fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

王様戦隊キングオージャー 第27話「宇蟲王の到来」 感想

230904-1.jpg
新章となり戦隊史上初、本編中に2年が経過した世界観。
一応オーレンジャー終盤で地球に戻ってきたら半年後とかはあるけど、一度は平和を手にした世界で年数経過は初めて。
ギラも王様の服装や髪型が様になっててカッコいい。
コガネとブンもちょっと成長した雰囲気。

新たな敵・ダグデドが襲来。
既にいくつもの星を滅ぼしてきた別次元の強敵であることがひしひしと伝わってくる。
MCU的な映像表現に加え外宇宙も描写しマルチバース要素を出す事でキョウリュウジャー客演に説得力を持たせてる。
こんなにやばい奴らが出てきてキョウリュウレッドだけで足りるのかと心配になってくる。
宇宙要素を出した手前、シシレッド参戦の方が自然。
大量のシュゴットたち?を従えていることからこの宇宙にあるすべての生物やテクノロジーも把握してそう。

「どちらでもない邪道を選ぶ!」
邪悪の王ムーブが頼もしく見えるのは1話ぶりじゃないだろうか。
王様戦隊キングオージャーを名乗ってからの6人集結が頼もしすぎる。
足を狙うパピヨンのアクション好き。
キングクワガタオージャーにスパイダークモノスの2人がかりでもノーダメージで今のところ勝つ未来が見えない。
ベタだけど6国の力を合わせたもう1段階上のパワーアップがないと幹部には勝ててもダグデドには勝てないんじゃないかな。

まさに新章に相応しい絶望感溢れるスタート。
前回新たな一歩を踏み出したジェラミーたちバグナラクの壊滅からスタートする衝撃の冒頭。
アベンジャーズIW冒頭のアスガルド人を思い出しちゃったよ。

玩具を一般発売する関係上、キョウリュウジャー客演は既定路線かも。
キョウリュウジンのリニューアル発売なんて早い段階から着手しないと実現しないだろうし。
だけどストーリーはかなりテコ入れしてそう。
政治劇だった前半から一転、強敵に挑む王道バトル物になったので。

敵組織交代というと真っ先に思い出すのはゴセイジャー。
そんなゴセイジャーも少しずつ敵組織は強くなっていったけど、ここまで圧倒的な差は無かった。
この戦力差はマジレンジャーを思い出す。
劇中最大の謎である神の怒りも恐らくダグデドの仕業。

終盤はラクレスが駆けつけてくれそうで楽しみ。
夏映画の限定版パンフレットの特典DVDで「ラクレスは生きている」という台詞があり。
映画では使われなかったシーンなので本編でサプライズ復活を果たすためにカットされたのかも。
(本当にあれで死んだと思っている人は少ないだろうし)





  1. 2023/09/04(月) 23:43:04|
  2. キングオージャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<アソーカ 第4話「堕ちたジェダイ」 感想 | ホーム | 仮面ライダーガッチャード 第1話「ガッチャ!ホッパー1!」 感想>>

コメント

いくつもの星を滅ぼしてきた相手というとキングオージャーにとっては強敵なんだけども「戦隊ではよくあること」って感じがしちゃうのが何とも・・・前々作のトジテンドからして殆どの並行世界を封印(侵略)してますし

>宇宙要素を出した手前、シシレッド参戦の方が自然
10周年だからキョウリュウジャーというのは分かるんですけどキュウレンジャーの方が自然ですよねえ。生身1人+着ぐるみメンバー4人という編成で出すことも出来てスケジュールにも優しいし
  1. URL |
  2. 2023/09/05(火) 21:30:28 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集 ]

>U戯Oさん
最初の敵がいくつもの星を滅ぼしてきたのなら「戦隊ではよくあること」と自分も感じたかもしれません。トジテンドはまさにそうですね。
今回は新しい敵がいくつもの星を滅ぼしてきたのでより強敵らしさを感じました。
特にバグナラクは戦隊敵組織としては存在感薄かったのも相まって今回はよりインパクトありましたよ。

客演キョウリュウレッドも最初は嬉しかったのですが今週のエピソードを見てからは「キュウレンジャー案件では?」と考え直してしまいました。
パワーアップしたキョウリュウレッドがどれほどダグデドらと戦えるのか今から楽しみです。

  1. URL |
  2. 2023/09/06(水) 02:02:59 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

前回が第1部・完だったのでちょっと他を優先してたらすごい間が空いてしまいましたキングオージャー
最終回でエピローグ的な感じで1年後とかはよくあることですが、中盤で時間経過させるのは異例。ゴーバスターズも前半後半で別れてますが時間はそんなに経ってないんでしたっけ

各国の王様が何かやらかしたっぽくて不在。最後に明かされましたがしょーもない内容でオチ担当
ドラマ的にはピンチで助けに来るための舞台装置みたいな感じでしたね
2年後設定なだけありキャラデザが変わってたりして、ちょっと分かりにくかったな……

今回の敵、強すぎない……?って思いました
相手ごと瞬間移動がまず強すぎる。現状あれの対策不可能ですし、6人で挑んでもバラバラにされるし、1人ずつ暗殺されたら無理ゲーすぎる。しかも離れた所から大量の隕石を降らせてたので、まず適当にあれを使ってるだけで国が大ダメージを受けるわけで……
今回の話だけだとそれらの能力にデメリットもなさそうですし、あるとしても時間をかければ確実にチキューを滅ぼせそう

キュウレンジャーは客演しやすいのが強みと当時は思ってたのですが、ルパパトキュウでは人間メンバー中心で登場してて着ぐるみメンバーはバランスくらいしかメインで絡んでなかったのが凄いと思ったのを思い出す
(後年のスーパーヒーロー戦記で着ぐるみメンバー2人が参戦してたのでこれが本来の狙いでしょうね)
  1. URL |
  2. 2024/02/25(日) 19:37:13 |
  3. ライト #1zy/x5P2
  4. [ 編集 ]

>ライトさん
ここまで時期開いたのはキングオージャーが最初だと思いますよ。
オーレンジャーも宇宙から地球へ帰還したら半年後、ということはありましたがあれは本当に終盤ですし。

今回の敵・ダグデド一派に関して言えば歴代でもかなり強い部類に入るかと。
これからの戦いは基本的にダグデドの舐めプになるのでキングオージャー側は苦戦を強いられる展開が続きます。

>(後年のスーパーヒーロー戦記で着ぐるみメンバー2人が参戦してたのでこれが本来の狙いでしょうね)
理想としてはイマジンくらい人気出て着ぐるみ組が頻繁に客演、たまに人間キャラも。
でしょうけど結果的に人気出たとは言い難く後年の作品への参加も難しくなりました。
キュウレンジャーに限らず最近だとバイスもですが第2のイマジンは生まれず、本当にモモタロスたちは奇跡だったんだと実感します。
  1. URL |
  2. 2024/02/26(月) 01:17:28 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/5910-33f08ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

王様戦隊キングオージャー 最終回(第50話)「俺様たちが世界を支配する」 感想
仮面ライダーガッチャード 第24話「急転直下!禁断の鋼鉄ライダー!」 感想
ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(2024年) 第5話 「ジャッジメンター」 感想
ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突 感想
マダム・ウェブ 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する