FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

仮面ライダーリバイス 第2話「悪魔はあくまで悪いやつ!?」 感想

210912-1.jpg
2話目にしてOP映像解禁。
オーズ以来の「変身!」が一番嬉しかった。
フォーゼでも入れられそうなカットがあったのに無かったし、ヒーロー作品なんだから毎年あっても良い要素。
ヒーロー的熱さはないけど悪魔らしい不穏な映像が多い。
1号・クウガ・ブラックらしきライダーが捕まってるシーンを始め、考察が進む。
アズ(長髪イズ)を考えると何も考えてない可能性もあるけど…

変身したまま温泉でのやり取りが多いからスーツが心配。
温泉シーン用でお湯に強い素材でも使った特注版だったりするのかな。
ヒロミは降格させられて可哀想。ヒーロー的行動をしてもなお世知辛い。

ゴルファーのキャディーが怪人に変身。
それをAパートで倒してしまうから驚いた。平成2期の頃なら前半1話でキャディー、後半1話でゴルファーの流れだから。
何より同一エピソード内で復讐からのやり返しをしたのが凄い。
平成2期お悩み相談なら「怪人にさせるほど追い込んでしまって悪かった!」に2話使いそうなのにリバイスではさらに怪人生み出してやり返している。
実際問題、怪人生み出されて命の危機に陥ったのに都合よく和解にはならないよね。
今回のゴルファーは元々性格悪い前提はありつつ、さらにやり返した方がリアルではある。
怪人を倒し終わった後の「その後」を描かれることは殆どないため、お悩み相談から一歩踏み込んだ内容になっていて好印象。











210912-2.jpg
イーグルバイスタンプを使ってイーグルゲノムへ変身。
仮面ライダーダブルがモチーフになっていて変身直後のバイスの動きがおま罪っぽい。
リバイは目が変わりバイスは頭部がダブルっぽくなっていて双方でコンセプトが別で面白い。
スーツ予算だけが気になるところでどこまで製作してくれるのか。

ゴルフ場の網に捕まる怪人合成はこれまでにないシーンで新鮮。
後半のレックスと言いあくまで組体操に拘るのが一周回って斬新w
オーインバスター50のシーンで驚いているのが面白かった。
似た武器のカブトクナイガンの場合、天道が完全に使いこなしていたけど実際はこんな反応になるよねw

バイスのハイテンションにはまだ慣れず、何喋っているか分からなくなる時もあるけど今週も面白かった。
明るい要素はほぼバイスだけで意外と暗いストーリーだね。
ビルドからずっと真面目な雰囲気の作品続いたから今作は明るい作品に割り切ると思ったから意外。
OPを始めレジェンド要素もちらほら見えてきたのも注目ポイント。






  1. 2021/09/13(月) 01:30:04|
  2. 仮面ライダーリバイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<機界戦隊ゼンカイジャー 第27話「7つの世界を大航海!」  感想 | ホーム | ザ・ハイスクール ヒーローズ 第7話 感想>>

コメント

>1号・クウガ・ブラックらしきライダーが捕まってるシーンを始め、考察が進む。
このシーン最高ですね!
こういうのが見たいんですけど、実際にやるのはウルトラファイトとエンドゲームを合体したような運動会…w

>アズ(長髪イズ)を考えると何も考えてない可能性もあるけど…
そもそも終盤まで話数が変動するような体制ですから逆算したところでちゃんとたどり着けるか怪しいんですよね。
オリンピック休止も結果的には1週間だけでしたけど、鎧武のときもたしかIS報道で潰れたり謎の休止がありました。
そういう状況っていうのもありますし、そもそも中だるみしがちなんで、こうやってOPで監督が感覚的にやりたいシーンを先出ししてそれがなんとなく脚本で回収するスタイルはネタになって丁度いいのかも。

>ヒロミは降格させられて可哀想。ヒーロー的行動をしてもなお世知辛い。
でも弟くんがいるのに先走っちゃいましたからね。
ヒーロー的な憧れと自己中心的行動が混ざって最悪の結果に。
後藤さんも加賀美もそこまでの醜態は晒してないですw

>お悩み相談から一歩踏み込んだ内容になっていて好印象。
感情移入できる暇はありませんでしたが、1話完結で尚且物量作戦だったのでストレスにはなりませんでしたね。
相棒が作ってしまった悪魔を止めてください!っていうシーンだけはすごく光ってましたし。

>イーグルバイスタンプを使ってイーグルゲノムへ変身。
地味に翼とマフラーも似通ったデザインな感じで意外と悪くないような気がしてきましたw
Wと言えば平成ライダーでは珍しいマフラーですからね。

>バイスのハイテンションにはまだ慣れず、何喋っているか分からなくなる時もあるけど今週も面白かった。
イマジンも個人的にはもうやめてくれ~って思ってるので、気ぐるみコントはちょっと未だに入り込めないですねw苦手ですw
なんかバイスはめっちゃ人を食いたがるけど、他の悪魔が人を食べてるところを見ないのであんまり怖く感じないんですよね。
バイスってエグゼイドでいうM人格(とパラド)だと思うので、なにかありそうな感じですが。

>ビルドからずっと真面目な雰囲気の作品続いたから今作は明るい作品に割り切ると思ったから意外。
まぁジオウが真面目かというと微妙ですがw
エグゼイドも一応は衛生省の管理下にありましたし、こういう公的な機関に属しているタイプのライダーはどうしても堅い雰囲気がでますよね。
だからこそ緊張感があっていいと思います。
デンライナーって結局何がしたいのかよくわからないですし、フワフワした世界観だと話がどうこう以前にリアリティの何も無いですからね。
  1. URL |
  2. 2021/09/13(月) 10:18:20 |
  3. ドロー #dKZO1wvI
  4. [ 編集 ]

>ドローさん
>このシーン最高ですね!
改造人間をさらに改造・研究するようなダークなシーンで素晴らしいです。
本編でどこまでやれるか分かりませんが期待する要素の1つです。

>そもそも終盤まで話数が変動するような体制ですから逆算したところでちゃんとたどり着けるか怪しいんですよね。
オタク的には鎧武の用に(出来るかはともかく)年間計画合った方が安心しますが実際は様々な事情で変わりそうなので大変ですね。
しっかり道筋建てて矛盾のない脚本よりも無理難題を臨機応変にこなす脚本の方が仮面ライダーには向いているのかもしれません。

>でも弟くんがいるのに先走っちゃいましたからね。
それ言われたらそうなんですけど非常事態ですし、本人なりに頑張ったのにちょっと気の毒でした。
以前にもフェニックス研究所を襲われたりしてもお咎め無さそうだったので一応チャンスは貰っていたみたいですけど。

>Wと言えば平成ライダーでは珍しいマフラーですからね。
クウガ以降の主役ライダーでいえば唯一ですしね。
強いて言うならゼロツーの高速移動で首元のアーマーがマフラーっぽく見える程度でしょうか。
ダブルの特徴を捉えている面白いフォームチェンジでした。

>イマジンも個人的にはもうやめてくれ~って思ってるので、気ぐるみコントはちょっと未だに入り込めないですねw苦手ですw
自分はイマジンコント好きだったのですがバイスはまだ馴染めませんw
イマジンも苦手となるとドローさんにとってこの1年間はちょっと辛いかもしれませんね。
仰っている永夢とパラドの関係性という視点でみれば飽きが辛さが緩和されるかもしれません。

>デンライナーって結局何がしたいのかよくわからないですし、フワフワした世界観だと話がどうこう以前にリアリティの何も無いですからね。
タイムパラドクス物としては作りこまれていましたがデンオウベルトやデンライナー絡みは作りこまれておらず、かなりフワフワしてるんですよね。
自分はそれほど気になりませんでしたが、突き詰める方は気になるかもしれません。

  1. URL |
  2. 2021/09/14(火) 00:35:46 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/5346-1a16d5e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

ザ・ハイスクール ヒーローズ 最終回(第8話) 感想
ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第9話「あの日の翼」 感想
ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー 感想
S.H.フィギュアーツ シャン・チー(シャン・チー/テン・リングスの伝説) レビュー
ホワット・イフ...?(What If...?) 第6話「もしも…キルモンガーがトニー・スタークを救ったら?」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する