FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

劇場版 牙狼 DIVINE FLAME 感想

160610-1.jpg
公開開始から2週間経ってようやく見に行けた。
上映回数もすっかり減って夜の上映だったから終った頃は終電ギリギリ。
2週間経ったせいか人は少なったけど男よりも女性客の方が多くて意外。


○キャラ
テレビ版から4年が経ちレオンも一人前に。
ヴァリアンテを見渡すレオンに強者感が。
アニメ版(特に前半)ではあんな性格だったのが映画では一貫して守りし者として活躍。
自分のために戦うシーンは1度もなく、常に誰かのために戦う姿には感動した。
腕が吹っ飛びながらもヒメナとロベルトを守っているし誰よりも成長が感じられる。
ララを生き返らせることができるという甘い誘惑に動じることすらないし心身ともに成長。

アルフォンソは城を抜け出すシーンが微笑ましい。
王道な性格ながらも意外に自由気ままに振る舞っているのが好き。
王城も映されて王様が元気そうで何より。
意外とアルフォンソ周りを描写してくれたのが嬉しかった。
結婚までにカウントダウン入っているようだし続編があるなら既に結婚して子供生まれてそう。
気まずそうに「消滅した街~」と口にした時はレオンが心滅化した際に滅ぼした街じゃないかと焦った。

予告では「死者が蘇る」なんて言っていたからヘルマンが復活する理由はこれかと思ったけどそうでは無かった。
ガルムが良い奴ぶりを発揮していて驚いた。
紅蓮ノ月もだけどアニメ版の番犬所は実写版と違ってちゃんと仕事してるww
ヘルマンのカッコ良さが半端ではなくロベルトのために奮闘するシーンが熱い。
顔すら見れないまま退場するのではないかとヒヤヒヤしたけど会えて良かった。

ヘルマンとヒメナの子供であるロベルトは二刀流の訓練をしているし牙狼ではなくゾロの称号を次ぐ予定の模様。
上映時間が1時間半もないせいか、攫われた理由が分からなかったけどパンフレットで「魔戒騎士の血を次ぐ無垢な魂」と補完されていた。
メンドーサの策略で騎士と法師が大勢死んでいるから騎士の血を次ぐ子どもは貴重なのかもしれない。

牙狼といえば暗黒騎士ということで黒曜騎士・ゼム=ダリオ登場。
RR・蒼哭ノ魔竜・GSと何度か映画化しているけど映画に暗黒騎士が登場したのはこれが初めてかも。
これまた上映時間の関係で悲惨な過去は短く纏められていたけど闇落ちするに十分すぎる程の説得力が。
まともな人に見えつつロベルトや多くの人を犠牲にしてもなお守りし者を自称する壊れ具合がよく出ていた。

敵はこの世で最も美しいと言われるホラー・ニグラ。
生前のサラはともかく二グラとしては醜いだけで美しいわけでは・・・
声はイエローバスター=小宮有紗ちゃん。10勇士にゴーストと短期間で特撮作品に多数出演。

聴き間違えでなければガルムが使徒ホラーと呼んでいたしアニメ版では2体目。
実写版との繋がりは不明だけど時代と共に使徒ホラーの7体も変わっている?
中世を舞台にしたレオンの時代で7体が討伐されてさらに7体の使徒ホラーが登場。
先代魔戒騎士たちは倒すに至らず封印されたのが鋼牙たちの時代に伝えられているカルマたち7体なのかも。


○アクション
これがもう「凄い!」しか出てこないくらい凄い、凄すぎる。
神回中の神回である18話と最終回よりもさらに動く。
炎の刻印と紅蓮ノ月、どこで差がついた・・・

冒頭で追っていた男が人間で女がホラーというのは白夜の魔獣そのもの。
鎧召喚時に牙狼の陣が出て来てゆっくり歩くというのは1期・MAKAISENKI・魔界ノ花のオマージュだし実写版と変わらないのが凄い。
OP流れて来た瞬間は一気にテンション上がった。曲そのものはいつものJAMって感じだから最初の流れだしがピークだったけどw

鎧アクションだけではなく素面?もよく動く。
橋の上で戦うレオンの動き方が半端にない。
助けに来たダリオがいかにも自作自演というかすぐに裏切りそうと思ったら案の定w

ロベルト(爆弾)を救いにいった城ではヘルマンに剣を渡す名シーンがジーンとくる。
その割に鎧召喚はあっさり目だったけど鎖を使ってぐるぐる旋回するシーンは立体感ある。
逃げるゼムを追う際は轟天を召喚している。
鋼牙たちの時代よりホラー多そうだしとっくに100体突破してそうだから不思議ではないんだけれどTV本編中では召喚できずゾロの魔導馬の上で戦っていたことから考えると本当に成長したんだなとしみじみ。
にしても魔導馬の名前が全く分からない。牙狼ぴあでも分からずパンフレットも触れてないし。

溜めに溜めただけあってアルフォンソの鎧召喚は迫力ある。
海の中から召喚陣が見えた時は敵の刺客かと思ったけど魔導馬だったw
エマとの連携があったとはいえ長時間ニグラと戦えているし強い。

全体的に魔導馬に力が入っていて見応えがある。召喚が大げさじゃないというか。
実写は魔導馬召喚シーン自体が一つの見所だからドアップになって興奮を煽ってくるけど今回は自然に召喚されるからとにかくスピーディー。
特にレオン・ヘルマン・ダリオが落下しながら召喚陣を描いて着地と共に顔アップ。
海辺上に召喚された魔導馬に乗りながら高速アクションの流れは芸術にすら感じられる。

親子団欒の帰り道ではあっけないけどこれで終り?と思ったら復活した二グラが出てきて一安心w
やっぱり牙狼はボス撃破後のもう一戦がないとねw
ここでララが出て来たのは感動。旅人さんじゃなくてレオンって呼んでるし。
キャラによって波のあるnmkwの演技が天才の域に達していた。BD出たらまた見返したい。

本編ではララの死が復活の理由にはなったけどその後は殆ど触れられなかったし最強形態の一因になったのが嬉しい。
天剣煌身ガロの見た目は竜陣ガロみたいでカッコいい。ゲートオブバビロンのように剣を飛ばす様は圧巻。
双烈融身がヘルマンの力であるように天剣煌身ガロはララと未来のロベルトの力を貰った形態で常に誰かと一緒にパワーアップしているのが印象的。
「レオン・ガロ召還」のBGMを聞けてついには強敵を単独撃破してと大満足。
欲を言えばもう1度双烈融身を見たかったけど牙狼のパワーアップ形態は1度だけしか出ないからあれっきりかな。
どちらもフィギュアーツで出して欲しい。

と言う訳で劇場版 牙狼 炎の刻印・ディバインフレイムでした。
本放送時から大好きで映画を待ち望んでいたからこのクオリティに大満足。
短い時間ながらもキャラの魅力や騎士のアクションなど盛りだくさんで実写版に引けを取らない完成度。
パンフレットにある描き下ろしも素晴らしい。
もっともっとレオンたちのストーリーを見てみたいけどさすがにこれで終りかな。
今年の金狼感謝祭での新作情報が楽しみ。


  1. 2016/06/10(金) 19:13:02|
  2. 炎の刻印
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<アマゾンズ第11話「KILLING DAY」 | ホーム | ジュウオウジャー第17話「エクストラプレイヤー、乱入」>>

コメント

牙狼映画の中では文句なしに一番面白かったです。 映像的にもほぼ半分は戦闘だったので実写映画の時とは違い退屈するところもなかったなと。
正直ヘルマンの唐突な登場で結構不安になったのですが、黒幕判明以降はシナリオ的にも良く練られていて夏映画と同じ程度の時間なのにかなりの満足度でした。
しかしレオンは本当に成長しましたね。 濃すぎる他キャラと比べ地味な印象があったのですが、今回の映画で鋼牙と並ぶくらい好きになった気がします。
魔導火でのホラー判断や番犬所からの指令書などおなじみのシーンを白コートレオンで見れたのが嬉しかったですし、JAM新曲流れながらの中澤監督のような戦闘も素晴らしかったです。
劇場の話だと自分の行った時も結構女性が多くて驚きました。 まあ毎度のことですが初日でも1/4も席が埋まってなかったのは悲しかったですが…。

>アクション
魔導馬アクションがあんなにあったのは予想外でした。 バック走しながらはちょっと笑いましたが斬新なアクションをやるという意気込みは伝わってきますね。
あと水面を蹴って走るアルフォンソが本当に化け物で笑いました。 初変身で最強クラスの敵を瞬殺した時も思いましたが変身者のスペックは歴代随一な気がします。  
また今回鎧のCGの黒影が濃くアメコミチックだったのもカッコよかったなと。 アクションもですがこういうアニメでしかできないことを積極的にやってくれるのがいいですね。
ファイズ並みの変身解除の連続と相変わらずエマに見せ場を取られる王子くらいしか気になった点もなく非常に満足でした。

>天剣煌身
見た目のカッコ良さもですがシチュエーションが素晴らしかったですね。 新形態が出る際は1期の頃からですがその場の勢いによるものばかりだったので驚きました。
1期でも最終話で歴代騎士のイメージ映像が流れたシーンがありましたが、そのシーンが終わった直後のトドメが地味な斬撃で終わったのが拍子抜けだったのですが、
今回はその登場した歴代騎士の力や剣を使っての天剣煌身だったので本当に燃えました。 首元の襟が流牙牙狼っぽいのも想像を掻き立てられます。
またレオンがエマと関係を持ったのが未だに好きじゃないので、このクライマックスで一番大事だったララを主軸に新形態になってくれたのも嬉しかったです。
アクションもシールドファンネルとソードビットのようなアニメでしかできない大迫力のバトルで歴代ラストバトルでも一番好きかもしれないです。

本当に大満足の映画だったのでBDが出たら絶対買いたいです。 今回は新デザインのものがいっぱい出たのでコンテや資料などの特典が充実していてくれると嬉しいですね。
合わせてTVのBOXでも出てくれるならそちらも購入したいですし、1期リマスターが放送されるようなのでそちらもBOXも出るなら欲しいですが出てくれるかどうか。
それにしても7月からリマスター放送のようなので絶狼はまだ先なんですね。 1クールで次期からやると思っていたのですがもしかして2クールでやるんでしょうか。

またハートロンとライドクロッサーの情報が更新されましたがすごいですね。 特にライドクロッサーがギミックも完全に新造なので値段もかなり安く感じます。
ハートロンも音声がカッコいいですしバイラルカキマゼールなど期待が膨らみます。 こんな面白そうな玩具を三条さんがどう料理してくるのか非常に楽しみです。
松島さんが声だけ出演なのは残念ですがブレン達のボイスまで入っているので我慢します…。 玩具も期待できますし初の小説後というのもあって外伝の時以上に楽しみになってきました。 
  1. URL |
  2. 2016/06/10(金) 23:40:02 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集 ]

>鯖缶さん
歴代ガロ映画の中では一番面白かったかもしれませんね。
「アニメで牙狼は地雷だろ・・・」からここまで面白くなるとは夢にも思いませんでしたよ。
アマゾンズ・炎の刻印と最近の小林脚本がまた盛り返して来て嬉しいです。
やはり販促が薄いと力を発揮するなぁと。

>魔導火でのホラー判断や番犬所からの指令書などおなじみのシーンを白コートレオンで見れたのが嬉しかったですし、JAM新曲流れながらの中澤監督のような戦闘も素晴らしかったです。
アニメだからこそ実写と同じ要素が出てくると嬉しくなっちゃいますよね。
特に白コートが映画用デザインに変わっていてカッコよかったです。
炎の刻印2クールEDで出て来てから気に入り本編で出て来てからさらに好きになった白コートなので。
JAM新曲もvo聞こえるよりも最初の音楽がピークだった感があるのでインストverを聴きまくろうかと。

公開初日でも1/4程度でしたか・・・
まあ平成ライダーの映画でも埋まらなくなってきてますし映画見る人自体減ってるんでしょうね。
ここ最近レンタルでは無く映画館で見る事が増えてきましたが社会人の給料でも1900円は高いなあと感じてしまいますよ。
オタクでこれなのだから普通の人はますます見に行かないなと。
自分の親が良い例なのですがレンタル新作でも高いから旧作まで待つタイプで映画館に行くのは年に1度か2度の贅沢って感じなので。

>天剣煌身
今回はMAKAISENKIのようにパワーアップ無し?と思ったところで登場したから燃えましたよ。
1期最終話の英霊シーンもですが歴代ガロが出てくると感慨深いものがあります。
当時1期の英霊シーンを見た時は「この中に大河やそのお爺ちゃんたちがいるのか」だったのが今では「この中にレオンや雷吼がいそう」とまた別の感想が出てくるんですよね。
自分も本編終盤のエマとの関係性は好きではなかったのでララのおかげでパワーアップというのが嬉しかったです。
これでララの中の人も報われるでしょう、多分。

>アクションもシールドファンネルとソードビットのようなアニメでしかできない大迫力のバトルで歴代ラストバトルでも一番好きかもしれないです。
実写はCGなのでアニメで出来る事は実写(CG)で出来る、という認識だったのですが
ここまで動きまくる作画を見るとこれはアニメじゃないと無理だ・・・と実感させられるくらいの迫力でした。
自分も特典次第ではブルーレイ買おうか悩んでます。
魔導馬について詳しく知りたいので設定資料集を充実させて欲しいところです。

1期リマスターにも驚きましたよ。
以前スターチャンネルで放送されたのがBD出なくてもいいかな、ってくらい満足したのでそれを超えるレベルであって欲しいです。
ZEROの放送は秋からと思われましたが製作が送れて来年1月からとかなんですかね?

>ハートロンとライドクロッサー
まさかの新規造形に驚きました。
にしても値段高い気はしますがそれはそれとして音声の充実具合が嬉しいですね。
ハートロンはトライドロンの音声変えのはずなのにカッコいい音声ばかりです。
まだ仮面ライダーハートのビジュアルが公開されてないので早く公開して欲しいですよ。
ジュウオウジャーでも幹部たちの声入り玩具が出ますしここにきて敵キャラの立体化(ボイス化)が進んでいる気がします。
  1. URL |
  2. 2016/06/11(土) 09:47:16 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

>ここ最近レンタルでは無く映画館で見る事が増えてきましたが社会人の給料でも1900円は高いなあと感じてしまいますよ。
映画好きの方とかは1日に数作も見たりするらしいですが驚きますね。 自分の中で映画=100円レンタルなので自分も2000円近く払うのは正直嫌だなぁと毎度思ってます。
特に洋画は数カ月でレンタル開始なのでマーベル系以外全然見に行ってませんね…。 BDもすぐ廉価版が出て買うのがバカらしいので買わなくなりましたし。
高かろうと特撮映画はほぼ欠かさず見に行っていますが、番組が好きだからという理由以上に本編との連動に問題なくついていくためいうのが本音ですしね。
自分も身内の話ですが母が鎧武を見ていたのですが夏映画を見ていないので、「最終回に出てきたあいつ誰?」とミッチみたいなことを言ってたのであんな映画でも見ておいてよかったなと。
昔はド田舎住みで劇場へ行けず衝撃的な巧の正体バレのパラロスも見れず、電王もクライマックス登場回で何が起こってるのか分からなかったのが苦い思い出でもあるので…。

>自分も本編終盤のエマとの関係性は好きではなかったのでララのおかげでパワーアップというのが嬉しかったです。
自分がキャラの関係性に幻想を持ち過ぎているのかなと不安でしたが安心しました。
当時なんで関係を持たせたのかなと思っていましたが、今回の映画で4年も期間が空いているのでその間にエマは子供を産んでるのかなと少し思ったりも。
ロベルトはゾロの後継者で黄金騎士の継承はまた別と考えると、正式な血統のレオンの息子を登場させるためにああいう関係性にした気もするので。
レオンは今後も確実にララを引きずって生きていき新しい家庭などは持たないイメージがありますし。 まあ王子の子供に引き継がせればいいのかもしれませんが…。
単に考え過ぎなだけな気もしますがその点以外にもまだまだ面白そうな要素がいっぱいなので、今後も可能なら炎の刻印には続いていってほしいですね。
  1. URL |
  2. 2016/06/12(日) 01:23:17 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集 ]

>鯖缶さん
やっぱり映画高く感じますよね。最近流行の4DXとかだと値段も跳ね上がりますし。
メンズデー1000円と言われても平日は仕事あって行けませんしね。
ファーストデーが土日になるとラッキーです。
洋画はレンタルが速いのでちょっと前の話題作がすぐに見れるのは助かります。
オデッセイは見てなかったので借りてこようかと。
基本的に邦画は見ないのですがレンタル始まるのは遅いですね。
忘れた頃にBD発売決定のアナウンスが流れる気がします。

>自分も身内の話ですが母が鎧武を見ていたのですが夏映画を見ていないので、「最終回に出てきたあいつ誰?」とミッチみたいなことを言ってたのであんな映画でも見ておいてよかったなと。
映画見てないと分からなくなりますよね。
一応コラボ回でマルスが出て来たものの、あんな一瞬の出番のやつが最終回で姿変えられたら分からなくなってしまうので。
電王以降、本格的に本編との連動が始まりましたが映画見に行けない子供は可哀想ですね。
本編だけでも楽しめるようにはなってますが映画も見に行くことで繋がりを発見できてさらなる楽しさに繋がるわけですし。

>レオンは今後も確実にララを引きずって生きていき新しい家庭などは持たないイメージがありますし。 まあ王子の子供に引き継がせればいいのかもしれませんが…。
するとガイアの称号がどうなるか気になりますね。
自分は闇照(GS)・炎の刻印・紅蓮ノ月含めて全て鋼牙・雷牙世界観と繋がっているものと考えているのでガイアが出てこないあたり、途中で途絶えたのかなと。
レオンはレオンでララのことは思い出の一つとして別の女性と結婚、生まれた子供に牙狼の称号を託し長い年月をかけて日本の冴島家に来たのかなと考えています。
何にせよ炎の刻印はまだ展開続けて欲しいです。
ここ数年は闇照(GS)・魔界ノ花・アニメ2作で展開し続けてきてこれだけ面白いのに終りなのは残念です。
  1. URL |
  2. 2016/06/12(日) 22:56:37 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/3243-7193d090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

機界戦隊ゼンカイジャー 第21話「大カイジュウの大破壊!」  感想
仮面ライダーセイバー 第44話「開く、最後のページ。」  感想
ザ・ハイスクール ヒーローズ 第1話 感想
ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第4話「笑顔のために」 感想
MAFEX シン・ウルトラマン レビュー

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する