fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

モンスターアーツ メカゴジラ FROM GODZILLA VS. KONG (2021) レビュー

220104-26.jpg
ゴジラVSコングの終盤に登場したメカゴジラ(2021年版)がモンスターアーツで登場。
日本が誇る大人気俳優・小栗旬、ついにモンスターアーツに。
ラスボスに相応しい大ボリューム。



220104-27.jpg
ブリスターは本体と交換用手首のみ付属。
全身がメカなので機械系が得意なバンダイの本領発揮でほぼ劇中通りのクオリティ。
メカメカしい見た目とは裏腹に円らな目。口は開閉。
肩や胸部からはミサイルパーツ展開可能。
見た目はいいけど劇中では戦いと共に汚れも目立っていたので、それは好例のスペシャルカラーverになりそう。
傷によるダメージがなくシルバー一色なので、造形はよくてもメリハリに欠ける印象もある。











220104-29.jpg
ゴジラ(2019 ポスターカラー)との比較。
明らかにサイズ非がおかしくて劇中比とも違うような。
自分は持ってないけどギドラ(2019)も異様に大きかったようだし敵キャラ巨大化の法則でもあるんだろうか。











220104-28.jpg
220104-30.jpg
この巨大と見た目なので可動範囲広いわけではないけど最低限は動く。
なぜか肘関節が固くて壊さないか恐る恐るになってしまう。
尻尾はフレキシブルになっていてストレスなくよく動く。
海外イベントでのサンプル展示では台座付きだったから自立できないのかと焦ったけど、実物は二足でちゃんと自立して一安心。
ゴジラとコングと一緒に撮ればそこはもう映画の世界。
撮影スペースが狭くてアップの写真ばかりになってしまったけど、背景気にせず写真撮ると楽しい。

本体の出来や存在感は大満足だけど、もう少しメリハリ効かせた見た目にしてほしかったのは正直なところ。
良い値段するんだからエフェクト類は付けて欲しかった。
ゴジラの熱線に打ち勝った光線やゴジラの攻撃をかわしてカウンターパンチ叩きこんだ時の背中のブースターとかは印象的だったから。
モンアツ ゴジラは必ずと言っていいほどリメイク(スペシャルカラー)が出るから数年後のリメイク時に期待かな。







  1. 2022/01/04(火) 19:30:16|
  2. その他玩具・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーバスター 玄武神話 レビュー | ホーム | ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突 プロローグ 感想>>

コメント

ゴジラシリーズはシメかそれに近い作品でメカゴジラが出るんですよね
強さが極まっていくと「自分殺し」に集約していくとよく言いますが
メカゴジラの場合人類の敵であれ味方であれゴジラとの
「生命体VS無生物」「熱い核融合VS冷たい超合金」というイメージ的温度差が心地良いです
今回のメカゴジラは器は人工物ですが、そこに人類の欲望や執着
前作のギドラの片鱗という諸々の狂気が入り込んで
悪霊の憑いた殺戮マシンのような禍々しさがいいアクセントになっていると思いました



>メカメカしい見た目とは裏腹に円らな目

元のゴジラが太ましい顔なのでそれに合わせたイメージですね
離れた小さい目と大きな口がかえって肉食の魚とか爬虫類を思わせる
凶暴な雰囲気を醸し出しています



>造形はよくてもメリハリに欠ける

ガンプラよろしく墨入れ処理が似合いそうですね
黒い専用マーカーで広い範囲をがーっと塗り潰した後
ティッシュや麺棒ですぐにこすり落とすと細かいモールドの奥に
塗料が残って陰影が深まります



>明らかにサイズ比がおかしくて劇中比とも違う
>敵キャラ巨大化の法則

明らかに違うんですが、個人的にはこういうサイズ差も好きですね
スパイダーマンとヴェノムとか、北斗の拳のケンシロウとラオウとか
ドラゴンボールの悟空とブロリーみたいな
凶悪な強敵がこっちよりも二~三回りくらい大きいバランス

キングギドラの場合は首・翼・尾と全ての構成要素が
外側の全方位へ広がっていくシルエットなので余計巨大に感じるのかも



>実物は二足でちゃんと自立
>ゴジラとコングと一緒に撮ればそこはもう映画の世界

しっぽがあるから最悪三点保持で立たせることはできるという安心感(笑)
全体のバランスとして格闘戦のためかゴジラ以上に腕が
太くて長いために上半身だけいびつにゴリラ感あるんですよね
そこにゴジラとコングがタッグで挑むというのは奇妙にハマるものがあります



>良い値段するんだからエフェクト類は付けて欲しかった

メカ系の怪獣はギミック大目な印象が強いので
出来栄えがよくてもゴロンと本体ひとつ箱に入ってるだけだと
どこかしら物足りなさを感じるんですよね。光る・鳴る・吠える!
のようなギミックを付け足すとそれはアクションフィギュアをとは
また別のカテゴリの玩具になるのでさじ加減はありますが
口から何か出せないかな、くらいは直感的に思うかもしれません
  1. URL |
  2. 2022/01/09(日) 11:41:51 |
  3. 1 #-
  4. [ 編集 ]

>1さん
>強さが極まっていくと「自分殺し」に集約していくとよく言いますが
恥ずかしながら初めて知りました・・・
ヒーロー作品でコピーライダーや偽戦隊が出てきますが理にかなっていたんですね。
今回のメカゴジラも良い具合にゴジラと対照的になっています。

>ガンプラよろしく墨入れ処理が似合いそうですね
そうそう、墨入れが良い感じになりそうです!
と言ってもやる勇気もないので他の人がやるかスペシャルカラー版待ちですw

>凶悪な強敵がこっちよりも二~三回りくらい大きいバランス
後から映像見返してみたのですが今回のメカゴジラに関しては良いバランスだと実感しました。
仰るように敵が少しくらい大きい分には違和感ないんですよね。
ウルトラアーツなんかもちょっとくらい怪人が大きくても気になりませんし。
ただ今月発想のギドラだけは明らかにオーバースケールなんですよね。
翼が大きいだけではなく胴体の大きさが完全にゴジラより大きいので。
詳しくは届いてからレビューします。
  1. URL |
  2. 2022/01/10(月) 01:55:16 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/5454-bd75556f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

ボバ・フェット/The Book of Boba Fett 第4話「迫り来る嵐」 感想
ホットトイズ・アクセサリー・コレクション 1/4スケールレプリカ ナノ・ガントレット  レビュー
仮面ライダーリバイス 第18話「バディの軌跡、炎と氷の奇跡」 感想
機界戦隊ゼンカイジャー 第43話「風見鶏の頭は風の真向かい!」 感想
ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA 第24話「闇の支配者」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する