fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

仮面ライダーリバイス 第47話「狩崎の反乱、変身の代償」 感想

220306-11.png
ジョージがラスボス・仮面ライダージュウガに変身。
クウガアルティメットフォームを彷彿させるデザインと設定でカッコいい。
顔がちょっとビルド ホークガトリングっぽい。
変身ポーズも一輝の反転を加えつつ、モロにクウガで世代としてはたまらない。
また主役ライダーでは恒例の全部乗せがラスボスライダーで実現。
見た目と言い設定と言いある意味で主役VS主役の戦いと言えるかも。

50周年記念として1号モチーフは既にセンチュリーやシン・仮面ライダーがそれに近いしブラックはBLACK SUN放送予定。
ダブルは風都探偵放送中でディケイドはアナザーディケイドがラスボスになったばかり。
となると残ったクウガをモチーフにしたってところかな。ジオウは直近すぎて除外されてそう。

ジョージの中の悪魔は既にバトルファミリアで倒しているため操られているとかではなく素でこの状態。
演じる濱尾くんの口角上がった顔や雰囲気も独特なのでラスボスには相応しいかも?

ジュウガドライバーはキメラドライバーのリデコ。
映画公開しないのに中々発売しないし映画ライダーは1号ベルト流用が殆どだから完全新規は珍しいと思ったらジョージも使うからだね。
キメラ実験を経たから完成したという設定にも沿っているし納得の流用。


ジュウガの前に花は変身も出来ずオーバーデモンズも敗北。
フリオ好きだからこの秒殺ぶりは寂しい・・・
映画を見た時は最終回後と勘違いしていたから無罪放免に見えた花も実際には罪を償うところだったんだね。
映画で不満だった要素は大分見方が変わってきた。

エビリティライブはおろか登場したばかりのインビジブルジャンヌでも敵わず敗北。
初登場補正すら通用しないから強い。
カゲロウは等価交換と言っていたけど、大二とさくらも何かデメリットがあるのかな。
今となってはVシネや小説じゃないと回収しないだろうけど。

次回でアルティメットリバイスVSジュウガ。
それでも勝てず最終回でリアライジング・オールマイティセイバー相当のフォームが出てきそう。


最近はイマイチな本編だったけど今週は面白かった。
これまであまり深刻そうに見えなかった一輝の記憶喪失も流石に親の顔を忘れるところまで来ると危なさを感じる。
(記憶喪失設定は意味あるの?)と疑問だったけどめげずに続けてきたおかげで今がある。
ボンが再登場したことで初期の楽しかったころの雰囲気を思い出しちゃった。

急遽ラスボスになった感のあるジョージだけど予告見ると何かの思惑があるようにも感じられる。
一応初期の頃から究極のライダーを作るとは言っていたしキャラがブレているとかはでない。
(映画からの繋がりとしてはおかしいけど)

正直な話、心はもうギーツに移っているけど最後の一ヶ月くらいは期待したいな。





  1. 2022/08/07(日) 22:08:27|
  2. 仮面ライダーリバイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<アイ・アム・グルート 感想 | ホーム | 暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第23話「イヌ、いぬになる」 感想>>

コメント

リバイスって、悪魔、家族、組織という、三本柱で話が動いてると思うんですけど、一番面白いのがフェニックスまわりなんですよね。
赤石長官まわりは自分は悪魔関連に分類しているのですけども。l

その流れでいうとジュウガはフェニックス・ウィークエンド関連のストーリーに分類されると思っていて、当然面白いのかなと。
ジュウガ普通に良すぎて、なんかこれならもっと早くギフ編を切り上げて、リバイスVSギフVSジュウガで三つ巴が良かったですね。
一度倒されたギフもレジェンドライダーの力を使って復活して、そこでレジェンドライダーの力争奪戦みたいな。
当初の予定にないとは言え、一応レジェンドライダーが居る世界線なのでRXみたいにライダーのガワだけ出して、ジュウガ/狩崎編としてレジェンド要素を思いっきり出しちゃえばいいのに。

序盤のワクワクしたのって、結構ちゃんとフェニックス、デッドマンズ、その時々に登場する別勢力という三つ巴がはっきりしていて面白かったのですが、途中からグチャグチャになりなんか小規模化させすぎてきてしまったような。
年末のデッドマンズ増員~オルテガ退場までが、ゲストキャラの造形も細かくて一番おもしろかったです。

これなら、もう少し家族という言葉を押し出しても良かったと思います。
なんかリバイスって全ての要素を平等に扱っているというか、群像劇としてバラバラにキャラクターが動き回りすぎて、もう少し強引にまとめても良いような気がしてきちゃいます。
狩ちゃんが最後にそれをやってくれるのかわかりませんが、組織も、悪魔も、家族と同じように大切にしたい、みたいな感じで一輝が全て守る理由みたいなのが、なんかただお節介だからっていう言語化しかされてないのが、フワフワしてしまってる原因のように感じています。
一輝側も、なんでこんなにやってやったのに大二わかってくれないんだよ、みたいなのも気づけば後半はなく、すごく淡々と進んでいくのでなんかメリハリがないというか。
序盤はできてたのになんで辞めちゃったの……みたいなのが多い感じがします。
そういう意味で或人がアークワンになって滅にキレたり、永夢がパラドに怒るのが好きなんですよね。
そこらへんももう、記憶がなくなって怒ることすらしなくなってるんでしょうか。
  1. URL |
  2. 2022/08/08(月) 15:57:09 |
  3. ドロー #dKZO1wvI
  4. [ 編集 ]

ゼロワンの滅やセイバーの間宮(TV本編だとストリウスですが物語全体から見れば彼が最後の敵なので)やリバイスの狩崎など令和ライダーのラスボスは主人公たちが元凶を倒した後に悲劇を起こさせないために凶行を起こす「悪人ではないが倒さなければいけない」ダークライダーが基本になってる気がします。(そして戦いの果てに主人公との和解で終わるのも…)
自分も今回のお話は記憶喪失ネタを丁寧に使うなど元太VSベイルほどではないですが良かったと思います。色々言われてる令和ライダーですが、ゼロワンもセイバーも最終章はとても面白かったのでリバイスも今回の面白さをキープして「令和ライダーは最終章は面白いから」というジンクスを守りそしてギーツは「最初から最後まで面白かった」といえる作品にしてほしいです。
  1. URL |
  2. 2022/08/08(月) 17:24:42 |
  3. 獅子頭 #-
  4. [ 編集 ]

>ドローさん
>その流れでいうとジュウガはフェニックス・ウィークエンド関連のストーリーに分類されると思っていて、当然面白いのかなと。
今回のジュウガ関連は本当に面白かったですね。
挙げられた3本柱で言う組織に相当でギフ編より面白いです。
大二闇落ちのギフ編はフラストレーションしか溜まらなかったのでもう少し早く切り上げても良かったかもしれません。
その辺りは映画との兼ね合いがあったのかもです。

>年末のデッドマンズ増員~オルテガ退場までが、ゲストキャラの造形も細かくて一番おもしろかったです。
今にして思えば温泉で「グラシアス!デッドマンズ!!」をしていた頃がピークだった感がありますね。
以前序盤を少し見返したのですが現在と雰囲気が違っていて面白かったです。

>なんかリバイスって全ての要素を平等に扱っているというか、群像劇としてバラバラにキャラクターが動き回りすぎて、もう少し強引にまとめても良いような気がしてきちゃいます。
よくいえば丁寧、悪く言うと器用貧乏というかどっちつかずですよね。
自分はバイス(悪魔)が一番持て余したかなと思いました。ベイルも登場時の一発ネタで終わりましたし。
挙げられた3本柱で言うのなら家族・組織に集中して欲しかったです。
「もう少しで面白くなりそう」がずっと続き、面白くなりそうな要素を淡々と消化し続け、気付けばもう最終回目前です。
  1. URL |
  2. 2022/08/09(火) 01:40:34 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

>獅子頭さん
ゼロワンもセイバーも本編に疑問を覚える事はありますがどちらも終盤は面白かったですしリバイスもやっとエンジンかかってきました。
自分が悪のライダー好きなのもありますが、VS怪人よりはVSライダーの方が好きなのかもしれません。

>「令和ライダーは最終章は面白いから」というジンクスを守りそしてギーツは「最初から最後まで面白かった」といえる作品にしてほしいです。
これがジンクスになりつつあるのが怖いんですよね。
終わりよければ全てよしとはいえ、最初から最後まで面白くあってほしいものです。
似たようなのだと「○○はVシネや小説から本番」とかもちょっとズレてるなと。

  1. URL |
  2. 2022/08/09(火) 01:42:36 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

そもそも最初から最後まで面白いライダーってクウガ・龍騎・電王・ダブルぐらいかなって思ってます。
どれも自分は個人的な上位には入りませんけどね汗
正しくは面白さが一定、と言ったほうが良いと思いますけど。
そう考えるとストーリー全体の構成からして、冒険した上で面白さを維持しているのは龍騎だけかなと思います。
クウガはなんだかんだいっても、昭和ライダーのリバイバルなので、当時としては冒険だと思いますけど、振り返れば堅実な感じがしますし。

直近の平成ライダーでビルドとかジオウが面白い!って言われると、微妙のような感じで、自分が好きなブレイドや鎧武も、そんな面白いかというと、人を選ぶと思うので。
自分としてはクウガ~響鬼前半までで平成ライダーは終わっていて、あとはたまにめっちゃハマってるだけなので、別に大差ないかなって感じで過ごしています。
  1. URL |
  2. 2022/08/09(火) 11:44:06 |
  3. ドロー #-
  4. [ 編集 ]

>ドローさん
4作品もあれば十分な気はしますね笑
面白さが一定は納得です。
4作品ともずっと高いままの波を保ったまま1年間駆け抜けた印象です。
クウガは今の価値基準で見れば王道で堅実に感じられますが、当時の視点だととんでもない冒険だったと思いますよ。
あれがあったから今に続いたわけですし。

>自分としてはクウガ~響鬼前半までで平成ライダーは終わっていて、あとはたまにめっちゃハマってるだけなので、別に大差ないかなって感じで過ごしています
もっというとクウガ~ファイズで終わっていてブレイド以降は焼き回しというか安定期に入った気はしますね。
今でも斬新な設定や展開のあるライダーですが、大元を辿ればクウガ~ファイズあたりで出尽くした感はあります。
初期4作でやっていなかったのがディケイドやジオウのようなお祭り作品かなと。
  1. URL |
  2. 2022/08/09(火) 23:41:18 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/5630-b959cfcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

デアデビル シーズン2 感想
仮面ライダーギーツ 第5話「邂逅Ⅳ:デュオ神経衰弱」 感想
暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 第31話「かおバレわんわん」 感想
ウルトラマンデッカー 第12話「ネオメガスの逆襲」 感想
シー・ハルク:ザ・アトーニー 第7話「リトリート」 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する