fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

仮面ライダーアウトサイダーズ ep.2 滅びの予兆とデザストの覚醒 感想

230409-2.jpg
今回のはアウトサイダーズデザスト&剣斬がメイン。
セイバーとしては最新の時系列が深罪のトリオなので今回の蓮はビヨジェネ後。
ネタバレありの感想なので続きからどうぞ。



いきなり滅復活と蓮との邂逅。
「セイバー&ゼロワン」が製作されなかった都合上、2人の面識はなし。
なので両作品のキャラがクロスオーバーするのは貴重。

視聴者としては滅が善側に戻ってきていると分かっているからデザストはおろか剣斬まで滅を攻撃するとは思わず意外な行動。
滅にアークが乗っ取るのは本編でもやっているけど、ここでやるとは。
アークスコーピオンになってほしかったので残念。
アークゼロは割と見慣れてしまったので…



仮面ライダーデザストは新規造形が多目に見えてカッコいい。
セイバーライダーのデザインに外れ無し。
黒嵐剣漆黒が出てきた辺りは割と勢いよね。
かつてファルシオンに変身した経緯があるから虚無が出てきた方が自然。
でもここで虚無を出すと深罪のトリオで失われたことに歪みが生じそうなので難しい。

変身バンクはテレビ準拠で凝ってる。
アークのブラストバレットっぽい演出が好き。
ライダーになっても必殺技はカラミティストライクなのも嬉しいところ。
アークゼロの悪意を振り払いながら口にするのがまたカッコいい。
骸骨忍者伝で剣斬(風双剣翠風)が変身したらどうなるか見てみたい。

ラストはニコ登場。滅と面識あったのか。
仮面ライダークロニクルを復活させる狂気。
ニコと滅はゼイン側っぽいね。
プログライズキーを使うゼインドライバーは出来上がってるしそろそろ登場するかも?

次回予告でゴルドドライブ改めブロンズドライブとなった蛮野が復活!
チェイスやハートらがちょいちょい本人復活している割に蛮野は映像作品ではこれが最初だった。
金メッキが剥がれてブロンズ。
1番(金メタル)ではないけどまだ上位の強さだからブロンズと言う絶妙なカラーリング。
もし仮面ライダーマルスが再登場するならこんなカラーリングかも。

さらには橘さんも出演w
響鬼(ブレイドの後番組)やフォーゼ(リブラとして出演)のカードもあるしクロスオーバー物の遊び心があるね。
カードライダーが他のライダーのカード見てるのは面白い。
ディエンドも出演中なので銃ライダー同士の戦いは見てみたい。
何よりもギャレンキングフォーム登場の可能性が一気に増した。





  1. 2023/04/10(月) 00:58:43|
  2. 仮面ライダーアウトサイダーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<マンダロリアン シーズン3 第7話「スパイ」(The Mandalorian Chapter 23) 感想 | ホーム | 仮面ライダーギーツ 第30話「慟哭Ⅵ:手紙の中の王子様」 感想>>

コメント

>アークスコーピオンになってほしかったので残念。
一応ゼロワンではラスボスですから、再生怪人ではないオリキャスとしてここで使ってしまうと逆に冷めてしまうような気もして、出さなくてよかったかなと。
アークが復活した今、設定的にはできるはずですね。

>黒嵐剣漆黒が出てきた辺りは割と勢いよね。
ここらへんは本編後の世界、つまりもともとワンダーライドブックが1つになっていた全知全能の書の範囲外にあたる、世界の終わりのその先の物語なので、新しいワンダーライドブックが現れても違和感ないような気がしますね(なんでもありになりますけど笑)
オールマイティと同等の新書ってことですかね。
ここも設定的には一応問題ないと思いますし、そのようなデザストのセリフもあったかなと。
スーパーヒーロー戦記で物語の登場人物として描かれた彼らだからこそ成立するメタ展開な気もします。

>変身バンクはテレビ準拠で凝ってる。
TTFCでもアークやデザストのCGはちゃんとテレビ準拠でしたね。
王蛇のサバイブベノスネーカーもスタッフの力作ということでしたが、ここらへんは毎回しっかりしていますね。

>仮面ライダークロニクルを復活させる狂気。
ゼイン側に着くということは、この世界の悪をすべて検知し、絶滅させるということようなので、その為なら、ゼインの計算にどんな手があっても計算通りに進めるという感じなのでしょうか。

>さらには橘さんも出演w
そのためにバトルファイトの復活もいとわないという感じなのかもしれないですね。

財団Xがどんどん悪役を復活させてゼインに焚き付けていっていますが、AIによる統治が発達した未来で、悪意に居場所がないとしたら、仮面ライダーも必要ない世界だと思いますので、そういう意味で、戦いが終わっても修行しか生きる意味を見いだせない生い立ちの剣士として蓮が今回のドラマで登場して、さらに怪人として生まれて葛藤するデザストが描かれたのは、作品のテーマらしき問題提起からしてふさわしかったなと思います。
善意の叡智であるAIに従うしかない人類と、それに反目する怪人や悪役という図式で、デザストと蓮がゼインの使いである滅から、アークに乗っ取られた滅からも敵視されるのは興味深く、素晴らしい描写だと思いました。
天津が最初からゼインを敵認知しているのが不思議でしたが、彼もダーティープレイを得意とするビジネスマンなので、そんないきなり綺麗な世界にされたら危険だろうというのも納得です。

行き過ぎた善が敵になるというのは、ザイアのリオンが悪意ではなく正義同士を闘わせる事を望んだように、ゼロワンで普通にありそうなテーマというか、或人自体がそういう側面を持っていた(善意の中にある無知や悪性の)部分を、更に拡張しつつ、悪役のスピンオフの敵といえば善人なわけで、ずっとゼインが敵扱いされていて分かりづらかったのが、ゼイン側に着いているニコと滅の登場でかなり本筋が見えてきました。


ここで脚本家が交代ということで不安なぐらい意外と面白いです。
  1. URL |
  2. 2023/04/10(月) 21:53:47 |
  3. ドロー #dKZO1wvI
  4. [ 編集 ]

>ドローさん
自分は冷めるよりも出してほしい願望の方が強かったです。
この辺りはもう好みですね。
設定上というか「財団Xのせい」で悪ライダーなら誰でも出せる状況になっているのが強みです。
デザストについても「新書」と言われると納得です。

>王蛇のサバイブベノスネーカーもスタッフの力作ということでしたが、ここらへんは毎回しっかりしていますね。
コメンタリー聞くにスタッフが頑張ってCG作ったみたいですし愛されてますね。
割とCG班の頑張りしだいで左右されるところも多そうです。
今のところサバイブベノスネーカーに正式名称はないのでいつか明かされる日が来てほしいです。
アニメ版牙狼のように魔道馬のように殆ど明かされないのはモヤモヤするので。

仮面ライダークロニクルにバトルファイトと最悪の状況になるよりは…といったところでしょうか。
統制者がどうなったかよく分からない今、バトルファイトの再開にはというよりはリモートのカードで全アンデット解放の方が現実的かもしれません。


>AIによる統治が発達した未来で、悪意に居場所がないとしたら、仮面ライダーも必要ない世界だと思いますので
仮面ライダーの世界でも度々未来が描かれますが、実際のところAIが発達した未来で戦いが続いているかは興味ありますね。
ジオウのキカイのように荒廃としたりスカイネットのようになってしまっているのか。
その時のライダーも全員AIになっていて人間は少ないのかもしれません。
スターウォーズ(ドロイド→クローン→人間)とは真逆になってそう。


  1. URL |
  2. 2023/04/11(火) 01:46:14 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/5810-fba286d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

バッド・バッチ シーズン3 第4話「それぞれのやり方」 感想
王様戦隊キングオージャー 最終回(第50話)「俺様たちが世界を支配する」 感想
仮面ライダーガッチャード 第24話「急転直下!禁断の鋼鉄ライダー!」 感想
ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(2024年) 第5話 「ジャッジメンター」 感想
ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する