fc2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮ヒーロー・実写アメコミ映画 の感想やフィギュアレビューを載せていくページです。

牙狼<GARO> ハガネを継ぐ者 第4話「傷(きず)」 感想

240112-1.jpg
食事シーンは大人に成長した流牙から自分が知ってる明るい流牙が戻ってきたようで嬉しい
「お、うまい」
「ホッ。良かったです」
と特訓シーンでは気怠そうに見えたロンも素直に見える
ただイグスはあまり好きになれないかも。態度が大きく見えちゃう。。

いかにも怪しいセミナーのリーダーは賀集利樹さんw
最期の電話でアンノーンは狙い過ぎでしょw
ホラーにやられる前からの悪人の役。
実際の悪徳セミナーは行ったことないけど本当にこんな感じなんだろうか。
「腹から声出せ!金こそ全てだ!」
「金!」
「金!」
「金!」
は笑ったw

ロン「ハガネでさえ重いのに他の鎧はもっと重そうだ」
自らの限界を察し守りし者としてやるべきことは変わらないという心理である一方、現状維持を望む後ろ向きな姿勢。
大人な考えだけどホラーを倒し守りし者で在り続けるには強くなるしかない。
どちらが良いというよりは生き方の1つ。

次回で久々に戦闘。
ビルでのアクションは神ノ牙を思い出す。
3騎士の鎧召喚もあってハガネだろうけど、MAKAISENKIに出てきたゴールドカラーに期待。
実際はスーツ都合でシルバーだけになりそうではある。




  1. 2024/02/03(土) 00:23:31|
  2. ハガネを継ぐ者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(2024年) 第2話 「トレジャーハンター現る」 感想 | ホーム | Vシネクスト 仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド 感想>>

コメント

2話続いてタメはちょっとやきもきしますね
情報整理という意味では親切だけどやはり話しておくことを引き伸ばし気味だった感じはあります
とりあえず夜にならないと始まらないので明るいうちは各自で時間潰しの自由時間というか(笑)

今回の収穫としてはハデハデな必殺技にしか見えない閃光剣舞が敢て闇を凝縮した上で光に反転させるという
なにやらイマジネイティブな理屈が骨子となった結構危険な技だったという情報
「闇だヤミヤミ・・・」と念じてたら黒いガスがモクモク出て来るとかイメージ万能すぎる気がしますが
ホラーも鎧も介在しないけど闇に囚われて暴走モードになるという従来作品ではあまり見られなかった現象
以降にどういう形で顕れるかが気になります



>食事シーン

トマトベースのスープに玉ねぎのみじん切り・キャベツ・肉団子?
ガッツリ要素を増したミネストローネというか…結構おいしそう 
ガーリックトーストにしたフランスパンとか固めのパンが欲しくなります(笑)


>イグスはあまり好きになれない

創磨に現状認識を促すために憎まれ役を買って出ているというか
イヤなこと言わせてしまって申し訳ないとも思うんですけどね
一方で正論だからって負い目が無さすぎるというか「言うべき事言って何が悪い!」って
ツッパリがあってそこはいかにも魔戒騎士だなあ…と(笑)


>怪しいセミナーのリーダー

ほとんどやけっぱち状態のベタな悪徳詐欺師でなんだか可笑しくなってしまいました(笑)
こち亀で金儲けのために悪だくみしてる両さんみたいなテンションというか
次回のボスキャラという感じですが悪ノリついでにアギトみたいなホラーになったらイヤだなあ…


>どちらが良いというよりは生き方の1つ

あんまり大上段に構えず身の程を弁えてそこそこでいいやっていうスタンスですね
こういうキャラが何人か出て なおかつ不正解みたいに扱われないと
作品としての懐が深まる感じがします
なんやかんや言って人間にはそれぞれのキャパシティが厳然として存在するので
それに合わせた身の振り方ができないとあっさり壊れたり狂ったりしてしまいます

「VERSUS ROAD」の過去篇では黄金騎士を輩出した家系の出身というだけで
騎士としてはポンコツな子が理想と現実の差に耐え切れず自殺しちゃったりしていて
ああなるぐらいなら気負いやプライドなんてなくてもいいと思いました

その一方でロンも「称号持ちの鎧の方がハガネより背負うものが大きい」と
オビ同様に鎧に上下があるという先入観に無意識のうちに縛られているんですよね
そういう意味ではオビより大人びた雰囲気は出しても方向性が違うだけでやはり未熟なんだなとも思えます


>ビルでのアクションは神ノ牙

あの映画もビルに突っ込んだら戦い・戦い・戦い・戦いでしたね
ガロシリーズだとRED REQUIEMの決戦も敵の本拠地のビルの中ですし
個人的には「仮面ライダーアマゾンズ」SEASON1のアマゾンマンションっぽさも感じました

敵もゾンビ状態でうじゃうじゃ出てくるしこっちも三剣士が鎧召還演出確定ということで総力戦ですね
ガロは映像編集が濃いめの作品なので鎧の色くらいなら個々人に合わせて変えられるんじゃないかという気もしています
「MAKAISENKI」のVSザジなんかは目を除いて全てがモノクロの場面でガロが銀色になっていました

温存したぶん一気に爆発させる中盤の山場になってくれることを期待しています
  1. URL |
  2. 2024/02/03(土) 07:26:07 |
  3. 1 #-
  4. [ 編集 ]

>1さん
>2話続いてタメはちょっとやきもきしますね
新作の度に予算減ってる雰囲気があるので今週は溜め回ですね。
派手さは来週と恒例の7話に期待です。

>ガッツリ要素を増したミネストローネというか…結構おいしそう 
多分ミネストローネですね。
主食が無さそうなのが気になりましたし他の魔戒騎士たちの食事も見てみたいですね。
みんながみんなゴンザみたいな執事に豪華な食事を振舞ってもらっているわけではないはずですし。

>イグスはあまり好きになれない
憎まれ役といったらそうなんですがどうも棘を感じてしまって。
熟練の魔戒騎士ですがハガネっぽいですし強さも人間性も大したことはないんじゃ?と勘繰ってしまいます。

>その一方でロンも「称号持ちの鎧の方がハガネより背負うものが大きい」と
>オビ同様に鎧に上下があるという先入観に無意識のうちに縛られているんですよね
最初は誰もが黄金騎士や称号持ちに憧れるはずですがだんだんと限界見えてきて現状維持になってるんでしょうね。
スポーツ選手でいえば鋼牙や流牙は全国大会優勝者で他の称号持ちが全国大会常連の実力。
ハガネたちは県大会や市大会の上位くらいでしょうか。
一般人よりはるか上ではあるけどトップには遠く及ばない絶妙なポジションというか。

>ガロは映像編集が濃いめの作品なので鎧の色くらいなら個々人に合わせて変えられるんじゃないかという気もしています
だとするとフルCGが前提になるんですよね。
スーツとしてはおそらく銀色のハガネしか作ってなさそうなので。(アップ用とアクション用の2着だけ?)
何にせよ久々のアクションなので楽しみに待っています。

  1. URL |
  2. 2024/02/04(日) 02:12:18 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokusatunokiseki.com/tb.php/6014-8a596729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな既婚者社会人のブログ。
ライダー、戦隊、ウルトラ、牙狼、アメコミと実写系ヒーローの感想を取り扱っています。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。




このブログについて
フィギュアレビューまとめ
メールフォーム
お問い合わせ

広告

最新記事

バッド・バッチ シーズン3 第4話「それぞれのやり方」 感想
王様戦隊キングオージャー 最終回(第50話)「俺様たちが世界を支配する」 感想
仮面ライダーガッチャード 第24話「急転直下!禁断の鋼鉄ライダー!」 感想
ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(2024年) 第5話 「ジャッジメンター」 感想
ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突 感想

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ツイッター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する