fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

エグゼイド第29話「We’re俺!?」

永夢の中にパラドが入り支配権を握る。
永夢の姿のままパラドクスに変身するシーンがツボ。
たまに主役や2号ライダーが自分のベルトじゃないのを使って変身するシーンがあるからそれを見ているみたい。
そう言うのは映司のバース変身が最後かな。
似たようなのだと鎧武バナナやマッハドライバーでモエールとか双方のメインアイテムを使うようなことはやっているけど。

ここにきてこれまでのネタ晴らし。
意味ありげなシーンの一つ一つがパラドに繋がっている衝撃の事実。
「俺がお前でお前が俺で~♪」はそのまんまの意味だった。
タドルファンタジー登場回でMが実体化した時があったけど中盤までパラドが一切出演せず、元に戻った最後の最後で「お帰り、永夢」と出て来たのもMとして活躍していたからか。
赤目が光っていたのも全部パラドのおかげ。回想シーンでは無かったけどドラゴナイトハンター時の第3人格とも取れたのもパラドかも。

特に映画で永夢から実体化した光の粒子が気になっていたから触れてくれて嬉しい。
映画とのリンクが好きだから映画見ていることが大前提のこの内容が好き。
最近のVシネマはBD特典映像・ハイパーバトルDVD・小説を全て把握しての視聴が当たり前のような作りで、本編終了だからこそ出来るマニアックな展開になっているけどまさかテレビ版でやるとは。
2期ライダーから映画・本編とのリンクが顕著になったけど「知っていればどちらも楽しめる」に留まっていたので見ているのが当たり前になっているし。
一応劇中で説明はあるとはいえ触れる程度のものだし、やっぱり映画見ないとチンプンカンプンだしね。
比較的リンク度の高かったダブルでもおやっさんの死・エターナル戦後の風都タワー崩壊・実はネバー、と主役以外は凝っていたけどエグゼイドはまさに主役でやっちゃうし。
同じくらい濃い事をやっていたドライブ(のベルトさん交換劇)はその複雑さから後で公式HPでフォロー入ったけど今年はどうなるかな。

「永夢に謝らないと」と素直に反省するニコが良い子。
ゲーム大会でニコを倒したのもパラドみたいだけどそのパラド相手に接戦のニコこそ天才ゲーマーではないだろうか。
これで永夢が本人格でパラドがバグスター人格と分かったけど、これまでのゲーマーMは誰?
黎斗が永夢にゲーム病発症させて生まれたのがパラドで手術で分離した残りが成長してMに?
これまで永夢とM、どちらが本人格でバグスターか疑問だったけどどちらも本物と考えてもよさそう。
素行が悪いMであっても「患者の運命は俺が変える!」と正しい行いは続けていたから悪では無かったし。

ポッピーの元は黎斗のお母さんか秘書?
母親だとしたら裏技ゲンムで怪我してまで庇ったのも分かる。
永夢たちと対峙することはあっても殺す気でポッピーを襲ったことは無いはずだし。
鍵になるのはゲーマドライバーとプロトマイティアクションエックス オリジン。
プロトタイプのはずのゲンムのプロトタイプとなんだか大変なことになっちゃったぞ。
オリジンは原点って意味だからパクリでも何でも無いけどどうしてもオリジン サーガが頭をよぎる。


玩具では最初から存在の知れていたマザルアップがついに本編でも。
リプログラミングは本来ならチート性能で何でもできる能力。
実際ポッピー洗脳期間でも「リプログラミングがあるから何とかなるでしょ?」って考えがあるほど便利。
そのはずが今回は逆手に取られてパワーアップされる機会を与えてしまう。
冒頭でもマザルアップしようとしていたからそのシーンカットしていきなりマザルアップの方がサプライズだったかも。
人間じゃないと使えないから死を乗り越えてしまった黎斗は使えなかったのかも。

レベル50と50を足して99になるのがイマイチ分からないけど強さは本物。
これまでトップクラスの強さを誇ったバンバンシミュレーションズと久しぶりに登場のタドルファンタジーを圧倒。
強力な必殺技に加えてどれにしようかな~のモーションもなくエナジーメダルを使ってくるから手におえない強さ。
タドルファンタジーならメダルの能力は無効化できるけど素の戦闘力が違い過ぎてどのみち負けそう。
同じレベルのマキシマムマイティでもライダーキック対決に敗れて一方的に変身解除。
今週はぼろぼろでの変身だったせいもあるから万全の戦いは来週かな。
「最強VS最強」と最強フォーム登場回や映画のキャッチコピーに使われそうなタイトルをここでもってきた。

今週も物凄く面白かったし次週も期待。
販促を完璧にこなしながら本筋進行かつキャラも描写し全話執筆ってとんでもないことを平然と進めている。
特にプロトマイティオリジンってことで黎斗復活なるかもしれないし気になるところ。
現状使えるゲーマドライバーが永夢(貴利矢)、飛彩、大我、パラド(黎斗)、ポッピー発見の5個。
初期の5人分と一致するし今週はGWトークイベントもあるからそこで貴利矢と黎斗復活のお知らせがあるかも。
自分も応募はしたものの、見事に落選・・・


  1. 2017/04/30(日) 21:23:55|
  2. 仮面ライダーエグゼイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
<<キュウレンジャー第12話「11人の究極のオールスター」 | ホーム | 装動STAGE6>>

コメント

パラドが永夢のバグスターというのは想像つきましたが、まさか19話で永夢が消滅を免れた件までパラドの仕業だったとは流石に予想外でした。
てっきり主人公補正かとばかり。
この辺、パラドが言う様にパズルのピースがピタリと填まっていくような説得力がありますよね。

あとwiki でサラッとネタバレされてましたが、『仮面ライダースペクター』で長編デビューを飾った上堀内監督と、同じく助監督だった田村直己さんが『エグゼイド』で本編監督デビューするみたいで、そちらも楽しみです!
上堀内さん、エグゼイド序盤ではキャストのスケジュール担当だったはずが、いつの間にかクレジットされなくなっておかしいなとは思ってましたがw
  1. URL |
  2. 2017/04/30(日) 22:00:26 |
  3. taka #-
  4. [ 編集 ]

M

明かされた衝撃の真相。6つ目のゲーマドライバーとプロトマイティアクションXオリジンガシャット。オリジンという名はどうしてもオーブ思い出しますよねwwwww まさかの3つ目のマイティアクションXにして2つ目のプロトマイティ、そして1つ目(原初)のアクションX?

ゲーマドライバーはただの人間はおろか、バグスターでも起動不可。この両方が揃ってなければ起動できないという戦極ドライバー以上のセキュリティ(人外のコウガネは変身できてるので)設定。今回、パラドは貴利矢、社長のゲーマドライバーを使用。
リプログラミングにより遺伝子書換え、半分人間?になった事で後者のものを使用可能に。

黎斗は単なる変人な悪人ではなかった? 感染対策があるとはいえ、母を含めた多くの人を巻き込んだ罪は完全に因果応報ですが
実はゴライダーでは復活未遂だったりしますんであっさり復活と行くのか疑問もあります。
復活した黎斗が永夢と共闘とありますが・・・・・・・・・・・

さらに仮面ライダークロニクルで消えた人はどこかの空間に閉じ込められているとか。
  1. URL |
  2. 2017/04/30(日) 22:00:38 |
  3. 蟹 #/02qLiNA
  4. [ 編集 ]

パラドクスレベル99はレベルエックスゲンム、ポッピー以上でエナジーアイテム次第ではレベル99のエグゼイドを超える事も。スペック上ではアルティメットクウガのパンチ力を上回っていたり。

一見、エナジーアイテム操作と格闘パワーの同時使用、武器で遠距離、近距離の戦闘が可能な強化変身ですがライダーゲージが
あるところに注目しますね。人間に近づいてしまった事でさりげなく弱点も生じていたり。とはいえ、彼を攻略するのは難しそう・・・・・
  1. URL |
  2. 2017/04/30(日) 22:07:37 |
  3. 蟹 #/02qLiNA
  4. [ 編集 ]

(ニコは滝和也のようにライダーになった人たちの生き様を見届ける女の子。)になると思っていたので変身してビックリしました。


提供の(永夢の秘密全部ばらします。)という文は(スタッフさんたち視聴者の反応を楽しんでるのかな?)と思いました(笑)


(黎斗のドヤ顔をまた観るのか?)と思うと続きを観るのが怖いですが、ポッピーとニコの共闘は楽しみにしたいです。



  1. URL |
  2. 2017/04/30(日) 22:52:48 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集 ]

山口監督のアクションもさることながら永夢とパラドとMとの関係が精密に描かれた面白い話でした。レベル99パラドクスについて自分は「もしもチェイスが敵のまま仮面ライダーチェイサーになっていたら」というIFも感じ取られ、そうなってたら進ノ介や剛も今回の永夢達のように苦しめられていたと考察したくらいにパラドクスの圧倒的な力を感じとりました

特に自分が感心したのは
永夢の本来の人格に対するミスリードです
主人格は僕で俺が別人格→俺が本来の人格で僕がバグスター?→俺の人格はパラドの影響と二転三転する真相に一つのミステリーとして非常に優れていると思います
(高橋さんは金田一のドラマの脚本家なので当然といったら当然ですが)

次回はパラドとの決戦だけでなくゾンビじゃないゲンムも五ヶ月ぶりに見られるので楽しみにしています(もしかして彼も復活するかも…)
  1. URL |
  2. 2017/04/30(日) 22:55:35 |
  3. 獅子頭 #-
  4. [ 編集 ]

物語も全体的から考えると中盤辺りで内容も中々壮絶になってきましたね……すごすぎて最終的にどう終わるのかが全く予想できない気がします
と言うか今回直接操られてほぼ強制的に戦わされているのもそうですし、元社長からと言いパラドからと言い永夢の人生のほとんどがその2人に引っ掻き回されてるのが悲惨過ぎてヤバいです…
だって永夢は1人遊びとして色んなゲームのアイディアを考えていただけなのに一方的に嫉妬されて、それがあったせいで遊び相手が欲しいって言う子供の頃なら誰もが望みそうなささやかな願いすらも歪められて一時期ほぼ完全に乗っ取られていたとか…途中で切り出されたので医者になったのは自分の意志ではありますけど、ゲーマドライバーを手に入れてエグゼイドになったのすら元社長とパラドの掌の上で躍ってたようなものなんですからえげつないですよ

そう言えばポッピーの記憶はやっぱり服装的に母親なんですかね?他所で姉じゃないかって予想してた人もいましたけど、今まで姉がいたなんて話ありませんし逆にいるはずなのに父親は出てきても母親の話は全く出てきませんでしたし
と言うかあの母親への慕い様を見ると、永夢や父親や他の様々なものを利用していますけど母親だけは不慮の事故か何かで感染してしまい手を尽くしても結局消滅して実はクロニクルで母親を復活させる目的があったんじゃ…何て思ってしまいました
それならあれだけ駒としか見てなかったバグスターのポッピーを記憶改竄してまで自分の側に置いていたのも母親復活に必須だからと言うならわかる気がしますし、クロニクルに必要なはずのドレミファビートの完全体バグスターがいることはわかっていたはずなのに使わなかった理由もわかりますし…そして私は神だ発言は人の身でありながら人一人を消滅と言う死(だと思っている状態)から蘇生させようとしている自分は神(のよう)だと鼓舞していたからとか?
まぁいつも通りのただの妄想なんですけどね、でも本当に何となく今回の話を見て思いました

あとゲーマドライバーって人間用だったんですね、そりゃあドライバーだけあってもマザルは使えないわけです
人間の要素を取り込んでそれを克服する感じは何となく薄皮太夫を取り込んで封印の文字を克服したドウコクを思い出しました
それからファンタジーがちょっとタイプデッドヒートみたいな扱いになっているような…こうなる前にもう少し使っておいて欲しかったです
  1. URL |
  2. 2017/05/01(月) 00:49:30 |
  3. 兎那希 #oUPgpoCM
  4. [ 編集 ]

>takaさん
>まさか19話で永夢が消滅を免れた件までパラドの仕業だったとは流石に予想外でした。
パラドがいなかったらそのまま死んでいたというのは驚きですよね。
自分も主人公特有の何かがあって助かったと思っていたのでそのまんまパラドのおかげだったとは。
間接的に敵のおかげで一命を取り留めることはありますがここまで敵のおかげなのも珍しいです。

>上堀内さん、エグゼイド序盤ではキャストのスケジュール担当だったはずが、いつの間にかクレジットされなくなっておかしいなとは思ってましたがw
最初はスケジュール担当だったんですか。それは知りませんでした。
てっきりアラン英雄伝やスペクターのような撮影担当とばかり。
何にせよ本編デビューということで期待が高まりますね。
これまではアラン英雄伝やゴライダー・スペクターなど本編外のところで撮影されていた方なのでいよいよ本編進出ですし楽しみです。

  1. URL |
  2. 2017/05/01(月) 14:15:18 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

>蟹さん
オリジンって名前はどうしてもオーブ思い出しちゃいますよねw
特撮だと原点(オリジン)よりも試作品(プロト)系の名称の方が多い気がします。
他だとアマゾンズの悠アマゾンがオリジンと言われているくらいでしょうか。

>ゲーマドライバーはただの人間はおろか、バグスターでも起動不可。この両方が揃ってなければ起動できないという戦極ドライバー以上のセキュリティ(人外のコウガネは変身できてるので)設定
確かにセキュリティの面でみると頑丈ですね。
パラドでもリプログラミング頼みだったので誤魔化しが効かなかったようですし。
敵側も手出しできない技術力という点で見ると黎斗はかなり優秀な部類に入りますね。

ゴライダーは人様の感想しか見ていませんが復活未遂だったようですね。
簡単に復活できると思いませんがゲンムレベル0が出てくるということは復活しそうですし理由付が気になります。

>あるところに注目しますね。人間に近づいてしまった事でさりげなく弱点も生じていたり。
攻略法があるとすればここしかないですね。
逆に永夢にとっては人間であるということで手心を加えそうですし難しいところです。
  1. URL |
  2. 2017/05/01(月) 14:16:26 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

>FOREVER HEROSさん
>提供の(永夢の秘密全部ばらします。)という文は(スタッフさんたち視聴者の反応を楽しんでるのかな?)と思いました(笑)
深夜アニメだと提供使って遊んだりしてますが特撮で遊び心を入れてくるのは珍しいです。
鎧武からCM入る時に「この後○○が登場!」なんてのがありましたがそれが提供に来たんでしょうね。
ポッピーとニコの同時変身もあるようですし是非とも見てみたいですね。
女性ライダーのダブル変身はキバの麻生親子くらいしか見たことがありませんし。
  1. URL |
  2. 2017/05/01(月) 14:17:20 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

>獅子頭さん
>レベル99パラドクスについて自分は「もしもチェイスが敵のまま仮面ライダーチェイサーになっていたら」というIFも感じ取られ
まさに仮面ライダーチェイサーが敵だったら?な話でしたね。
チェイサーもフォーミュラ(中間フォーム)同等の強さでしょうし、パラドクス99もマキシマムゲーマー(中間フォーム)並なのでピッタリです。
味方になったパターン、敵のままのパターンと2つ見れてお得な?気分です。

>永夢の本来の人格に対するミスリードです
ここの面白いところは永夢の秘密編でも「どちらが本人格?」という点には触れてないことですよね。
「永夢の中にバグスターがいる!?」というのが主題の第2章だったので本人格どうこうは完全にファンが勝手に想像していただけだったので。
ニコとゲーム対決をする過去(実際はパラドでしたが)などを入れて「口調がMっぽい」「でも永夢じゃない?」とファンの考察は広がっていきましたが
本編ではノータッチだったので今週の謎解きにはやられましたよ。
そこを含めて高橋さんの掌の上で踊らされていたなと実感します。

>次回はパラドとの決戦だけでなくゾンビじゃないゲンムも五ヶ月ぶりに見られるので楽しみにしています(もしかして彼も復活するかも…)
ゾンビもカッコいいですがプロトマイティもカッコいいので久しぶりの登場で楽しみですね。
ゾンビが活躍していた期間に配信された裏ワザゲンムを見て改めてプロトマイティの良さに気付いたというか。
スーツ部分も色が違うようですしDXガシャットや装動でも発売するかもしれないので玩具展開も見物です。
  1. URL |
  2. 2017/05/01(月) 14:18:39 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

>兎那希さん
>と言うか今回直接操られてほぼ強制的に戦わされているのもそうですし、元社長からと言いパラドからと言い永夢の人生のほとんどがその2人に引っ掻き回されてるのが悲惨過ぎてヤバいです
謎解きが凄すぎて忘れがちですが永夢の人生も壮大というか悲惨というかなかなか激動ですね。
幼少期は1人ぼっちでゲーム会社からゲーム貰ったと思えばウイルスで知らぬ間に捕まり手術されて念願の医者になったら戦いに巻き込まれて~とかなりものです。
普段の状態や幼少期を見るに心優しい性格のはずが黎斗やらパラドのせいで散々ですね。

>そう言えばポッピーの記憶はやっぱり服装的に母親なんですかね?
姉という線もありますね。
会社にいながらスーツ(正装)ではなかったので姉か母でしょうけど、姉関連の話は出ていませんし母でしょうね。
母親を生き返らせるのが目的だとすると熱い話になりそうです。
そのために大勢の人を犠牲にしていますがその葛藤も含めたドラマがあると面白そうです。
なんだかんだで黎斗は正式に復活しそうですし次週以降も楽しみですよ。

>それからファンタジーがちょっとタイプデッドヒートみたいな扱いになっているような…こうなる前にもう少し使っておいて欲しかったです
初登場時とパズル戦がカッコよかったので威厳?を保っていましたが今週のようにあっさりやられる前に後1・2回使って欲しかったですね。
共有アイテムでありながら「それは俺のだ!」「いいや俺のだ!」と醜い争いにならないのが大人だなと思いますが、それはそれとして均等に使って欲しいですよね。
一時期は大我が死ぬからバンバンシミュレーションズ多様してる?なんて言われていましたがどうなるんでしょう。
  1. URL |
  2. 2017/05/01(月) 14:19:14 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

パラドが永夢のバグスターである事は分かっていたものの、今までの何気ない描写が全て伏線で、それらが一気に回収されたのは見ていて鳥肌が立ちました。後で第19話を見返してみたら、確かに永夢の人格が戻った後のラストシーンにしかパラドが登場していなかったので、今回の話は頭の中で欠けていたピースが全て埋まった気分でしたよ。

更によくよく調べてみたところ、仮面ライダーパラドクスの英語表記も『PARADOX』ではなく『PARA-DX』で、『PARA』は医学用語で『異常、欠陥』を意味し、『DX』は『二重身、重複』を意味していた挙句、パラドクスのカラーリングも色相を99横にずらすとエグゼイドレベル2と全く同じカラーリングに、パラドクスの色を反転するとダブルアクションゲーマーと全く同じカラーリングになるという徹底ぶり……これら全て計算済みだとしたら良い意味で恐ろしいですね。

今回お披露目のパーフェクトノックアウトゲーマー、予想はしていましたがやはり強いですね。戦闘シーンが完全に主役ライダーの強化フォームお披露目回みたいな撮られ方でしたが、パラドはバグスター側の主人公なので何ら違和感ないのが驚きです。
スペックだけならマキシマムゲーマーよりも低いようですが、そもそもエナジーアイテムを使える時点でスペック差なんて関係ないという恐ろしさ…一体どうやったら勝てるのか想像もできません。

次回予告ではいよいよエグゼイドとパラドクスの決着回。普通なら最終回近くでやるような展開なのに、これでまだ30話目というのが未だに信じられませんね。3クール目でこれなら4クール目は一体どんな展開が待ち構えているのか…。
  1. URL |
  2. 2017/05/01(月) 18:23:57 |
  3. 掛布団 #-
  4. [ 編集 ]

>掛布団さん
>今までの何気ない描写が全て伏線で、それらが一気に回収されたのは見ていて鳥肌が立ちました。
今回の謎解きは圧巻でしたね。
あのシーンも全て伏線だったのか!と驚くばかりです。
映画とのリンクも嬉しいですしこれこそ連続ストーリーの醍醐味ですね。

パラドクスの英語表記は全く気が付きませんでした。
1期のマスクドライダーから仮面ライダー名義に変わったなくらいしか英語には注意が向いていなかったので。
英語弱いので綴りも考察しようがないというのも大きいですけど。
カラーリング反転は驚きましたよ。
デザイナーの人も最初に見つけた人も凄すぎです。

>戦闘シーンが完全に主役ライダーの強化フォームお披露目回みたいな撮られ方でしたが、パラドはバグスター側の主人公なので何ら違和感ないのが驚きです。
あの無双ぶりは主役ライダーの映し方ですよね。
エグゼイド側が魔王(タドルファンタジー)初めキワモノ揃いだからこそ正統派に近いパラドクスは違和感ありません。
パズルでしか使えなかったエナジーメダル使用を引き継いでいるのが嬉しく完全に上位互換の強さでしたね。
武器の2つの形態にライダーキックと大盤振る舞いでした。
勝てるとしたらレベル概念を超えたであろうエグゼイド最強フォームくらいでしょうね。
最もクロノスや映画ライダーも控えているので激戦が続きそうです。

>普通なら最終回近くでやるような展開なのに、これでまだ30話目というのが未だに信じられませんね。
鎧武でも感じましたがここまで展開速いのにまだ中盤を超えたくらいなんですよね。
対バグスターとなっている第3クールですが最終章はどうなるのか想像も付きませんよ。
バグスターとの対決自体は3クール目で終りそうな予感すらあるので。
  1. URL |
  2. 2017/05/01(月) 23:13:13 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

本当に毎週面白くて今一番続きが気になる作品ですね。 これだけ破綻もなく詰め込んだ上で戦闘も充実していたりとやはり山口回はハズレなしで最高です。
今までの重要ごとにここまでパラドが関連していたのかと驚きましたし、ネタバラしだけに終わらずニコとの因縁まで生み出したりと見事としか言いようがないです。
バガモンの時のパラドの態度は後でフォローされたもののイマイチ釈然としなかったのですが、今回の永夢とリンクしていたと説明されるともう納得せざるを得ないですね。
最初から構想していたのか辻褄を合わせたのかは謎ですが、ここまで綺麗にピースをはめられると、今後引っかかる点が出てきても「説明されるだろう」と安心してしまいます。
よく挙げられる色の関連性だけでなく、キースラッシャーの無理やりな銃と斧モードもパラブレイガンと一致していたりするのでこれすら意図していたのかと思ってしまうほどです。
近親者?がポッピーの宿主だったのに黎斗がドレミファ感染者を探していた違和感や、先週のクリア関連もこの作品ならばすべて納得のいく形で収束してくれるんだろうなと。

予告も最高に熱く2人が「~の運命は〇〇が変える!」対になるセリフを言っているのが燃えますね。 ブラザーズではないエグゼイドが僕と言っているのが新鮮すぎます。
ゲーマーとしての力がパラド由来だったのなら永夢単独の戦闘力はどういったものになるのかも注目点ですね。 今週はパラドがわざと必殺技を食らったのでまだ未知なので。
それにしてももう来週で3クール目終わりなんじゃ?と思ってしまうくらいの怒涛の展開なのに、まだここにゲンムやクロノスが絡んでくるなんていい意味で狂ってますね。

>映画とのリンクが好きだから映画見ていることが大前提のこの内容が好き。
ここまで綺麗にリンクされると買う気のなかった平成ジェネレーションズのBDも買わざるを得なくなってきますね…。 まさかパラド誕生まで絡めてくるとは。
公開当時は主に派手な戦闘目当てでしたが今ならばパラドがどれだけ関連していたかに注視しそうです。 特にブラザーズ変身時は色々ありそうですし。
永夢の人格の秘密もどちらかが他人というだけの真実だけでここまで何度も予想をひっくり返されるとは…。 情報の小出しの仕方が本当に絶妙です。
他だと先行登場しているレガシーが本編のものと絡むのかどうか。 春映画自体は良作でもない上に脚本家も違いますが、向こうの飛彩関連は好きなので気になります。
本編でこのレベルだと終了後の展開は今まで以上にオタ特化した内容になってくれそうで楽しみです。 ファイナルステージも絶対に行かないといけないなと。

>キュウレンジャー
面白いのですがクライマックスの解決法がゴリ押しな分身重ね掛けでモヤモヤが…。 ちょっと前のビッグベア回での指令の役立たずっぷりなど要所要所で引っかかるなと。
今週の「11人じゃない宇宙そのものだ!」というセリフや「伝説を超えた10人」などセリフ自体は熱いのですが、それに陰りを見せる展開が入ってくるのは残念です。
しかしガルにようやくスポットが当たったのはよかったです。 ただのラッキー信者だったのが今回は復活させる立役者になっていてカッコよかったです。
  1. URL |
  2. 2017/05/02(火) 00:14:26 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集 ]

初めてコメントさせて頂きます。
大した事はことは言えませんが…エグゼイドおもしろすぎます❗
展開の早さと、フォーゼ以上のopのマメな変化が嬉しすぎます。
来週が本当に楽しみです(笑)
  1. URL |
  2. 2017/05/02(火) 13:56:46 |
  3. 鎧武ファン #-
  4. [ 編集 ]

>鯖缶さん
>今までの重要ごとにここまでパラドが関連していたのかと驚きましたし、ネタバラしだけに終わらずニコとの因縁まで生み出したりと見事としか言いようがないです。
当初はゲームやりながら「心が躍るな」くらいしか言わなかったキャラなのですがここまで本筋に絡んでいるとは思いませんでしたね。
特にニコ関連も絡んでいたのは意外です。
あのシーンはMが優しく接しているのかも?と思ったら永夢でもMでもなくパラドだったので。

>よく挙げられる色の関連性だけでなく、キースラッシャーの無理やりな銃と斧モードもパラブレイガンと一致していたりするのでこれすら意図していたのかと思ってしまうほどです
あの無理矢理銃や斧扱いしているキースラッシャーもパラブレイガンに一致しますね。これは気が付きませんでした。
黎斗関連で気になるのは例のドレミファビートの~と母親?に裏技ゲンムでポッピーを庇った件でしょうか。
これらの謎も一つになりそうですし黎斗復活?の次週もあるので楽しみです。

>予告も最高に熱く2人が「~の運命は〇〇が変える!」対になるセリフを言っているのが燃えますね。 ブラザーズではないエグゼイドが僕と言っているのが新鮮すぎます。
対になっている台詞は良いですよね。
永夢の専売特許だった「マックス大変身!」をパラドが叫ぶのがカッコよかったです。
またブラザーズではない状態のエグゼイドで僕呼びも初めてかもしれませんね。
普段はゲーマーMだからこそ、ここからが永夢の本当の戦いなのかもしれません。
今週の戦いを見るに永夢単独だとあまり強そうに見えませんね。
まぁ混乱していて事情が呑み込めず集中出来なかったのかもしれないですけど。

>公開当時は主に派手な戦闘目当てでしたが今ならばパラドがどれだけ関連していたかに注視しそうです。
そうそう。当時は主に戦闘目当てでしたね。
晴人や進ノ介の活躍・絡みはどれくらいあるのかとわくわくしていましたが最新話を見た今となってはパラドの動向の方が気になります。
まだBD買うかは分かりませんが購入でもレンタルであってもすぐに見返して細かいところはチェックしたいです。
特にマイティブラザーズ関連はちゃんと見返しておかないと。
他はタドルレガシーは気になりますね。
高橋さんが執筆していないのでどこまで要素を拾うのかは分かりませんがもう1人の飛彩が助けにくるような展開に期待しています。

そうえいばファイナルステージも意識し始める時期になってきましたね。
毎年の楽しみなので今年は(当選すれば)行ってみたいです。
また明日のGWイベントでどの程度発表があるのか楽しみです。
毎年夏映画の展開に触れたりはしているのでちょっとした情報解禁日でもありますし。

>キュウレンジャー
台詞や展開は熱かったのですがちょっとイマイチでしたね。
戦隊にしては珍しくOP流れる事が少ない作品で盛り上がりにもかけるなと。
9人揃い・11人揃いが実現してもOP流れないので違和感あります。
  1. URL |
  2. 2017/05/02(火) 20:56:39 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

>鎧武ファンさん
初めまして。コメントありがとうございます。
OPの変化多いのは嬉しいですよね。
おそらく一番変化しているのがフォーゼだと思いますがそれに近いくらい頑張っています。
まだ最強フォーム含めて追加も期待できますしドライブ・ゴーストのように劇中カットのようなシーンでは無く専用カットを作成して欲しいです。
本編もどんどん盛り上がってますし本当に次週も楽しみです。
  1. URL |
  2. 2017/05/02(火) 20:57:17 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

伏線回収の見事さ含め凄すぎて巧く表現出来ないほどの回。

怖いのはゲーム大会のニコとの対戦など永夢が自分の意志でやってたと思ってたことにパラドが介入してたことですね。
しかも、パラドが離れて大分たってるのに永夢の健康面に特に異常が無い辺り特殊なバグスターぽいし。

>主役や2号ライダーが自分のベルトじゃないのを使って変身
進ノ介がチェイスのマッハドライバーで超デッドヒートドライブに変身したのが当て嵌まるんじゃ?
  1. URL |
  2. 2017/05/02(火) 22:32:01 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集 ]

今までの伏線を回収するだけでなく
映画とのリンクやパラドクスの販促を違和感なく綺麗にまとめた濃厚な神回でしたね!

まさかバガモンの件も伏線だったとは・・・。
それだけでなく22話で黎斗が本性を表し、「君は最高のモルモットさ!!」と
マイティブラザーズ使用中のエグゼイドに言った時に
僕人格の水色だけが反応し驚愕したのも今後の伏線じゃないのか?
という意見が放送当時に見た事がありましたが、今回でそうなりましたね。
マイティブラザーズは元ネタのマリオブラザーズみたいにただ二人にした
ってわけでなく、ちゃんと意味はあったんですね。
中間フォームがここまで物語の鍵を握る存在になるなんて凄いですよね。


基本的に平成ライダーは謎や伏線を物語の終盤で判明するのが多いので
その分、過去の回を見直すなのが大変なんですが
エグゼイドの場合はかなり早い段階で伏線を回収してくれるので
その分、見直しがしやすいので本当に助かります。
まだ中盤で物語も終わっていないので、今後のお話の展開も気になりますし
こんなに次回までの放送が待ち遠しいライダーは鎧武以来ですw

そして遂に登場したパラドクス99とその圧倒的強さ
パラドクスは設定や立場が、リュウガやダークカブト(ゲーム)に似ていますが
それどころかこの二人以上に扱いをさらによくしたって感じですよね。

主人公の影の存在のライバルは所詮、主人公がいないと成り立たない。
→主人公が今まで死なずにやれたのは全て影の存在のライバルのおかげ

強敵相手には一度倒されても新フォームでパワーアップして倒す王道展開
→強敵も主人公に倒されそうになるも逆に利用して、
新フォームでパワーアップして、倒すという王道展開をする。

ここまでヒーローの王道展開を徹底的に皮肉ったのもすごい・・・。
パラドはまさに「ダークヒーロー」という称号がぴったりですね。
ダークヒーローは定義があいまいですが
パラドは主人公の影な存在な意味でのダークと
見た目がヒロイックで事実上、バクスター側のヒーローでもありますので

個人的に特撮ヒーローでこんなに恐ろしく感じたライバルキャラは
ゴーバスターズのエンター以来です。
実際、エンターもパラドみたいに主人公のヒロムにこだわり
自分の周囲の味方と敵を徹底的に利用して、ヒロムと同等のパワーアップとかしてたし

実際、パラドはエンターみたいにラスボスになってもいいぐらいなのですが
最後ニコとフラグをたったので、最終的にパラドは今まで自分が蹴散らしてきた
ライドプレイヤーに変身したニコにとどめをさされるという
皮肉な最後になりそうな気がします。
なにともあれ次回までが本当に楽しみです。
  1. URL |
  2. 2017/05/02(火) 23:28:29 |
  3. んんん #jHYJoy0E
  4. [ 編集 ]

>U戯Oさん
>怖いのはゲーム大会のニコとの対戦など永夢が自分の意志でやってたと思ってたことにパラドが介入してたことですね。
何気にこれは怖いシーンでしたね。
手術を受ける前の時点でパラドが主導権を握っていたようですし。
永夢もニコとの対戦記憶が残っていたのを見るに自分でやっていた信じ込んでいるのが恐ろしいですよ。


>主役や2号ライダーが自分のベルトじゃないのを使って変身
>進ノ介がチェイスのマッハドライバーで超デッドヒートドライブに変身したのが当て嵌まるんじゃ?
それも当てはまりますね。
言葉足らずですが変身後も2号(サブ)ライダーと同じ姿というニュアンスで書きました。
たっくんのデルタや剣崎の一瞬レンゲル、映司のバースなど。
ベルト変身ではありませんが翔一のG3-Xなんかもありましたね。
  1. URL |
  2. 2017/05/03(水) 21:58:31 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

>んんんさん
>まさかバガモンの件も伏線だったとは・・・。
>僕人格の水色だけが反応し驚愕したのも今後の伏線じゃないのか?
○○も伏線だったのか!?と驚くばかりですね。
パズルのピースが嵌っていくような感覚です。
マイティブラザーズの件は気付きませんでした。
今エグゼイドを1話から見返し始めたところなのでそこに来たらチャックしておきます。
22話に限らずマイティブラザーズ登場シーンは全部見ておかないといけませんね。

>中間フォームがここまで物語の鍵を握る存在になるなんて凄いですよね。
闘魂ブーストのように実質基本フォームのような活躍頻度になることはありましたが
ここまで物語に絡んでくるのは無いですよね。
いよいよマイティブラザーズのシーンは注意深く見ないといけないかもしれません。

>こんなに次回までの放送が待ち遠しいライダーは鎧武以来ですw
鎧武もですが本編中に放送見返せるほど面白いライダーはなかなか無いので嬉しいです。
エグゼイドもジュージューバーガー(バガモン)あたりで一度見返したのですが今度で2回目になりそうです。
リアルタイムに1度、感想書きながらもう1度と2回(以上)は本放送を見るようにしているのですが1話から見返すとなるとまた別ですし。

>パラドクスは設定や立場が、リュウガやダークカブト(ゲーム)に似ていますが
>それどころかこの二人以上に扱いをさらによくしたって感じですよね。
もう1人の自分という立ち位置とするとこの2人に似ていますね。
圧倒的なまでの強さをテレビで見れたわけですし主役を差し置いて専用武器など扱いもなかなかです。
今のところマキシマムゲーマーにも買っていますし劇中トップクラスの強さに返り咲きましたしまだまだ強いところを見せてくれそうです。

>個人的に特撮ヒーローでこんなに恐ろしく感じたライバルキャラはゴーバスターズのエンター以来です。
どことなくエンターを彷彿させますよね。
最初の頃から出ているかつ、主役同等の力を使ってのし上がってきますし。
特にパラド(クス)は一度倒してエグゼイドが最強になったにも関わらず、いきなり追いついてきたので脅威ですよ。
弱かった敵が急激にパワーアップして追いついてくるのは怖いですね。
そのうちパラドクスもエンター同様に不屈の闘志(ヒーロー補正)を手に入れるのかもしれません。
パラドはラスボスにはならず3クール目のボス止まりだと思います。
ラスボスは黎斗とてれびくんに乗っていた例のゲームか何かかなと。
順調にパワーアップしている(トロフィーゲット)ニコがどこまで戦えるかは見物ですね。
  1. URL |
  2. 2017/05/03(水) 21:59:30 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/3507-234904ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

仮面ライダーリバイス 第12話「弱さは強さ!?無敵のジャンヌ!」  感想
機界戦隊ゼンカイジャー 第37話「恨みダイコン、根が深い!」  感想
ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第19話「救世主の資格」  感想
S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーオーズ スーパータトバコンボ レビュー
ホークアイ 第1話「憧れのヒーローには会うもんじゃない」、第2話「かくれんぼ」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する