FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

エージェント・オブ・シールド シーズン6 感想

200402-100.jpg
エージェント・オブ・シールド シーズン6の感想。
国内配信の最新シーズンに追いついた。




コールソン去った後のシールドはマックが長官に。
見ているとかなり苦労しているように見えるしアローでいうディグルがリーダーになっているくらい無理しているチームを見ている錯覚。
デイジーとシモンズの3話の酔っ払ったガールズトークは吹替えで見ているから中の人たちがはっちゃけているようにしか見えないww
「エクスペクトパトローナム」「グリフィンドールにレイブンクロー」とハリーポッターネタも多数。
フラッシュでもシスコがやっていたしアメリカでは割とポピュラーで許されるネタ?

フィッツは生きていると思ったら一瞬で引き裂かれて1年後。エンドゲームの5年後を彷彿させる潔さ。
シモンズのフィッツに対する執念が凄くてシモンズらと仲違い寸前。
シーズン5は衝撃のラストだったけど平然とフィッツが出続けてるからちょっと拍子抜け。
配信で一気に追いかけているから感慨深さを感じる余裕がないってのもあるけど。
フィッツをまた見れて2人のやり取りが過去の思い出旅行を見ているようだ。
シーズン1の頃は髪型も変わって別人に見える。
「全然知らなかった!君にあんな顔があるとは!」
極限状態でもなぜか笑える。夫婦であっても知らないことは多い。
「愛してる!」で怒鳴りあってるのが子供の喧嘩で草

フィッツとイノックの親友な関係が面白かった。
カジノのシーン好きw
ゲームの駆け引きは天才的でも人を見る目がなかった。
イノックがいるからフィッツがいると気付いたからシーズン5でのやり取りがまた違って見えるね。
それにタイムマシンの製作者については触れられていなかったことを思い出した。

イノック「君たちの人生を永遠に変えるようなものだ」
フィッツ「あーはいはい」
シモンズ「またそれ?」

が波乱万丈に慣れていて頼もしいw

コールソン(のそっくりさん)は敵として登場。一人称も俺に変化。
日本のアニメや漫画だとコードギアスやブラッディマンデイその他色々と主役が敵になるってたまにあるけどアメコミだとあんまみない気がする。
別世界の色違いの敵はよく見る印象。
アイゼルはアメコミらしい強さを持つ強敵。
あんなに簡単に乗り移られたらアベンジャーズでも苦戦しそう。
ドクターストレンジ・ワンダ・キャプテンマーベルあたりなら対抗できそうだけど。

ラストはコールソン復活も、うーんLMDか・・・
本来のコールソンはもう病気で亡くなったから仕方ないけれど。
いよいよ次のシーズン7が最後で過去編になるとか。
インフィニティ・ウォー(指パッチン)やエンドゲーム(5年後)との関連は意識しないで作っている。
実写映画との繋がりを楽しみにしていた自分としては残念だけど7年間も続いたら立派な一つの作品だしこのままの路線で終わりを迎えそう。





  1. 2020/04/02(木) 19:46:13|
  2. マーベル・シネマティック・ユニバース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<牙狼<GARO> VERSUS ROAD第1話「NEW GAME」 感想 | ホーム | がんばれいわ!!ロボコン 公開決定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/4713-32fa4172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

S.H.フィギュアーツ マーベルズ・レスキュー(アベンジャーズ/エンドゲーム) レビュー
S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク85 《FINAL BATTLE》EDITION (アベンジャーズ/エンドゲーム) レビュー
魔進戦隊キラメイジャー キラトーーク! 相方大好き魔進 感想
仮面ライダーゼロワン シューティングスペシャル 感想
ウルトラマンクロニクル ZERO&GEED 第21話「これがGEEDの証だ!」  感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する