FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ウルトラマンR/B(ルーブ)第1話「ウルトラマンはじめました」

ニュージェネレーション6作目のルーブがスタート。
レオ&アストラ、ガイア&アグルのようにウルトラマンが2人いる作品はいくつかあれどダブル主人公は初とか。
ギンガSにおけるビクトリーはほぼ主役と言っても差し支えなかったけど、今作のタイトルはルーブでロッソともブルとも付かないからよりダブル主人公であることが分かる。
ダークオーブも出ることから「オーブ・ルーブ」で関係性も気になるところ。

OPはオーイシマサヨシさんというまさかの人選。
月刊少女野崎くんくらいしか知らないけどウルトラマンの主題歌歌う日が来るとは思わなかった。
EDはみもりんだし主題歌の2人だけ見れば深夜アニメと間違えそう。
爽やかなOPでジードの証と同じく好きな曲になりそう。
「決して絆は諦めない」のところが好きでパワーファイターに見えるロッソの方がスマートの立ち姿で面白い。
変身後は2人がアクションしているだけでタイプチェンジっぽさは薄いけどストーリーが続くにつれてどんどん追加されていくのかな。
ジードばりにどんどん変更して盛り上げて欲しい。

ニュージェネレーションでもすっかりお馴染みになった影絵はクリスタルになってる。
始ると同時にいきなり変身後。しかも負けてるw
舞台は綾香市(あやかし)。

兄のカツミは常識人で弟のイサミは天然の頑張りやさんかな。
片方が熱血系で片方がクールというよくある両極端な性格設定じゃないのが好印象。
どちらも「俺」だったり2人とも真面目そうだし良い人そうなのが伝わってくる。
キャラ被っていると言われないような性格や言動が求められそうだからそこも注目。

初変身時は不思議空間でアイテムゲット。
スペシウムゼペリオンがドアップになるのは販促なのかストーリー上でも理由があるのか。
ルーブジャイロ引くのは1回だけでテンポ良さそうだしギンガが水属性ってのが違和感ある。
ファイヤーボールやサンダーボルトの方が印象に残っているから炎や雷なら分かるんだけど。

水鉄砲撃った後のジオラマが良いけどエックスのようなド派手な映像作りというよりはオーブやジードのような現実世界に落とし込んだのような特撮。
2人がかりで圧倒的というわけではなく2人合わせて従来のウルトラマン1人の力なのかも。
多人数でイジメのように見せないのは戦隊で培っている東映なら得意そうな手法だけど円谷としては挑戦かもしれない。

グルジオボーンもDXソフビで発売されないのが勿体無いくらいかっこいい。
「聞いちゃいないなこいつ。なあ?」
「「あっ」」
でグルジオボーンがいて面白いw
カラータイマー点滅は胸がドキドキという新しい表現。

1話のうちにお互いのクリスタル入れ替えて光線の違いを説明したり豪華。
もう一度戻る時にバンクなしで戻ったのが嬉しかった。これがオーブの頃だったらいちいちバンク入っていただろうし。
世代的にティガやダイナのようなタイプチェンジを思い出す。

必殺技はロッソが火球でブルが従来のような光線。
番組始る前までブルはアグルのフォトンスクリューのような球体光線と思ったから逆なのは意外だった。
グングンカットも左腕だしブルには驚かされてばかり。
最終的に2人が合体してルーブになるとして、ぐんぐんかっとは右腕だけなのかアグルのような両腕になるのか気になるところ。

ラストは妹のアサヒが出てきて可愛いけど演技が怪しい。
今後はオーブダークが出てきたり母親の話で展開するのかな。ジードで父親を描いた後は母親に。
今後のクリスタルではレオ・アストラ、ガイア・アグル、ビクトリーは期待できそう。
少なくとも映画ではジード・ゼロと共演できるだろうしせっかくのダブルウルトラマンなんだから、似たような組み合わせの人たちとはどんどん共演して欲しい。



  1. 2018/07/08(日) 02:07:07|
  2. ウルトラマンR/B(ルーブ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ビルド第43話「もう1人のビルド」 | ホーム | 創動 仮面ライダービルド BUILD10>>

コメント

遂に始まりましたね。

ということで気合入れてルーブジャイロとソフビをフラゲしてきました。

そしてアルティメットルミナスR/Bをプレバンで予約。視聴の準備は完璧だぜ…。

ジードの1話の方が好きですが、湊兄弟の特徴を掴めたうえに好きになれたし、目玉であるクリスタルチェンジを「戦略の要」として使用して玩具販促もバッチリと、なんだかんだで優秀な第1話だったんじゃないかと。

名乗り口上もやって「掴み」としては完璧だったのではと思っております。

まあ、変身後のコミカル描写が賛否両論ですが……。
どちらかというと神秘性を重視してほしかったのでやめてほしかったといえばその通りなのですが、一方で「突然ウルトラマンの力を手に入れたリアルな反応」というフォロワー様の意見もあって、難しいところだなと。
巨大ヒーローなのに、仮面ライダーっぽく見えてしまう・・・。

グルジオボーンはあのサイズの割に良くできていたソフビでした。
アーツは間違いなく出るでしょうし、DXサイズで出してくれた方が助かるのですが、最近は「アルティメットルミナス」もかなり大きなブランドになりまして、フィギュアとしての最高峰な出来を保つルミナスとサイズが合う500ソフビも、悪くないなと思えてきました。アーツと絡めたかった自分としては本末転倒ですが。

来週で「力を手に入れてしまった苦悩」を描くのでしょうか。描き方次第で特オタホイホイな展開にできそうなので、期待大です。
  1. URL |
  2. 2018/07/09(月) 21:26:39 |
  3. Cyclone #-
  4. [ 編集 ]

>Cycloneさん
>名乗り口上もやって「掴み」としては完璧だったのではと思っております。
>まあ、変身後のコミカル描写が賛否両論ですが……。
掴みとしては完璧でしたね。今後半年間の指標が見えたので。
コミカル描写は自分は結構気に入りました。
オーブやジードのようなシリアル路線が好きなものの、これはこれで面白いと感じたので。
創作作品で兄弟キャラは息のあったコンビネーションが定番ですが、全くバラバラなのが妙なリアルさがあるなと。
エックス1話で大地が大きくなってことに驚くシーンがありましたがルーブはさらにコミカルさを増したような演出でしたね。

ウルトラマンの神秘性に関してはもう諦めてます。
ギンガで人形使って変身している時点でもう・・・。ギンガはニュージェネの中で一番好きですけどね。
その分来たぞ我らのウルトラマンでのティガ・初代ウルトラマンの登場は神秘性バッチリで惹きこまれました。

>グルジオボーンはあのサイズの割に良くできていたソフビでした。
店頭で見ましたが黒・赤の塗装で済むとは言え顔も凶暴そうに見えてカッコよかったです。
これでDXサイズで出れば即購入だったのですが500サイズは集めていないのでスルーしちゃいました。
マガオロチやガーゴルゴンのようにDXサイズ→500サイズパターンはありましたがその逆はないので今後に期待です。

>最近は「アルティメットルミナス」もかなり大きなブランドになりまして、フィギュアとしての最高峰な出来を保つルミナスとサイズが合う500ソフビも、悪くないなと思えてきました。アーツと絡めたかった自分としては本末転倒ですが。
なるほど、そのような集め方もありましたか。
アルティメットルミナスは最初興味あったのですが、
どうせすぐ終るシリーズだろうと油断していたら人気になり最初の物はプレ値になってしまい今では諦めています・・・
ゼットンの発光も凄かったですし今度はグリーザも出るようでツボを押えたラインナップが良いですね。
素人目に見るとルミナスユニットだけをセット販売したら売れそうな気はしますしCycloneの上げる写真のようにジオラマとして集めても面白そうなので。
  1. URL |
  2. 2018/07/09(月) 23:03:33 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/3885-3d89b3c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

ウルトラマンZ(ゼット)第13話「メダルいただきます!」 感想
雑記
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンジード ウルティメイトファイナル  レビュー
TTFCにて完全新作 鎧武外伝製作決定!
雑記

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する