fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突 最終回(Episode10) 感想

220501-2.jpg
ギャラクシーファイト 運命の衝突 最終回の感想。
ネタバレありなので続きからどうぞ。




前回は光線撃ってぶつ切りだったデスシウムライズクローから。
このためだけの形態でそのうちアーツ発表されそう。とりあえずゼット系なら売れるだろうし。
「息子なんか作った覚えはねえ」でジードの顔が寂しそうに見える
アグルやサンダーブレスターもだけど普段は怖いのに優しい顔に見せるウルトラマンのマスクデザインが優秀。

タルタロスは「あのお方のために」と差し違える覚悟。
まだ見ぬ女性アブソリューティアンだろうし、前作も最終回後にディアボロとティターンのビジュアル解禁なのでそろそろ女性アブソリューティアンも解禁されそう。
ここでウルトラマンキングの介入しリブットの反応がロスト。
ウルトラマンキングは存在そのものが高位すぎてウルトラマンであるかどうかも分からない設定だったと記憶しているけど
キング「我らウルトラマンと同じような力を持ちながら~」
って自身がウルトラマンだと認めてるのね。

ベリアルとトレギアもアイテムだけ回収してアブソリューティアンの元を去る。
以前も予想したけどタルタロスがギナを強制的にグアスぺクターにしたように、アークベリアルやアトロシアス、グリムド(トレギア吸収態)にするのが目的なんじゃないかな。
けど2人ともタルタロスの元を離れた事により自力でパワーアップした姿になりそう。
予算的に巨大怪獣は難しいだろうし、スーツ現存しているアトロシアスは十分ありえそう。


レグロスはアストラ・レオと同世代でありながらゼロやゼットとも同世代にしたのが上手い。
平行同位体の設定を余すことなく活かしているね。
さらには単独作品の公開が円谷イマジネーション独占配信が決定。
ギャラファイ4作目やボイスドラマで過去を描くのではなく単独作品だから力入っているね。
リブットのように人間態が出てくるかも?
デッカーゲスト出演も在り得る。

ラストシーンはタルタロスとディアブロがトリガーの世界にやってきたところで終わり。
トリガー客演会はギャラファイ3作目のどこかの時系列だと思っていたからやられた。
遠くから見ているダーゴンとヒュドラムで笑ったw
かなり余裕ぶった態度を取っているけど、グリッタートリガーエタニティにやられて残る命も5→4になってと散々な結果に。


以上、ギャラファイ3作目・運命の衝突でした。

総括としては前作同様に1回当たりの配信時間が10分を超えたのは嬉しい。
NGWのように3分だと盛り上がってきたころに終わって勢いが持続しないから10分もあれば十分、

また過去2作と比べてかなりサプライズが多い作品に。
メビウスインフィニティは予想できたけどノアやデシスムライズクローは予想出来なかった。
ラストシーンが実はトリガーに繋がるのも意外よね。運命の衝突のどこかの間にトリガー本編があったのかと思ったから。
UASのような海外組の復活、サブトラマンだけの救出作戦などテレビシリーズでは出来ない要素が多く配信作品の強みを最大限活かしていたかと。
現代でセブン21やゼノン、ジャスティスが活躍するところを見れるなんて信じられない。

敵側も新規造形スーツが多く、既にショーで出ていたグリージョダークネスやグアスペクターなどなど。
それらを1話で消化しきるのも潤沢な予算アップを感じる。

不満点としては一本のストーリーになったことで起承転結がバラバラになり、盛り上がりなども取っ散らかった印象。
TACが3部作構成で見易かったのもあるけど、とにかく世話しない。
その勢いこそがファイトシリーズの流れを受け継いだギャラファイと言われればそれまでだけど。


TACのように章構成とするなら
ニュージェネ編、ネクサス編、救出編→最終決戦
かな
自分はニュージェネ好きだから序盤が一番楽しめた。
ギンガ・ビクトリーVSタルタロス戦はテンポ良すぎて今でも見返しているくらい。
けど全体通して見るとニュージェネ編は丸々カットしても問題ないんだよね。
メインストーリーはリブット・ティターンの交流が深まるネクサス編からだし。

キャラ数増えたのもあるけど、序章だけの登場に終わったコスモスやUSA組のように登場がピークが否めないヒーローや結果的に良くなったものの賛否を巻き越してしまったネクサスなど扱いに疑問を覚えるキャラもちらほら。
正直お祭り作品としては1作目や2作目の方が面白かったしわくわくした。
2作目の時点で20年ぶりにレジェンド登場というビックイベントをやったせいで、ノア・メビウスインフィニティ登場もどこか冷静になっていたところはあるから。(登場自体は凄く嬉しかった!)


フィギュアーツ好きとしては配信中にまともに新作出なかったのが気がかり。
最近だとリブットとグリージョがやっと出るくらいでタルタロスすら出ない。
ニュージェネ究極形態は展示すらされない。
ジョーニアスらも出してほしいなあ。
デスシウムライズクローはすぐにでも出そうだけど肝心の対戦相手が出ていないのが悩む。
ギャラクシーグリッターは1回きり、トライストリウムレインボーは二回出てきたけどどちらもパッとしないし。


配信方法も日本は円谷イマジネーションだけなのかな?
先行公開なのか独占公開なのか曖昧なところがあって分かり辛い。
「全話配信後にyoutube配信します!」じゃ加入されないと思ってアナウンスしなかった可能性もあるけど
過去2作はyoutube無料配信で窓口広げたから大ヒットした節はあるのに今回触れもしないのは不誠実かと。
海外フルver先行配信とかもネタバレ喰らうしやめてほしかった…





  1. 2022/07/02(土) 00:01:05|
  2. ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウルトラマンデッカー直前スペシャル 感想 | ホーム | ミズ・マーベル 第4話「レッド・ダガーズ」 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/5600-8628080a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

バッド・バッチ シーズン3 第4話「それぞれのやり方」 感想
王様戦隊キングオージャー 最終回(第50話)「俺様たちが世界を支配する」 感想
仮面ライダーガッチャード 第24話「急転直下!禁断の鋼鉄ライダー!」 感想
ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(2024年) 第5話 「ジャッジメンター」 感想
ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する