FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀 豪華声優陣 発表!

ブラック・ウィドウ再延期でショックだったのもつかの間、
ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀の声優陣発表。

80役の長谷川初範さんがメビウス以来13年ぶりのシリーズ出演はびっくり。
いくら80配信中でアフレコだけとはいえかなり頑張ってる。
アブソリュートタルタロスにはswb。
以外にもウルトラマンはこれが初。
ゾフィーが田中秀幸さんじゃないのは若い頃だから?
龍臣くんの好きなジャスティスのアフレコをペガの声優だった潘さんなのはめぐり合わせを感じる。ウルトラの母もレム。
パワードは未見だけど森川さんなのはそのまんまみたいだね。
宇宙恐魔人ゼットもウルフェス通り。いっそギンガかルギエルも出てきてほしい。


気になるストーリーは全10話の3章構成。
1章3話でラスト1話でゼット1話に繋がる話かな。

予告で80とユリアンがいた惑星カノンにルーゴサイトがくるみたい。
オーブORIGIN SAGAから惑星カノン、ルーブ本編→からルーゴサイトと思わぬところでO50宇宙のある要素が重なっている。
オーブ、ロッソ・ブルら本人がいないところでのクロスオーバーしていて燃える。
ルーゴサイトがルーブ本編と同じ個体かは分からないけどマックスやリブットの若き頃なら負けて逃げられてもおかしくなさそうだし同一個体かも。

2章はウルトラ大戦争でついに映像化?
ウルトラウーマンマリー(のちのウルトラの母)の心まで射止めたケンに対し、開いていく差を認められないベリアル。
は酷いw
ベリアルアーリースタイルが今の姿になったのはレイブラッドではなくアブソリュートタルタロス?
同じ究極生命体だし偶然ではなく何かありそうね。
10年以上経ってもなおゼロのストーリーが終わらぬようにベリアルもまだまだ続きそう。

3章は現代編でニュージェネクライマックス後、ゼット1話前っぽい雰囲気で前作と似たような間のストーリーかな。
トライスクワッド対ゼットン軍団が見れそうで楽しみ。
メビウスも教官になっていそうで頼もしい先輩になっている姿が想像できないw
3人でフォトンアースかトライストリウムになってほしいな。
あわよくばコスモスとジャスティスの合体でレジェンドも見てみたい。
キングやノアはなんだかんだで出てくるけどレジェンドは本当に映画一回だけだから。











200924-1.jpg
グレート・パワードのソフビも発表され本当に映像撮品出演なんだと意気込んでくる。
アルティメットルミナスやウルトラメダルだったり商品化こそされているけど映像作品は殆どお目にかかれなかったから。
11月22日(日)朝10時から配信開始でセイバー・キラメイジャー見た直後って最高か。
ゼットの放送終わった1月下旬までやってくれるし途切れなく新作続いてくれるのは嬉しいね。







  1. 2020/09/25(金) 00:24:16|
  2. ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<今日のお買い物 | ホーム | ワンダヴィジョン 2020年末配信開始>>

コメント

着実に嬉しいニュースが積み重なっていくこの昂揚感
直に見るより発表を待っている時間にこそ人間はテンションがあがるといいますがそれです

個人的に今回の発表ではリブットがかつてマックスと同僚の関係というリンクのさせ方に盛り上がりました
マックス・リブット、あとダイナやエックスのような「親しみやすい人柄だけれど意外に背景は不透明で実力はガチ」
というウルトラマンが好きなので
マックスは世代的に昭和や平成3部作のウルトラに比べて新しいけれど
ゼロ以降との繋がりは薄めとやや浮いていたので
所属がいまひとつ不透明だったリブットと繋がって互いに足場が少ししっかりしたというか
WIN-WINの関係になったのが嬉しいです



>ゾフィーが田中秀幸さんじゃないのは若い頃だから?

世代がウルトラ大戦争の頃から父母ゾフィーを丸ごと新キャストに変えても違和感がない、という計算かもしれませんね
これまでベリアルが血迷った行為に走った理由についてはややぼかした感じの扱いでしたが
自分を置き去りにして出世していくケンに片思いの女を寝取られたショックとファンに冗談交じりで言われていたことが
ジャストに映像化されると聴いて今から2章にはかなり期待しています



>ジャスティスのアフレコをペガの声優だった潘さんなのはめぐり合わせを感じる

女性CVが演じる凛々しい男性、のようなイメージなんでしょうか。
最近のアニメでは大手のジャンプアニメ化作品とかを除いてあまり見なくなったタイプのキャスティングな気がします
ジャスティスについては人間態で女性の姿を取っただけでウルトラマンとしてのイメージはかなり男性的な印象だったので
聴くまでどんな感じなのか想像できませんね



>パワードは未見だけど森川さんなのはそのまんまみたい

「パワード」は吹き替えが洋画劇場状態で超豪華です。ただ今回のキャスティングは当時のままではあるけれど
違和感がなくもない、という感じで森川さんはパワードに変身するカイ隊員の声で
ウルトラマンの方は大塚明夫さんなんですよね。いわば最近だとギンガやエックスと同じで
ウルトラマンしか出てこない作品でも人間態の方の声に寄せているキャスティングです
パワードはラストに憑依した人間と別れるタイプのストーリーだったので、カイの声のままなのはヘンと言えばヘン
ただ大塚さんは現状ライダーの方にかかりきりで多忙だったことも関係ありそうで
ならオリジナル要素があるだけ充分だな、という曲がりくねった「アリ」という印象でした



>宇宙恐魔人ゼットもウルフェス通り。いっそギンガかルギエルも出てきてほしい

個人的にギンガのCVは杉田さんのほうがしっくりきますね。頭身の高い筋肉質な佇まいが
完成した大人の男性っぽくて、ヤンチャ系のヒカルの声や性格で動かれるとイマイチ合わない気がするので

あと個人的にゼットの役回りは「ゼットン軍団を引き連れたすごく強い敵」からもう一歩ドラマ性のある方に来てほしいです
ゼットンは無言で淡々と殺しにかかってくるところに凄みがあるので、喋れるゼットはそっちとは別に掘り下げないと
擬人化したありがたみが薄いと思うんですよね。時間制限が厳しいので、せめて印象的なセリフの1つ2つは
爪痕として残してもらいたいです



>惑星カノンにルーゴサイトがくる

踏んだり蹴ったりですねあそこは…大事になってしまったアフターフォローに
第三者の光の国が助け船を出したという感じなんでしょうか
観音像を思わせるユリアンはなんとなく戦神に佇まいが似ている気がします



>ニュージェネクライマックス後、ゼット1話前っぽい雰囲気
>あわよくばコスモスとジャスティスの合体でレジェンドも見てみたい

クライマックスとしての位置づけといい、タルタロスの陰謀の根深さといい
凄まじい規模の大決戦になりそうな予感なんですが、経験値も低くメダルも持っていないゼットは果たして
物の役に立つ…というか生き残れるんでしょうか?一瞬で消し炭にされそうで戦々恐々です
レジェンドに関してはサプライズで無いとも言い切れないのが微妙なところですね
大集合系のイベントに出てきたりもしているのでスーツが使い物にならないから出せない、というような事情は
無いと思うのですが…



>グレート・パワードのソフビも発表

グレートのクオリティが凄い良いですね。顔つきとか銀よりも白に近い体色
大柄な感じの体格が上手く表現できていると思います
パワードも旧版に比べてだいぶ顔が似せられていますね
実物を子供の頃持っていたのでそういう実感が強いです



>途切れなく新作続いてくれるのは嬉しい

子供時代がちょうど特撮の冬だったので「無い状態を過ごす」ことには慣れているのもあって
ウルトラに限らず時に作品のクオリティが落ち込んだりした時「無理して続けなくてもいいんだよ」という
心の声が出かかりますが「続けていく」ことの意義も商業的・シリーズ構成的に重大なんですよね
単に作らないだけで充電期間とはなりませんし、再始動にはもっとエネルギーがかかるかもしれないので



しかし、確かにこの作品がスタートすると現行の「Z」が先に終わってバトンを渡す形になるんですよね
その時Zの最終評価がどういった形に落ち着いているのか、今から既に興味深いです
  1. URL |
  2. 2020/09/25(金) 09:09:51 |
  3. 1 #-
  4. [ 編集 ]

>1さん
>直に見るより発表を待っている時間にこそ人間はテンションがあがるといいますがそれです
旅行やお祭りは準備期間の方が面白いように映像作品も特報PVで盛り上がっているときが一番楽しいかもしれません。
ダイナは超古代の戦士という一応の背景はありますがエックスはガチで不明ですよね。
未だにグリーザをどうやって太陽に落とせたのか気になってます。
マックスはエックス客演したり一瞬活躍しましたがその後はTV版フュージョン系にも恵まれず
一時期のように存在感薄くなりつつあったのでここにきての活躍は嬉しいですね。
あまり語られていないからこそ、思い切ってリブットと繋がることができたのかもしれません。

>自分を置き去りにして出世していくケンに片思いの女を寝取られたショックとファンに冗談交じりで言われていたことが
>ジャストに映像化されると聴いて今から2章にはかなり期待しています
そのネタ文章?を見ていたせいで公式サイトの記載は笑ってしまいましたよ。
どの章も楽しみですが2章は別格になりそうです。

>女性CVが演じる凛々しい男性、のようなイメージなんでしょうか。
ジャスティスは性別:女って訳ではないので凛々しい男性って雰囲気でアフレコして欲しいですね。
ペガのような少年声は違うと思うので九衛門みたいになるんでしょうか。

>違和感がなくもない、という感じで森川さんはパワードに変身するカイ隊員の声で
>ウルトラマンの方は大塚明夫さんなんですよね。
なるほどそういうことでしたか。
違和感はありますが間違ってはいない絶妙なラインですね。
ギンガの声が今では完全にヒカルに変わってしまったようなものですかね。
大塚さんは忙しそうですしスケジュール確保難しかったのかもしれません。

杉田さんがアフレコすることとですしサプライズでギンガかルギエルに期待です。
過去回想?でエンペラ星人も出てくるのでそこでルギエルと並んでほしいです。
M78星雲ラスボスのエンペラ星人に未来の敵であるルギエルは神秘的な組み合わせでもありアトロシアスの元になった組み合わせでもあるので。

>経験値も低くメダルも持っていないゼットは果たして
>物の役に立つ…というか生き残れるんでしょうか?一瞬で消し炭にされそうで戦々恐々です
ボイスドラマの時点でゼットライザーの実験には参加していた雰囲気なのでアクセスカード無しでウルトラフュージョンするのかもしれません。
そうでなければ瞬殺されそう・・・
ゼロあたりはさも当然のようにレイトのアクセスカード使ってグランセイバードゼロになりそう。
前作でレイト無しでビヨンドになった実績がありますし10周年なのでサプライズ枠になっているかもです。

>「続けていく」ことの意義も商業的・シリーズ構成的に重大なんですよね
>しかし、確かにこの作品がスタートすると現行の「Z」が先に終わってバトンを渡す形になるんですよね
噂ではゼットでニュージェネ終わりなんて話もありますがこの人気ぶりを見ると終わるのが勿体ないです。
「続けることが大事」は列伝を何年も放送していた円谷スタッフが一番よく知っているはずなので来年以降も続いてほしいですね。
ギャラファイも年1制作になってくれると最高です。
  1. URL |
  2. 2020/09/25(金) 20:49:47 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

>80役の長谷川初範さん
ベリアル銀河帝国以来ですよ~。この時はユリアンもオリジナルの萩原佐代子で話題になってましたし。

ゾフィーの武内くんで更に遊戯王声優が参戦とは・・・。
ちなみにミラーフォースなどの懐かしカードを使いまくるライバルキャラというオイシイキャラ
  1. URL |
  2. 2020/09/25(金) 22:39:31 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集 ]

>U戯Oさん
ベリ銀の時もでしたか、失礼しました。
武内くんは未だにプロデューサーのイメージなのですが遊戯王もやっていたんですね。
ミラーフォースは懐かしいです。
死者蘇生や攻撃の無力化とかあの辺のカードは思い入れがあります。
  1. URL |
  2. 2020/09/26(土) 12:31:18 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/4909-dcb1e932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

魔進戦隊キラメイジャー 第29話「まぼろしのアタマルド」 感想
鎧武外伝 仮面ライダーグリドンVS仮面ライダーブラーボ 第1話 感想
仮面ライダーセイバー 第8話「封印されしは、アーサー。」 感想
アクリルロゴコレクション 仮面ライダーオーズ レビュー
ウルトラマンZ(ゼット)第18話「2020年の再挑戦」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する