fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ 第12話「彼方へ続く絆」 感想

221223-1.jpg
デッカー編後半はケンゴ(トリガー)との共闘をセレクト。
なんといっても最強タイプ同士の並びが見れるギャラクトロン戦が大好き。
最終回はトリガー無しでウルトラマンデッカー勢としての戦いだったのでストレートな共演物としてはこれが最終回。
武器譲渡もあって一度トリガーから受け取った武器をまた返すのが良いね。

トリガーが過去、デッカーが未来から来たウルトラマン。
劇場版の経緯を踏まえると感慨深いシーン。
ダイナ→ディナス→映画のカナタ映画→未来でデッカー・アスミ→TVのカナタ
で壮大な物語。

デッカー・アスミの初戦が描かれるもミラクルタイプの反応だけが未だに理解できない。
結局未来でミラクルタイプになっていたのに「なんだこの姿は?」みたいなリアクションはなんだったのか。

ダイナ共闘も放送されて結果的にこれっきりだったね。
フラッシュタイプ同士の並びやアスカ出演はついに叶わず。
ソルジェント光線のまま突っ込む戦いのプロぶりが好き。
ダイナからティガのカードまで託されるのは熱いけど 一緒に合体したゼロやコスモスの方が自然かも?

次回はルーブ編!
やっぱりウルトラアクションフィギュアの発売に合わせてるのかも。
平成最後のウルトラマンだしカツミとイサミの新規アフレコが楽しみ。




  1. 2023/04/17(月) 01:58:38|
  2. ニュージェネレーション スターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<王様戦隊キングオージャー 第7話「神の怒り」 感想 | ホーム | マンダロリアン シーズン3 第7話「スパイ」(The Mandalorian Chapter 23) 感想>>

コメント

>ギャラクトロン戦
>ストレートな共演物としてはこれが最終回

第一回から続く一本のドラマとしてのフィナーレは独力で果たしつつ
前作とのコラボでもきちんと作品を代表する山場を残していく作りが良いですね
ウルトラマン2人と怪獣だけがいる月面という限定的な舞台もバトルに専念しやすくて好みです


>トリガーが過去、デッカーが未来から来たウルトラマン

平成3部作はTDでつながってGが無関係だけれど
映画で並行世界系の力業を使って揃い踏みさせたので
トリガー→デッカーは時間、ニューガイア相当のトリの3本目で
空間を超えて合流するのかなと思っていました

ただ現実はどうもデッカーの段階で表層的には「ダイナ」をなぞってはいるけれど
三部作世代のノスタルジイ狙いの戦略は早々に放棄してしまったように見えます
まるでトリガー撮影時に既定路線だったデザインだけが名残として取り残されてしまったかのようですね


>壮大な物語

時系列の順番が大きく行ったり来たりするのもそうですし
ウルトラマンの力の担い手が若い女の子とか現代編主人公の遠い末裔にあたるおじさんとか
かなり大胆にメリハリがついているのが大河ものっぽくて面白いところだと感じます
こうしてみると実はデッカーは「ダイナ」より「ネクサス」っぽいのかもしれません


>ミラクルタイプの反応だけが未だに理解できない

いい描写だけに惜しいんですよ。わざわざ細かく指示してそれっぽく撮影したうえで
「TVの前のみんなも色々考察してみてくれ!」という雰囲気だったのに…(笑)
これに限らずニュージェネ以降のウルトラの伏線は思わせぶりなばかりで
きちっと納得させてくれる展開が本当に乏しい…!
「R/B」なんて前半戦ほぼ「捨て」でしたしね、そこはスタッフできちんと情報共有して
やるからにはきちんと着地させて欲しいと強く願っています
「超全集の小説とかでフォローした気になるのもダメだぞ!」と(笑)
  1. URL |
  2. 2023/04/26(水) 22:21:32 |
  3. 1 #-
  4. [ 編集 ]

>1さん
最終回もケンゴ出演はありましたが最強タイプ同士が並び立つ戦いが熱かったのでこちらの方が好みです。
テレビシリーズで最強タイプ同士が並ぶなんてまずないことですし。

>ただ現実はどうもデッカーの段階で表層的には「ダイナ」をなぞってはいるけれど
>三部作世代のノスタルジイ狙いの戦略は早々に放棄してしまったように見えます
ブレーザーが発表された今、新旧TDGの並びが見れなくなったのが残念です。
ここまでリブート系?できたらガイアまでやってほしかったですよ。

>かなり大胆にメリハリがついているのが大河ものっぽくて面白いところだと感じます
>こうしてみると実はデッカーは「ダイナ」より「ネクサス」っぽいのかもしれません
そういわれると大河ドラマっぽいですね。
テレビ本編基準でカナタが主役に見えますが実際はネクサスのように受け継がれてきたのかも?と思うと想像が広がります。
カナタからデッカー・アスミへ渡るまでに大きな戦いがあったり別のウルトラマンとの共闘もあったのかもしれないので。

>「TVの前のみんなも色々考察してみてくれ!」という雰囲気だったのに…(笑)
本当にこれなんだったんでしょうね・・・?
超全集フォローは自分も反対です。
やることやってそれでも出来なかったら超全集や小説はありだと思いますが近年は最初から本編外に投げている節があるので。
  1. URL |
  2. 2023/04/28(金) 01:50:13 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/5812-24e7dfa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

王様戦隊キングオージャー 最終回(第50話)「俺様たちが世界を支配する」 感想
仮面ライダーガッチャード 第24話「急転直下!禁断の鋼鉄ライダー!」 感想
ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(2024年) 第5話 「ジャッジメンター」 感想
ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突 感想
マダム・ウェブ 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する