FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ルパンレンジャーVSパトレンジャー第42話「決戦の時」

大切な何かを見られたのか、取り乱すノエルが珍しい
最初の戦いでビクトリー・サイレンストライカーと2つも持っていかれたら一気にピンチに。
今まで使っていた自分の力が襲い掛かるというのは平成ライダーっぽい。
オーズのようにルパンコレクション争奪戦の要素があったら面白そうだけど、そうするとギャングラー側にもVSチェンジャーのような認識アイテム持たせないといけないから難しいかな。
いずれにせよ、これまで見れなかった意外な面白さが見れた。

パトレン3人が駆けつけた頃には大惨事。
あいつはくるだろうという奇妙な信頼関係が見れる。
素直に協力しよう、と言えないからもどかしい。

警察3人で総力戦も無力。
ルパンレンジャーの3人も頑張るけどここ最近はルパンマグナムやスーパールパンレッド・スーパールパンエックスのようにな派手な武器/フォームばかり目にしていたから全力を出しても中盤時の最大戦力しか持ち合わせてない。

「あいつならどうする!?」
「あいつならどう動く!?」
「「あいつなら!!」」

のダブルレッドのシーンが良い。
ルパンマグナムの反動で突っ込んでいる間に圭一郎が奪取する力技。
最初こそ未来予知で回避出来なかったの?と疑問だったけどザミーゴ初戦で万能でないことは既に証明済み。
もしかしたら対象も1人限定かもしれないし違和感はない。










rupato42-1.jpg
3人がパワーアップしたド派手な映像だけど必殺技打って終りなのが残念。
この状態でもう少しアクションして欲しかった。

ロボ戦はグットクルカイザーVSX
「喧嘩するなよ」
「お前たちが言うな!」
が気持ち良いw
コックピットからの映像も良いし全身武器を活かした攻撃が見事。
フルCGだから動きまくるしカッコいいね。

デストラもついに消滅。
それほど目立っていた幹部ではないけれどドラグニオへの忠誠心は伝わってきた。
ゴーシュも協力を持ちかけていたけど怪しい点は無かったし3人とも仲良いのね。

次回はもう1人のパトレン2号・悟が帰国。
中の人が1回限りの出番の割りにずっとルパパト関連のリツイートしてたから義理堅い人と思ったら本編出演が決まっていたからか。
他にも夏の配信はTTFC&ビデオパスの企画なのにブルーレイの一般発売が決まっているのがおかしいとは思った。
最もビデオパスで配信されたゴライダーはBDが一般発売されてるしTTFC限定配信&発売だったキュウレンジャー ハイスクールウォーズもスカパー東映チャンネルで放送が決まったから緩くはなってきたのかもしれないけど。
本来のパトレンジャー3人がテレビで揃うわけだけど咲也の反応はいかに。



  1. 2018/12/03(月) 20:32:58|
  2. ルパンレンジャーvsパトレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーウィザード フレイムスタイル(真骨彫製法) | ホーム | ジオウ第13話「ゴーストハンター2018」>>

コメント

敵の攻撃を受けて武器を手放したらルパンコレクションに戻る、という設定はもっと前から何回か見せておくべきだったかと思います
まあ、わざわざそういう撮影するのも手間ですし、劇中ではこれまで機会が無かっただけとも言えますが、ちょっと唐突だったかなと
ゴーカイジャーでもガレオンバスターを手放した時にバスコにレンジャーキー回収されてたりして、ちょっと考えれば筋は通ってるんですが、一瞬何が起きたか分からなくなりました

今回ので思い出したんですがデストラはルパンレッドの人間状態の顔を知ってるんですよね
あれ設定のミスだよなーと思ってたけど結局誰にも言わないまま死んだので一応破綻はしなくなりました
  1. URL |
  2. 2018/12/04(火) 00:49:06 |
  3. ライト #1zy/x5P2
  4. [ 編集 ]

かっとべ!ルパンマグナ~ム!

お互いを利用するというスタンスをもっと早く見たかったような気もするけど、ここまで積み重ねた信頼関係あっての展開でもあるしもどかしい。

デストラも成長と言うか心境の変化が伺えますね。
ドラグニオ以外のボスは考えられないので跡目争いに加わらず自分から何かすることは殆どなかったのに「ドグラニオ様の意思を受け継ぐ!」と。・・・まあ、遅すぎたんですが。
  1. URL |
  2. 2018/12/04(火) 20:43:00 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集 ]

>ライトさん
>敵の攻撃を受けて武器を手放したらルパンコレクションに戻る、という設定はもっと前から何回か見せておくべきだったかと思います
>まあ、わざわざそういう撮影するのも手間ですし、劇中ではこれまで機会が無かっただけとも言えますが、ちょっと唐突だったかなと
40話を超えて初めて描かれる要素で面白かっただけに、以前から見てみたい描写でしたね。
未来予知が敵に回ると厄介ということが良く分かりました。
スーパールパンレッドがデストラに使用した際は高すぎる防御力のせいで無意味でしたが
いざデストラが使うと脅威ですし使う相手が違うだけでこうも効果的になるのかと。
それでいて弱点も初登場時から暗に触れられていたので圭一郎が突っ込んだ攻略も違和感がなく納得のいくものでした。

>あれ設定のミスだよなーと思ってたけど結局誰にも言わないまま死んだので一応破綻はしなくなりました
ゴーシュと手を組みそうになった時はそれを使って追い詰める展開になると思いきや何もありませんでしたね。
誰にも言わない武士的な性格といえばそれまでですが意外でした。
  1. URL |
  2. 2018/12/04(火) 22:34:10 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

>U戯Oさん
>お互いを利用するというスタンスをもっと早く見たかったような気もするけど、ここまで積み重ねた信頼関係あっての展開でもあるしもどかしい。
ピンチの状態であってもお互いの先を読む考えになるのは信頼関係とも取れますがそれよりは利用するという一面が強く見られましたね。
どちらかと言うと序盤~中盤でやるべきシーンであり終盤なのだから信頼関係をメインにして欲しかった感はあります。
デストラ撃破を25話くらいにやって中ボスと考えれば問題ない展開でしたが後2ヶ月ですしね・・・
仰るように遅すぎた、という言葉がピッタリです。
  1. URL |
  2. 2018/12/04(火) 22:34:30 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/4032-b78d3feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀 豪華声優陣 発表!
ワンダヴィジョン 2020年末配信開始
魔進戦隊キラメイジャー 第24話「バンドしちゃうぞ!」 感想
仮面ライダーセイバー 第3話「父であり、剣士。」 感想
ウルトラマンZ(ゼット)第13話「メダルいただきます!」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する