FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

今日のお買物

141225-1.jpg
○アオイハルノスベテ
2巻目で早くも文化祭のエピソード。
途中から浩人が屑っぽく見えたけど自分の命がかかってる状況が仕方ないか。
まひるも可愛かったしご都合主義とは言え最後は転校も無くなったし良かった良かった。
夢の謎についても一歩前進だしちょっとずつ進みそう。未だに1巻冒頭の新任教師が気になる。

特典はココロコネクトとのコラボ。
あんな事件あった後なのにやるとは思わなかった。ドラマCDとかで実現しそうな計画ではある。

○アオハライド
・映画
気になっていたので妹を連れて見に行くw
男1人で行く勇気はないしね。案の定客は女性客やカップルばかりだったし。

見に行く前は「コスプレみたい」と言われたけど確かにそんな感じはする。
双葉=本田翼は実写化したらまぁあんな感じだろうとは思うけど洸の東出はもっとイケメンいたろ・・・
さすがに26歳となると田中先生の方になりそうだから。
意外と特撮出演者も出ていたアラタ(ゴセイレッド)に流星(メテオ)・ひとみ(ゴウライガンヒロイン)などなど。
特に千葉くん(アラタ)演じる菊池くんは一番合ってたんじゃないかな。
新川優愛(ひとみ)の黒髪ストレートは大坪由佳ぽかったw

役者に突っ込みはあれど原作終ってないのにストーリーは2時間程度で良く纏めたと思う。
ちゃんと菊池くんと唯の2人を出しつつ、2人の関係に区切りはつけたし。
菊池くんも引き際良かったというか潔かった。「赤信号だよ」はいきなり出て来て怖かったけどw
リーダーズ研修で川渡るシーンがないからゆーりの「馬淵くんが好き」って宣言するのが唐突に見えるし原作見てることが前提な感じ。
それと映画は洸に同情できる作りになっていたと思う。
親ネタはきつい。弱っていく姿を見るのはさらにキツくて涙目になる。
原作やアニメだとあれだけ双葉にアプローチされてもスルーしてたのに今更かい、ってのがあったけど映画だと2時間しかない分テンポ良いというか纏まってる。

東出版の洸が微妙とはいえ「帰るぞ」だけはカッコよかったw
その後の電車から降りるところはカットされてたね。アニメだとめちゃくちゃ力入っててある種名シーンみたいな扱いだったけど。
夏祭りでゆーりが告白する所はカットだし。
リーダーズ研修のラストシーンでバスで爆睡するカットが映画ラスト。これは良い改編。


・漫画12巻
映画見終わった勢いでそのまま買うw
少女マンガ買うなんて人生で初めてだよ。

これまでぐだる程長かったのにわずか1巻で付き合い始める展開。
向き合うとはなんだったのか・・・。せめて後もう1巻くらい使ってくれれば。
映画もあったし色々と大人の都合があるのかな。
にしても洸の性格が変わり過ぎw
菊池くんは好きじゃなかったし早く洸と双葉くっつけよと思ったけどこうも急展開ではさすがに可哀想。
悠里のいう「納得のいく失恋」にもなってないような気がして。
タイミングを後悔してない菊池くんがカッコよくて逆に好感持てて来た。
後1・2巻で終りそうな気もするし終りが見えてきたのかな。


  1. 2014/12/25(木) 22:46:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ギンガS最終話「明日を懸けた戦い」 | ホーム | 仮面ライダー鎧武公式読本>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/2854-62e3697a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

ワンダヴィジョン 2020年末配信開始
魔進戦隊キラメイジャー 第24話「バンドしちゃうぞ!」 感想
仮面ライダーセイバー 第3話「父であり、剣士。」 感想
ウルトラマンZ(ゼット)第13話「メダルいただきます!」 感想
雑記

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する