FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

牙狼<GARO> ―GOLD STORM― 翔 最終回(第23話)「嵐」 感想


小人族が出てきて穴掘り出した時は何が始まるのかと・・・
リアンは本当に死ぬんじゃないかと心配したけど復活して一安心。
安心といえばダイゴも出てきて斧を斬馬剣のように大きくしたのには驚いた。
ジンガとの戦いは空中戦がピークかな。自由に空飛べる同士での空中戦は珍しい。
TV版牙狼特有のエクストラバトルは生き残っていったジンガかな。

まさに金の嵐となった巨大な牙狼には唖然。
メシア・レギュレイス・カルマ・ギャノンと巨大な敵を相手にしても元の大きさのまま勝ってきたからここまでの巨大化は初。
牙狼・闇もまた黒に戻って不満で最後の形態には期待してたけど拍子抜け。
魔戒可動を逆輸入して翔の状態でマント付けて空飛んで欲しかった。

わずか23話で終り闇を照らす者の導師編のような話もなく終ってしまった。
街を題材にした素材は良いのに「雨宮監督でも駄目か・・・」というのが素直な感想。
映画を見たときは興奮したものだけれどそこがピークだった。
これなら闇照の方が面白かった。あれも序盤は大概で酷かったけど目を失って鎧を取り戻し始めてからの盛り上がりは凄かったからね。
GOLD STORM- 翔も途中で最終決戦か!?ってくらい盛り上げたけどそこから持続しなかった。

翔がパワーアップ形態ではなくあくまでソウルメタルが変化しただけ。
鋼牙・雷牙を立たせた上での形状変化は上手いと思ったしデザインもカッコいいんだけど、炎からではなく純粋に轟天を召還したり
もっと烈火炎装を使ったりジンガ魔戒騎士をやって欲しかったから見たいものが見れなかった作品かな。

猛竜や哀空吏も駆けつけてまた3人で戦って欲しかったよ。
ダイゴは2人を出さない良い訳キャラのように見えてしまったしそんなに魅力なかった。
師匠共々ジンガの口車に簡単に乗ってしまいとても指導者には見えず。
デザインはカッコよく初のパチンコ逆輸入魔戒騎士ということで他のパチンコ限定魔戒騎士らが登場する可能性は高くなったけど。


闇を照らす者で流牙たちが未熟で近作でようやく並の主人公のようなスタートラインに立てたことを考えれば闇を照らす者が第0期、GOLD STORMでようやく第1期とも取れるからもう1回やって欲しい気持ちもある。
まがりなりとも2クール2本に映画1本をやったんだから蒼哭ノ魔竜のような映画を。
媚空やるくらいならそっちやって欲しかったな。あれが10周年記念作と言われても・・・

鋼牙・流牙・雷牙・レオン・雷吼と黄金騎士も増えて5人になったし全員揃った集合ものを見てみたいよ。
変身後のCGなら実写・アニメの壁は越えられそうだから。
今年も金狼感謝祭が決まったから最低でも1期BD-BOX発売!くらいは期待したい。





  1. 2015/09/19(土) 15:05:51|
  2. GOLD STORM-翔-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ドライブ第47話「友よ、君はだれに未来を託すのか」 | ホーム | ウルトラマンX第9話「われら星雲!」>>

コメント

>牙狼
1クール目までは闇照・魔戒の花より1話1話面白く好きだったのですが、2クール目からはジンガ戦ばかりやっていて流石にかなりダレました。
平均値では闇照の方が下ではありましたが、随所ではちゃんと盛り上がっていたのを考えると今回は本当に平坦だったなと。
あと最終形態が巨大化だったのも微妙ですね。 こういうゴウライガンやグレンラガンみたいな要素は牙狼に求めてないんですがね…。
空中戦は前にすごいのをやっていたので特に感動もなかったですし、最後のジンガとの一騎討ちも蛇足のしょっぱい戦闘で「ああ、いつもの牙狼だなぁ…」と。
牙狼にシナリオはそこまで求めてはいませんが、やはり美化とかなしにこの10年の間1期を全く超えられていないのが何とも。
ただ映像面に関しては変身即終了ではなく、毎度変わった殺陣で見せ方を工夫をしていたので(特に1クール目)その面ではここ最近の実写牙狼の中では楽しめました。

>ダイゴは2人を出さない良い訳キャラのように見えてしまったしそんなに魅力なかった。
ダイゴは巨漢キャラなのに性格が面倒くさくて苦手でした。 あの斧を使った戦闘スタイルは好きだったんですが法師より役に立ってなかった感があってどうも。
クロウも個性薄かったですが真面目な分好感度は高かったんですがね。 魔戒のギルもですが騎士の魅力と質の低下が著しいです。
アニメも内容は良かったですが、見せ場もなく地味に死ぬ親父や師匠の幻が出てきたのにそのまま活躍なく終わる王子などサブ騎士の扱いの雑さが毎度酷いなと。
逆にリュメ様は上司キャラにしては珍しく戦闘に参戦したりと面白いキャラで気に入っています。 ガルドはまあ可もなく不可もなく。
ジンガは井上さんの演技もあっていい敵キャラでしたが、最後の最後で相棒を葬ったのはただ小物感を助長するだけで微妙だったように思います。

>今年も金狼感謝祭が決まったから最低でも1期BD-BOX発売!くらいは期待したい。
MAKAISENKI総集編で1期の映像が映った時映像が粗かったので出ても画質がどうなるか不安ですね。 マスター画質自体が低いんでしょうか。
もう10周年とシリーズが続いているのはすごいですが、惰性で続いてる感もあるので実写の方もそろそろ戦隊を上回る程度にはシナリオに力を入れて行って欲しいです。
何らかの隠し玉はあると思うので金狼感謝祭は楽しみですが、ここで歴代騎士集合が発表されないようなら今後も実現は難しそうですね。
とりあえず3年くらい宙ぶらりんになっている雨宮監督の画集だけでもこの機に出して欲しいのですが…。 ぴあだけだと物足りませんし。
新作アニメですが牙狼+クレイモアな感じだった刻印から変わり、今回は牙狼+モノノ怪のような感じで楽しみです。 雷牙が主役の声担当とは思いもしませんでしたが。
  1. URL |
  2. 2015/09/19(土) 17:35:50 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集 ]

>鯖缶さん
>1クール目までは闇照・魔戒の花より1話1話面白く好きだったのですが、2クール目からはジンガ戦ばかりやっていて流石にかなりダレました。
最初は面白かったんですけどね。
召還陣をリアンの銃で飛ばしてもらって鎧召還や雷を纏って攻撃はとても綺麗で気に入っています。
敵は最初から最後までジンガで意外性も無く淡々としてましたね。てっきりラダンがラスボスで最後にジンガと決着つけるものとばかり。

>こういうゴウライガンやグレンラガンみたいな要素は牙狼に求めてないんですがね…。
どこかで見たことあると思ったらそうだ、ゴウライガンですね。
巨大化はゴウライガンのノリだから面白いのであって全編シリアスの牙狼でやられても・・・というところはあります。
パワーアップも最初の翔意外は微妙で正規の手段で轟天も召還せずなんだかなぁと。

>ダイゴは巨漢キャラなのに性格が面倒くさくて苦手でした。 あの斧を使った戦闘スタイルは好きだったんですが法師より役に立ってなかった感があってどうも。
後半パーティーINしてもジンガにやられてOUTと何がなんだったのやら・・・
武器が斧というのは珍しくて良かったんですけどね。基本的に剣で槍や弓など工夫してきて今回は斧できたかと。
いかにも重そうでしたが早い動きはCGなどでカバー出来ていたと思います。

>魔戒のギルもですが騎士の魅力と質の低下が著しいです。
思い出補正と言われたらそれまでですが最初の頃はどの魔戒騎士も存在感があり輝いていましたね。
出番の少ないバドですら最後までバラゴを救おうとする姿がカッコよかったので。
MAKAISENKIのバロンあたりから怪しくなってきたかと。

>MAKAISENKI総集編で1期の映像が映った時映像が粗かったので出ても画質がどうなるか不安ですね。 マスター画質自体が低いんでしょうか。
もう10年前ですもんね・・・
平成ライダーBD-BOXも「液晶テレビでも見れる」程度になったことを考えればあまり期待しちゃいけないんでしょうけど。
もし出るならウルトラマンのような丁寧な修正作業をしてほしいですね。

>惰性で続いてる感もあるので実写の方もそろそろ戦隊を上回る程度にはシナリオに力を入れて行って欲しいです。
素人目に見てもパチンコマネーで成り立ってるのは分かりきってますもんね。
頑張って作っているスタッフには失礼ですが、どうも魔戒ノ花あたりから続編やスピンオフ作るのを前提になってる感があります。
牙狼1期に感じた1本にかける全力投球を感じないというか。

>何らかの隠し玉はあると思うので金狼感謝祭は楽しみですが、ここで歴代騎士集合が発表されないようなら今後も実現は難しそうですね。
10年目の今年に何も発表無かったら歴代集合はないと考えた方が良さそうですね。
途中で放送しない期間もあったとはいえ10年続き平成ライダーだとディケイドまで放送してるようなものなので是非集合はやって欲しいです。
金狼感謝祭だけでなく舞浜アンフィシアターでも記念イベントありますし、製作陣も10周年ということは意識されているのようなので期待しています。
  1. URL |
  2. 2015/09/20(日) 12:20:46 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

闇を照らす者は敵に魅力が無いのが欠点だったので、GOLD STORMは前半の個性豊かなホラー達と戦ってる時は面白かったんですけどねえ。
ジンガとの戦いが長すぎた。
暗黒魔戒騎士篇の時「普通なら2話に分けてやる内容なのかもしれない。ただ自分は多少せわしなくてもギュッと詰まってる方が好きなんですよ。」と言ってた雨宮監督らしくない。
ダイゴに関してはもっと交流があって仲間入りだったら盛り上がったんでしょうけど劇中描写だけだとポッと出感がするのが何とも。

○Charlotte
>相手側がタイムリープしたことを認知できたりと
それくらい綿密に計画を立ててるってだけで認知は出来ないと思いますよ。「タイムリープしたと”みなす”」という言い方してますし。
某所で見た「タダのハッタリ」説が一番納得がいきますが・・・。何せ崩壊の力使われたら「人質が危ないぞ」と脅すくらいの対策しか用意してない連中ですから。
  1. URL |
  2. 2015/09/20(日) 16:12:41 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集 ]

>U戯Oさん
暗黒魔戒騎士篇の時「普通なら2話に分けてやる内容なのかもしれない。ただ自分は多少せわしなくてもギュッと詰まってる方が好きなんですよ。」と言ってた雨宮監督らしくない。
どうも魔戒ノ花以降スローペースというか続編・スピンオフ前提の作りに見えてしまうんですよね。
実際多くのスピンオフが作られていますし。まあそれだけ予算の余裕があるということかもしれませんが。
1期の頃は1つ1つの話が面白くホラー1体1体の名前覚えるくらい好きだったんですけどね。

ダイゴにももっと交流エピソード欲しかったというのは同意見です。
あの図体に脳筋と仲間っぽさが薄いのに比べて登場話数も序盤は少なかったので。
後半は常に一緒に居ましたがそれまでの積み重ねが少ない状態で最終決戦突入なのでイマイチ好きに慣れませんでしたよ。


>Charlotte
なるほど。確かに「みなす」ってのはそういうことかもしれませんね。
仰るように実際に崩壊の力使われたら能力者の女の子共々あっけなく落下していたので対抗手段は無かったのかもしれません。
「地下にいる仲間を傷つけないだろう」という考えが大前提の作戦ですし。
タイムリープしてから一気に面白くなってきたとはいえ11話はちょっと突っ込み所満載でした。
  1. URL |
  2. 2015/09/21(月) 19:49:46 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集 ]

>牙狼
闇照で牙狼に入った身故に不評や欠点の多さを理解しつつも作品への思い入れは強く、黄金騎士となった流牙の話となる続編となると期待値は高かったのですが…

最初からずっとなんというか「悪くないんだけどしっくりこない」と言う感覚が付きまとっていたGSなんですが、良くも悪くも従来の牙狼と比べて異質だった闇照を無理やり従来のカラーに落とし込んだことで逆に続編感が薄くなったというか、別に流牙でやる必要は無かったような話になってしまったように感じました。

ジンガとの戦いが主軸になってダレ気味になった終盤は言わずもがななんですが、序盤の通常回からなんとも言い難いコレジャナイ感があったというか…
流牙ではまだ従来の牙狼における通常回のような話をやるには鋼牙のような安心感が足りないといいますか、一期一話の時点で既に経験を積んだ歴戦の勇士とでもいうべき存在だった鋼牙や雷牙に対して流牙はGSの初期ではまだまだ未熟で、この最終回を経てようやく歴代一話の黄金騎士に並んだレベルのように思えてしまいまして…

やはり未熟さというか危なっかしさは健在で、それ故に「弱さを受け入れる」という形で窮地を脱した展開は好きなのですが、やはりまた黒くなったことがどうも受け付けなかったというか、流牙と言えば黒い姿の印象が強いといえばまあそうなんですが、闇照では黄金を取り戻すことが主軸となっていた以上、不完全だった頃の象徴たる黒い姿をフォームチェンジのような形とはいえ再び復活させるのはちょっと違うと言いますか…

リアンとの関係に関してはなんというか、別に恋愛を入れることに否定的ではないのですが、大した発展もなく収束させた以上あんまり露骨にやったのはかえって失敗だったように思えますね。察せるレベルに匂わせる程度で済ませてしまった方がダレは少なくなったと思いますし
最終的にはアミリを切り捨てたジンガと最後まで固い絆で結ばれた二人の対比という意味合いもあったのかもしれませんが、それも別にあそこまでストレートな恋愛要素を入れなくとも出来たように思えますし。

新しいキャラに関してはガルド、ダイゴ共に「悪い奴ではないものの融通が利かなくて大口を叩くわりにあんまり強くない」という印象が強く、キャラ個々ではイマイチだったのですが、それ故に衝突しながらも徐々に溝を埋めていく流れは闇照の猛竜らと段々中が良くなっていく過程を思い出し、似たような性格ゆえかダイゴとガルドが案外良いコンビになっていたりとこのあたりは悪くないと思いましたね。
それ故に猛竜と哀空吏が最後まで出なかったのが残念でならないといいますか、それぞれの道へ散らばった仲間が最後の最後に集まるって凄く王道だと思うのですが、闇照と比べて作風は王道寄りになったというのにそこは外さないで欲しかったですね。

宿敵として出張ったジンガですが、井上さんの様になり過ぎな悪役ぶりは見ていて楽しかったのですが、良くてライバル止まりでラスボスとしてはイマイチだったと思いますかね。強さと煽りスキルの高さはなんというかトウセイと尊士を合体させたような感じとも言えますが、そう思えたから余計に途中退場が妥当なレベルだったかと。演者が井上さんでなければすぐ忘れそうです…
過去のエピソードは可哀相ではありましたが、その後の話にどうも生かされて無かった印象で別に無くても良かった気が…

CGのみだった闇照からスーツとCGを組み合わせた方式に戻ったことやこれまでにないような変身の仕方など特撮面での見どころが多くなり、とくに鎧のソウルメタルを利用して巨大ホラーを貫くシーンと雷牙を思わせる鞘を活用したアクションなどはお気に入りです。
戦績はいまいちだったギガも重さが伝わってくる大きな斧を振り回す姿はカッコ良く、魔戒法師が多いこともあってバリエーションが豊富な術を駆使した戦いも面白かったので重要回以外はGGかつ数秒間だけだった闇照の戦闘を見ていたからこそ、通常回の戦闘も面白くなったのは素直に良かったです。

黄金を取り戻した流牙の活躍も見たいと思っていたので続編決定と聞いた時は嬉しかったのですが、テンションが最高潮になったのは一話で流牙が帰ってきたというところでそれからは徐々に「うーん…」となるようなものになっていったため、所詮めんどくさいわがままなヲタの文句でしかないのですが「決してつまらなくは無いのですがこれはなにか違う」「見たいものはこれじゃない」という思いは常に付きまとい、どうしても「残念な続編」という評価で変わることは無さそうです…
長文失礼しました。
  1. URL |
  2. 2015/10/03(土) 19:13:26 |
  3. G2X #-
  4. [ 編集 ]

>G2Xさん
>良くも悪くも従来の牙狼と比べて異質だった闇照を無理やり従来のカラーに落とし込んだことで逆に続編感が薄くなったというか、別に流牙でやる必要は無かったような話になってしまったように感じました。
言われてみると「流牙らしさ」というのはあまり打ち出せていなかったかもしれません。
「闇を照らす者」での復活劇がとても印象的で例え未熟であっても黄金騎士としてあろうとし続ける姿はカッコよかったのでGSではそれが足りなかったかなと。
牙狼・闇になったエピソードはそれに近いかもしれませんが闇照の復活劇ほど面白い訳ではなかったので。
とはいえ

>流牙と言えば黒い姿の印象が強いといえばまあそうなんですが、闇照では黄金を取り戻すことが主軸となっていた以上、不完全だった頃の象徴たる黒い姿をフォームチェンジのような形とはいえ再び復活させるのはちょっと違うと言いますか…
あのエピソード自体は良かったんですよね。
何が気に入らないってまた黒に戻ることだったので。
流牙ガロから従来のガロ→翔と順当に姿が変わっていき黒=不完全版の印象が根付いるところで牙狼・闇ですから。
マントを羽織っての空中戦はカッコ良いのですがそれなら翔の状態でマント羽織って欲しかったですよ。


>新しいキャラに関してはガルド、ダイゴ共に「悪い奴ではないものの融通が利かなくて大口を叩くわりにあんまり強くない」という印象が強く
ジンガにボロクソにやられるガルドには笑ってしまいましたよ。
大口の割に弱いっていうのがMAKAISENKIの頃から始まっていたように思えます。
魔界法師も騎士に比べると弱い印象しかなく、ちょっと強いホラー出てきたら倒せないのに何故大口叩けるのかとずっと疑問でした。
ダイゴもジンガの挑発に簡単に乗ってしまいあまり指導者には見えなかったです。
また猛竜と哀空吏が出演しなかったのは残念でした。
魔戒ノ花で鋼牙とカオル出せないといった雨宮監督が結局は声だけ出演させたように、なんだかんだで登場するものだと思っていたので。
次回作が作られるなら是非出演してまた3人で戦う姿を見てみたいです。

ジンガ役の井上くんの嵌り具合は驚きましたよ。
ディケイドも最終回まで放送されてもあまり上達しなかったと感じていたので。
来たるべき平成ライダー20周年に向け、もし出演の機会があったらさらに進化した士の演技を見てみたいです。
演技が良かった反面、ボスとしてはイマイチだったかもしれません。
十分ボスの貫録はあるのですがあまりにも引っ張り過ぎたのが原因でしょうか。
それは仮面の男にも感じていましたが上手い具合にギャノンを出してボスを変えて来たのは上手だったかと。

>CGのみだった闇照からスーツとCGを組み合わせた方式に戻ったこと
これは嬉しかったです。
CG大好きな自分でも「実物がある」スーツが映るのは嬉しかったので。
思えば闇照で一番感動したのも黄金の輝きを取り戻して実物スーツが歩いてい来るシーンだったので。
戦闘シーンが増えたのも満足度高いですね。
闇照は終盤でようやく戦闘シーン増えてきましたが前半は一瞬で終ってしまう戦いが多かったので。

自分にとって牙狼~GOLDSTORM- 翔~のピークは映画でした。
従来の牙狼スーツで迫力あるアクションをした後に翔へと変わったりと燃えるポイントが多く面白い映画でした。
テレビ版も序盤こそ良かったものの、終盤になるにつれてダレていったかなと。
  1. URL |
  2. 2015/10/04(日) 00:55:06 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集 ]

○真骨彫アギト…前にもコメントさせていただきましたがクウガは買う買わないで物凄い悩みましたがこっちは即断でした。

アギトに関しては良い思い出が沢山ありましたしゲームもPS1の格ゲーやPS2正義の系譜とか相当やり込んで自分の中でのアギトの存在感というのはある意味クウガ以上にあったワケですから、

それが真骨彫で発売と来るならこれはもう黙ってはおれん買わない理由が何処にあると。
フィギュアーツアギトはバーニング/シャイニングで造形面は大幅に進化して完成形になったなと思っていたんですがこの真骨彫は更に進化してるぞと驚いたものです。
具体的にはモールドの彫りや段差が深みを増してきたとか。

一部でクウガの流用?みたいな事言われた体形も並べれば違うのは一目瞭然でしょう。特撮好きであればたぶん誰でもわかると思うんですがややマッシブな富永さん演じるクウガに対してあの頃の高岩さん演じるアギトは案外細身でしたからね。

○再販の可能性?…在庫が捌けるまで時間を要したアギトと響鬼がジオウの影響で一気に価値が上がってしまったという現象は皮肉なものですがかといっていまさら未購入者が再販を希望しても…というのは個人的に考えるところはあります。

そもそも真骨彫の価格帯がもう一段階上昇していますのでそのまま再販する事自体不可能でしょうし。
他ライダーがライドウォッチ型台座を付属して売りに出したのはまさにそれでしょう。消費者サイドにしても何でもかんでも我儘を言えば良いってものではないという事ですかね。
適切な判断と適切な出費、難しい事ですが大事な事でもあると。
  1. URL |
  2. 2019/04/20(土) 11:59:10 |
  3. ロック #-
  4. [ 編集 ]

>ロックさん
真骨彫アギトはアギト好きにはたまらない出来ですよね。
バーニング・シャイニングも半真骨彫なクオリティですしせっかくジオウに出ているのでストーム・フレイム・トリニティも出て欲しいです。

>○再販の可能性?…在庫が捌けるまで時間を要したアギトと響鬼がジオウの影響で一気に価値が上がってしまったという現象は皮肉なものですがかといっていまさら未購入者が再販を希望しても…というのは個人的に考えるところはあります。
響鬼にアギトとクオリティ高いにも関わらず当時は残っていましたね。
確かに今更再販を求められても・・・というのはありますが響鬼に至っては5年前ですし最近集め始めた人にとっては再販して欲しいんでしょうね。
当時からフィギュアーツ買い集めていてスルーした人はどうしようもありませんけれど。

ただ商売的に見ると平成ライダー20周年記念なのに真骨彫再版しないのは勿体無いなとは感じます。
ライドウォッチ型台座のような付加価値をつけて7500円くらいの再販なら初期組みも出せそうですし。
  1. URL |
  2. 2019/04/20(土) 22:25:29 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/3049-ba490644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

ウルトラマンZ(ゼット)第13話「メダルいただきます!」 感想
雑記
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンジード ウルティメイトファイナル  レビュー
TTFCにて完全新作 鎧武外伝製作決定!
雑記

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する