fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

ウルトラマンブレーザー 最終回(第25話)「地球を抱くものたち」 感想

230701-1.jpg
ヴァラロンが東京の街を蹂躙しビッグサイト崩壊。
逃げる市民を相手に光線撃つのが怖い。
東京を舞台にした戦いは映画までとってあると思ったのでここでやるとは。
お馴染みの逆光演出もあってヴァラロンをラスボスとして演出している。

1話の隊員たちが続々と駆け付けてる。
最終回ありきで第1話作ってそうなので狙ったであろう演出。

ブレーザーが「おれもいく」と口にするのが驚いた。
涙を流しながらの変身といい大人な演出。
最終回でもファードランへの直接変身はなく通常ブレーザーを介してから。
演出で手をつなぐのをやりたかっただけで設定上はいきなりファードランにもなれる?

V99はオチとしてはガンダム00のように対話手段がなく戦闘に出るしかなかったというオチ。
普段ヒーロー物しか見てないから疎いけど。SFの世界ではコミュニケーションとしての会話が成り立たず辛い展開になるのは割とよくあることらしい。
改めてコミュニケーションが取れない相手との難しさが分かる。難しいどころかほぼ不可能。
V99側のテクノロジーだったアースガロンの交信があったから何とかなっただけで地球文明側のみでは対処不能。

なので完全に黒幕にされたドバシが気の毒だったし彼だけを攻めるのは酷かも。
結果的に遠い惑星を求めてまた旅に出てくれたけど、侵略目的だったら取り返しが付かないことになっていたので。
軍事力はヴァラロンら要しているV99が圧倒的に上。
地球は侵略される側であって相手を心配するほどの余裕や軍事力は有していないので。
ロシアとウクライナの件がある中、侵略してくる側に同情する作りにしたのは驚いた。
(もっとも先制攻撃したのは地球側でその違いはある)
台詞でエミのフォローもあったのは良い。


「後は思う存分やってくれ!」
え、攻撃するん?
和解エンドと思ったのでヴァラロンは回収されることなく戦闘。
分かりあえてもなお戦うのはギガバーサークを見ているようだ。
「宇宙爆弾怪獣」なので一度放ったらV99側にもどうすることもできない、と解釈。
V99側としても「地球人の気持ちはわかった!けど先制攻撃されたのは辛いから後はそっちでなんとかして!」ってやりきれない気持ちがあったのかもしれない。
またドラマとしての和解は綺麗だけどこれはヒーロー作品。
いかにリアリティ重視のブレーザーであっても戦わず最終回を終わる事は許されず、エンタメ的措置でヴァラロンが駆り出された節はある。
スペシウム光線は最高だったけどそれはそれ、これはこれというか。

最終回で怪獣が協力してくれるのはガイアっぽい。
人間の味方ではなくあくまで本能として地球外生命体を迎え撃つのが良いね。
一時期のニュージェネウルトラマンは怪獣とも共存できる!な風潮で苦手だったけど自分はこれくらいの距離感が好き。
にしても爆弾を食べて大丈夫・・・?












240120-1.jpg
(c) 円谷プロ (c) ウルトラマンブレーザー製作委員会・テレビ東京

最後の最後でついについにお馴染みのスペシウム線! 名をブレーザー光線。
奥さとの結婚指輪、ジュンのミサンガも加わり家族の力で倒すのが熱い。
ビシッ!と決めるのではなく恐る恐るこの動きでいいのか?といった心境も感じる。
ずっとブレーザーの光線技が見たかったから大満足。
けどブレーザーファンが求めていたのはスパイラルバレードでのフィニッシュではないだろうか。
狩人だったブレーザーがウルトラマンに近づけた一方で従来の要素を捨てたとも取れるし難しいバランス。

ラストは家族のシーンでかなり綺麗でほっこり。
詰め込み過ぎなくらいでもう1話あっても良かったかも。


最終回恒例の最終タイプもなく正体バレもなし。(奥さんやエミは内心気付いてそう。)
恒例となっていて歴代との共演要素はなし。
デッカー客演すらなく、ウルサマやEXPOといったバトルステージも本編中は一切客演無しと徹底とした構成。(ラストに少し出てくるくらい)
その見た目からネクサスとの関連も噂されたけど何もなし。ウルトラアクションフィギュアの発売や構えのポーズがどこかNEXTっぽいのは偶然だったみたい。


ここからは半年間の総括を。
長くなるので続きからどうぞ。




まずは不満点や好きになれなかった点を。

○ストーリー
V99やエミの父に関わる謎を取り扱いウルトラシリーズには珍しく一本道のストーリー。
主人公であるゲントよりもエミの方が主人公っぽく見える時もしばしば。
1人暗躍することが多く彼女だけがどこか蚊帳の外だったりSKaRDのメンバーっぽく見えない事も多かった。

こんなに本筋に力入れて連続ストーリーっぽく見せたのはルーブぶりかも。
自分は連続ストーリーの方が好きだけどそれは仮面ライダーだから面白く、ウルトラマンとは相性悪いと考えていて、ルーブに続き今年も案の定。
ウルトラマンはたまに本筋入れながらも単発回を多くして最終3部作とかの方が似合ってるかも。

新規怪獣に力を入れた割にファードラン関連はサッパリ。
ブレーザー自身の出自も謎だけど、敵としての怪獣・星人には力を入れるけど味方側を描く気は最初からなかったみたい。
番組序盤の時点で(ブレーザーの秘密を明かす気は全くないな)と読めていて実際その通りだったので。
第1話で「何十年も前から宇宙飛行士達の間で噂されていた未確認大型宇宙人」と言われていたけどそれ以上の深堀はない。

○コミュニケーション
今作のテーマ。
だけれどそれほどコミュニケーション取っているようにも見えず無言のウルトラマンに語り掛けたり(どうして!?)程度のコミュニケーションなら過去作でも行われている既に通った道。
自分の中で「コミュニケーション=会話」だから言語が通じない、ジャスチャーで動きで感知する事が出来ない相手とのコミュニケーションがこんなに面倒だったなんて。
ゼロやエックス、ゼットのようにフランクに話しかけてくれるウルトラマンがいかにありがたいか分かる。

1話しかなかったテルアキ親子の方がよっぽどコミュニケーションを描き人情ドラマやってた。
コミュニケーション取っているから勝利に繋がった、みたいなヒーロー作品としてプラスに働いた覚えがない。
親子の会話も少ないしコミュニケーションの利点より悪いところしか目立っていない。
事前に「コミュニケーションがテーマ」と言われてるから「ここがコミュニケーション要素なんだな」と意識したり汲み取ろうとするけど、言われなければテーマなんだと意識もしない。


○キャラクター
特殊な前例はあれど、ウルトラマン史上初となる主役が防衛隊の隊長で家庭持ち。
それが活かされたり魅力を感じるかというとそうではなく。

隊長になって部下の隊員たちを指示するのが新鮮だけど自らも前線に出るから一般隊員とそこまで違いはない。
ウルトラマンの隊長といえば指令室で指示をしてここ一番でしか出撃しないので。
他の隊員がいる前でハルノ参謀長から叱責され、指示を受けてるところを見ると従来の隊員と変わらないなと。
ハルノ参謀長の方が上からの圧を守ってくれたりよほど従来の隊長のようだと感じた。
もっともこれまでのウルトラシリーズも視聴者の見えないところで隊長が上の人に叱責されたり逆に守られてきたのかもしれないけど。

家庭に関しても仕事に理解のある奥さんと子供。
一昔前の「家族と仕事どっちが大事なの!?」とか「怪獣が現れて家族と他の市民の命をどっちを選ぶか」といったハードな選択を迫られる事はない。
それをさせないストーリー展開・作風になっていてゲントが一番ブレーザーやハルノ参謀長・作品からも守られている。
隊長である事も子持ちである事も成熟した大人であるゲントに何も影響を与えないのでこれからの設定自体があっても無くても問題なさそう。
仮にゲントが隊長ではなく家庭持ちではない一般隊員だとしても彼のストーリーは変わらなかったんじゃないかな。

今年も防衛隊、ということでデッカーのように若者入隊からの成長劇ではなく、最初から成長した大人たち。
例にデッカー挙げたけどこの手の作品だと若者が反発しながらも学び、成長していくものだから最初から熟成された大人たちでキャラクター成長劇ではなかった。
安定感があり頼りになる一方で人間的に完成され面白みが無くなる。
1人くらいは未熟で成長度のあるキャラが配置されそうだけどそれすらなし。

若者枠だとヤスノブとアンリだろうけど、若手であっても心身ともに鍛え上げられたプロ。
これが他の作品だったらアンリは3話で地元を想い「作戦は中止してください!」と申し出るし、ヤスノブは「機械にだって感情はあるんです!」みたいな最近流行りのテンプレみたいな事言い出しちゃう。
でもそんな事は言わずマジメに作戦をこなす。だって彼らはプロだから。

大人なのは防衛隊だけではなく周りの人物も。
ゲントの奥さんも子度を見てあげて、と言いたそうにしながらも仕事に理解があってそれ以上の追求はしない。
子供のジュンくんもまた大人。年相応に寂しそうにはするけど「パパは仕事だから」と分かってくれる。
「僕と遊んでよ!!」みたいな拗ねたりはせず、この年で既に大人の対応。
ウルトラヒーローズEXPO 2024で「俺には帰る場所があるんだ!」で家族写真が映ってカットの方がよほど家族の話に踏み込んでいると感じました。


○戦闘シーン
いつものニュージェネであるバンクを捨てる快挙。
が、変身して戦って一本釣りしているのはブレーザーなのかゲントなのか分からず、戦闘シーンは常に「誰の意思なんだ・・・?」と気持ちが乗れなかった。
本作のテーマの1つがコミュニケーションで要所要所でコミュニケーション取ろうとしていたけど、会話の取れない相手との難しさが伝わってくる。

販促的にまずかったのか途中からストーン操作のバンクだけは追加。
それなら最初から入れておいても良かったんじゃ・・・
神格化されているTDG時代だって視聴者に見えないだけで実際にはインナースペースみたいなやり取りがあったはずだし。
一番インナースペースが必要だったウルトラマンの時に廃した印象。

戦闘時、ブレーザーの「ロォォォイ」みたいな叫び声が全く合わず、必殺技もいつもの光線ではないのでとにかく合わなかった。
あのガイアでも独自性の技(フォトンエッジ)とは別にいつもの光線(クァンタムストリーム)は残しておいたのに。
ファードラゴンになってからはいつものニュージェネみたいに剣でバッタバッタと切り開く安心感。
「いつものニュージェネ」が始まって10年、不満を口にしながらもどれだけ有難いか分かった作品。
それは制作側も痛感しているみたい。(特にインナースペースについては)

アースガロンはセブンガーから続く防衛隊ロボの中では一番カッコいいデザインだけど、実際は負け続き。
終盤でようやく勝てるようになってきたけど4ヶ月近くまともな戦績がないし、そりゃハルノ参謀長も激怒するわと。
あの負けっぷりでおもちゃが売れているのが不思議なくらい。
もう活躍関係なく売れるレベルにまでウルトラシリーズが達した?



ここからは好きな要素などを。

○キャラクター
とにかくみんな大人!
成長ストーリーがない代わりに安定感があり、余計ないざこざがなく見易かった。
前作デッカーの丁寧さがさらに磨かれている。
裏がありそうなエミだって父に関する謎を追っているだけでSKaRDメンバーを裏切る事はなかったから。

主演の蕨野さんはドライブのハートに続き特撮ヒーロー作品に。
当時から大人びてカッコよかったけど私生活でも結婚されてさらに落ち着いた大人の男性に。
イベントでも拝見したけど仕草の1つ1つがもう色気の塊。

副隊長のテルアキも見事な参謀ぶり。
「あなたにできるんですか?」は最大の名言。
リュウモンのように縁の下の力持ちでありいなくてはならない人物。

社会人としてはハルノ参謀長の中間管理職ぶりが胸にくる。
上からも下からも言われて辛い立場・・・
それでいて最後は責任取って辞職を受けれいるのは凄すぎる。


○戦闘シーン
前半だけだったけどバンクを廃した事でいつものニュージェネから脱却。
これまでは販促の都合でバンクが入り戦闘中のテンポが悪くて見辛かったのでブレーザーはテンポ良かった。
祈りをささげるような独特のポージングに大喜利合戦になっていたスパイラルバレードなど見所多数。
必殺技としてはいつもの光線が好きだけどスパイラルバレードの大喜利は毎週楽しみだった。
一本釣りや体捩じった投影がインパクトある。

ブレーザーのタイプチェンジを廃した事でノーマルブレーザーとファードランに魅力が集中。
例年のタイプチェンジ枠はどれほど頑張っても基本形態と最強形態の前には埋もれるし最初から失くしたのは好感持てる。
フィギュア買っている身としては1つの形態を長く映して愛着持ちたいので。
かつてのような1年放送時代ならともかく半年しかないのに基本・タイプチェンジⅡ種・中間・最強・ロボは詰め込み過ぎ。

代わりに新規怪獣が大量投入。
王道なカッコよさもいれば変化球もありでこの中から人気怪獣出てきてほしい。
エピソードによってはただ暴れているだけで既存怪獣で済みそうなのもいたけれど・・・
今作がこんなに意欲作になったのは年々減少する怪獣スーツ対策もありそうなので、ブレーザーがヒットしてもしなくても来年からはいつものニュージェネに戻りそうではある。
ちょっと前まで現役だったガーゴルゴンやスーパーグランドキング系・ツルギ(カミソリ)デマーガでもショー行きになっちゃったしね。


○ニュージェネレーションガイア?
自分は放送前からこれを期待していたけど、予算の都合であの防衛隊の数を揃えるのは無理だし負け戦になる、ということで早い段階から検討から外されていたらしい。
TDG25周年と銘打った手前、製作してほしかったな。
自分は元々防衛隊に興味ないから数揃わなくても不満はない。赤と青のウルトラマンさえいればそれで良かったから。
最もそれで良いと思わないファンはいっぱいいるし、やはり負け戦は避けられなかったのでニュージェネガイアにしなかったのは英断かも。
V99を始め、至る所でガイア関連の小ネタもあるしスタッフ側もお遊びレベルで入れたり意識はしてたんじゃないかな。


○まとめ
第1話の時点で「これは凄い!」と思わせる映像を見せてくれた。
その「凄い!」に対して自分の興味関心や嗜好が全く合わなかった。
長くシリーズが続くと何時かは変化が必要だけどブレーザーはその変化が中途半端。
独自性を出すなら1話の雰囲気をずっと続けた方が良いけど2話からはいつものニュージェに戻った。
バンクやインナースペース捨てたと思ったら少し復活したあたりも中途半端と感じた一因。

この時代に非常に頑張った・攻めた作品を提供してくれたのに、全くハマらないどころか「つまらない・退屈」という感情を抱いてしまった事への申し訳なさまである。





  1. 2024/01/20(土) 18:47:55|
  2. ウルトラマンブレーザー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<王様戦隊キングオージャー 第45話「王を継ぐ者たち」 感想 | ホーム | 牙狼<GARO> ハガネを継ぐ者 第2話「兆(きざし)」 感想>>

コメント

流石にガイアよろしく地球怪獣の力で復活とまではいかなかったか。
和解後のヴァラロン戦は説明が欲しいですね。「もう止められないと言ってます」くらいの一言で良いので。

以前にもコメントしましたけどドラマ部分は面白かったんですけどヒーロー番組としては???なとこがチラホラ有りましたねえ。新規怪獣がたくさんなのは楽しかったですけども。
ゲントはウルトラマンで隊長で家庭持ちと半年の番組としては盛りすぎかな。1年番組だったら活かせそうだけど半年じゃ無理が有りますね。SKaRD隊長になったので単身赴任で家族は1~2回の出番とかでも良かった気が。
アースガロンが売れてるのは見た目補正かと勘繰っちゃう。あんまり活躍しない辺りは従来の戦闘機ポジションなのに・・・いやまあ人型の兵器となるとウルトラマンと共に戦う仲間感があって子供ウケよさそうですけど。

>爆弾を食べて大丈夫・・・?
変なモノ食べる怪獣は多いんで多分平気でしょうww
  1. URL |
  2. 2024/01/20(土) 20:07:20 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集 ]

>U戯Oさん
>和解後のヴァラロン戦は説明が欲しいですね。「もう止められないと言ってます」くらいの一言で良いので。
アーくんにそれ言わせるだけでも大分理解度が違ったんですよね。
ヴァラロン撃破→艦隊到着→和解
の方が自然ですがヒーロー作品としてはラスボス撃破を最後に持ってこないといけないので組み合わせが悪かったです。

>以前にもコメントしましたけどドラマ部分は面白かったんですけどヒーロー番組としては???なとこがチラホラ有りましたねえ。
自分も同じ感想です。
深夜枠なら絶賛していたかもしれませんが普段の枠でこれはちょっと・・・
隊長要素も家庭持ち要素も活かされたとは感じられず残念です。

>アースガロンが売れてるのは見た目補正かと勘繰っちゃう。
見た目だけならセブンガー以降の枠でもかなりのカッコよさですしね。
それでいて都度武装が増えてパワーアップは男の子にはたまらないかと。
問題は全く成果を上げられなかったことで・・・

  1. URL |
  2. 2024/01/21(日) 01:15:02 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

まとめの部分に完全同意です。
凄く挑戦しようとしていたのはわかるし、タイプチェンジ無し等最後までニュージェネの型にはまらずに貫いた部分には拍手を送りたいのですが、いかんせん「貫き切れなかった」部分を強く感じてしまったり、全体的にドラマ性に重きを置いているものの、ここを深く描いてほしい!という部分がそこまで掘り下げられなかったりと、仰る通り中途半端な変化に感じてしまいました。

個人的に、特に中途半端に感じた部分が以下の2点です。

・ブレーザーに変身した後、ブレーザーの意思なのかゲントの意思なのかわかりづらい(ほぼわからない)
 「インナースペースなしの令和ウルトラマンが見たい」という希望を叶えてくれたのは嬉しかったですが、ニュージェネ前の平成や昭和シリーズのように、インナースペースがなくても重要なシーンの時はどちらの意思なのか、もしくは二人の総意なのか、ドラマおよびウルトラマンの仕草や目線でわかる作りになっていたと思います。しかしブレーザーに関しては中盤までほとんどコミュニケーションが描かれず(メダルが熱くなるくらい)、ようやく二人の意思が描かれるようになっても重要な局面では結局どちらの意思で動いているのかわからず、そもそもブレーザーの人間や怪獣に対しての価値観もよくわからないので、「多分通じ合っているんだろう」とゲントを信じながら見ていました。
 とはいえ、最終回の「俺もいく」を経て絆が深まった(はず)二人の劇場版でのコミュニケーションは楽しみでもあります。

・隊長・妻子持ちである設定が活かされていない
 飛翔さんも仰られていましたが、ぶっちゃけゲントが一般の隊員で独身でも成り立ってしまうストーリーだと思いました。
 SKaRDの5人でいる時は隊長としてきちんと指示を飛ばしていますが、他の場面では毎回上からの無茶ぶりに頭を悩ませる中間管理職な状態が終盤まで続くのが見ていてしんどかったですし、結局「俺が行く」で常に現場の最前線にいるとなるとウルトラマンに変身する時の状況は他の隊員と変わらないので、「隊長をウルトラマンにする」必要は設定的に無くても良かったのかなと思ってしまいます。
 もしSKaRDが7人くらいいて、隊長と副隊長は常に指令室にいる状態であれば、

ゲント「アースガロンどうした、応答せよ!……テルアキ、現場の指揮はお前に任せる‼」→指令室を離れて変身
テルアキ「えっ、ゲント隊長!?う、ウィルコー!(またか……!)」

 みたいな流れの隊長ウルトラマンもあり得たのかなと思ってしまいます笑
 妻子持ちの設定も、妻と息子に理解があり過ぎるが故にそこから話が広がって行かないというか……。ゲントが「隊長としてはしっかり役目を果たせているが、父親としては至らない部分がある」エピソードがありましたが、いかんせんジュン君がいい子過ぎるが故に掘り下げが足りないように感じてしまいました。ここがもう少し深く描けていれば、最終回で家族の力でパワーアップした部分もさらに説得力が増したのではないかと感じました。

 アクションに関しても型破りなブレーザーの破天荒っぷりはすさまじかったですが、非対称のスーツから繰り出される赤青のスパイラルバレードはカッコよかったですし、独特の声もこれはこれでアリかなと思っています。また、この破天荒っぷりがある意味素性がわからないブレーザーの性格を唯一感じられる演じ方になっていたのかなと思います。
 でも型破りだからこそ、最後の最後で王道の光線で決めたのは最高でしたね。この展開は王道展開をやって勝利したネクサスを思い出しました。

 挑戦的な部分、ドラマに重きを置いた部分は評価しつつも、トータルで言うとやはり乗れなかったというのが正直な部分です。
 自分もあれだけ挑戦してほしいと願い、期待していただけにいざ挑戦作品が出たら全然乗り切れずで製作スタッフの皆様には申し訳ないです。
 あとは子供人気が気になるところですね。イベントに行っていないのでここは全くわからないのですが、自分が子供だったらどこまで理解し、楽しめただろうと考えてしまいます。
  1. URL |
  2. 2024/01/21(日) 18:35:12 |
  3. SUBARUX #-
  4. [ 編集 ]

>SUBARUXさん
製作陣の頑張りはとても伝わってきたんですよ。
いつもと違うことをやっているのは映像からも分かりました。
それが中途半端だったりで乗り切れない半年間でした。

>・ブレーザーに変身した後、ブレーザーの意思なのかゲントの意思なのかわかりづらい(ほぼわからない)
自分の中ではここが大きかったですね。
今見ているウルトラマンは誰?と乗り切れなくて。
喋らなくとも誰の意思なのか分かる過去シリーズの偉大さが改めて分かりました。

>結局「俺が行く」で常に現場の最前線にいるとなるとウルトラマンに変身する時の状況は他の隊員と変わらないので、「隊長をウルトラマンにする」必要は設定的に無くても良かったのかなと思ってしまいます。
隊長が現場へ赴く理由付けになる一方で別に隊長でなくてもいい設定になったしまったんですよね。
実際の防衛隊がどんなものか分かりませんが、隊長が毎回最前線に出るのはそれもう隊員でしょと。

>(またか……!)
これは笑っちゃいましたw
本来であれば「またか」と言わせても大丈夫なための「俺がいく」だったはずなんですよね。
明らかに正体バレそうなシチュエーションもあったのに不自然なまでに突っ込まれず不思議な状況になってしまいました。

家族の話についても明らかに足りていないし、奥さんもジュンくんも良い子すぎるんですよね。
登場人物みんなが成熟されているのも考え物で未成熟から成熟に至るプロセスがなく、悪い意味で変化がないというか。

>この展開は王道展開をやって勝利したネクサスを思い出しました。
確かに型破りからの王道はネクサスっぽいですね!
なんだかんだで王道やマンネリが一番なんだと実感させられます。

>あとは子供人気が気になるところですね。イベントに行っていないのでここは全くわからないのですが、自分が子供だったらどこまで理解し、楽しめただろうと考えてしまいます。
イベントは夏も冬も大盛況でした。
ただウルトラシリーズは歴代人気も高いので現役の人気がどれほど反映されているか把握し辛いんですよね。
玩具的には不調だったジード~タイガの時もイベントは毎年混雑度が増していてウルトラシリーズ全体の人気を肌で感じました。
自分が子供だったら・・・?と思うとストーリーはサッパリでブレーザーの野性味溢れるアクションがどこまで好きになれたかで決まりそうです。

  1. URL |
  2. 2024/01/21(日) 23:23:15 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/6005-d81de8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

バッド・バッチ シーズン3 第4話「それぞれのやり方」 感想
王様戦隊キングオージャー 最終回(第50話)「俺様たちが世界を支配する」 感想
仮面ライダーガッチャード 第24話「急転直下!禁断の鋼鉄ライダー!」 感想
ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(2024年) 第5話 「ジャッジメンター」 感想
ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する