fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

仮面ライダーガッチャード 第5話「燃えよ!斗え!レスラーG!」 感想

230827-4.jpg
カードの法則性に気づく宝太郎。
常識と言われつつ自力で気づいたのは偉いね。
カード買っていない自分はSNS見るまで10の組み合わせは分からなかった。
一ノ瀬と九堂を足して10になるのも今日の放送で知ったくらいなので。

りんねによると一般人への攻撃はNGらしい。
でも仮面ライダーになっておしおき程度なら大丈夫?
バレットチョウチョワイルドはCG枠と思ったら小さいながら実物あり。
「俺も拳銃になっちゃった!」だから宝太郎も実際に変身するまで人型かCGかは分からないみたい。
なんとなくビルド ホークガトリングのイメージが。

ゴリラマルガムは拳が顔にくる斬新デザイン。
ありそうでなかったかも。
これまで悪用しかされてこなかったケミーだけどケミーのエネルギーがドライバーを上回るなどはライダー側のメリットよね。
要は使う人次第といったところ。

自分はプロレス知識のないド素人なので何も言えないけど特定のファンには刺さりそうな回。
平成2期のゲストに昭和な雰囲気を混ぜたような話。
必死に頑張る宝太郎のガッツが見所だし応援するりんねも可愛いしで見易かった。
使い古されたと言われたらそれまでだけどフォーマットが確立しているとも言えるので令和の今だと一周回って新鮮。

今週の新フォームはガッチャード アントレスラー。
先週に続いて青系なので似たり寄ったりなのに変わっている印象が強い。
青・黄の組み合わせだとギーツのモンスターを彷彿しちゃうから目新しさが足りないというか。
見た目の変化的にフォームチェンジといえるのはアッパレスケボーくらいかも。
でもライダーキックはスチームホッパーのように一度分解して再構成だからカッコよかった。

やくざが出てきたりプロレスだったり全体的に古い印象は否めず。
でも単純ながら見易くてあっという間の25分。
ガッチャードは子供向けに割り切ってそうなので今回のような話が続きそう。






  1. 2023/10/02(月) 01:37:44|
  2. 仮面ライダーガッチャード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<仮面ライダーアウトサイダーズep.4 狂った時の運行とゼインの正体 感想 | ホーム | 王様戦隊キングオージャー 第31話「二千年の愛」 感想>>

コメント

長谷川さん曰くガッチャードでヤクザが旭プロレスジムを襲撃する場面は、初稿ではダンプカーを突っ込ませてジムを破壊しようとするのを、宝太郎がスチームライナーを召喚して防ぐみたいな大スペクタルだったんですけど、予算やCGで泣く泣く却下したらしいです。初期案のほうがイカれてるってのはなかなか新鮮ですよねw
  1. URL |
  2. 2023/10/04(水) 20:19:09 |
  3. 土から生えたイワシ #-
  4. [ 編集 ]

>土から生えたイワシさん
中々吹っ飛んでますねw
出来る、出来ないはおいといて初期段階でアイデア出しているのかもしれません。
良いアイデアがあれば採用して映像に活かされるはずなので。
  1. URL |
  2. 2023/10/05(木) 01:33:14 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

バッタのライダーから始まり、カフカの小説の変身を模したワイルド態など、あまり平成ライダーでは拾ってこなかった昭和ライダー要素の中でも、特別拾われてないプロレス要素でしたね(初代だとピラザウルス回)。
これまではケミーを救う、という事がメインでレギュラー陣の紹介が今後もしばらく続きそうですが、かなりゲスト中心の回で、なおかつ宝太郎のケミーは友達という考えを同じくする初めての人物だったと思います。
悪意の持ち主は警察におまかせする等身大のヒーローでお悩み解決系ではないので、今回も結果としてはレスラーGと旭がお別れで記憶も消されてしまうので、事実ベースでは何も解決してない(ヤクザを幻覚で追い払っただけ)あたりもかなり特殊な作りに思います。
ギーツも世界を変えれば人も一緒に戻るでしょっていうドライな展開でしたが、今作はできもしないことは最初からやらない、というか、手の届く範囲をちゃんと自覚してる感じがします。

最後にプロレスジムに思いを馳せるシーンが長めで余韻を生んでいて、ホッパー1のような虫もいれば、レスラーGのようなジョブ属性のケミーなら人間も通じ合いやすい、そういう側面を見せた点でもケミーのいる世界観の掘り下げになっていてここまでで一番良かったです。
  1. URL |
  2. 2023/10/05(木) 22:41:09 |
  3. ドロー #-
  4. [ 編集 ]

>ドローさん
プロレス要素出すと露骨に昭和向けというか悪い意味で子供向けの印象があるので、従来よりは高い年齢層を意識した平成ライダーではやらなかったのかなと。
電王やゴーストあたりなら出てきても違和感少なかったかもしれません。

>今作はできもしないことは最初からやらない、というか、手の届く範囲をちゃんと自覚してる感じがします。
平成2期ライダーあたりの考えが継承されてますね。
ガッチャードもオーズのように町内会レベルの戦いに見えますし規模が大きくなるのはもっと先かもしれません。

  1. URL |
  2. 2023/10/06(金) 02:07:49 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/5928-a71ea21b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

バッド・バッチ シーズン3 第4話「それぞれのやり方」 感想
王様戦隊キングオージャー 最終回(第50話)「俺様たちが世界を支配する」 感想
仮面ライダーガッチャード 第24話「急転直下!禁断の鋼鉄ライダー!」 感想
ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(2024年) 第5話 「ジャッジメンター」 感想
ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する