群を抜いている」と高評価。
歴代主役をずっと見てきた高岩さんだからこそ説得力がある。
その反面体操のような感じもすると一言。
確かに19話でデュークの攻撃交わしながらの変身も凄かったけど佐野くんの動きに対して後からCGエフェクト付け足しているから違和感あった。
動きは凄いけど画面合成と佐野くんの動きが噛み合ってないというか。

永徳さんを見るにバナスピアーの扱いはシンプルそうだけど手の位置を変えたりして工夫してるんだね。
映像見返してみると確かに、と頷ける。
龍玄を演じた佐藤さんからもキウイ激輪は難しいとコメントが。
高岩さんが持ってもやり辛そうだったし手に持つよりは極の武器召喚で飛ばしてる方が良さそう。

バンダイ側インタビューも。決算後のはこれが初かな?
ゲネシスドライバーとソニックアローは歴代平成2号玩具で一番売れたと明言される。
ソニックアローは4月の再生産か何かで運よく買えたけどあのタイミングで買えてよかった
あまり売れないだろうと思ったヨモツヘグリも結構注文きたようで、売れたからこそのSGアーマードライダーセットやドラゴンフルーツの受注開始だったりするのかもしれない。
サポートメカはもういいよね、という事で廃する方向に。ドライブではシフトカーが兼用してる感じだしなんだかんだで要素は残ってるね。
元を辿ればディスクアニマルから始まったようなものだけど、よく何年もやってきたなーと。
設定画も公開されたけどバロンレモンがない?あまりに急なパワーアップすぎて設定画すらない?

ほぼ全部がインタビューでまさに「読」本。
約120ページだけどA4サイズだから文庫本サイズの倍でラノベ1冊分くらい。
自分のようにスーツ写真を見たい人にはちょっと不足気味だし割高に感じるけどそこは超全集や特写を揃えてカバー。

超全集:ライダー・ストーリー紹介
読本:スタッフ・キャストインタビュー
特写:スーツ写真

と3つ揃えて完成と思っているので特写待ち。果たしてVシネ分は出るかな?
ダブルの時はブースターが中途半端でレッドフレアは乗ってすらいなかった。
かといってVシネを待つとオーズ超全集みたく出なくなりそうなので出せる時に出して欲しい。
ある程度纏まったら電王2のように番外編みたく出してくれれば。

Vシネ情報もいろいろ。20話前後の話らしい。
ネットムービーを廃してのVシネとか。これなら子供人気無さそうな鎧武でも製作出来たのは納得。
ネットムービーで笑えたのはディケイドくらいで後は無駄金に感じたからVシネの方向にシフトしてくれたのは大歓迎。

リンゴアームズだけと思ったらウォーターメロンも出て来てビックリ。
LSの外見はスイカだけど名前はメロンで一応メロン縛り?があった斬月も大丈夫。
マルスのゴールデンアームズがリペされるということはもう大戦系映画でマルスが出てくることはない?
それはそれで幸せかもしれないけどディケイド2みたいな企画があったらガオウ同様出演出来ないのが悔やまれる。
ウォーターメロンはメロンの使いやすい下位版かな。PROTOって書いてあるし。
スイカ程ではないけどリスク無しでは強いロックシードって立ち位置になりそう
凌馬的にはプロトタイプのウォーターメロンを作った後にヨモツヘグリを作るも危険すぎて封印。メロン等を経てゲネシスドライバーに辿り着いた?
新アームズやライダーは嬉しいものの、ジンバーメロンが遠ざかる。さらにはDXロックシードやフィギュアーツコンプへの道が遠い・・・。

リンゴアームズはゴールデンアームズのリペっぽい。
バナナとマンゴーだけでゲネシスドライバー(タイラント)に勝てるかな。
新ロックシードも出るなかまさかのドラゴンフルーツ再登場である。
フルスロットルではメガヘクス製のドラゴンフルーツまで出しているけど、あれはメガヘクスが新規に作り出したのはでなくて過去に存在したELSをメガヘクスが再現した?
後出しからこその理屈だけど凌馬が作ったドラゴンエナジーが20話前後で登場。それを見た紘汰の記憶を盗んだメガヘクスが再現したのかもしれない。
戒斗はリンゴロックシードを使ったから黄金の果実を欲する気持ちが強くなったとかも出来そうだし後付上等だから出来る限りVシネ展開をして欲しい。
主題歌CDにはロックシードや乱舞の別バージョンが入るみたいだしこれも買うしかない。
放送終わった後にここまで展開してくれるのはガイアメモリ以来かも。
そのガイアメモリだって翌年までコンスタントに展開し続けることはしなくて数年後に急にガイアメモリFINALだから。


  1. 2014/12/24(水) 19:42:32|
  2. 仮面ライダー鎧武
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<今日のお買物 | ホーム | トッキュウジャー第41話「クリスマス大決戦」>>

コメント

全体的に興味深い内容でしたがちょっと値段には見合わない分量という感じでしたね。
以前までだとペコ・サガラ・坂東・オーバーロード声優陣のインタビューは確実に入っていたのに、キョウリュウから情報量が減ってしまい残念です。
鎧武は変身者達のインタビューが全てあるのでまだいいですが、キョウリュウはスピリットレンジャー達のインタビュー一切なしという物足りなさでした…。
今までの本とインタビューが重複している部分も多かったですし、一番の購入目的であった怪人のデザイン画が小さかったのにも非常にガッカリです。
あと虚淵さんのインタビューが少なかったのも残念でした。 それにしても「2期は脚本構成の参考のためだけに見た」旨のことを言っていたのに、
「毎年楽しみに見ていましたよ!」など相変わらず調子のいいこと言ってるなぁと。 多分もうドライブも見てない気がするんですよね…。
以前「ライダーはもっと危機感を持った方がいい」と言っていたのに、他の雑誌では「どんな時代でも仮面ライダーだけは残る!」と言っていたり一貫性がない…。

インタビューは個人的に吉田メタルさんのものが興味深かったです。 たしかにオネェ系であってゲイやオカマという描かれ方はしていませんでしたね。
京水はわりとそっち方面で描かれていましたが、凰蓮は純粋に美を求めているタイプであったからこそあの手のキャラにしては嫌悪感がなかったんでしょうね。
腰を振ってるブラーボのシーンは普通に笑いながら見ていましたが、メタルさんの想いを知るとたしかにあれはアウトだよなぁと。
凰蓮も最終的にはかませ期間の扱いの酷さからリカバリーできて何よりです。 欲を言えばミッチ斬月を見破るシーンをもっと丁寧にやって欲しかったですが。
あとは40話のビャッコには高岩さんが入っていたという話も面白かったです。 高岩さんも普段は入れない怪人に入るとやっぱり楽しいんですね。

>監督インタビューだと金田監督が面白い。
金田監督は本当に鎧武で印象が変わりましたね。 ドライブでもいい映像を撮ってますし今後も本編だけ撮ってくれると嬉しいです。
他インタビューで語っていましたが「参加するなら重要回や新フォーム登場をやりたい」と打診していたそうで、
今までなら「何をふざけたことを」と思ったはずなのに、あの素晴らしいバトルシーンの数々を見ると本当にやってくれてよかったなと心の底から思えます。
また語り口のテンションが高いのも読んでて面白かったです。 あそこまで擬音が出てくるインタビュー初めて見ましたよ。
思っていた以上に演出や見せ方も理論的に語られていましたし、会話から人柄の良さが出ていて自分の中でかなり好感度が上がりました。
あとやはり耀子爆死は色々制限があってあの形になったんだなと。 龍騎ですら死亡描写はそこまで直接的ではなかったですしニチアサではあの辺が限界なんだなと。

>ゲネシスドライバーとソニックアローは歴代平成2号玩具で一番売れたと明言される。
ゲネシス関連は上手く展開していましたし一番売れたというのも納得ですね。 ACやロックシードもさらに出たりと今後も楽しみです。
反面ドライブはかなり苦戦しているようですね。 終わり際の戦隊はともかく始まったばかりのライダーがクリスマスにあれだけの値下げとは…。
番組も面白くなってきていますし、販促も丁寧にやっているだけに玩具のダメさ加減が…。 マッハドライバーの方がシンプルで遊びやすそうですし。
正直我々大友がシフトカーを微妙に思っていても子供は買うんだろうなと甘く見ていました。 妖怪があるとはいえ子供から見てもアレは微妙だったんだなと。
それにしても私たち大人ですらロックシードに大ハマりしているのを考えると、子供達はどれくらい玩具の魅力に取りつかれているのか気になったします。
カードが出るだけのJPカード・ショボイ音声のドロンチェンジャー・オーラチェンジャーですら夢中になって遊んでましたが、ロックシードなんてあったらもう…。

>Vシネマ
20話辺りの話と聞いて不安でしたがやはり情報が増えてくると楽しみになってきますね。
戒斗編が戦隊お馴染みの入れ替わり展開なのは正直戸惑いましたが、過去編をやってくれそうなのは非常に楽しみです。
相当酷い目にあっていないと世界を滅ぼすことへの説得力が生まれないのでその辺りは丁寧に描いてくれると嬉しいです。
ロックシード付きCDが出るとは初耳でしたが本当なら嬉しいですね。 貴虎ボイス入りウォーターメロンなどを期待してしまいます。
禁断のリンゴロックシードにロードバロン変身音が入っているなんて買わざるを得ません。 4人の最終形態の玩具が全部出るというのも改めて考えるとすごい話です。
ドライブももちろん楽しんではいるんですが、こうやって新情報が出るたびワクワクしているのを考えるとやっぱり鎧武なんだよなぁと思ったり。

>結城友奈は勇者である
短い感想ですのでこちらで失礼致します。
客層を考えるとこれくらいマイルドな結末の方がいいとは思いますが、最終的には凡作になったかなという印象です。
一番引っかかったのは解決方法が結局ゴリ押しだったこと。 何らかの機転や独創性のある一手を打っていればまた印象は違いましたがさすがに雑すぎるなぁと。
力の使用による副作用の治癒も布石は打ってあったとはいえあっさりすぎて何とも。 東郷さんはXとウィザードに攻撃した時の巧以上にクレイジーで引きました。
オーズでも映司のグリード化があっさり治ったりしましたが、あれはわざわざケチをつける野暮をしたくないと思わせるほどの盛り上がりがあったから通ったのであって、
あの程度の勢いと内容とキャラクターでは不満の方が上回りましたし、盛り上がった8・9話も正直今では茶番にしか思えなかったり。

逆にオリジナルが不安だった同原作者のアカメの方はそれなりに綺麗に終わり満足です。 原作もあと2巻程度で終わりそうですしアニメはいいタイミングだったなと。
今年のアニメの印象ですが全体的に小粒に感じました。 鎧武があったので充実はしていましたがそれに匹敵する作品がピンポンだけだったのが残念です。
  1. URL |
  2. 2014/12/27(土) 22:37:22 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集 ]

>鯖缶さん
発売はありがたいですがちょっと高いなと感じました。
ライダーの写真はもう少しあって良かったと思いますし値段も二千円が適正かなと。
仰るようにサガラ(ぐっさん)やオーバーロード声優のインタビューも聞きたかったですね。
特に声優陣のインタビューは殆どされてなかったはずなので1年の締めとなる読本でこそ補完して欲しかったというか。
キョウリュウジャーの方はスピリットレンジャー乗ってなかったですか。あれだけ10人揃えたシーンを全面に出しておきながらそれは酷いですね。

>それにしても「2期は脚本構成の参考のためだけに見た」旨のことを言っていたのに、「毎年楽しみに見ていましたよ!」など相変わらず調子のいいこと言ってるなぁと。
自分の言いたい事言う時もあれば急にリップサービス始めたりと1年間ブレブレでしたもんねw
「クウガ~語ろう」で好きなのは平成初期ライダーで2期からは不満たらたらと分かってはいましたがこうも露骨とはw
確かにドライブ見てなさそうですね。自身の鎧武でさえ46話で区切りをつけたと考えているからか最終回と映画は書いてませんし。
仕事にシビアというか分別付いていると言うかそのあたりは凄いなと思いましたけど。

>インタビューは個人的に吉田メタルさんのものが興味深かったです。 たしかにオネェ系であってゲイやオカマという描かれ方はしていませんでしたね。
このインタビューはなるほどと思いましたね。
講談社から出てる平成ライダームック本・鎧武でも吉田メタルさんのインタビューでこれを言っていたので一貫しているなと。
それだけにショーでバロンのお尻を触ってガッカリしたというのには納得しました。

高岩さんがビャッコインベス=怪人に入ったのは久しぶりでしょうね。
ニンジャレッド以降ヒーロー役を演じる機会が圧倒的に多いはずなので。
それだけに新鮮な気持ちで演じられたのかもしれません。


>金田監督は本当に鎧武で印象が変わりましたね。 ドライブでもいい映像を撮ってますし今後も本編だけ撮ってくれると嬉しいです。
これまでの大戦映画が酷過ぎて余計なフィルターかかってましたが元々TV版ゴーバスの時点でカッコいい映像取ってたので悪い人ではないんですよね。
大戦系映画と絶望的なまでに相性が悪いだけであって。
ジンバーレモンVSマリカとの対決に1日用意してもらったという文章を見た際は拘りが違うなと思いましたよ。
一時期ソニックアローだけが画面に出ている時もあって視聴者的には同じ武器ばかりで大丈夫か?と不安だったのですがおそらく金田監督も感じていたのでしょう。
それだけにあの早い段階からソニックアロー同士の対決でカッコいいシーンを出してアピールしたかったのかもしれません。
結果として成功ですし続くジンバーレモンVSシグルド戦もドラム缶に隠れながらの打ち合いも良かったです。
持ち方もバロンの逆手持ちが目立ちますがマリカをソニックアローを使いつつ足技を取り入れたアクションでシグルドも隙あらば防止に触れる仕草をしたりと
同じ武器でありながら完全に同じ動き(攻撃)にならないよう気を使っていた感もあったので。


>反面ドライブはかなり苦戦しているようですね。
アマゾンでも暴落始まりどこぞのネット記事でも「仮面ライダー人気が落ちた?」と書かれる始末ですからね。
マッハドライバーも安くなってますし今年はどうなってるのやら。いくら妖怪ウォッチが凄いとはいえここまでとは。
とは言えバンダイの決算が発表されないことには何が正しいのかも分からないのでそれ待ちですね。
鎧武も最初は売れてない売れてない言われましたけど結果的にウィザードを超える程度には売れたので。

>それにしても私たち大人ですらロックシードに大ハマりしているのを考えると、子供達はどれくらい玩具の魅力に取りつかれているのか気になったします。
>カードが出るだけのJPカード・ショボイ音声のドロンチェンジャー・オーラチェンジャーですら夢中になって遊んでましたが、ロックシードなんてあったらもう…。
今の時代に生まれたらダブル~ウィザードの頃は玩具を買ってもらうまでは大変かもしれませんが、手に入ったら夢中になって遊んでそうです。
子供の頃は変身アイテム片手に録画したテレビ映像と一緒に「ちょーりきへんしん」「ちょーじゅーこ!」って真似してるだけで時間が過ぎて行ったくらいですからね。
実はロックシードも最初はそれほど魅力を感じなかったのですが、ゲネシスコアとの連動で2個同時に音を鳴らせる楽しさに目覚めてからドハマリしましたよ。

>Vシネマ
順調に情報が出てきていて楽しみです。
大まかなストーリーが提示され新ライダーにアームズとこれ以上発表することなさそうな気もしますがw
20話前後のストーリーらしいのですが既に斬月・真になっている貴虎がなぜノーマル斬月に変身するかなど気になるところもありますね。
戒斗に至っては徹底的に過去の掘り下げをして欲しいです。
買収された父親の向上やお墓の前で花を持って立っている戒斗など過去回想やる気満々のようなので。
後付でもなんでもいいので補完して欲しいところ。
自分もドライブはドライブで楽しんでますがやっぱり鎧武の方が好きですね。あの盛り上がりをリアルタイムで経験できて本当に良かったですよ。


>結城友奈は勇者である
まさかアニメ感想を見ている人がいたとは・・・
土曜日の更新分は完全にアニメ・声優に割り振ってるので見てる人いないだろうなと思い趣味全開でやってたので。
肝心の内容ですがゴリ押し分が強かったのは間違いないですがまぁあれで良かったなというのが正直な気持ちです。
まどかならともかくゆゆゆでガチ鬱展開で締めるのは何か違った気がしたので。
東郷の行動はクレイジーサイコレズを狙ったのか本気で描いてああなったのか・・・
元鞘に収まったとはいえ東郷のせいで九州まで壊滅寸前だったことに変わりありませんし。

確かに8・9話も茶番に感じてしまうこともありますが盛り上がりとしてはそこがピークだったことに変わりないので好きですね。
声優陣の熱演や挿入歌も相まって9話はお気に入りです。
それだけにあっさり供物が返ってきてしまったのが残念です。
2クールあっても良かったような。鷲尾小説が出るタイミングが遅くあと数週間早ければ8話でビックリしたはずなので。
GSマガジンから追っている人程ビックリしたシーンだと思いますよ。
  1. URL |
  2. 2014/12/29(月) 00:31:39 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集 ]

私も公式完全読本買いました。インタビューはもちろん写真や設定資料、画がよかったです。

特にナックル。実はフェイスプレートデザイン画があったりしました。デザインは同じ木の実系の黒影、グリドン同様に独自の模様はなく黒一色にナックルの左横顔。できれば玩具、Vシネマで作ってほしかったですね。

しかし、放送当時はそんな事したら設定上、量産型ライダーの特徴であるブランクフェイスプレートの意味が無くなり、初瀬の黒影と量産型の黒影トルーパーの区別がつかなくなってしまい、初瀬のベルトもバージョンアップ化してフォールディングバンドをシルバー化、トルーパーにも顔があるなどしたら初瀬なのかトルーパーなのか判別できません。もっとも初瀬の退場路線は初期からあり劇場版での再登場では初瀬のベルトがバージョンアップしてるという案も存在したのかもしれません。

でもナックルは結局ザックしか変身せず。ペコか、ミッチか城乃内が緊急時に変身する案でもあったのでしょうかね?
Vシネでは悪用防止のためイニシャライズ式のナックルでもよかった気がします。
  1. URL |
  2. 2017/01/11(水) 11:20:58 |
  3. 蟹 #/02qLiNA
  4. [ 編集 ]

>蟹さん
ナックルのフェイスプレートは出ないまま終ってしまい勿体無かったですよね。
せっかくデザイン画あるのでどこかで出して欲しかったですよ。
仰るように本編中だと設定の制約があるので難しいかもしれませんが、Vシネだったらなんとかなりそうだったので。
  1. URL |
  2. 2017/01/11(水) 22:44:52 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/2853-26aa718d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

S.H.フィギュアーツ ウルトラマンジード ウルティメイトファイナル  レビュー
TTFCにて完全新作 鎧武外伝製作決定!
雑記
魔進戦隊キラメイジャー 第23話「マブシーナの母」 感想
仮面ライダーセイバー 第2話「水の剣士、青いライオンとともに。」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する