FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

HG 五星戦隊ダイレンジャー レビュー

210510-11.jpg
プレミアムバンダイ限定 HG 五星戦隊ダイレンジャーのレビュー。




210510-12.jpg
正面パッケージがリュウレンジャーで側面にはオーラ輝く5人が。












210510-13.jpg
リュウレンジャー 天火星・亮

腰を落としたポージング、五星マークの印刷、細かな武器とまさにリュウレンジャーが目の前にいるかのようなクオリティ。
印刷は細かいけれど塗装精度高くないのが欠点でチラホラ甘いところも。
このサイズだから仕方ないけど、去年のカクレンジャーより高くなったからもっと精度上げてほしかった気もする。
長時間飾るには付属のクリア台座が必要かな。










210510-14.jpg
シシレンジャー 天幻星・大五
正面から見ると顔に腕が被りそうになるので斜めから見るとイケメン。
若干ながら、マスクの丸みから可愛らしさも感じてしまうけど力強いポーズはまさに大五。










210510-15.jpg
テンマレンジャー 天重星・将児

今回の5人の中で一番スラッとしたポージングで立体化。
元ヤンの印象からかパワーファイターな印象があるけど、劇中のポージングは一番美しかったりもする。
個体差なのか擦り傷あったのが残念。
左足の分割線も目立ってしまうしポージングはいいのに勿体ない。










210510-16.jpg
キリンレンジャー 天時星・知

一番複雑な姿で立体化。
酔拳のような変芸自在の動きでどのアングルからもポージングを楽しめて飽きが来ない。
カッコいいのはリュウレンジャーやテンマレンジャーだけど造形物として素晴らしいのはこのキリンレンジャー。
クイっと曲がった右人差し指がたまらない。










210510-17.jpg
ホウオウレンジャー 天風星・リン

細い手足やスカートの皺、胸の膨らみなど女性素体だけあり男性ヒーローとの違いも目立つ。
スカートの中の分割線は何でこんなところに…
凄いと感じたのが指先で本物感を演出する再現度。
ホウオウレンジャーに限らずHGダイレンジャーは指先に魂感じる。










210510-18.jpg
天に輝く五つ星! 五星戦隊!ダイレンジャー!!

5人揃うと壮観。戦隊は5人いてこそだね。
ダイレンジャーのフィギュアは当時のソフビやレンジャーキーでは揃ったけど、フィギュアーツは頓挫してしまった経緯があるので久しぶりに5人同一フォーマットで揃った。











210510-19.jpg
色々なアングルから。

子どもの頃のヒーローが現代になってマニア展開となり発売してくれるのは嬉しい。
けれど1体あたり1600円超えてるのに塗装はやや雑なところあったのが玉に瑕。
去年のカクレンジャー(1体辺り約1200円)の時点で割高に感じたのにさらに値上げしてるから。

戦隊職人でもロボ・オーラチェンジャー出たしミニプラやSHODO SUPERで出そう。
ガオレンジャーの展開一段落したらくるんじゃないかな。そろそろ30周年だし。







  1. 2021/05/10(月) 22:33:34|
  2. その他玩具・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ゴジラ S.P <シンギュラポイント>第8話「まぼろしのすがた」 感想 | ホーム | S.H.フィギュアーツ ウルトラマンオーブ オリジン・ザ・ファースト レビュー>>

コメント

ぽつりと箱に描かれた「DAIRANGER」の表記が
もう大人になってしまった子供たちに向けて発売されたアイテムというのを実感させてくれます
グローブの表現が素晴らしいですね。ハメればその分指が太くなるからゴワゴワした武骨な雰囲気にはなるけれど
その手で拳法の精緻な構えを取っているという状態がわかるのが見事です

あとダイレンジャーのマスクはアニマル系列のデザインですが
モチーフとなった神獣の正面から見た顔が人間でいうと眼の下あたりのラインで分割されていて
間にゴーグルが挟まっているという構成が独特ですね
額の部分だけでなくゴーグル・口部マスクともに全員違っていて
テンマレンジャーなら長四角っぽい馬面に、ホウオウレンジャーは口部が逆三角形の嘴だから小顔に見える
みたいな個性が面白いです
  1. URL |
  2. 2021/05/12(水) 18:42:34 |
  3. 1 #-
  4. [ 編集 ]

>1さん
>ぽつりと箱に描かれた「DAIRANGER」の表記がもう大人になってしまった子供たちに向けて発売されたアイテムというのを実感させてくれます

まさに当時の子どもに向けたフィギュアでグローブ・指先のクオリティが凄いんですね。


>モチーフとなった神獣の正面から見た顔が人間でいうと眼の下あたりのラインで分割されていて間にゴーグルが挟まっているという構成が独特ですね
ガオレンジャー・アバレンジャーのようにモチーフになる動物が口を開いた状態のデザインになるのはありますが
ダイレンジャーのようなデザインの取り入れ方はあまりみないですよね。
リュウレンジャーはもう直球でカッコいいです。
戦隊ピンクは男に比べ女の子は可愛くなる傾向にありますが女の子のホウオウレンジャーでもカッコいいのが凄いです。
  1. URL |
  2. 2021/05/12(水) 23:37:51 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/5203-c6f1e7f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

ザ・ハイスクール ヒーローズ 最終回(第8話) 感想
ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第9話「あの日の翼」 感想
ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー 感想
S.H.フィギュアーツ シャン・チー(シャン・チー/テン・リングスの伝説) レビュー
ホワット・イフ...?(What If...?) 第6話「もしも…キルモンガーがトニー・スタークを救ったら?」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する