fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ 第5話「立ち上がれゼット!〜最後の勇者〜」 感想

221223-1.jpg
引き続きゼットの特集。
先週はトリガーらも紹介してしまったので今週はゼットのみ。

人気のスペースZ回の放送。
バラバやエース登場に気を取られがちだけど一応冒頭にベムスターが出てきてそこそこ活躍したりする。
ウルトラマンにも他の怪獣にもやられず逃亡成功しており、放送から数年経っても再登場していない個体。

既に6兄弟の声優は世代交代したのでエースは貴重な本人声。
ウルトラネオバリヤーで防御しつつ、前進しながらのスラッシュ光線が戦いのプロ。
過去の感想で散々「弾かれたベリアロク拾いに行くのが嫌」と書いてきたけど、ここでエースに「怪獣は痛みを感じないから攻撃続けろ」と教えられたからこそデストルドス戦に活かされたと考えるようにしてる。

「こいつがエース、ウルトラマンエースか。」

ジャグラー視点だと昭和ウルトラマンは貴重。
劇場版オーブのセブンくらいかな。
ジャグラーはギャラファイ未参加なので他のウルトラマンを見る機会がない。
自力での巨大化手段がないので人気が出てきたギャラファイへの参加が難しいのは勿体ない。

最期にはゼットのカードが出てきて安心。
次回はトリガー回。
グリッタートリガー登場とアブソリューティアンメインみたい。
トリガー自身が辿るということでケンゴのアフレコも期待できそう。




  1. 2023/02/25(土) 16:14:12|
  2. ニュージェネレーション スターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<暴太郎戦隊 ドンブラザーズ 最終回(第50話)「えんができたな」 感想 | ホーム | バッド・バッチ シーズン2 第10話「奪回」 感想>>

コメント

共闘回は隣接してすぐの去年のヒーローとするよりも
こういう世代が大きく離れたヒーローとした方がお得感あって好きです

夕日の街を背景にすっくと立つエースのイメージ像が
郷愁をかきたてるようなBGMも相まっていつ見てもかっこいい
首の裏の曲げたら撓んで複雑なたるみになるラインの陰影もそそります

>人気のスペースZ回の放送
>冒頭にベムスターが出てきてそこそこ活躍したりする

逃げきって終わりってシリーズでもレアケースですよね
ニュージェネレーションの舞台となる地球は高確率で
野良怪獣がいるのでちょこっとそいつらが顔出しすることはあるけど
戦闘にまでなるとそのまま倒されてしまうことが多いですし

宇宙からやってきてまたどこか行ってしまうというのは
「ウルトラマンG」の円盤生物UF-0を思い出します


>前進しながらのスラッシュ光線が戦いのプロ

どうしても最近は玩具を挟まないといけないので
こういうスムーズかつスピーディに小技出しつつ戦闘続行という
絵を作りづらいんですよね

ゼットはガンマフューチャーがハデかつ矢継ぎ早に特殊技を連発出来て
モチーフはTDGだけど戦闘スタイルは実はエース寄りだったんじゃないかと
今になって思います


>自力での巨大化手段がない

ちょっと前のゼロのような「ひとまず荷物を降ろした人気キャラ」といった雰囲気ですが
ギャラファイで畳みかけるような新規活躍場面を見せられないのはジレンマですよね

なかなか巨大戦に参加できない一方で
安易に巨大化できないから面白い立ち回りに説得力が出るのが
JJの魅力でもあると思います
ゼッパンドンとかになれば巨大戦できなくもないけれど
やはり蛇心剣を駆使してのスマートな剣戟戦闘がJJの華で
「そっちが見たい」と思ってしまいますね

あと今回はあくまでゼットとエースの共闘が主軸で
ヘビクラ隊長はそこまで出しゃばらないんですが、オチのダジャレとかで
要所要所の存在感はきちんとアピールしてくるあたり
強いキャラだなと思います
いわゆる恒例の隊長ポジだけどそこにとどまらず
従来作品の登場で身に着けてきた存在感を示す武器がとにかく多い(笑)
飽きられないよう一休みを挟んで、もう一花来ないかな?と思えるキャラです
  1. URL |
  2. 2023/03/12(日) 20:56:17 |
  3. 1 #-
  4. [ 編集 ]

>1さん
>共闘回は隣接してすぐの去年のヒーローとするよりも
>こういう世代が大きく離れたヒーローとした方がお得感あって好きです
最近はギャラファイでお手軽に客演できますがテレビシリーズで見れるとお得感ありますよね。
それもオーブやジードのようなフュージョン系では恵まれていなかったエースというのが嬉しいです。

>どうしても最近は玩具を挟まないといけないのでこういうスムーズかつスピーディに小技出しつつ戦闘続行という絵を作りづらいんですよね
バンク省略などもありますが、やはり昭和ウルトラマンに比べてひと手間かかっている印象は否めませんね。
それこそギャラファイだとシームレスなタイプチェンジ(アイテム使用)が増えてきたのが嬉しいです。

>ギャラファイで畳みかけるような新規活躍場面を見せられないのはジレンマですよね
最近はテレビシリーズと同じくらいギャラファイ(配信作)も大事になってきたのでそこに登場出来ないのが辛いところですね。
今のままの立ち回りに魅力はあるものの、巨大化して他のウルトラマンたちと戦っても欲しかったり。
ベリアルやトレギアとの絡みを見れないのも辛いなと。
  1. URL |
  2. 2023/03/13(月) 01:05:23 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/5773-5126e770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

仮面ライダーガッチャード 第13話「とりもどせ!ユージョーXフォーエバー!」 感想
王様戦隊キングオージャー 第39話「ンコソパ頂上決戦」 感想
ウルトラマンブレーザー 第20話「虫の音の夜」 感想
タイタンズ シーズン3 感想
ブラックライトニング サードシーズン 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する