FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

TSUBURAYA CONVENTION(円谷コンベンション)新作情報

○シン・ウルトラマン
製作中のシン・ウルトラマンのビジュアルが発表。
エヴァ並の細さだったりカラータイマーが無かったりと従来のデザインとは違う点があるものの、一目でウルトラマンと分かるデザイン。
場所的に始まりの怪獣であるベムラーも出そうとかなんとか。
ネクスト版ULTRAMAN・漫画版ULTRAMANのようにS.I.Cや機械っぽい感じにしてくると思ったから意外。
それかULTRAMAN_n/aのようにヌルヌル動きそうな見た目とか。
シン・ゴジラのときだって生々しいデザインで従来とは違ったデザインで攻めてきたから。
敵と戦うのに自分のピンチ状態を教えるカラータイマーがあるのもおかしな話だから削っても良いとは思うけど。
と言うか円谷プロと成田家和解してたのか・・・

○アニメ版ULTRAMAN
ネットフリックス限定配信だったULTRAMANの2期が決定。
しかも1期の方はテレビ放送が決定。
仮面ライダーアマゾンズも最初はアマプラ限定だったところにテレビ放送開始だったからいよいよ地上波デビューしてないのはORIGIN SAGAだけに・・・
自分はネットフリックスは加入しているけどULTRAMANは未視聴だからこれを機に見てみようかな。
デザインカッコ良いと思って漫画見て1巻目で挫折したけどアニメなら見やすいかもしれない。

○SSSS.DYNAZENON
グリッドマン新作はダイナゼノン。
アニメ版の続きではなく新世紀中学生がメイン?の完全新作。
アカネや六花が続投するか分からないけどキャラ人気高いし出てきそう。
驚くべきはユニバース化して展開すること。
最近のウルトラマンはアメコミに習ってマルチバースを取り入れているとはいえついにユニバースにまで踏み込んだ。
MCU、DCEUと世界の大作映画がやっていることをグリッドマンで取り入れて展開する日が来るとは。
実際アニメ1期は実写版デザイン出したりと特撮版ファンも満足の大団円で続編展開難しそうだから思い切ってユニバース化したのは正解じゃないかな。

結城友奈は勇者であるもだけど続編を想定していなかったアニメがヒットすると実際に続き作るまでこれだけ時間かかるんだね。
もう1度スタッフ集めて放送枠も買ったりしてやること多そうだし。
特にグリッドマン(特撮系)のようなフィギュア展開ある作品はバンダイとも連携して工場ライン稼働抑えてと他のアニメ以上にやること多そうだし。


○劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス
最後はタイガ 劇場版のニュース。
例年なら夏ごろには製作発表されているのに今年はされないからツブコンで発表?と予想したら案の定。
予想出来たのは発表時期だけで内容はニュージェネレーションが本人で全員出場という全く予想できなかった。
ニュージェネレーションヒーローズで全員集合やっているからタイガではやらないものとばかり。
ヒロユキ/タイガを含めたニュージェネレーション8人が揃うシーンは変な声出しちゃったよ。それぐらい興奮した。
劇場版オーブでは叶わなかった新世代集結がついに実現。
タイタス・フーマも一緒に実体化しているシーンがあったからギンガらと並んで10人揃い踏みをやって欲しい。
今のところ劇場タイプの発表は無いけど出てこないはずがないし、今度はギンガビクトリーも入れた全員集合を見てみたいな。

敵は闇堕ちしたタロウ。
メインビジュアルのトライブレードを中心に2人が移っているのがアメコミ映画っぽい。
どうやらトレギアも生き残っているようだしタロウとの詳しい過去が明かされてトレギアと完全決着?
噂では来年7月のテレビシリーズを最後にウルトラマンは一旦お休みになるようだしトレギアを他の作品を渡り歩くようなことはしないと思う。

今は消されたけどウルトラマンパワードも出るとか?
佐藤健出演、ゼロワンビジュアル先行公開と企業サイトがネタバレも珍しくなくなって来たし本当にパワードはありえそう。
公開は3月6日金曜日。ライダーは金曜公開やめて土曜日に戻したけどウルトラマンは金曜公開を貫くのね。
ネタバレ見たくない派にとっては辛いところ。


円谷関連のイベントでこんなに発表できる事あるのが凄いね。
真っ暗な会場で新情報が発表される度に歓声が挙がる。サンディエゴコミコンのような状況が日本の、しかも円谷関連だけのイベントで起っている事実が凄いよ。
あんまりこういうこと書くのもあれだけど、この企画力と実行力に関しては東映越えてるなと。
マーベルコラボやギャラファイの吹替え対応配信、アメリカ裁判で勝ってディズニージャパン出身の社長の手腕も相まって日本だけでなく世界を相手にしている。
東映はライダーのアメリカ進出がとっくにこけて頼みのパワーレンジャーも権利関係がややこしくなってきて国内市場でしか安定してないからチャンス。(東映もアジアで安定していると言えばしているけど)
ツブコンを見た東映の偉い人の反応が気になる、白倉Pとか。



  1. 2019/12/15(日) 21:20:31|
  2. その他ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゼロワン第15話「ソレゾレの終わり」 感想 | ホーム | ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ Episode12 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/4397-69637b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀 豪華声優陣 発表!
ワンダヴィジョン 2020年末配信開始
魔進戦隊キラメイジャー 第24話「バンドしちゃうぞ!」 感想
仮面ライダーセイバー 第3話「父であり、剣士。」 感想
ウルトラマンZ(ゼット)第13話「メダルいただきます!」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する